「成長戦略」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年7月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用面からみた成長戦略の評価

雇用面からみた成長戦略の評価

2013年6月27日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治

成長戦略の本当を考える(中編) ~投資減税と次世代自動車~

成長戦略の本当を考える(中編) ~投資減税と次世代自動車~

2013年6月14日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治

アベノミクスに対する誤解 ~鍵を握る財政規律と成長戦略の実現可能性~

アベノミクスに対する誤解 ~鍵を握る財政規律と成長戦略の実現可能性~

2013年6月4日大和総研フィードバック数:3社会/政治

地域の視点から見た成長戦略

トップレポート・コラムコラム地域の視点から見た成長戦略 ここから本文です地域の視点から見た成長戦略アベノミクスの三本の矢の最後である「成長戦略」が間もなく公表される。内容は新市場の創出や国内産業の再興、そして企業の国際展開の加速が主軸になるものと思われる。日本は超少子高齢社会とグローバル化という厳しい環境の下で経済成長を実現するために、1人当たりの労働者ができるだけ高い付加価値を生み出すような労働生産性の向上が急務である。アベノミクスの成長戦略もこの点を狙いとしている。労働生産性の向上には、労働

2013年6月3日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

今年度は高齢者消費が現役世代消費を上回る!? ~第3の矢・成長戦略で、高齢者消費も射抜け~

今年度は高齢者消費が現役世代消費を上回る!? ~第3の矢・成長戦略で、高齢者消費も射抜け~

2013年6月3日大和総研フィードバック数:1社会/政治

成長戦略に必要なものは何か?

トップレポート・コラム経済分析日本成長戦略に必要なものは何か? ここから本文です成長戦略に必要なものは何か?~企業の力を引き出す制度改革~『大和総研調査季報』 2013年春季号(Vol.10)掲載サマリー安倍内閣の「三本の矢」のうち、成長戦略の議論が産業競争力会議や規制改革会議で本格化している。しかし、過去にも成長に関する議論は政府で何度も行われたが、いずれも実効性に乏しかった。日本は本当に今後も成長できるのか。もしできるのなら我々は何をすべきなのか。労働力人口が減る中で生活水準を上げるには、生

2013年5月17日大和総研フィードバック数:5社会/政治

第3の矢(成長戦略)の一翼を担うアジアとの金融協力

トップレポート・コラム経済分析日本第3の矢(成長戦略)の一翼を担うアジアとの金融協力 ここから本文です第3の矢(成長戦略)の一翼を担うアジアとの金融協力アベノミクスにおける成長戦略を支える「タマ」込めサマリー◆2013年5月3日、ASEAN+3財務相・中央銀行総裁会議、日-ASEAN財務相・中央銀行総裁会議が開かれた。◆今回の会議の成果は、①現地日系企業等への現地通貨での資金供給の促進、②インフラ開発の金融面での後押しについて、各国毎(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)に

2013年4月22日日本総研フィードバック数:1社会/政治

【特集 アベノミクスと成長戦略】安倍政権の財政・金融政策のレジーム転換をどうみるか

【特集 アベノミクスと成長戦略】安倍政権の財政・金融政策のレジーム転換をどうみるか

2013年4月19日第一生命保険★フィードバック数:2社会/政治

高齢者の消費についてのデータです。

今年度は高齢者消費が現役世代消費を上回る!? ~第3の矢・成長戦略で、高齢者消費も射抜け~

今年度は高齢者消費が現役世代消費を上回る!? ~第3の矢・成長戦略で、高齢者消費も射抜け~

2013年3月30日日本政策金融公庫★フィードバック数:1マーケティング

企業視点での消費税増税の影響についてのコラムです。

消費増税前の駆け込み需要はどうなるか ~短期的な需要の増減に左右されない成長戦略が鍵~

消費増税前の駆け込み需要はどうなるか ~短期的な需要の増減に左右されない成長戦略が鍵~

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:1キャリアとスキル

成長戦略で雇用機会を増やす糸口は? ~産業・職種などの変化を踏まえ、規制・雇用制度など環境整備を

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:成長戦略で雇用機会を増やす糸口は?発表日:2013年2月28日(木)~産業・職種などの変化を踏まえ、規制・雇用制度など環境整備を~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)(要旨)○ 第 3 の矢といわれる成長戦略が注目を集めつつある。デフレ脱却、雇用創出や賃金上昇など、経済成長の原動力として成長戦略が期待されているためだ。○ 就業者数は、製造業で 1992 年をピークに減少した一方、人口減少

2013年3月1日大和総研フィードバック数:4社会/政治

電力問題の解決と日本の成長戦略

トップレポート・コラム経済分析日本電力問題の解決と日本の成長戦略 ここから本文です電力問題の解決と日本の成長戦略~強靭・低炭素な電力システムへ~『大和総研調査季報』 2013年新春号(Vol.9)掲載サマリーエネルギー自給率が低く、専ら供給側による電力需給の調整を行ってきた日本では、電力料金が高止まりしやすい。電力は経済活動のインフラとして、安定的かつ経済的に利用される必要があるとともに、世界的な低炭素化の流れの中で、電力供給が環境面に与える影響も十分に踏まえる必要がある。こうした問題を解決する

2011年11月29日アクセンチュア★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュアによる財務部門の意識調査です。

アクセンチュア調査結果:財務・経理部門は成長機会よりもコスト管理を重視

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア調査結果:財務・経理部門は成長機会よりもコスト管理を重視 難局を乗り切るにも、財務・経理部門に対する経営資源不足に懸念の声 アクセンチュア(NYSE:ACN)が行った調査によれば、財務・経理部門は、企業の成長機会を見据えた大局的な視点を持つことよりも、財務・経理部門の本来の職務であるコスト管理をより重視していることが明らかとなりました。財務責任者の大半は、財務・経理部門が自社に新たな価値をもたらす先進的な業

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ