「意識調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年3月31日日本財団★★フィードバック数:0社会/政治

日本財団「18歳意識調査」第23回 テーマ:格差社会について

日本財団「18歳意識調査」第23回 テーマ:格差社会について 日本財団は2月下旬、「格差社会」をテーマに23回目の18歳意識調査を行いました。この結果、7割以上が「格差が拡大していると思う」と答え、6割弱は「日常生活で経済的格差を感じる」とし、格差が進学などに影響を与えている、との指摘も出ています。 Q.日常生活の中で経済的な「格差」を感じることはありますか。(n=1000) また6割を超える人が「格差がさらに拡大する」と見ているほか、4割弱は「家庭環境や個人の資質の違い」などを理由に、「格

20代・30代・40代の金銭感覚についての意識調査2020

ここからメインメニューメインメニューここまで ページの現在地トップ > ニュースリリース > 20代・30代・40代の金銭感覚についての意識調査2020 2020年3月12日各位SMBCコンシューマーファイナンス株式会社20代・30代・40代の金銭感覚についての意識調査2020キャッシュレス派が増加 増加は20代で目立つも積極利用は30代・40代若い年代ほどモノを持たない消費に積極的な人が高い傾向 20代の38%が“サブスクサービス”の利用意向あり働き方改革で家事メン増加?残業が減った有職男性の

2020年3月7日ハルメクフィードバック数:0社会/政治

3.11直前にシニア女性に聞いた「防災意識調査」

【調査リリース】3.11直前にシニア女性に聞いた「防災意識調査」「防災意識が高い」と自覚するシニア女性は2割未満。 避難勧告が出た際に実際に避難した人はわずか14.9%と消極的。その一方、備蓄をしている人は7割超え。防災の備えに偏りがある 販売部数24.8万部を誇るシニア女性誌部数No.1(※1)の「ハルメク」を発行する株式会社ハルメク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)は、40~79歳のシニア女性600名を対象に「防災意識と実態」に関するwebアンケート調査を実施いたしました。(※

リンクトインOpportunity Index 2020グローバルレポート

日本の女性は22か国中、学歴や所得にかかわらず最も悲観的で自... 日本の女性は22か国中、学歴や所得にかかわらず 最も悲観的で自信がないことが明らかにリンクトイン「仕事で実現したい機会に対する意識調査」から 男女格差に焦点をあてた結果を発表6億7,500万人が利用する世界最大のビジネス特化型ソーシャルネットワークサービスのリンクトイン(LinkedIn) は、世界22か国を対象とした「仕事で実現したい機会に対する意識調査(Opportunity Index 2020)」から男女格差に焦点

2020年3月4日パーソル総合研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

パーソル総合研究所、日本で働く外国人の意識に関する調査結果を発表

HOMEニュース パーソル総合研究所、日本で働く外国人の意識に関する調査結果を発表外国人への日本人のマネジメントに問題があることが明らかにパーソル総合研究所、日本で働く外国人の意識に関する調査結果を発表 外国人への日本人のマネジメントに問題があることが明らかにパーソル総合研究所、日本で働く外国人の意識に関する調査結果を発表外国人への日本人のマネジメントに問題があることが明らかに 日本人上司に対する不満は外国人上司に比べて約2倍 職場に対する不満ランキング1位は「昇進・昇格が遅い」、2位は「給料が

2020年2月18日中小企業庁フィードバック数:0ビジネス

日本人の起業意識はまだまだ低いが、潜在的な起業意識“隠れ起業意識”は高い 起業無関心者の約4割が「副業起業」に興味

日本人の起業意識はまだまだ低いが、潜在的な起業意識“隠れ起業意識”は高い 起業無関心者の約4割が「副業起業」に興味 中小企業庁は、創業に無関心な層を対象に、創業・起業を身近に感じ興味関心を持ってもらう事を目的として、潜在的創業者掘り起こし事業を行っております。2019年4月より順次、働き方改革関連法が施行され、多様な働き方を選択できる社会に変わりつつあり、副業・兼業を認める企業が徐々に増えてきております。今回は、「起業と副業」についての意識調査の結果を報告します。 起業・副業について、あなたのお

エコ活動・SDGsに関するアンケート調査

ホーム > ニュースリリース > 2019年度 > 『エコ活動・SDGsに関するアンケート調査』50~60代の女性は意識高い!?「マイバッグ」持参率は95% ごみの分別も完璧!8割が使い古しタオルをぞうきんへ利用ニュースリリース『エコ活動・SDGsに関するアンケート調査』50~60代の女性は意識高い!?「マイバッグ」持参率は95% ごみの分別も完璧!8割が使い古しタオルをぞうきんへ利用 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2020年02月12日 ~SDGs17のゴール、全世代で最も共感する

高齢者雇用に関する調査2020

高齢者雇用に関する調査2020 [2020年1月30日掲載]社内ルールにおける男女差に関する調査2019 [2019年11月15日掲載]男性の家事・育児参加に関する実態調査2019 [2019年10月8日掲載]派遣労働者に関する調査2019 [2019年7月26日掲載]「36協定」「日本の社会」に関する調査2019 [2019年5月29日掲載]仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019 [2019年5月28日掲載]就職差別に関する調査2019 [2019年5月15日掲載]20代のワー

2020年2月3日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

アジア4か国 訪日旅行者の日本での美容サービス利用に関する実態・意識調査

アジア4か国 訪日旅行者の日本での美容サービス利用に関する実態・意識調査

2020年1月16日セコムフィードバック数:0ライフスタイル

女性の『安全・安心』に関する意識調査

女性の『安全・安心』に関する意識調査

2020年1月13日オーネットフィードバック数:0ライフスタイル

第25回 新成人の恋愛、結婚に関する意識調査

第25回 新成人の恋愛、結婚に関する意識調査 2020年1月 令和最初の成人式を迎える「新成人」の恋愛結婚に関する意識調査 新成人の恋愛・結婚に関する意識は、4年連続で回復トレンドを維持!「今後異性と積極的に交際したい」新成人の割合が約5割、3年連続増加傾向を維持!新成人の結婚希望年齢は25歳が最多割合、女性の7割は27歳までに結婚したい!新成人の「将来子供が欲しい」割合が65.9%で過去25年間で最低水準に?! 結婚相手紹介サービスを提供する株式会社オーネット(本社:東京都中央区 代表取締役

2020年1月7日ソニー損害保険★フィードバック数:0大型消費/投資

2020年 新成人のカーライフ意識調査

リサーチレポート以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。以下の内容は掲載当時のもので、 現在と異なる場合がございます。

2020年1月6日エス・エム・エスフィードバック数:0ライフスタイル

親の終活に関する意識調査

【親の終活に関する意識調査】7割が毎月親【親の終活に関する意識調査】7割が毎月親と連絡を取る一方で、親と「終活」について話したことがない人は約6割。子側はきっかけに悩む傾向〜親と生前に話しておきたいことベスト3は、1位「葬儀」、2位「相続財産」、3位「納骨・お墓」〜 【親の終活に関する意識調査】 7割が毎月親と連絡を取る一方で、親と「終活」について話したことがない人は約6割。子側はきっかけに悩む傾向 〜親と生前に話しておきたいことベスト3は、1位「葬儀」、2位「相続財産」、3位「納骨・お墓

2019年12月27日セコムフィードバック数:0社会/政治

老後の不安に関する意識調査

約9割が「老後の不安を感じる」と回答、過去8年で最も高い割合に老後の不安の理由は「病気・ケガ」「経済的な負担」「介護」 女性では20〜60代以上の全世代で9割以上が老後の不安を抱える結果に老後の備えや対策は微増しているものの、いまだ半数以上が未対策と回答 セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:尾関一郎)は、20代以上男女(20-29歳、30-39歳、40-49歳、50-59歳、60歳以上/男女各50名の計500名)を対象に、「老後の不安に関する意識調査」を実施しました。内閣府による「令和

2019年12月23日ヤフーフィードバック数:0ライフスタイル

高校の制服が家計の負担に?高校の制服、必要?

高校の制服は、統一感を出したり学校への帰属意識を高めたりする効果がある一方、「高額となり家計の負担が増える」という声も。高校の制服、あなたは必要だと思いますか? ※統計に基づく世論調査ではありません。結果は予告なく削除することがあります。「意識調査」のデータ利用について

2019年12月19日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

2020年の景気見通しに対する企業の意識調査

2019/12/122020年の景気見通しに対する企業の意識調査2020年の景気、「悪化」と見込む企業は37.2%〜 景気回復に必要な政策、「人手不足の解消」が2年連続でトップ 〜はじめに2019年12月9日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は、前期(4〜6月期)比0.4%増(年率換算で1.8%増)となり、4四半期連続でプラスの成長となった。省力化投資などの設備投資や公共工事、五輪関連の建設需要などに加え、消費税率引き上げ前の駆け込み需要も好影響を与えた。一方、相次ぐ自然災害や世界

2019年12月17日大成広告社★フィードバック数:0キャリアとスキル

46.8%のミドルシニアが給与の不満で転職希望

~貢献欲の高いミドルシニア層の勤務待遇見直しが企業の利にも繋がる!? 「ミドルシニアお仕事ナビ」、40歳以上の転職希望者へ「仕事」に関する意識調査を実施~「ミドルシニアのお仕事」に関する意識調査調査概要「ミドルシニアのお仕事」に関する意識調査 有効回答関東在住の40歳以上の転職希望者109名 調査期間2019年11月12日~2019年11月15日 ミドルシニアの現業種は15.6%がソフトウェア はじめに、「Q1. 現在お勤めしている先の企業の業種を教えてください。」(n=109)と質問したところ

2019年11月14日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

東京五輪に関する企業の意識調査(2019年)

2019/11/14東京五輪に関する企業の意識調査(2019年)五輪開催が日本経済の持続的な成長に有効と46.8%が認識〜 五輪期間中の働き方、都内の1割超の企業で休暇の設定や時差通勤を検討 〜はじめに2020年7月から9月にかけて、東京五輪・パラリンピック(以下、東京五輪)が開催され、開催都市である東京にとどまらず、全国的に経済波及効果が期待されている。加えて、さらなるスポーツ振興や世界に先駆けた新エネルギー活用に向けた取り組みなど、さまざまな好影響をもたらすと言われている。一方で、大会期間中

2019年11月8日Lean In Tokyo★フィードバック数:0社会/政治

Lean In Tokyo、「国際男性デー」に先駆け「男性が職場や学校、家庭で感じる『生きづらさ』に関する意識調査」を実施

【プレスリリース】Lean In Tokyo、11月19日の「国際男性デー」に先駆け、『男性が職場や学校、家庭で感じる「生きづらさ」に関する意識調査』を実施 HomeMedia【プレスリリース】Lean In Tokyo、11月19日の「国際男性デー」に先駆け、『男性が職場や学校、家庭で感じる「生きづらさ」に関する意識調査』を実施 【プレスリリース】Lean In Tokyo、11月19日の「国際男性デー」に先駆け、『男性が職場や学校、家庭で感じる「生きづらさ」に関する意識調査』を実施~

2019年11月6日日本財団★フィードバック数:0マーケティング

日本財団「18歳意識調査」第19回 テーマ:メディアについて

日本財団「18歳意識調査」第19回 テーマ:メディアについて Q.インターネット上の情報を虚偽だと感じたことがあるか(ある84.1% ない15.9%) Q.フェイクニュースに対する法整備の必要性(必要である56.6% 必要はない11.2% わからない 32.2%) 日本財団は9月中旬、「メディア」をテーマに19回目となる18歳意識調査を実施しました。若者のテレビ離れが指摘される中、回答者1000人のうち80%以上がテレビから必要な情報を得ていると答え、ソーシャルメディアやニュースサイト(いずれ

2019年10月17日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

海外進出に関する企業の意識調査(2019年)

2019/10/15海外進出に関する企業の意識調査(2019年)企業の24.7%が海外に進出〜 海外進出への課題、「社内人材(邦人)の確保」がトップ 〜はじめに政府は、成長戦略のなかで中小企業の海外進出を重要な政策課題として位置づけている。こうしたなか、国や自治体の積極的な支援を追い風として、大企業だけでなく、中小企業を含む日本企業がより一層の海外進出を目指すことが期待されている。一方で、企業にとって、現地情報の収集や日本と諸外国との関係などが海外に進出する際のリスクとして顕在している。そこで、

2019年10月9日ビッグローブフィードバック数:0大型消費/投資

「お金に関する意識調査」第2弾

プレスルーム「経済的に子供をもつ余裕がない」7割を超えるBIGLOBEが「お金に関する意識調査」第2弾を発表~適切な預貯金「できていない」7割強、今後貯める自信「ない」7割弱~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「お金に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第2弾を発表します。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは200人ずつ、性別カテゴリは100人ずつ抽出

2019年10月9日ビッグローブフィードバック数:0大型消費/投資

「お金に関する意識調査」第1弾

プレスルームお金に不安を「感じる」9割弱、理由は「収入」「貯蓄」「年金」 BIGLOBEが「お金に関する意識調査」第1弾を発表~消費税増税に「反対」7割超も、購買行動は「変わらない」5割~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「お金に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第1弾を発表します。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは200人ずつ、性別カテゴリは10

2019年10月2日インテージ★フィードバック数:0ライフスタイル

食育・孤食に関する意識調査

食育・孤食に関する意識調査

2019年10月1日ビッグローブフィードバック数:0大型消費/投資

「お金に関する意識調査」第1弾

プレスルームお金に不安を「感じる」9割弱、理由は「収入」「貯蓄」「年金」 BIGLOBEが「お金に関する意識調査」第1弾を発表~消費税増税に「反対」7割超も、購買行動は「変わらない」5割~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「お金に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第1弾を発表します。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは200人ずつ、性別カテゴリは10

2019年9月26日タイガー魔法瓶フィードバック数:0社会/政治

[増税と食事に関する意識調査]増税で見直したい支出 第1位は「食費」

[増税と食事に関する意識調査] 増税で見直したい支出 第1位は「食費」 増税後に「外食の頻度を減らしたい」が約8割という結果に 2019年10月1日(火)から施行される消費税の増税以降、食品は軽減税率の適用により8%据え置きになる一方、外食の場合には10%の税率が掛かります。増税に伴う「食事」に対する意識がどう変化するのか、タイガー魔法瓶株式会社では「増税と食事に関する意識調査」を実施しました。その結果、増税で見直したい支出の第1位が「食費」(45.3%)となり、増税後に外食の頻度を減らしたい

消費増税前の駆け込み購入に関する意識調査

消費増税前の駆け込み購入に関する意識調査

2019年8月28日アクサ生命保険フィードバック数:0社会/政治

介護に関する親と子の意識調査2019

介護に関する親と子の意識調査2019

2019年8月9日楽天★フィードバック数:0モバイル

フリマアプリ「ラクマ」、シニア女性誌「ハルメク」とシニア世代の“片付け“と“フリマアプリ“に関する意識を共同調査

フリマアプリ「ラクマ」、シニア女性誌「ハルメク」とシニア世代の“片付け“と“フリマアプリ“に関する意識を共同調査 フリマアプリ利用者 シニア女性は、毎月約6千円をお小遣い稼ぎしながらお片付け楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するフリマアプリ「ラクマ」は、シニア女性誌部数 No.1(※)の「ハルメク」と共同で、「シニア世代の片付けとフリマアプリに関する意識調査」を行いました。(※)一般社団法人 日本 ABC 協会・ABC レポート 21.5

2019年8月2日日本財団フィードバック数:0エンタテインメント

日本財団「18歳意識調査」第16回 テーマ:東京オリンピック・パラリンピックについて

日本財団「18歳意識調査」第16回 テーマ:東京オリンピック・パラリンピックについて 日本財団は、2020東京オリンピック開催がほぼ1年後に迫った6月下旬、「東京オリンピック・パラリンピック」をテーマに16回目の18歳意識調査を実施しました。この結果、7割弱が東京オリンピック、パラリンピック、もしくは両方を楽しみにしている、と答えています。 あなたは2020年に開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を楽しみにしていますか。(n=1,000) 「自国開催だから」、「好きなスポ

2019年8月1日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2021年卒マイナビ大学生インターンシップ前の意識調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 『2021年卒マイナビ大学生インターンシップ前の意識調査』を発表インターンシップを選ぶ基準は「参加しやすい場所」と「短期間」が5割超え株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2021年卒の学生を対象にした『2021年卒マイナビ大学生インターンシップ前の意識調査』を発表しました。なお、本調査は2018年から実施し、今回で2回目となります。調査結果の概要(

2019年7月23日ヨシハラフィードバック数:0ライフスタイル

「足のニオイ」に関する意識調査

【夏だからこそ靴のクリーニング!?】働いている女性の7割以上は足のニオイを気にしていることが判明!?効果的なケアは意外なあの方法!ニオイをとるだけではなく、あんな効果も? 靴のクリーニングを知ってますか?ニオイ・汚れ・色補正もまとめて解決♪ 価格満足度・利用満足度・友人に紹介したい宅配クリーニング会社 第1位(2018年最新)の3冠を獲得した株式会社ヨシハラが、全国20代~50代の働く女性を対象に、「足のニオイ」に関する意識調査を実施しました。 ジメジメとした梅雨も終わりを迎え、時折見せる日差

2019年7月18日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

消費税率引き上げに対する企業の意識調査(2019年)

2019/7/11消費税率引き上げに対する企業の意識調査(2019年)予定どおり実施すべきが44.1%も否定派と拮抗〜 約半数の企業が「駆け込み需要はない」と回答 〜はじめに2012年の改正消費税法では2015年10月に消費税率10%への引き上げが予定されていたが、2014年11月と2016年6月の2度にわたり、消費税率引き上げは延期された。現在、政府は2019年10月に消費税率を10%に引き上げるとしている。また、今回の消費税率引き上げでは軽減税率制度の導入も予定され、過去の消費税率引き上げと

2019年7月16日コツコツ骨ラボフィードバック数:0ライフスタイル

「子どもの骨の健康と食生活」に関する意識調査を実施

<「子どもの骨の健康と食生活」に関する意識調査>夏休みクライ... <「子どもの骨の健康と食生活」に関する意識調査> 夏休みクライシス!?子どもの“骨”が危ない! 栄養バランスなど休み中の食に悩む母親は8割夏に外で過ごす子どもは「週1~2日」が最多食生活を中心とした正しい情報を発信し、効率的な骨作りを推進する「コツコツ骨(ほね)ラボ」は、夏休みを前に子どもの骨の健康について、食生活や休み期間の子どもの過ごし方に関する意識調査を行いました。夏休みは成長期に必要な栄養バランスがとれる給食がない

2019年7月8日日本財団フィードバック数:0社会/政治

日本財団「18歳意識調査」第15回 テーマ:国政選挙について

日本財団「18歳意識調査」第15回 テーマ:国政選挙について 日本財団は夏の参院選を前に5月末から6月上旬にかけ、「国政選挙」をテーマに15回目の18歳意識調査をインターネットで実施しました。 回答数は17~19歳の男女1,000人。これによると調査時点で選挙権を持つ18,19歳計668人のうち「投票に行く」と答えた人は2人に1人。一方で60%以上が、ともに50%台前半だった直近の参議院、衆議員両選挙の投票率を「低い」と答え、さらに80%近くが若者の投票率の低さを問題だとしています。投票判断

2019年7月4日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

平成31年度 新入社員働くことの意識調査結果

公益財団法人 日本生産性本部と一般社団法人 日本経済青年協議会は6月27日、平成31年度新入社員1,792人を対象にした「働くことの意識」調査結果を公表しました。この新入社員の意識調査は、昭和44(1969)年度より年一回実施しているもので、今回で51回目を数え、この種の調査ではわが国で最も歴史のあるものです。平成31年度 新入社員「働くことの意識」調査結果のポイント ※以下頁番号は添付資料の掲載頁●「働く目的」では、過去最高だった一昨年(42.6%)から2年連続で減少してはいるものの「楽しい生

「女性の定年後」に関する意識調査

「女性の定年後」に関する意識調査

2019年6月28日河合塾フィードバック数:0社会/政治

大学入試改革直前! これから受験を控える“令和受験世代”の意識調査を実施

大学入試改革直前! これから受験を控える“令和受験世代”の意識調査を実施新入試について「不安を感じる」が約8割!中でも不安要素上位は「共通テスト」 大学入試改革直前! これから受験を控える“令和受験世代”の意識調査を実施 学校法人 河合塾学校法人 河合塾(本部所在地:名古屋市千種区)は、2021年度入試から始まる大学入試改革を受けて都市部と都市部以外の地域に分けた現中学2年生~高校3年生の男女600組、同一の親子を対象に「大学入試改革に関する意識調査」を行いました。2021年度入試からスタートす

2019年6月10日インサイトテック★★フィードバック数:0マーケティング

「キャッシュレス化」意識調査

「キャッシュレス化」意識調査

2019年6月7日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

第四回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査

NEWS「第四回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査」を日立と博報堂が実施 2019年06月06日株式会社日立製作所株式会社博報堂パーソナルデータ利活用に対する生活者意識の変化や、AIによるプロファイリングへの期待と不安などを調査株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)と株式会社博報堂(代表取締役社長:水島 正幸/以下、博報堂)は、生活者のパーソナルデータ利活用に対する意識や、AI(人工知能)によるプロファイリングへの期待と不安、ビッグデータ利活用への親しみ

2019年6月6日JOYLABフィードバック数:0社会/政治

「お中元」に関する意識調査

【毎年悩むお中元!!】もらってうれしくないお中元で不名誉な第1位は「○○」!好みではないお中元の商品は人にあげるか無理やり消費・・・もっと良い解決方法は? 【安心・安全】【お客様負担”ゼロ”】【全国店舗展開】 BEENOS 株式会社(東証一部3328)の連結子会社で、お酒の買取りにおいて【安心・安全】【お客様負担”ゼロ”】【全国店舗展開】を掲げているJOYLAB株式会社 (本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:中村 浩二、以下:JOYLAB)は、 30代以上の主婦1,117人を対象に、「お中元」に

2019年5月21日バンダイフィードバック数:0社会/政治

「小中学生のおこづかいに関する意識調査」 結果

「小中学生のおこづかいに関する意識調査」 結果

2019年5月9日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

『2019年版 独立・開業に対する意識調査』を発表

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 『2019年版 独立・開業に対する意識調査』を発表独立・開業に興味があるのは41.3%で、都道府県別では宮崎県がトップきっかけは「収入面」だが、実際に重視するのは「働きやすさ」株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する、独立・開業支援サイト『マイナビ独立』( https://dokuritsu.mynavi.jp/ )は、「2019年版 独立・開業

2019年4月25日メルカリ★★フィードバック数:0モバイル

2019年度「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査

プレスリリース2019年度「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査フリマアプリ利用者の約3割が「新品の商品購入単価が上がった」非利用者「中古品への抵抗感」約5割、「新品へのこだわり」は約3割と昨年より減少株式会社メルカリは、慶應義塾大学大学院経営管理研究科の山本晶准教授監修の下、全国のフリマアプリ利用者と非利用者1,000名を対象に、昨年4月に続き「2019年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動に関する意識調査」を実施しました。経済産業省が昨年4月に発表した「平成29年度我

2019年4月24日RIZAPグループ★フィードバック数:0ライフスタイル

『ダイエットに関する意識調査』を実施~“ダイエット意識”が高い都道府県第1位は徳島県~

『ダイエットに関する意識調査』を実施~“ダイエット意識”が高い都道府県第1位は徳島県~ ~47都道府県の男女4,230名を対象に調査~『ダイエットに関する意識調査』“ダイエット意識”が高い都道府県を発表。第1位は徳島県!RIZAPグループ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:瀬戸 健) のグループ会社であるRIZAP株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 瀬戸 健)は、47都道府県の20歳~69歳の男女4,230名を対象に「ダイエットに関する意識調査」を実施いたしました。本調査で

部屋探しと入居後のトラブル対策に関する意識調査

入居希望者の約4割が不動産会社へ行くことに抵抗あり!部屋探し... 入居希望者の約4割が不動産会社へ行くことに抵抗あり! 部屋探しから入居後のトラブル対策に関する意識調査を実施株式会社アルティメット総研(所在地:東京都新宿区、代表取締役:大友 健右)は、運営サイト『ウチコミ!』の入居希望者会員を対象とした「部屋探しと入居後のトラブル対策に関する意識調査」を実施いたしました。調査結果の概要は以下の通りです。部屋の内見をする際、どちらのケースが多いですか■主な調査結果【部屋探し編】《部屋の内見

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ