「意識調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年12月20日WeNoteフィードバック数:0ライフスタイル

【意識調査】40代・50代の女性の人生後半に対する不安の正体とは!?

40代・50代女性の”もしも”をサポート | WeNote Media 【意識調査】40代・50代の女性の人生後半に対する不安の正体とは!? 40代・50代女性の”もしも”をサポートするライフデザインツール「WeNote」を運営する合同会社EWACは、40代・50代女性を対象に「人生後半の”もしも”への不安に関する意識調査」を実施しました。今回は、調査結果についてご紹介いたします。調査結果の概要40代・50代女性の約7割が、「人生後半の”もしも”について不安を感じる」と回答している。自分自身

2021年の忘年会に求めるものは 「少人数・感染対策に配慮した開催場所・個食

【リリース】8割の人が2020年は忘年会開催なかったと回答 2021年の忘年会に求めるものは 「少人数・感染対策に配慮した開催場所・個食 【リリース】8割の人が2020年は忘年会開催なかったと回答 2021年の忘年会に求めるものは 「少人数・感染対策に配慮した開催場所・個食 法人・団体向けのフードデリバリーサービス「くるめし弁当」「シェフコレ」を運営する日本フードデリバリー株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:石川 聡)は「くるめし弁当」の会員を対象にアンケートを実施し、2020年の忘年

フェイクニュースと情報に対する意識調査(2021年)

無料調査レポート クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。 フェイクニュースと情報に対する意識調査(2021年) 2021 / 10 / 20全国20歳~69歳の男女を対象に「フェイクニュースと情報に対する意識調査(2021年)」を実施しました。インターネット、SNSの普及に伴い

2021年11月22日Startia Holdings★★フィードバック数:0マーケティング

マーケティングオートメーション意識調査

2021/11/22『マーケティングオートメーション意識調査』 2021年のMA導入率は17%、昨年の15%から微増 導入しない理由1位は5年連続で「費用が高いから」【Cloud CIRCUS調べ】 スターティアホールディングス株式会社(本社:東京都、代表:本郷秀之、コード:3393)は、連結子会社でデジタルマーケティングSaaS事業を手掛けるクラウドサーカス株式会社(本社:東京都、代表:北村健一)において、企業に勤める3,655名に対し、「マーケティングオートメーション(以下、MA)に関する意

2021年11月19日YKK APフィードバック数:0ライフスタイル

全国の男女1,099人に“生体認証”に関する意識調査を実施

全国の男女1,099人に“生体認証”に関する意識調査を実施 自宅の玄関扉のカギ機能として、“顔認証”に魅力を感じる人は約52% ~ 本日、「顔認証キー」仕様を追加した玄関ドア「新スマートドア」発売 ~YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、電気錠一体型の玄関ドア「スマートドア」に、戸建住宅用玄関ドアでは業界初(※1)の「顔認証キー」によるカギの施解錠が可能となる機能を追加した「新スマートドア」を、本日(10月25日)発売しました。この発売に伴い、「生体認証に関する生活者の

2021年11月2日ビデオリサーチ★★フィードバック数:0ライフスタイル

"今の生活スタイルを維持したい"人が約7割~アフターコロナの新しい“当たり前”「ハイブリッド生活」とは?~

ニュース "今の生活スタイルを維持したい"人が約7割 ~アフターコロナの新しい“当たり前”「ハイブリッド生活」とは?~"今の生活スタイルを維持したい"人が約7割 ~アフターコロナの新しい“当たり前”「ハイブリッド生活」とは?~株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:望月 渡)は、withコロナ時代の生活者の状況について、「ACR/ex調査」より結果をまとめましたのでお知らせいたします。 新型コロナウイルス感染リスクが減少傾向となり、制限や制約のない日常を取り戻しつ

2021年10月28日ファンくるフィードバック数:0ライフスタイル

GoToトラベルに対する意識調査を実施。 できるだけ早い時期のGoToトラベル再開を求めているわけではないことがわかった。

GoToトラベルに対する意識調査を実施。 できるだけ早い時期のGoToトラベル再開を求めているわけではないことがわかった。 車を利用した近隣の都道府県への旅行、北海道と関西地域が人気。2021.10.7GoToトラベルに対する意識調査を実施。 できるだけ早い時期のGoToトラベル再開を求めているわけではないことがわかった。 車を利用した近隣の都道府県への旅行、北海道と関西地域が人気。 GoToトラベルに対する意識調査を実施。できるだけ早い時期のGoToトラベル再開を求めているわけではないことがわ

2021年10月26日ファンくるフィードバック数:0社会/政治

緊急事態宣言解除直後の国内旅行に対する意識調査を実施。旅行に出かけられると思う時期は2022年4~6月が最多

緊急事態宣言解除直後の国内旅行に対する意識調査を実施。旅行に出かけられると思う時期は2022年4〜6月が最多。2021年9月の意識調査から旅行に対する意識に変化。訪れたい旅先は北海道と沖縄が人気。2021.10.4緊急事態宣言解除直後の国内旅行に対する意識調査を実施。旅行に出かけられると思う時期は2022年4〜6月が最多。2021年9月の意識調査から旅行に対する意識に変化。訪れたい旅先は北海道と沖縄が人気。 緊急事態宣言解除直後の国内旅行に対する意識調査を実施。旅行に出かけられると思う時期は20

全国の18歳~79歳の男女1000人に聞いた「生活者意識調査 第二弾」

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。 1ヵ月間でも意識変化あり! 計画購買者増加傾向・環境問題への意識も全体的に高まる 公共の交通機関の利用者増加! 全国の18歳~79歳の男女1000人に聞いた「生活者意識調査 第二弾」 生活者起点のリサーチ&マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2021年7月2日(金)~2021年7月6日(火

2021年8月24日スパコロフィードバック数:0モバイル

スマホのプライバシー設定を意識している人の割合は約7割!

スマホのプライバシー設定を意識している人の割合は約7割!データ利用を許可するアプリカテゴリ3位は「コミュニケーション」、2位は「ナビゲーション・天気」、1位は? ロイヤル顧客の反応可視化ツールを提供する株式会社スパコロ(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 秀紀)は、全国15~69歳のiOS、Androidいずれかのスマートフォン利用者3,766名を対象に実施した「インフォマティブデータに関する意識調査」の結果をご報告いたします。今年4月にAppleよりリリースされた「iOS14.5」に透明性

2021年8月3日ライフアカデミアフィードバック数:0モバイル

5Gに関する意識調査|「既に端末を持っている割合」「5Gを体験済みの割合」

5Gに関する意識調査|「既に端末を持っている割合」「5Gを体験済みの割合」5Gに関する意識調査|「既に端末を持っている割合」「5Gを体験済みの割合」 5G(第5世代移動通信システム)は2021年7月現在、ごく一部のエリア(スポット)にてサービス提供されている。ランダムに選出した10代〜70代の男女750名に対し、現状の5Gの認識度合い、端末の普及度、などを意識調査として実施した。今回行った5Gに関する意識調査は次の5つ。・5Gを知っている人数の割合・5G端末を持っている人数の割合・5Gを体験した

2021年7月15日ビズメイツフィードバック数:0ビジネス

【ビジネス英会話の習得に関する意識調査】日常英会話よりビジネス英会話の方が難しそうと答えた人は約5倍

【ビジネス英会話の習得に関する意識調査】日常英会話よりビジネス英会話の方が難しそうと答えた人は約5倍  〜「ビジネス英会話は難しい」というバイアス(先入観)が社会人英語学習者の大きな課題〜ビジネス特化型オンライン英会話事業「Bizmates(ビズメイツ)」を展開するビズメイツ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 伸明 、以下「当社」)は、英語をこれから学習する社会人111人を対象に、「ビジネス英会話の習得」に関する意識調査を実施しました。 調査概要:「ビジネス英会話の習得」に関する意

2021年6月23日クラッソーネフィードバック数:0社会/政治

【空き家所有リスクの意識調査】 約6割が空き家のリスクを認識するも、半数以上が防災対策をしていない実態

【空き家所有リスクの意識調査】 約6割が空き家のリスクを認識するも、半数以上が防災対策をしていない実態 30代は約8割が対策をしている一方、50代以上は約3割と年代差が顕著 リスクTOP3は、「不法な侵入・投棄」、「気象災害による倒壊」、「老朽化による損傷・倒壊」 ~台風シ−ズン前の防災対策が鍵に、リスク啓蒙による対策の推進が重要~ 【空き家所有リスクの意識調査】 約6割が空き家のリスクを認識するも、半数以上が防災対策をしていない実態 30代は約8割が対策をしている一方、50代以上は約3割と年代

【調査発表】ポストオフ経験に関する意識調査

MENU 人材育成・研修・組織開発のリクルートマネジメントソリューションズ【調査発表】ポストオフ経験に関する意識調査2021年06月01日専門性を磨き続けることと上下関係によらないフラットな関係づくりがポストオフ後の備えに。職場環境は「上司からの尊重と高い期待」「年齢によらない風土や能力開発投資」がポイント企業における経営・人事課題の解決および、事業・戦略の推進を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:山崎 淳 以下、当社)は、役職を外れた経験

母の日に関するアンケート調査

『母の日に関するアンケート調査』子どもを持つ母親1,004名に聞きました!母の日に欲しいものは1位「感謝などの言葉」 2位「手紙・メッセージ」 3位「スイーツ」 母親の2人に1人は「子どもと十分にコミュニケーションが取れている」~理想の母親像は「優しくて、あたたかくて、思いやりがある」母親~ CCCマーケティング株式会社は、20~69歳の子どもを持つ女性1,004名に、インターネット上での意識調査「Tアンケート」によって、『母の日に関するアンケート調査』を実施しましたので、お知らせいたします。

2021年5月12日伊藤園フィードバック数:0ライフスタイル

withコロナ2年目における健康や緑茶に対する認識を徹底調査

【withコロナ2年目における健康や緑茶に対する認識を徹底調査】緑茶を飲む頻度が最も増えたのは20代!緑茶に健康性を求める割合が増加「カテキン」の認知度は9割である一方、知られている健康効果はごく一部 健康不安が多くある現代こそ“緑茶”を生活課題に対するソリューション飲料に!株式会社伊藤園(代表取締役社長:本庄 大介 本社:東京都渋谷区)は、全国20~60代の男女1000名を対象に、「withコロナ2年目の健康や飲料に関する意識調査」を実施しました。 今回の調査では、2回目の緊急事態宣言が一部地

253人の男性にアンケート!人前や女性の前でクレジットカードを出す時はカードデザインを意識する?

253人の男性にアンケート!人前や女性の前でクレジットカードを出す時はカードデザインを意識する?!男性から聞いた周囲や女性からの視線は気にする?飲食店やショッピング時にクレジットカードで決済する際、男性は周囲やデート中の女性からの視線は気になるのか?というテーマの元、弊社が運営するカードレビュードットコム(URL:https://review.card-shinsa.com/)にて、男性限定で下記のアンケートを実施致しました。調査内容クレジットカードを人前で出す時に(男女問わず)カードのデザイン

2021年3月1日Indeedフィードバック数:0キャリアとスキル

15~64歳を対象に「仕事や自身の能力に関する意識調査」を実施

Skip to content15~64歳を対象に「仕事や自身の能力に関する意識調査」を実施「自分には気付いていない可能性が、きっとある」15~64歳を対象に、仕事や自身の能力に関する意識調査を実施約85%が、世の中には「自分に合った仕事があると思う」 約70%が、「自分でも気づけていない、仕事に活かせる能力を知りたい」世界No.1求人検索エンジン* 「Indeed (インディード)」の日本法人であるIndeed Japan株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役:大八木 紘之、https://

2021年2月22日産経新聞社★★フィードバック数:0ライフスタイル

「猫に関する意識調査」結果発表

2月22日「猫の日」はSNSで盛り上がる?! 「猫に関する意識調査」結果発表 ~猫の安全や命を守る取り組みを知っている人は約4割~ 産経新聞社は、2月22日「猫の日」を前に「ペットについてのアンケート」と題して、猫に関する意識調査を実施しました。今回は、2021年2月12日から17日までの6日間、当社が運営する会員サイト「産経iD」の登録者を対象におこない、猫の日の認知度、当日実施したいこと、猫の安全や命を守る取り組みなどについて調査しました。 猫絵作家・画家、くまくら珠美さんデザインの猫トート

2021年2月22日PS-Oneフィードバック数:0キャリアとスキル

『覚えたい』92%!プログラミング意識調査|就活や転職に有利と思う

『覚えたい』92%!プログラミング意識調査|就活や転職に有利と思うPS-Oneは2021年1月22日〜24日にかけて「プログラミングに対するイメージ・意識調査」を行いました。調査に利用した設問18件のうち、今回は前半9問の結果を掲載します。調査方法: インターネット上で選択式アンケートを実施調査対象: 20歳〜60歳の男女調査人数: 900人実施期間: 2021年1月22日〜24日【調査結果まとめ】900人の回答傾向からわかったこと■ 主要な設問と結果・ プログラミングは難しそう?やればできそう

2021年2月17日インサイトテックフィードバック数:0ライフスタイル

第5回「新型コロナウイルス」に関する意識調査

第5回「新型コロナウイルス」に関する意識調査「新型コロナウイルス」の終息は「来年頃までかかる」が男性38.4%、女性47.4%、「終息しない」が男女ともに30%以上 このブログについて メディアで話題の不満収集プラットフォーム「不満買取センター」を運営する AIベンチャーInsight Tech(インサイトテック)が送るメディア 「Insight Tech Lab (インサイトテックラボ)」データとAIが教えてくれる毎日のヒントを不定期に発信しています。 執筆者情報独自の自然言語処理技

昨今の状況下における外出・外食に関する意識調査(2021年1月)

無料調査レポート クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。 昨今の状況下における外出・外食に関する意識調査(2021年1月) 2021 / 01 / 20全国20歳~69歳の男女を対象に【昨今の状況下における外出・外食に関する意識調査(2021年1月)】を実施しました。 2021

20代の金銭感覚についての意識調査2021

ここからメインメニューメインメニューここまで ページの現在地トップ > ニュースリリース > 20代の金銭感覚についての意識調査2021 2021年1月14日各位SMBCコンシューマーファイナンス株式会社20代の金銭感覚についての意識調査202120代の毎月のお小遣い 平均29,398円、コロナ禍前の前回調査から微増「貯蓄ゼロ」の20代は18.2%、貯蓄額は平均72万円で前回調査から19万円増加、 既婚者では貯蓄額がコロナ禍前から大幅増加「コロナ禍前より収入が減った」有職者の29.5%20代の副

2021年1月29日GVフィードバック数:0ライフスタイル

クレジットカード利用者の8割以上が意識している「ポイント」、いつ何に使ってる?

クレジットカード利用者の8割以上が意識している「ポイント」、いつ何に使ってる?クレジットカードの発行枚数は年々増加しており、各社顧客獲得のためしのぎを削っています。中でも「ポイント還元率」は多くの利用者が注目し、クレジットカード選びに欠かせない要素のひとつとなっています。ポイントを貯めている利用者たちは、他の人のクレジットカードポイントの貯め方や、利用内容が気になる人も多いのではないでしょうか。まねーぶの調査ページ「まねーぶ調べ」では、全国のクレジットカード保有者100人に意識調査を行い、クレジ

本邦初となる、宇宙施策に関する意識調査を実施

本邦初となる、宇宙施策に関する意識調査を実施 本邦初となる、宇宙施策に関する意識調査を実施~宇宙施策に肯定的な意見が約9割、日本発宇宙ベンチャー企業の活躍に期待~株式会社NTTデータ経営研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳 圭一郎)は、内閣府宇宙開発戦略推進事務局の委託事業において、「宇宙に関する認知度・関心度などについてのアンケート」を実施しました。本アンケートは、今年7月から9月にかけて開催された内閣府「宇宙利用の現在と未来に関する懇談会※1」の取りまとめ内容を踏まえつつ、

2021年1月7日ビッグローブフィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナウイルス感染拡大により「節約志向」8割「2020年に関する意識調査」第1弾~2020年は「外食」や「娯楽」にかける費用が大幅に減少~

プレスルーム新型コロナウイルス感染拡大により「節約志向」8割 BIGLOBEが「2020年に関する意識調査」第1弾を発表~2020年は「外食」や「娯楽」にかける費用が大幅に減少~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「2020年に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果から第1弾として、主に2020年の消費に関する結果を発表します。本調査は、全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。調査日は2020年11月26日~11月27日、調査方法はインターネット調査

総勢500人に聞きました!オンラインやリモート葬儀について意識調査を実施!

総勢500人に聞きました!オンラインやリモート葬儀について意識調査を実施!公開日 : 2020/11/18更新日 : 2021/11/1新型コロナウイルス感染拡大や緊急事態宣言が出される環境下、葬儀の新しい形「オンライン葬儀」について、参列者側の認知度や利用状況を調査しました。オンライン葬儀の参列に74%が肯定的ではあるものの実際のオンライン葬儀への参列経験者は1%に留まることが分かりました。総勢500名に聞いた!オンラインやリモート葬儀の意識調査新型コロナウイルス感染拡大や緊急事態宣言が出され

5割の大家が「危機感ない」と回答、保有物件の事故に関する意識調査

5割の大家が「危機感ない」と回答、保有物件の事故に関する意識調査 大家202人が回答、2020年11月調査実施 国内最大の不動産投資サイト「楽待」(https://www.rakumachi.jp)を運営する、株式会社ファーストロジック(本社:東京都千代田区、東証一部上場、証券コード:6037)は、保有物件の事故に関する意識調査を実施した。調査期間は2020年11月4日~8日で、有効回答数は202名。「『保有物件で事故が起きるかもしれない』という危機感はありますか?」という質問に対し、約5割の大

ミドルエイジ女性の「ヘアケア」に関する意識調査

40代以上女性のなりたいヘアスタイル1位はあの女優!ミドルエイジ女性の「ヘアケア」に関する意識調査 40代以上女性のなりたいヘアスタイル1位はあの女優!ミドルエイジ女性の「ヘアケア」に関する意識調査 今回は、40 代以上の女性に「10年前との自身の髪の変化」にテーマにして、ヘアケアに関する意識や具体的な行動などを聞きました。多くの女性が「髪は見た目年齢の大切の要素」と感じ、6割以上の方が積極的に情報を得て、対策をしていることがわかりました。また「なりたいヘアスタイルの芸能人」を聞いたところ、米倉

2020年11月26日グッドオフフィードバック数:0ライフスタイル

遺言書に関する意識調査

遺言書に関する意識調査を実施 4割の人は興味がない!?遺言書... 遺言書に関する意識調査を実施4割の人は興味がない!?遺言書のアンケートから分かった矛盾葬儀ポータルサイト「葬儀のデスク」を2020年11月13日に公式リリースした株式会社グッドオフ(所在地:福岡県福岡市、代表:田中 孝一)が、「遺言書」についてアンケートを実施しました。「葬儀のデスク」メインビジュアル■調査結果●「遺言書を残すことを考えたことがない」人は約半数●「遺言書を残したい相手はいる」が約64%●「遺書に残してほしい

2020年11月25日エムタメ★★フィードバック数:0マーケティング

マーケティングオートメーション意識調査

マーケティング担当者のためにマーケティングに関わるためになる情報をためていく 【マーケティングオートメーション意識調査】MA導入率は15%で昨年の13%から微増。4年連続MAを導入しない理由1位は『費用が高いから』MA導入とコロナの影響の有無は相関性があることが判明【マーケティングオートメーション意識調査】MA導入率は15%で昨年の13%から微増。4年連続MAを導入しない理由1位は『費用が高いから』MA導入とコロナの影響の有無は相関性があることが判明2017年11月に弊社が行ったアンケートでは

2020年11月10日アイスタイル★★フィードバック数:0ライフスタイル

「美容とライフスタイルに関するアンケート」調査結果

新型コロナによる美容への意識・行動の変化続く スキンケア需要は引き続き上昇、減少していたメイク行動はやや戻るも支出は依然ダウン傾向~「美容とライフスタイルに関するアンケート」調査結果~株式会社アイスタイル株式会社アイスタイル(以下 アイスタイル)ではこのほど、運営するサービス@cosmeのプロデュースメンバーである、15~69歳の女性6,732名を対象に、2020年5月末(緊急事態宣言解除直後)に続き、コロナ禍における生活者の美容行動や意識の変化について調査した「美容とライフスタイルに関するアン

2020年11月4日よりそうフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ下の葬儀意識を調査

【よりそうのお葬式】コロナ下の葬儀意識を調査 少人数化の流れも「儀式は省略しない」7割 葬儀サービス「よりそうのお葬式」を運営する株式会社よりそう(東京都品川区、以下「よりそう」)は、新型コロナウイルス感染症(以下「新型コロナ」)の感染拡大状況と葬儀への意識変化の連動について全国40代以上の男女724名にアンケート調査を実施しましたので、その結果を公表します。 アンケート実施背景新型コロナ感染拡大が最も顕著だった2020年3月から4月にかけ、3密が発生しやすいとされる葬儀での感染拡大防止策は大

コロナ禍での「働き方と住環境」に関する意識調査

コロナ禍での「働き方と住環境」に関する意識調査 ~在宅勤務の家選びで重視するのは「遮音性」「家の広さ」「個室」~ コロナ禍での「働き方と住環境」に関する意識調査 ~在宅勤務の家選びで重視するのは「遮音性」「家の広さ」「個室」~ 株式会社エイチームのグループ会社で、お金や保険などの様々な情報やサービスを提供する株式会社エイチームフィナジー(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:林和樹)は、代から代の男女名に、コロナ禍での「働き方と住環境」について、どのように感じているか意識調査を実施しました。調査

2020年10月30日メンバーズ★★フィードバック数:0ライフスタイル

地球温暖化問題と購買に対する生活者意識調査(CSVサーベイ)

ナビゲーションメンバーズについてニュースリリース(2020年)メンバーズ、「地球温暖化問題と購買に対する生活者意識調査(CSVサーベイ)」を実施 7割が地球温暖化への関心がある一方、関連商品の購入経験者は3割 購入に至らない理由は「該当商品が分からない」「商品に出会わない」が最多~地球温暖化など社会課題への企業の取り組みが重要視されており、社会課題に取り組む商品・サービスを保有する企業側の工夫により販売機会の拡大が期待できることが明らかに~ メンバーズ、「地球温暖化問題と購買に対する生活者意識調

2020年10月30日ビートルフィードバック数:0キャリアとスキル

ワーケーションに関する意識調査

【ワーケーションに関する意識調査】一般女性の86.4%が「やってみたい」人気の傾向は田舎町や温泉街が圧倒的 『ワーケーション』の若年層ウケは? 株式会社ビートルは、全国の若年層女性・国内旅行や写真撮影を趣味とする女性471名を対象にワーケーション(※)に関する意識調査アンケートを実施いたしました。※ワーケーションとは、ワーク(労働)とバケーション(休暇)を組み合わせた造語で、観光地やリゾート地など好きな場所で旅行をしながらリモートワークをする働き方のこと。調査では「ワーケーションをしてみたいか」

2020年10月22日日本財団フィードバック数:0ライフスタイル

日本財団「18歳意識調査」第29回テーマ:地方創生について

日本財団「18歳意識調査」第29回テーマ:地方創生について 日本財団は「地方創生」をテーマに29回目の18歳意識調査を8月上旬に実施しました。将来暮らしたい場所は「都市」が56.5%と2019年1月に実施した第10回調査の61.3%を下回るものの、依然、「地方」希望(43.5%)に10ポイント以上の差をつけています。地方希望者のトップ「自然環境が豊か」が51.5%と昨年より18ポイントも増えているのが目立っています。暮らしたい場所を答えるに当たり、「新型コロナウイルスの感染拡大を意識した」とする

2020年10月14日マイナビワークスフィードバック数:0キャリアとスキル

コロナ禍における意識調査:20代の働き方と将来像

> コロナ禍における意識調査:20代の働き方と将来像コロナ禍における意識調査:20代の働き方と将来像 s(https://mynavi-job20s.jp)』では、新型コロナウイルス感染拡大以降の2020年3月24日(火)~2020年7月15日(水)の間に「働き方と将来像に関するアンケート調

2020年10月12日ninoyaフィードバック数:0大型消費/投資

令和の婚活新常識

【令和の婚活新常識】58%の女性が「プロポーズは結婚したいと思ったほうがするべき」と回答 働く女性のための《女性有料・男性無料》婚活サイト「キャリ婚」ユーザー意識調査 株式会社ninoya(本社:東京都港区・代表取締役社長:古越 幸太)は、共働きに理解のある男女が集まる「キャリ婚」利用者380名を対象に、現代の婚活における意識調査を行いました。 ▼調査内容第一回 婚約指輪・結婚指輪における意識調査第二回 プロポーズにおける意識調査第三回 結婚の条件における意識調査(11月予定)▼調査結果・年代

2020年9月28日ウォンテッドリーフィードバック数:0キャリアとスキル

Wantedly Visit ミレニアル世代の仕事に対する意識調査

若手ビジネスパーソンの9割が仕事への「共感」が重要と回答 Wantedly Visit ミレニアル世代の仕事に対する意識調査 2020年7月から8月にかけて実施した、「Wantedly Visit」内投票機能を活用したミレニアル世代の仕事に対する意識調査を発表します。今回の調査では、若手ビジネスパーソンの仕事選びにおいて会社のミッションが給与などの条件と同じくらい重視され、仕事を頑張る上で共感が重要であることがわかりました。・調査方法:「Wantedly Visit」内の投票機能 ・対象:「Wa

2020年9月23日日本財団フィードバック数:0社会/政治

初の世界規模「日系人」意識調査 新たな日系人像が明らかに

初の世界規模「日系人」意識調査 新たな日系人像が明らかに日系人アイデンティティーは継承され、日本とのつながりを広げる希望強く 日本財団は、全米日系人博物館(米国・ロサンゼルス)と協力して、世界各地に住む若い世代の「日系人」を対象とした世界規模の意識調査を実施しました。世界規模で「日系人」を対象にした包括的な意識調査が行われるのは今回が初めてです。本調査で日系人は「海外に移住した日本人及びその子孫」と定義しています。調査対象は18-35歳の若い世代です。若い世代の日系人は、世代が進むにつれ現地化し

2020年9月23日日経リサーチフィードバック数:0ビジネス

新型コロナ感染リスク、「職場に安心して行けない」47%、ドアノブからの感染懸念、女性や40代が高く

新型コロナ感染リスク、「職場に安心して行けない」47%、ドアノブからの感染懸念、女性や40代が高く日経リサーチと日本経済社が共同で意識調査 2020.08.31 株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福本敏彦)と日本経済社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:冨田賢)は8月中旬、新型コロナウイルスの感染リスクに関する共同意識調査を実施しました。調査は日経リサーチが10代から70代までの男女を対象にインターネットで実施し、男女ほぼ半々の1,022人から回答を得て、うち629人

2020年9月15日エヌ・シー・エヌフィードバック数:0ライフスタイル

注目集まる在宅避難、「必要性を感じる」約65%も「自宅で安全・安心に過ごす自信がある」人は約30%止まり

注目集まる在宅避難、「必要性を感じる」約65%も「自宅で安全・安心に過ごす自信がある」人は約30%止まり。 耐震意識の高い「耐震県」、2020年の1位は愛知、47位は長崎に <耐震・地震に関する意識調査2020>日本に安心・安全な木構造を普及させるべく木造耐震設計事業など手掛ける株式会社エヌ・シー・エヌ(東京都港区・代表取締役社長 田鎖郁男・https://www.ncn-se.co.jp/)は、毎年9月1日の「防災の日」に合わせて、“耐震・地震に関する全国意識調査”を実施しています。今年度も全

2020年9月4日SB C&Sフィードバック数:0ビジネス

ビデオ会議に関する意識調査を実施

~ビデオ会議で短縮できる会議時間の平均は23.2分!~SB C&S株式会社(以下「SB C&S」)は、新型コロナウイルス感染症の拡大によりテレワークを導入する企業の急増に伴い、仕事でビデオ会議を利用する機会がある人を対象に「ビデオ会議に関する意識調査」を実施しました。実施した調査結果をお知らせします。テレワークの導入により、影響を受けている業務、第1位は「社内会議(69.5%)」、第2位「社外会議(49.8%)」、第3位「報告・相談(37.8%)」という結果に約8割の人がビデオ会議の利点は「移動

2020年8月19日マネーフォワードフィードバック数:0ライフスタイル

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施マイナポイントに登録するキャッシュレス決済サービスの選定理由は、7割が「普段の支払いでよく使う決済サービス」と回答、登録した決済サービスの1位は「PayPay」 株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』の利用者10,000名を対象に、「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施しました。調査の結果、約8割がマイナポイント

2020年8月17日マネーフォワードフィードバック数:0ライフスタイル

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施マイナポイントに登録するキャッシュレス決済サービスの選定理由は、7割が「普段の支払いでよく使う決済サービス」と回答、登録した決済サービスの1位は「PayPay」 株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』の利用者10,000名を対象に、「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施しました。調査の結果、約8割がマイナポイント

2020年8月7日日本財団★フィードバック数:0マーケティング

日本財団「18歳意識調査」第28回テーマ:SNSについて

日本財団「18歳意識調査」第28回テーマ:SNSについて 日本財団は6月下旬、「SNS」をテーマに28回目の18歳意識調査を実施しました。この結果、94%がSNSを利用し、1日2時間以上の利用が約6割に上っています。経験者の75%が「SNSは生活に必要不可欠」、44%は「依存している」と回答、約20人に一人が「根拠の希薄な批判や悪口を書いたことがある」と答えています。調査結果ポイントSNS利用経験 94% 過半数が1日2時間以上使用主な使途「情報収集」80.4%、「友人とのやり取り」 75.5%

【管理職1,070人の意識調査】管理職の悩みダントツ1位は「部下の育成」

【管理職1,070人の意識調査】管理職の悩みダントツ1位は「部下の育成」/"部下の成長を感じていない"管理職が5年前の3倍に|新着情報|人材育成・社員研修 累計13,000社260万人以上に人材育成サービスを提供する株式会社ラーニングエージェンシー(本社 東京都千代田区、代表取締役社長 眞﨑大輔、以下「LA」)は、2019年12月~2020年3月の期間、管理職1,070人を対象に実施した「管理職の意識調査」の結果と考察を公表します。 背景2015年に労働基準法等の一部改正、2019年からは働き方

2020年8月4日ハルメクフィードバック数:0ライフスタイル

シニア男女に聞いた「夫婦関係と生活に関する意識調査」

シニア男女に聞いた「夫婦関係と生活に関する意識調査」 販売部数30.5部を誇る女性誌部No.1(※1)の「ハルメク」発行する株式会社ハルメク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)生きかた上手研究所は、60~79歳の既婚男女600名を対象に「夫婦関係と生活に関する意識調査」をwebアンケートにて実施いたしました。(※1)日本ABC協会発行レポート30.5万部(2019年7月~12月)【調査サマリ】■7割のシニアが夫婦関係に満足。しかし2年前と比較すると、「満足している」人の割合は女性では

2020年8月4日ブレインパッド★★フィードバック数:0エンタテインメント

日本の新型コロナウィルス・東京五輪に関するマーケットリサーチ~アメリカ及び中国における意識の変化~

Skip to content日本の新型コロナウィルス・東京五輪に関するマーケットリサーチ~アメリカ及び中国における意識の変化~ 日本の新型コロナウィルス・東京五輪に関するマーケットリサーチ~アメリカ及び中国における意識の変化~  我々ブレインパッドはビッグデータを解析し、ビジネスや社会に役立てていくことをビジョンとして掲げています。その対象は、既存の企業内にあるデータに限らず膨大な量が増え続けるソーシャルメディア上のデータも含まれます。当社はこの領域を、世界最大手の一社であるBrandwatc

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ