調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 情報通信機械工業

「情報通信機械工業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年3月30日東京都フィードバック数:0社会/政治

ここから本文です。「東京都工業指数」(平成29年12月分・第4四半期分)都内工業生産活動の毎月の動きを示す「東京都工業指数」を取りまとめましたので、お知らせします。12月の工業指数(平成22年平均=100.0)12月の生産指数は前月比で2.1%の上昇12月の生産指数は、前月比で2.1%上昇し、指数水準は97.9(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。 1 生産指数12月の生産指数は、前月比で2.1%上昇し、指数水準は97.9(季節調整済)となった。22

2015年1月27日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「東京都工業指数」(平成26年11月分)平成27年1月26日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。11月の工業生産指数(平成22年平均=100.0) 11月の生産指数は0.4%低下11月の生産指数は前月比で0.4%低下し、103.7(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。生産11月の生産は、前月比で0.4%低下し、指数水準は103.7(季節調整済)となった。22業種中、電気機械工業、生産用機械工

2014年6月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

トップレポート・コラム経済分析日本5月鉱工業生産 ここから本文です5月鉱工業生産2ヶ月ぶりの増加も、生産は減速傾向サマリー◆2014年5月の生産指数は、前月比+0.5%と2ヶ月ぶりの上昇となったものの、市場コンセンサス(同+0.9%)を下回った。4月の落ち込みに照らすと、5月の上昇幅は限定なものに留まっており、生産はこのところ減速している。なお、出荷指数は同▲1.2%と4ヶ月連続で低下し、在庫指数は同+2.9%と2ヶ月ぶりに上昇したことから、在庫率指数は同+3.5%と2ヶ月ぶりの上昇となった。◆

2014年6月24日福島県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年版 福島県鉱工業指数年報平成24年版 福島県鉱工業指数年報(平成22年基準)― 平成24年の生産指数は2年ぶりの上昇 ―※ 本年報から抜粋または、新たに資料を作成して利用する場合は、「『平成24年版 福島県鉱工業指数年報』から抜粋(または作成)」と御記入くださるようお願いいたします。 平成24年版 福島県鉱工業指数年報及び統計表のダウンロードはこちら平成24年版 福島県鉱工業指数年報(平成22年基準) [PDFファイル/2.93MB]統計表 [Excelファイル/468KB] 生産指数

2014年3月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

トップレポート・コラム経済分析日本2月鉱工業生産 ここから本文です2月鉱工業生産大雪の影響もあり生産は下振れサマリー◆2014年2月の生産指数は、前月比▲2.3%と3ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同+0.3%)を下回った。消費税増税前の駆け込み需要に向けた生産の増加が見込まれるなか、予想に反して生産が減少した点はネガティブである。ただし、2月の生産の減少は、大雪による流通網の混乱や操業停止による影響が相当程度あったとみられ、均せば生産の増加基調が続いているという判断に変更はない。◆2月

2014年2月21日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「東京都工業指数」(平成25年12月分・第4四半期分)平成26年2月20日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す 「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。12月の工業生産指数(平成22年=100) 生産指数は2.2%上昇12月の生産指数は前月比で2.2%上昇し、105.7(季節調整済)となり、2か月ぶりに上昇した。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。生産12月の生産は、前月比で2.2%上昇し、指数水準は105.7(季節調整済)となった。22業種中、生産用

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

トップレポート・コラム経済分析日本9月鉱工業生産 ここから本文です9月鉱工業生産市場予想からは下振れするも、緩やかな増加基調継続サマリー◆2013年9月の生産指数は、前月比+1.5%と2ヶ月ぶりの上昇となった。市場コンセンサス(同+1.8%)を下回ったものの、3ヶ月移動平均値は2ヶ月ぶりの上昇となっており、生産は緩やかな増加基調にあるという判断に変更はない。◆9月の生産を業種別に見ると、全15業種中、9業種が前月から上昇、6業種が低下となった。上昇した業種を見ると、輸送機械工業、電子部品・デバイ

2013年4月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

トップレポート・コラム経済分析日本2月鉱工業生産 ここから本文です2月鉱工業生産生産指数は予想外の低下も、基調は持ち直しサマリー◆2013年2月の生産指数は、前月比▲0.1%となり、上昇を見込んでいた市場コンセンサス(同+2.5%)に反して3ヶ月ぶりの低下となった。今回の結果に関しては想定外の弱い内容であったものの、3ヶ月移動平均で見ると3ヶ月連続で増加となっており、先行きに関しても緩やかながら増産を見込んでいることから、生産の持ち直し基調は続いている。◆2月の生産を業種別に見ると、先月時点で大

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

特集データ

新着データ

お知らせ