「意思決定」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年8月13日全研本社フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

食品機械の情報収集、約4割が自社に合う商品が見つからない~担当者の76.1%が意思決定の場面でWeb上の情報を参考にしている~

>>>> 食品機械の情報収集、約4割が自社に合う商品が見つからない〜担当者の76.1%が意思決定の場面でWeb上の情報を参考にしている〜食品機械の情報収集、約4割が自社に合う商品が見つからない〜担当者の76.1%が意思決定の場面でWeb上の情報を参考にしている〜 公開日:2021年07月30日 業界別のマーケティング情報に特化したWebメディア「キャククル(https://www.shopowner-support.net/)」を運用する全研本社株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:林

2021年AI予測(日本)

2021年AI予測(日本)Be Bold:今こそAI活用を加速せよ AI Predictions 2021はじめに2020年12月にPwC Japanグループは企業のAIの取り組み内容や活用状況に関して、日本では第2回目となるAI予測調査を行いました。本レポートでは本年度結果を前回(2020年AI予測調査、2020年3月調査実施)との比較や米国における2021年のAI予測調査との比較を行い、紹介しながら、AI推進のために企業が取り組むべき課題と対応について考察を行っています。今回、調査を行う中で

「日本企業のDX取り組み実態調査」結果発表

「日本企業のDX取り組み実態調査」結果発表 ~年間売上1,000億円以上の日本企業においてDXに成功したと認識しているのはわずか約7%と判明~ アビームコンサルティング株式会社 アビームコンサルティング株式会社(代表取締役社長 鴨居 達哉、東京都千代田区、以下 アビームコンサルティング)は、日本におけるデジタル技術を活用した変革への取り組み(「デジタルトランスフォーメーション(以下DX)」)の実態を把握し、DXの成功と失敗の分岐点を明らかにすることを目的として、年間売上1,000億円以上の企業

2020年11月19日Teradata★フィードバック数:0企業情報システム

テラデータ、ビジネスにおけるデータの役割に関する調査結果を発表

[2020年10 月26日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]新型コロナウイルスのパンデミックに対応して、企業は、絶えず変化するグローバルビジネス環境をよりよく理解し、対応する方法として、データと分析をさらに重要視するようになりました。クラウドベースのデータとアナリティクスを提供するテラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)が、独立系調査会社Vanson Bourneに委託して2020年9月に実施した調査報告書は、企業の意思決定者のデータ

2020年8月11日MyReferフィードバック数:0キャリアとスキル

複数社の内定承諾や意思決定時期に関する21卒就活生の実態調査レポート

複数社の内定承諾や意思決定時期に関する21卒就活生の実態調査レポート 21年3月卒業者向けの新卒採用では、内定の早期化や就職活動の早期化、外的要因(パンデミックやオリンピック)、選考のオンライン化の影響もあり、学生と企業のコミュニケーション在り方に変化が求められてきました。今回MyReferでは2021年3月卒業予定の大学(院)生600名に対し独自のアンケート調査を実施し、新卒採用のニューノーマルを明らかにすべく、下記調査結果を資料にまとめました。本記事では調査結果の概要を記載し、本資料内で詳細

2020年5月12日ThoughtSpot★フィードバック数:0企業情報システム

成功はフロントラインワーカーが下すデータドリブンな意思決定にかかっていると90%近くの企業が回答

成功はフロントラインワーカーが下すデータドリブンな意思決定にかかっていると90%近くの企業が回答していることを新たなレポートが発表Harvard Business Review Analytic Servicesが実施した新たな調査から、意思決定と自律性の促進に必要な分析ツールとリソースを完備している企業はわずか7%だと示される[米国リリース抄訳] ※当資料は、2020年5月5日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。2020年5月5日、カリフォルニア州サニーベール — 検索とAI

MicroStrategy、グローバル エンタープライズ アナリティクス調査を世界5か国で実施

MicroStrategy、グローバル エンタープライズ アナリティクス調査を世界5か国で実施 日本企業は、データ分析でのIT部門依存が他国に比較して顕著 79%の社員は、IT部門やビジネスアナリストの支援なしではデータに基づいた意思決定ができない エンタープライズ ソフトウェアの世界的な大手プロバイダーであるMicroStrategy® Incorporated(Nasdaq: MSTR)、並びに日本法人であるマイクロストラテジー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、プレジデント:印藤公

2018年12月14日コネヒトフィードバック数:0ライフスタイル

子供へのクリスマスプレゼントについての調査

子供のクリスマスプレゼントの意思決定者は「ママ」が約80%。 人気のプレゼントランキング第一位は「知育玩具」【ママリ調べ】 ママ向けNo.1アプリ(※1)「ママリ」を提供しているコネヒト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 ⼤湯 俊介)は、クリスマスプレゼントをあげたことのある子供が1人以上いるママを対象に「子供へのクリスマスプレゼントについての調査」を行い、以下の通り調査結果をまとめました。<調査トピックス>クリスマスプレゼントは53.7%のママが11月に選びはじめる。プレゼント選びの意

2018年11月20日Qlik Technologies★★フィードバック数:0マーケティング

Qlik、世界初となる「データリテラシー指数(Data Literacy Index)」を発表、データリテラシーが5億ドルの企業価値増につながることが明らかに

Qlik、世界初となる「データリテラシー指数(Data Literacy Index)」を発表、データリテラシーが5億ドルの企業価値増につながることが明らかに Qlikが依頼しウォートン・スクールおよびIHS Markitが調査を実施データリテラシー・スコアの高い組織は企業価値が最大5パーセント高いことが判明データリテラシーの高い従業員の重要性を企業の意思決定者のほとんどが認識しながらも、部下に対してデータスキルを高めるよう奨励している上長は2割弱日本企業のデータリテラシー指数は54.9スコアで

2018年11月14日Teradataフィードバック数:0マーケティング

データとアナリティクスに関する企業調査結果

74%がアナリティクスが複雑すぎる、79%が必要なデータにアクセスできないと回答米国カリフォルニア州サンディエゴ発 - ただ単にアナリティクスへの投資をし続けることをやめ、将来的に企業価値を高める価値あるインテリジェンスを得るための投資を積極的に進める企業が増えています。そうした中、ビジネス部門とIT部門の意思決定者たちは現在のエンタープライズ・アナリティクスの複雑性、ボトルネック、不確実性に不満を募らせていることが、世界の大手企業の幹部社員を対象とした調査によって明らかになりました。今回の調査

2018年9月26日DOMO★★フィードバック数:0企業情報システム

7割以上の経営層が自社のデータ環境に「落第点」

2018/09/26 7割以上の経営層が自社のデータ環境に「落第点」9割が改善の必要性を感じ、改善により生産性向上や売上拡大に期待〜Domoとダイヤモンド社によるデータ活用の実態調査結果より〜当プレスリリースにおいて、記載内容に一部誤りがございました。 以下、お詫びして訂正させていただきます。訂正箇所:・本文:自社データ活用環境に改善の必要性を感じている割合を変更。正)9割誤)90%・チャート:自社データ活用環境に改善の必要性を感じている割合を変更。正)89%誤)90%ドーモ株式会社(本社:東京

組織におけるデータ分析における取り組み状況に関する調査

“グローバルエンタープライズアナリティクス調査2018”5か... “グローバルエンタープライズアナリティクス調査2018” 5か国計500社対象に調査。 組織のデータ活用での、優先事項・効果・課題が明確化エンタープライズ ソフトウェアの世界的な大手プロバイダのMicroStrategy(R) Incorporated(Nasdaq:MSTR)は、“グローバルエンタープライズアナリティクス調査2018”レポートの結果を発表しました。グローバルエンタープライズアナリティクス調査2018Mic

2018年2月8日ホットリンクフィードバック数:0社会/政治

若者の“節分離れ”が顕著 関東民は「恵方巻きを食べる習慣はない。関西の風習」など抵抗を示す人も

ホームお知らせ【キャリコネニュース】若者の“節分離れ”が顕著 関東民は「恵方巻きを食べる習慣はない。関西の風習」など抵抗を示す人も 【キャリコネニュース】若者の“節分離れ”が顕著 関東民は「恵方巻きを食べる習慣はない。関西の風習」など抵抗を示す人も キャリコネニュースにて『若者の“節分離れ”が顕著 関東民は「恵方巻きを食べる習慣はない。関西の風習」など抵抗を示す人も』と題し、ホットリンクのソーシャル・ビッグデータ分析ツール「クチコミ@係長」で行った調査リリースが紹介されました。ぜひご覧ください

2017年7月19日ランサーズフィードバック数:0キャリアとスキル

『働き方新時代の実態調査』第2弾

副業・兼業の現在値を知る『働き方新時代の実態調査』第2弾を発表 ランサーズ、副業・兼業の現在値を知る『働き方新時代の実態調査』第2弾を発表~フリーランス活用企業は、77%が自社員の副業を容認~ランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋好 陽介)は、副業・兼業の現在値を知る『働き方新時代の実態調査(第2弾)』を実施しました。 前回(5月)の調査では、正社員として働く先がありながら、副業・兼業に挑戦している働き手側の声を集計しましたが、今回は企業側の声を訊き、副業解禁はどこまで進んで

2016年6月16日JCN Newswireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

大部分の組織はデータ漏洩後のデータ保護能力に自信がないことが明らかに

アムステルダム, 2016年06月08日 - (JCN Newswire) -データ漏洩件数が増加傾向にあり、2013年以来、世界中で紛失もしくは盗難に遭ったデータが39億件を超えるにもかかわらず、組織は境界線防御がデータ漏洩対策として効果的であると確信し続けています。これは、デジタルセキュリティの世界的なリーダーであるジェムアルト(ユーロネクスト NL0000400653 GTO)が本日発表した「第3回年次データセキュリティ信頼感指数」で明らかになった調査結果の1つです。調査対象となった世界中

2016年6月13日Groodフィードバック数:0大型消費/投資

訪日旅行に関する意思決定時期と購入希望商品に関するリサーチ

[株式会社ジャパンインフォ] ,ショッピング 調査 アンケート 観光 リサーチ インバウンド 訪日外国人 訪日 海外マーケティング 訪日旅行客

2015年3月28日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

製品価格・品質と生産性:輸出の決定要因の再検討

製品価格・品質と生産性:輸出の決定要因の再検討概要近年、企業の海外市場への進出が拡大しており、とりわけ中小企業では輸出による海外市場アクセスが重要視されている。以前から企業の輸出の意思決定において生産性が重要な決定要因の1つであることが指摘されてきたが、近年の研究では、生産性の構成要素、あるいは生産性以外の要因の重要性が指摘されている。本研究では、生産性の構成要素の指標として製品品質の違いに注目して分析を行う。具体的には、経済産業省「工業統計調査」の調査票情報を使用し、Kandelwal (20

2014年5月18日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

本社機能と生産性:企業内サービス部門は非生産的か?

本社機能と生産性:企業内サービス部門は非生産的か?概要本稿は、日本企業の大規模なパネルデータ(2001~2011年)を使用し、本社機能の大きさを規定する要因および本社機能と生産性の関係を実証的に分析するものである。本社機能は企業内事業サービス部門の中核であり、現代の企業において戦略的意思決定を支える重要な役割を果たしている。しかし、間接部門の縮小が組織全体の効率化につながるという単純な議論が行われることも少なくない。本社機能の大きさは、意思決定の集権化/分権化と密接に関係しているが、理論的に集権

2014年5月12日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

組織におけるセキュリティ対策 実態調査2014

国内の企業・組織が直面する、セキュリティ被害と対策の実態を明らかに 「組織におけるセキュリティ対策 実態調査2014」結果を発表~昨年1年間で、約7割がセキュリティインシデントを経験~ トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、2014年3月に、日本国内の企業・組織におけるセキュリティ被害と、対策状況の実態を明らかにする調査「組織におけるセキュリティ対策実態調査 2014」を実施しました。本調査で

2013年6月3日IDCフィードバック数:17企業情報システム

2013年第1四半期 国内サーバー市場動向

IDCの"Future of X"プラクティス Future Enterpriseの戦略を定義する:テクノロジー投資をビジネス成果に結び付けるために詳細はこちら IDCの5G市場調査 2020年3月に始まった国内商用5Gサービスは、サービス提供エリアの拡張を進めています。詳細はこちら DX時代の意思決定を支援する IDC DecisionScape機能別に7種類のレポートから構成されています。詳細はこちら IDC Japan株式会社 IDCは、ITおよび通信分野に関する調査・分析、

2011年2月21日フォーデジット★フィードバック数:0マーケティング

デザインの決定フローに関する調査結果です。

デザインの意思決定の実態に関する調査

私たちは、関わる人すべてが 心地よく感じる体験を作り上げる デザイン&テックカンパニーです

2010年6月8日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向、決定権者に関する調査です。

徹底調査! 真の意思決定者は誰か - 徹底調査! 真の意思決定者は誰か

日経クロステック トップIT経営徹底調査! 真の意思決定者は誰か徹底調査! 真の意思決定者は誰か 徹底調査! 真の意思決定者は誰か 景気の先行きは見通せない状況が続いているが、「守り」から「攻め」に転じる準備を進める国内企業は着実に増えている。日経コンピュータと日経BPコンサルティングは、システムの利用企業(ユーザー企業)のCIO(最高情報責任者)やシステム部長といった情報化戦略のキーパーソンを対象に、四半期に1度「景況・IT投資動向調査」を実施している。最新の調査結果を基に、IT投資再開に向け

2009年6月8日日経BPフィードバック数:3ビジネス

「技」と「心」で会議に臨め

日経クロステック トップIT経営Q&Aで学ぶファシリテーションの極意「技」と「心」で会議に臨め 「技」と「心」で会議に臨め「発言が出ないので、『発言しろ』と上司が促すと、上司の満足を得るためだけに、意味のない発言をする人がいる」──。 本誌は2008年6月末から約1カ月間、「日経ビジネス オンライン」で、会議についての困りごとや悩みを聞くアンケートを実施した。1273人の回答者の半数近くが挙げた悩みは「発言が出ない」こと。自由意見欄ではその実情が切々と語られた。 意見が出たら出たで、「自分の意見

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ