「成人式」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年1月7日日本財団★★フィードバック数:0社会/政治

日本財団「18歳意識調査」第7回テーマ:成人式について

日本財団「18歳意識調査」第7回 テーマ:成人式について 日本財団は12月上旬、「成人式」をテーマに7回目の「18歳意識調査」を実施しました。 調査では「公式行事としての成人式は必要」、「主催は自治体がふさわしい」、「成人式に出席したい」とする前向きの回答が70%前後の高い数字を占める一方、民法改正により2022年以降、成人年齢が18歳に引き下げられるのに伴う成人式の在り方に関しては、4人に3人(74.0%)がこれまでと同様、20歳での実施を希望しています。18歳だと受験時期や就職準備の時期に重

2018年1月12日日本法規情報フィードバック数:0社会/政治

「相談さぽーと通信 相談者実態調査」成人式に出席しない理由は、男性は「仕事の忙しさ」、女性は「人間関係」がトップ。成人式での飲酒トラブルの遭遇率は7%と低め

「相談サポート通信 相談者実態調査」成人式に出席しない理由は、男性は「仕事の忙しさ」、女性は「人間関係」がトップ。成人式での飲酒トラブルの遭遇率は7%と低め。 日本法規情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長 今村 愼太郎) )は、運営する以下のサイト刑事事件示談相談サポート https://www.soudan-form.com/keijijiken-support/セクハラ・パワハラ相談サポート https://www.soudan-form.com/sekuharasoudan-

2016年1月13日エウレカフィードバック数:0大型消費/投資

【成人の日】成人の恋愛離れ、この10年で10%進んだ?若者の告白54%がLINE等のメッセージ

[株式会社エウレカ] ,恋愛 若者 成人式 カップル 恋人 アプリ エウレカ 成人の日 couples カップルず

2015年1月8日マクロミル★フィードバック数:0社会/政治

マクロミルによる恒例の調査です。

2015年 新成人に関する調査

2015年 新成人に関する調査 ~就職や年金など将来に不安を抱くも、7割が“自分たちが日本を変えたい”~ 2015年01月08日“日本の未来”は「明るい」と思う34%、昨年よりも10ポイントダウン“自分の未来”は「明るい」と思う68%、昨年よりも5ポイントアップこれからの日本の政治に「期待できない」81%7割が、自分たちの世代が“日本を変えてゆきたい”「国民年金は、将来、自分がもらえるか不安」91%パソコンの所有率、昨年の新成人よりも大幅減スマホはiPhoneが43%で9ポイントの大幅増2015

初恋・再会/アンケート調査

[ゴリラクリニック(医療法人社団十二会)] ,メイク 恋愛 振袖 成人式 髪型 同窓会 初恋 再会 同級生 ワンナイトラブ

2014年1月6日シーマ★フィードバック数:0大型消費/投資

成人の日にちなんだ調査です。

成人女性に関する意識調査

[株式会社ニューアート・シーマ] ,成人式 ダイヤモンド プレゼント 株式会社シーマ 銀座ダイヤモンドシライシ Love Letter Jewelry For Anniversary ファーストジュエリー ハタチ

2013年12月19日ワコールフィードバック数:0ライフスタイル

20歳までに学ぶべきことと、今の価値観の関係

ニュースリリース2013年12月19日新成人女子「大人になった瞬間 ベスト4」 “はじめてのブラジャー”は、現在の母娘関係にも影響株式会社ワコールは、2014年に成人式を迎える女性200名(以下、新成人女子)を対象に「20歳までに学ぶべきことと、今の価値観の関係」について調査を実施しました。 調査の結果、新成人女子が大人になったと思った瞬間のベスト4は「アルバイト等でお金を稼いだとき」「初潮を迎えたとき」「はじめて彼氏ができたとき」「はじめてブラジャーをつけたとき」。 また現在の母娘関係について

2013年1月8日マクロミル★フィードバック数:10社会/政治

成人式を前にした調査です。

2013年 新成人に関する調査

2013年01月08日これからの日本の政治に「期待できる」24%、「期待できない」76%“自分の未来”は「明るい」と思う51%、昨年より14ポイント減将来希望する職業、1位「公務員」、2位「技術系の会社員」新成人の交友実態 友達の人数「10~20人未満」が21%で最多、一方で「友達がいない」人も12%インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、2013年に成人式を迎える全国の新成人を対象に、「2013年 新成人に関する調査」を実施いたしました。調査手法はイン

2011年1月11日マクロミルフィードバック数:9社会/政治

2011年 新成人に関する調査

2011年01月07日'日本の将来'が「不安」9割。私たちの世代が「日本を変えてゆきたい」約7割。これから日本は「雇用対策」「景気回復」に取り組むべき、7割超。「自分をアピール」「目立つこと」は'苦手'約5割。「空気を読むこと」は'重要'約9割。買い物は「クーポン使って賢くしたい」9割。飲食代は「割り勘がよい」半数超。インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、今年(2011年)、成人式を迎える全国の新成人を対象に、「2011年 新成人に関する調査」を実施い

2010年1月12日マクロミルフィードバック数:8社会/政治

2010年 新成人に関する調査

2010年01月08日“日本の未来”は「暗い」と思う8割。一方、“自分の未来”は「明るい」と思う6割。7割超が「政治」「経済」に関心あり。日本は「景気回復」「雇用対策」に取り組むべき。将来的に望むこと、「安定した生活を送る」「幸せな家庭を築く」が9割。「恋愛に消極的」5割超。半数の男性が「自分は草食男子」だと思う。インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、今年(2010年)、成人式を迎える全国の新成人を対象に、「2010年 新成人に関する調査」を実施いたし

2009年1月14日マクロミルフィードバック数:0社会/政治

2009年 新成人に関する調査

2009年01月07日2009年の新成人、6割は「将来の夢がある」自分の未来「明るいと思う」64%、日本の未来「暗いと思う」82%今、自分にとって重要なことは、「仕事・就職」「お金」がそれぞれ97%で最多楽しいと感じるとき、1位「友人と過ごしているとき(72%)」、2位「家でのんびりしているとき(68%)」、3位「音楽を聴いているとき(59%)」インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:辻本秀幸)は、全国の昭和63年~平成元年生まれの男女のうち2009年成人式の参加対象

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

特集データ

お知らせ