「意識調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年2月22日産経新聞社★★フィードバック数:0ライフスタイル

「猫に関する意識調査」結果発表

2月22日「猫の日」はSNSで盛り上がる?! 「猫に関する意識調査」結果発表 ~猫の安全や命を守る取り組みを知っている人は約4割~ 産経新聞社は、2月22日「猫の日」を前に「ペットについてのアンケート」と題して、猫に関する意識調査を実施しました。今回は、2021年2月12日から17日までの6日間、当社が運営する会員サイト「産経iD」の登録者を対象におこない、猫の日の認知度、当日実施したいこと、猫の安全や命を守る取り組みなどについて調査しました。 猫絵作家・画家、くまくら珠美さんデザインの猫トート

2021年2月17日インサイトテックフィードバック数:0ライフスタイル

第5回「新型コロナウイルス」に関する意識調査

第5回「新型コロナウイルス」に関する意識調査「新型コロナウイルス」の終息は「来年頃までかかる」が男性38.4%、女性47.4%、「終息しない」が男女ともに30%以上 このブログについて メディアで話題の不満収集プラットフォーム「不満買取センター」を運営する AIベンチャーInsight Tech(インサイトテック)が送るメディア 「Insight Tech Lab (インサイトテックラボ)」データとAIが教えてくれる毎日のヒントを不定期に発信しています。 執筆者情報独自の自然言語処理技

昨今の状況下における外出・外食に関する意識調査(2021年1月)

無料調査レポート クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。 昨今の状況下における外出・外食に関する意識調査(2021年1月) 2021 / 01 / 20株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:五⼗嵐幹)は、全国20歳~69歳の男女を対象に【昨今の状況

20代の金銭感覚についての意識調査2021

ここからメインメニューメインメニューここまで ページの現在地トップ > ニュースリリース > 20代の金銭感覚についての意識調査2021 2021年1月14日各位SMBCコンシューマーファイナンス株式会社20代の金銭感覚についての意識調査202120代の毎月のお小遣い 平均29,398円、コロナ禍前の前回調査から微増「貯蓄ゼロ」の20代は18.2%、貯蓄額は平均72万円で前回調査から19万円増加、 既婚者では貯蓄額がコロナ禍前から大幅増加「コロナ禍前より収入が減った」有職者の29.5%20代の副

2021年1月29日GVフィードバック数:0ライフスタイル

クレジットカード利用者の8割以上が意識している「ポイント」、いつ何に使ってる?

クレジットカード利用者の8割以上が意識している「ポイント」、いつ何に使ってる?クレジットカードの発行枚数は年々増加しており、各社顧客獲得のためしのぎを削っています。中でも「ポイント還元率」は多くの利用者が注目し、クレジットカード選びに欠かせない要素のひとつとなっています。ポイントを貯めている利用者たちは、他の人のクレジットカードポイントの貯め方や、利用内容が気になる人も多いのではないでしょうか。まねーぶの調査ページ「まねーぶ調べ」では、全国のクレジットカード保有者100人に意識調査を行い、クレジ

本邦初となる、宇宙施策に関する意識調査を実施

本邦初となる、宇宙施策に関する意識調査を実施 本邦初となる、宇宙施策に関する意識調査を実施~宇宙施策に肯定的な意見が約9割、日本発宇宙ベンチャー企業の活躍に期待~株式会社NTTデータ経営研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳 圭一郎)は、内閣府宇宙開発戦略推進事務局の委託事業において、「宇宙に関する認知度・関心度などについてのアンケート」を実施しました。本アンケートは、今年7月から9月にかけて開催された内閣府「宇宙利用の現在と未来に関する懇談会※1」の取りまとめ内容を踏まえつつ、

2021年1月7日ビッグローブフィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナウイルス感染拡大により「節約志向」8割「2020年に関する意識調査」第1弾~2020年は「外食」や「娯楽」にかける費用が大幅に減少~

プレスルーム新型コロナウイルス感染拡大により「節約志向」8割 BIGLOBEが「2020年に関する意識調査」第1弾を発表~2020年は「外食」や「娯楽」にかける費用が大幅に減少~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「2020年に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果から第1弾として、主に2020年の消費に関する結果を発表します。本調査は、全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。調査日は2020年11月26日~11月27日、調査方法はインターネット調査

2020年12月22日日本財団フィードバック数:0社会/政治

18歳意識調査

日本財団は、「18歳」の若者を対象にしたインターネットアンケート調査を継続的に行っています。2015年の改正公職選挙法で選挙権年齢が20歳から18歳に引き下げられ、翌年の参院選から新たに「18~19歳」が投票に参加しました。民法の改正に伴い2022年4月には成人年齢も18歳に変わります。そこで日本財団では、18歳の若者が何を考え、何を思っているのか、継続して調べる意識調査を行っています。次代を担う18歳が政治や社会、仕事、家族、友人、恋愛などをどのように考え、意識しているか、幅広く知ることで新し

総勢500人に聞きました!オンラインやリモート葬儀について意識調査を実施!

総勢500人に聞きました!オンラインやリモート葬儀について意識調査を実施!新型コロナウイルス感染拡大や緊急事態宣言が出される環境下、葬儀の新しい形「オンライン葬儀」について、参列者側の認知度や利用状況を調査しました。オンライン葬儀の参列に74%が肯定的ではあるものの実際のオンライン葬儀への参列経験者は1%に留まることが分かりました。公開日 : 2020/11/18更新日 : 2020/12/08総勢500名に聞いた!オンラインやリモート葬儀の意識調査新型コロナウイルス感染拡大や緊急事態宣言が出さ

5割の大家が「危機感ない」と回答、保有物件の事故に関する意識調査

5割の大家が「危機感ない」と回答、保有物件の事故に関する意識調査 大家202人が回答、2020年11月調査実施 国内最大の不動産投資サイト「楽待」(https://www.rakumachi.jp)を運営する、株式会社ファーストロジック(本社:東京都千代田区、東証一部上場、証券コード:6037)は、保有物件の事故に関する意識調査を実施した。調査期間は2020年11月4日~8日で、有効回答数は202名。「『保有物件で事故が起きるかもしれない』という危機感はありますか?」という質問に対し、約5割の大

2020年11月26日グッドオフフィードバック数:0ライフスタイル

遺言書に関する意識調査

遺言書に関する意識調査を実施 4割の人は興味がない!?遺言書... 遺言書に関する意識調査を実施4割の人は興味がない!?遺言書のアンケートから分かった矛盾葬儀ポータルサイト「葬儀のデスク」を2020年11月13日に公式リリースした株式会社グッドオフ(所在地:福岡県福岡市、代表:田中 孝一)が、「遺言書」についてアンケートを実施しました。「葬儀のデスク」メインビジュアル■調査結果●「遺言書を残すことを考えたことがない」人は約半数●「遺言書を残したい相手はいる」が約64%●「遺書に残してほしい

ミドルエイジ女性の「ヘアケア」に関する意識調査

40代以上女性のなりたいヘアスタイル1位はあの女優!ミドルエイジ女性の「ヘアケア」に関する意識調査 40代以上女性のなりたいヘアスタイル1位はあの女優!ミドルエイジ女性の「ヘアケア」に関する意識調査今回は、40 代以上の女性に「10年前との自身の髪の変化」にテーマにして、ヘアケアに関する意識や具体的な行動などを聞きました。多くの女性が「髪は見た目年齢の大切の要素」と感じ、6割以上の方が積極的に情報を得て、対策をしていることがわかりました。また「なりたいヘアスタイルの芸能人」を聞いたところ、米

2020年11月25日エムタメ★★フィードバック数:0マーケティング

マーケティングオートメーション意識調査

マーケティング担当者のためにマーケティングに関わるためになる情報をためていく 【マーケティングオートメーション意識調査】MA導入率は15%で昨年の13%から微増。4年連続MAを導入しない理由1位は『費用が高いから』MA導入とコロナの影響の有無は相関性があることが判明【マーケティングオートメーション意識調査】MA導入率は15%で昨年の13%から微増。4年連続MAを導入しない理由1位は『費用が高いから』MA導入とコロナの影響の有無は相関性があることが判明2017年11月に弊社が行ったアンケートでは

2020年11月25日アスマークフィードバック数:0ライフスタイル

生理用品(布ナプキン)に関する意識調査

生理用品(布ナプキン)に関する意識調査7割以上の女性が「布ナプキン」の存在を認知日本人女性の多くが生理中に紙ナプキンを使用しています。そんな中、現在では「布ナプキン」を使用している人もいるが、まだまだ浸透していないのも事実です。そして、認知度や使用意向は年代や運動頻度などによって異なるのではないかと考えました。そこで、年代別の認知度や使用意向を調べ、生理用品を使う女性の実態を調べました。 < TOPICS >生理用品の価格を気にしているのは、30代「布ナプキン」が浸透しないのは、店頭露出の少なさ

2020年11月16日学情フィードバック数:0キャリアとスキル

2022年卒学生の就職意識調査(就職活動準備の状況) 2020年11月版

あさがくナビ2022登録会員対象 2022年卒学生の就職意識調査(就職活動準備の状況) 2020年11月版|新卒・第二新卒採用サービス 学情 あさがくナビ2022登録会員対象 2022年卒学生の就職意識調査(就職活動準備の状況) 2020年11月版 株式会社学情では、「あさがくナビ2022」会員を対象に、「就職活動準備の状況」に関するアンケート調査を実施いたしましたので、結果を発表いたします。(1)「就職活動に不安がある」学生が97.1%に上る(2)「就職活動に不安を感じる理由」は、「コロ

今年の冬のボーナス「支給されない・分からない」が過去最高の46.4%

ホームニュース第43回 Ponta消費意識調査 2020年10月発表 今年の冬のボーナス「支給されない・分からない」が過去最高の46.4% ~ 使い道は「貯金・預金」が7年連続1位 ~第43回 Ponta消費意識調査 2020年10月発表 今年の冬のボーナス「支給されない・分からない」が過去最高の46.4% ~ 使い道は「貯金・預金」が7年連続1位 ~ 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下

2020年11月10日アイスタイル★★フィードバック数:0ライフスタイル

「美容とライフスタイルに関するアンケート」調査結果

新型コロナによる美容への意識・行動の変化続く スキンケア需要は引き続き上昇、減少していたメイク行動はやや戻るも支出は依然ダウン傾向~「美容とライフスタイルに関するアンケート」調査結果~株式会社アイスタイル株式会社アイスタイル(以下 アイスタイル)ではこのほど、運営するサービス@cosmeのプロデュースメンバーである、15~69歳の女性6,732名を対象に、2020年5月末(緊急事態宣言解除直後)に続き、コロナ禍における生活者の美容行動や意識の変化について調査した「美容とライフスタイルに関するアン

2020年11月4日よりそうフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ下の葬儀意識を調査

【よりそうのお葬式】コロナ下の葬儀意識を調査 少人数化の流れも「儀式は省略しない」7割 【よりそうのお葬式】コロナ下の葬儀意識を調査 少人数化の流れも「儀式は省略しない」7割葬儀サービス「よりそうのお葬式」を運営する株式会社よりそう(東京都品川区、以下「よりそう」)は、新型コロナウイルス感染症(以下「新型コロナ」)の感染拡大状況と葬儀への意識変化の連動について全国40代以上の男女724名にアンケート調査を実施しましたので、その結果を公表します。新型コロナ感染拡大が最も顕著だった2020年3月

コロナ禍での「働き方と住環境」に関する意識調査

プロがあなたの人生に合った住宅ローンを教えてくれる。 コロナ禍での「働き方と住環境」に関する意識調査 ~在宅勤務の家選びで重視するのは「遮音性」「家の広さ」「個室」~ コロナ禍での「働き方と住環境」に関する意識調査 ~在宅勤務の家選びで重視するのは「遮音性」「家の広さ」「個室」~ 株式会社エイチームのグループ会社で、お金や保険などの様々な情報やサービスを提供する株式会社エイチームフィナジー(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:林和樹)は、代から代の男女名に、コロナ禍での「働き方と住環境」につ

2020年10月30日メンバーズ★★フィードバック数:0ライフスタイル

地球温暖化問題と購買に対する生活者意識調査(CSVサーベイ)

ナビゲーションメンバーズについてニュースリリース(2020年)メンバーズ、「地球温暖化問題と購買に対する生活者意識調査(CSVサーベイ)」を実施 7割が地球温暖化への関心がある一方、関連商品の購入経験者は3割 購入に至らない理由は「該当商品が分からない」「商品に出会わない」が最多~地球温暖化など社会課題への企業の取り組みが重要視されており、社会課題に取り組む商品・サービスを保有する企業側の工夫により販売機会の拡大が期待できることが明らかに~ メンバーズ、「地球温暖化問題と購買に対する生活者意識調

2020年10月30日ビートルフィードバック数:0キャリアとスキル

ワーケーションに関する意識調査

【ワーケーションに関する意識調査】一般女性の86.4%が「やってみたい」人気の傾向は田舎町や温泉街が圧倒的 『ワーケーション』の若年層ウケは? 株式会社ビートルは、全国の若年層女性・国内旅行や写真撮影を趣味とする女性471名を対象にワーケーション(※)に関する意識調査アンケートを実施いたしました。※ワーケーションとは、ワーク(労働)とバケーション(休暇)を組み合わせた造語で、観光地やリゾート地など好きな場所で旅行をしながらリモートワークをする働き方のこと。調査では「ワーケーションをしてみたいか」

2020年10月29日学情フィードバック数:0キャリアとスキル

2021年卒学生の就職意識調査(内定獲得状況・内定承諾) 2020年10月版

あさがくナビ2021登録会員対象 2021年卒学生の就職意識調査(内定獲得状況・内定承諾) 2020年10月版|新卒・第二新卒採用サービス 学情 あさがくナビ2021登録会員対象 2021年卒学生の就職意識調査(内定獲得状況・内定承諾) 2020年10月版 株式会社学情では、「あさがくナビ2021」会員を対象に、「内定獲得状況・内定承諾」に関するアンケート調査を実施いたしましたので、結果を発表いたします。内々定獲得後にも4割弱の学生が就活を継続(1)「内定獲得率」は84.0%(2)「内々定

2020年10月24日日本財団★フィードバック数:0社会/政治

18歳意識調査 第30回テーマ「読む・書く」

日本財団は、「18歳」の若者を対象にしたインターネットアンケート調査を継続的に行っています。2015年の改正公職選挙法で選挙権年齢が20歳から18歳に引き下げられ、翌年の参院選から新たに「18~19歳」が投票に参加しました。民法の改正に伴い2022年4月には成人年齢も18歳に変わります。そこで日本財団では、18歳の若者が何を考え、何を思っているのか、継続して調べる意識調査を行っています。次代を担う18歳が政治や社会、仕事、家族、友人、恋愛などをどのように考え、意識しているか、幅広く知ることで新し

2020年10月22日日本財団フィードバック数:0ライフスタイル

日本財団「18歳意識調査」第29回テーマ:地方創生について

日本財団「18歳意識調査」第29回テーマ:地方創生について 日本財団は「地方創生」をテーマに29回目の18歳意識調査を8月上旬に実施しました。将来暮らしたい場所は「都市」が56.5%と2019年1月に実施した第10回調査の61.3%を下回るものの、依然、「地方」希望(43.5%)に10ポイント以上の差をつけています。地方希望者のトップ「自然環境が豊か」が51.5%と昨年より18ポイントも増えているのが目立っています。暮らしたい場所を答えるに当たり、「新型コロナウイルスの感染拡大を意識した」とする

2020年10月14日マイナビワークスフィードバック数:0キャリアとスキル

コロナ禍における意識調査:20代の働き方と将来像

> コロナ禍における意識調査:20代の働き方と将来像コロナ禍における意識調査:20代の働き方と将来像 s(https://mynavi-job20s.jp)』では、新型コロナウイルス感染拡大以降の2020年3月24日(火)~2020年7月15日(水)の間に「働き方と将来像に関するアンケート調

2020年10月8日学情フィードバック数:0キャリアとスキル

2022年卒学生の就職意識調査(インターンシップの実施形式) 2020年9月版

あさがくナビ2022会員対象 2022年卒学生の就職意識調査(インターンシップの実施形式) 2020年9月版 あさがくナビ2022会員対象 2022年卒学生の就職意識調査(インターンシップの実施形式) 2020年9月版 この度株式会社学情では「あさがくナビ2022」会員に、オンラインでの就職活動・面接についてアンケート調査を実施いたしましたので、その結果を発表いたします。インターンシップで企業に直接訪問したい学生が83.8%(1)「企業に直接訪問するインターンシップ」を希望する学生が83.8

2020年10月6日学情フィードバック数:0キャリアとスキル

2022年卒学生の就職意識調査(オンラインでのOB・OG訪問) 2020年9月版

あさがくナビ2022会員対象 2022年卒学生の就職意識調査(オンラインでのOB・OG訪問) 2020年9月版 あさがくナビ2022会員対象 2022年卒学生の就職意識調査(オンラインでのOB・OG訪問) 2020年9月版 この度株式会社学情では「あさがくナビ2022」会員に、オンラインでの就職活動・面接についてアンケート調査を実施いたしましたので、その結果を発表いたします。学生はオンラインでのOB・OG訪問に参加したい(1)「オンラインでOB・OG訪問ができるサービスがあれば利用したい」と

2020年10月2日旭硝子財団フィードバック数:0社会/政治

第1回 日本人の環境危機意識調査 結果発表

コロナ流行後、環境問題に前向きな意識や行動 約4割 危機的な問題1位は「気候変動」、豪雨災害や気温上昇など"気候危機"を懸念環境先進国1位は「日本」、ごみ分別やレジ袋有料化などが影響 公益財団法人旭硝子財団(理事長 島村琢哉、所在地 東京都千代田区)は、全国各地10~60代の男女1,092名(Z世代:18~24歳519名、大人世代:25~69歳573名)に対し、環境問題への危機意識および行動について把握するため、「第1回日本人の環境危機意識調査」を実施しました。本調査は、慶應義塾大学大学院政策・

2020年9月23日日本財団フィードバック数:0社会/政治

初の世界規模「日系人」意識調査 新たな日系人像が明らかに

初の世界規模「日系人」意識調査 新たな日系人像が明らかに日系人アイデンティティーは継承され、日本とのつながりを広げる希望強く 日本財団は、全米日系人博物館(米国・ロサンゼルス)と協力して、世界各地に住む若い世代の「日系人」を対象とした世界規模の意識調査を実施しました。世界規模で「日系人」を対象にした包括的な意識調査が行われるのは今回が初めてです。本調査で日系人は「海外に移住した日本人及びその子孫」と定義しています。調査対象は18-35歳の若い世代です。若い世代の日系人は、世代が進むにつれ現地化し

2020年9月23日日経リサーチフィードバック数:0ビジネス

新型コロナ感染リスク、「職場に安心して行けない」47%、ドアノブからの感染懸念、女性や40代が高く

新型コロナ感染リスク、「職場に安心して行けない」47%、ドアノブからの感染懸念、女性や40代が高く日経リサーチと日本経済社が共同で意識調査 2020.08.31 株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福本敏彦)と日本経済社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:冨田賢)は8月中旬、新型コロナウイルスの感染リスクに関する共同意識調査を実施しました。調査は日経リサーチが10代から70代までの男女を対象にインターネットで実施し、男女ほぼ半々の1,022人から回答を得て、うち629人

2020年9月15日エヌ・シー・エヌフィードバック数:0ライフスタイル

注目集まる在宅避難、「必要性を感じる」約65%も「自宅で安全・安心に過ごす自信がある」人は約30%止まり

注目集まる在宅避難、「必要性を感じる」約65%も「自宅で安全・安心に過ごす自信がある」人は約30%止まり。 耐震意識の高い「耐震県」、2020年の1位は愛知、47位は長崎に <耐震・地震に関する意識調査2020>日本に安心・安全な木構造を普及させるべく木造耐震設計事業など手掛ける株式会社エヌ・シー・エヌ(東京都港区・代表取締役社長 田鎖郁男・https://www.ncn-se.co.jp/)は、毎年9月1日の「防災の日」に合わせて、“耐震・地震に関する全国意識調査”を実施しています。今年度も全

2020年9月9日カスペルスキーフィードバック数:0社会/政治

コロナ禍の孤独感に関する意識調査 2人に1人が孤独感を感じる日本人

コロナ禍の孤独感に関する意識調査 2人に1人が孤独感を感じる日本人

2020年9月4日SB C&Sフィードバック数:0ビジネス

ビデオ会議に関する意識調査を実施

~ビデオ会議で短縮できる会議時間の平均は23.2分!~SB C&S株式会社(以下「SB C&S」)は、新型コロナウイルス感染症の拡大によりテレワークを導入する企業の急増に伴い、仕事でビデオ会議を利用する機会がある人を対象に「ビデオ会議に関する意識調査」を実施しました。実施した調査結果をお知らせします。テレワークの導入により、影響を受けている業務、第1位は「社内会議(69.5%)」、第2位「社外会議(49.8%)」、第3位「報告・相談(37.8%)」という結果に約8割の人がビデオ会議の利点は「移動

2020年8月26日学情フィードバック数:0キャリアとスキル

あさがくナビ2022会員対象 2022年卒学生の就職意識調査(就職活動でのコミュニケーションツール)

あさがくナビ2022会員対象 2022年卒学生の就職意識調査(就職活動でのコミュニケーションツール) 2020年7月版 あさがくナビ2022会員対象 2022年卒学生の就職意識調査(就職活動でのコミュニケーションツール) 2020年7月版 この度株式会社学情では「あさがくナビ2022」会員に、就職活動でのコミュニケーションツールについてアンケート調査を実施いたしましたので、その結果を発表いたします。就活準備で最も連絡がつきやすいツールは「LINE」が最多。(1)就職活動で最も連絡がつきやすい

2020年8月19日マネーフォワードフィードバック数:0ライフスタイル

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施マイナポイントに登録するキャッシュレス決済サービスの選定理由は、7割が「普段の支払いでよく使う決済サービス」と回答、登録した決済サービスの1位は「PayPay」 株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』の利用者10,000名を対象に、「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施しました。調査の結果、約8割がマイナポイント

2020年8月17日マネーフォワードフィードバック数:0ライフスタイル

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施マイナポイントに登録するキャッシュレス決済サービスの選定理由は、7割が「普段の支払いでよく使う決済サービス」と回答、登録した決済サービスの1位は「PayPay」 株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』の利用者10,000名を対象に、「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施しました。調査の結果、約8割がマイナポイント

2020年8月14日学情フィードバック数:0キャリアとスキル

【2021卒就職意識調査】新型コロナウイルスによる就職活動への影響は

あさがくナビ2021会員対象 2021年卒学生の就職意識調査(コロナウイルスによる就職活動への影響) 2020年7月版|新卒・第二新卒採用サービス 学情 あさがくナビ2021会員対象 2021年卒学生の就職意識調査(コロナウイルスによる就職活動への影響) 2020年7月版 この度株式会社学情では「あさがくナビ2021」会員に、就職活動におけるコロナウイルスの影響についてアンケート調査を実施いたしましたので、その結果を発表いたします。(1)新型コロナウイルスの就職活動への影響は「説明会がWe

2020年8月7日日本財団★フィードバック数:0マーケティング

日本財団「18歳意識調査」第28回テーマ:SNSについて

日本財団「18歳意識調査」第28回テーマ:SNSについて 日本財団は6月下旬、「SNS」をテーマに28回目の18歳意識調査を実施しました。この結果、94%がSNSを利用し、1日2時間以上の利用が約6割に上っています。経験者の75%が「SNSは生活に必要不可欠」、44%は「依存している」と回答、約20人に一人が「根拠の希薄な批判や悪口を書いたことがある」と答えています。調査結果ポイントSNS利用経験 94% 過半数が1日2時間以上使用主な使途「情報収集」80.4%、「友人とのやり取り」 75.5%

【管理職1,070人の意識調査】管理職の悩みダントツ1位は「部下の育成」

【管理職1,070人の意識調査】管理職の悩みダントツ1位は「部下の育成」/"部下の成長を感じていない"管理職が5年前の3倍に【管理職1,070人の意識調査】管理職の悩みダントツ1位は「部下の育成」/"部下の成長を感じていない"管理職が5年前の3倍に|新着情報|人材育成・教育研修 累計13,000社260万人以上に人材育成サービスを提供する株式会社ラーニングエージェンシー(本社 東京都千代田区、代表取締役社長 眞﨑大輔、以下「LA」)は、2019年12月~2020年3月の期間、管理職1,070人を

2020年8月4日ハルメクフィードバック数:0ライフスタイル

シニア男女に聞いた「夫婦関係と生活に関する意識調査」

シニア男女に聞いた「夫婦関係と生活に関する意識調査」 販売部数30.5部を誇る女性誌部No.1(※1)の「ハルメク」発行する株式会社ハルメク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)生きかた上手研究所は、60~79歳の既婚男女600名を対象に「夫婦関係と生活に関する意識調査」をwebアンケートにて実施いたしました。(※1)日本ABC協会発行レポート30.5万部(2019年7月~12月)【調査サマリ】■7割のシニアが夫婦関係に満足。しかし2年前と比較すると、「満足している」人の割合は女性では

2020年8月4日ブレインパッド★★フィードバック数:0エンタテインメント

日本の新型コロナウィルス・東京五輪に関するマーケットリサーチ~アメリカ及び中国における意識の変化~

Skip to content日本の新型コロナウィルス・東京五輪に関するマーケットリサーチ~アメリカ及び中国における意識の変化~ 日本の新型コロナウィルス・東京五輪に関するマーケットリサーチ~アメリカ及び中国における意識の変化~  我々ブレインパッドはビッグデータを解析し、ビジネスや社会に役立てていくことをビジョンとして掲げています。その対象は、既存の企業内にあるデータに限らず膨大な量が増え続けるソーシャルメディア上のデータも含まれます。当社はこの領域を、世界最大手の一社であるBrandwatc

withコロナにおける日本人の心理の変化・今後やりたいこと

プレスリリース 消費者の自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」。 自粛期間終了後の3大欲求は「旅行」「外食」「(リアル)ショッピング」、 3大願望は「買い占め・転売がなくなる」「国内生産が増える」「マスク着用・手洗い習慣の定着」サイバーエージェント次世代生活研究所、withコロナにおける日本人の意識の変化について、全国3,094人を対象に意識調査、第2弾を発表 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード47

2020年7月31日Faber Companyフィードバック数:0マーケティング

Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施

Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施 Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施 2020.07.29 約半数「ウェビナー参加が増えた」が、6割は「ながら見」。「通信環境」「参加感」「アーカイブ視聴」などに改善点1,500社のWebマーケティングを支援中の株式会社Faber Company(ファベルカンパニー/本社:東京都港区、代表取締役:稲次正樹・古澤暢央)は、Webマーケター

2020年7月29日日本財団フィードバック数:0社会/政治

日本財団「18歳意識調査」第27回テーマ:東京オリンピック・パラリンピックについて ―結果速報―

日本財団「18歳意識調査」第27回テーマ:東京オリンピック・パラリンピックについて ―結果速報― 日本財団は7月上旬、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により1年延期が決定した「東京オリンピック・パラリンピック」をテーマに18歳意識調査を実施しました。大会開催については「予定どおり開催」が28.0%と最も多く、「(さらに)1年延期し22年に開催」22.3%、「中止」19.7%、「簡素化して開催」18.5%と意見が割れました。簡素化の方法として「観客席の縮小、チケット販売の制限」「閉会式・開会式

2020年7月14日マンダムフィードバック数:0ライフスタイル

「外出自粛により増えた家中での過ごし方や気持ちの変化」に関する調査

夫の“家の中の美化意識”は高まる一方、“身だしなみ意識”は低下 特にルーズになってしまった身だしなみは“ニオイケア” 在宅ワーク・外出自粛における夫婦の意識調査 働き⽅改⾰や感染症対策の影響で、在宅ワークを実施するなど「家の中で過ごす」時間が増えています。ミドル男性向けコスメブランド「ルシード」を展開するマンダムは、働く35~49歳の既婚男女444名に「外出自粛により増えた家中での過ごし方や気持ちの変化」に関する調査を実施しましたのでご報告します。 【調査概要】調査⼿法:インターネットリサーチ

2020年7月13日ninoyaフィードバック数:0大型消費/投資

【令和の婚活新常識】67%の女性が「結婚指輪は男女どちらから贈っても良い」と回答

【令和の婚活新常識】67%の女性が「結婚指輪は男女どちらから贈っても良い」と回答 働く女性のための《女性有料・男性無料》婚活サイト「キャリ婚」ユーザー意識調査 株式会社ninoya(本社:東京都港区・代表取締役社長:古越 幸太)は、共働き婚を志向する男女が集まる「キャリ婚」利用者380名を対象に、現代の婚活における意識調査を行いました。 ▼調査内容第一回 婚約指輪・結婚指輪における意識調査第二回 プロポーズにおける意識調査(9月実施予定)第三回 結婚の条件における意識調査(11月実施予定)▼調査

2020年7月6日森下仁丹フィードバック数:0ライフスタイル

ビタミンDに関する意識調査

ビタミンDに関する意識調査

2020年6月30日電通★★フィードバック数:0ライフスタイル

電通、新型コロナウイルス日米定点生活者意識調査第4回目を実施

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 IR情報電通グループのIR情報はこちらからご覧ください。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通、新型コロナウイルス日米定点生活者意識調査第4回目を実施2020年6月30日外出自粛緩和するも、日米共に第二波に対して高い懸念。日本の外出時の感染への危機意識は米国よりも30%高い株式会社電通(本社:

2020年6月25日インサイトテックフィードバック数:0社会/政治

第4回「新型コロナウイルス」に関する意識調査

第4回「新型コロナウイルス」に関する意識調査「新型コロナウイルス」の終息は来年頃までかかると約70%が回答 このブログについて メディアで話題の不満収集プラットフォーム「不満買取センター」を運営する AIベンチャーInsight Tech(インサイトテック)が送るメディア 「Insight Tech Lab (インサイトテックラボ)」データとAIが教えてくれる毎日のヒントを不定期に発信しています。 執筆者情報独自の自然言語処理技術とマーケティング知見を用いて、不満買取センターに集まった

2020年6月18日マンダムフィードバック数:0ライフスタイル

10代~60代男性の汗に関する意識調査

10代~60代男性の汗に関する意識調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

お知らせ