「成長率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

中国経済:15年3月の景気評価点~景気失速リスクの高まりを示唆する結果

中国経済:15年3月の景気評価点~景気失速リスクの高まりを示唆する結果 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:15年3月の景気評価点~景気失速リスクの高まりを示唆する結果 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国国家統計局は15年1-3月期の国内総生産(GDP)を発表した。実質成長率は前年同期比7.0%増(前期比1.3%増)と、14

2015年4月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:一段と減速する景気と難しい舵取り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:一段と減速する景気と難しい舵取り4月20日に預金準備率を追加引き下げ ◆国家統計局によると、2015年1月~3月の実質GDP成長率は前年同期比7.0%と、2014年10月~12月の同7.3%から低下した。3月の全人代(国会)で発表された2015年の政府目標である7.0%前後と同じ成長率とはいえ、2009年1月~3月の同6.6%以来6年ぶりの低い伸びとなった。1月~3月の前期比は1.3%と発表され

APIR Commentary No. 43 <AIIBの実態は中国の国内銀行 日本が果たせる役割は限定的>

APIR Commentary No. 43 <AIIBの実態は中国の国内銀行 日本が果たせる役割は限定的>2015-04-15 中国が主導して設立を予定しているアジアインフラ投資銀行(AIIB)に日本が参加するか否かの議論が盛んに行われている。欧州を始めとして50カ国以上からの参加表明がされる中、4月7日に政府はAIIBへの対処方針を発表し、引き続き日本側が求める公正で透明な組織運営の確約、国際基準の確保を求めていくこととして参加を見送った。しかし、大手メディアや一部識者、野党からは未だに「

2015年4月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

実は見た目以上に厳しい中国経済 ~1Q成長率は前期比年率+5%強に低迷、追加対策は不可避の状況~

実は見た目以上に厳しい中国経済 ~1Q成長率は前期比年率+5%強に低迷、追加対策は不可避の状況~

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の株価急伸をどう見るか?

中国の株価急伸をどう見るか? 基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 | ニッセイ基礎研究所 中国の株価急伸をどう見るか?基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国では経済成長の鈍化傾向が続いている。2014年の実質GDP成長率は前年比7.4%増と前年の同7.7%増を0.3ポ

2015年4月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易赤字が大幅に縮小したが一時的(15年2月貿易統計) ~純輸出は1-3月期の実質GDP成長率を前期比年率0.4%程度押し下げる可能性~

貿易赤字が大幅に縮小したが一時的(15年2月貿易統計) ~純輸出は1-3月期の実質GDP成長率を前期比年率0.4%程度押し下げる可能性~

日本経済(週次)予測(2015年3月23日)<2月の純輸出大幅悪化、1-3月期成長率はマイナスへ>

日本経済(週次)予測(2015年3月23日)<2月の純輸出大幅悪化、1-3月期成長率はマイナスへ>2015-03-23 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.72 – 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか – [ Monthly Report(関西) ] Abstract/KeywordsKEIM, 月次レポート, 関西経済 - 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか - ・2月の生産は4カ月ぶりの前月比プラスだが、1-2月の生産は10-12月平

中国経済:15年1-3月期成長率(予想)~7%を割れるかが焦点、特に第3次産業の成長率には要注目

中国経済:15年1-3月期成長率(予想)~7%を割れるかが焦点、特に第3次産業の成長率には要注目 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:15年1-3月期成長率(予想)~7%を割れるかが焦点、特に第3次産業の成長率には要注目 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 直近の中国経済を供給面から見ると、製造業を中心とした第2次産業が弱いため景

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想 | ニッセイ基礎研究所 米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は10-12月期の成長率が7-9月期から低下。もっとも、個人消費の伸びが加速したほか、7-9月期の成長が特殊要因で押し上げられていたことを考慮すれば、米国経済

ESPフォーキャスト2015年3月調査「15年度名目成長率は2.80%に―消費者物価は下方修正」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

2015年2月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済のニューノーマル

トップレポート・コラム経済分析中国中国経済のニューノーマル ここから本文です中国経済のニューノーマル今月の視点サマリー習近平政権は高成長から中高成長へ移行した中国経済の姿をニューノーマル「新たな常態」と表現している。他方、中国経済が想定以上に減速する可能性を、世界経済にとってのリスク要因として位置づける見方は今年も多い。昨年の実質成長率7.4%は24年ぶりの低成長であったが、景気減速に悩む新興国の中では依然として高い数字である。しかし、本当に7%台の持続的な成長が可能なのか、内需の低迷は深刻では

2014年10~12月期GDP(1次速報)の結果

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 追い風を無駄にするなかれ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 追い風を無駄にするなかれ原油安とユーロ安に加え、ECBが量的緩和策の実施を決定 ◆ユーロ圏の2014年10-12月期GDP成長率は前期比+0.3%に加速し、2014年年央の景気停滞を抜け出しつつある。2014年通年では+0.9%と3年ぶりのプラス成長となった。10-12月期の成長率押し上げに貢献したのはドイツとスペインで、共に前期比+0.7%に成長率が加速した。他方でフランス(同+0.

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:地方政府から見たニューノーマル

トップレポート・コラム経済分析中国中国:地方政府から見たニューノーマル ここから本文です中国:地方政府から見たニューノーマル失速する資源・重工業大省をどうするのか?サマリー◆ニューノーマル(新常態)には、経済構造の高度化や質的向上を内包する、前向きなニュアンスが込められているが、その痛みが、一部地方に集中して発現していることも事実である。2014年の実質経済成長率は、中国全体の前年比7.4%に対して、山西省は同4.9%、黒竜江省は同5.6%、遼寧省は同5.8%にとどまった。これらは石炭など資源や

2015年2月16日矢野経済研究所★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

市場データです。

データセンター事業に関する調査結果 2014

データセンター事業に関する調査結果 2014 ~首都圏データセンターへの投資の伸びは一時的に鈍化するも再び伸長~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内におけるデータセンター事業の調査を実施した。1. 調査期間:2014年8月~2015年1月2. 調査対象:アウトソーシング事業者、データセンター専業者、建設会社、設計会社など3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・電子メールによる取材、ならびに文献調査を併用<データセンターとは>本調査におけるデータセンターとはIT事業者

【マレーシア10-12月期GDP】前年同期比+5.8%-景気は堅調も、原油安を受けて減速へ

【マレーシア10-12月期GDP】前年同期比+5.8%-景気は堅調も、原油安を受けて減速へ | ニッセイ基礎研究所 【マレーシア10-12月期GDP】前年同期比+5.8%-景気は堅調も、原油安を受けて減速へ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら マレーシア統計庁(DOSM)は2月12日に2014 年10-12月期の国内総生産(GDP

【インドGDP】10-12月期は前年同期比+7.5%~原油安の追い風で景気回復トレンドは鮮明に~

【インドGDP】10-12月期は前年同期比+7.5%~原油安の追い風で景気回復トレンドは鮮明に~ | ニッセイ基礎研究所 【インドGDP】10-12月期は前年同期比+7.5%~原油安の追い風で景気回復トレンドは鮮明に~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら インド中央統計機構(CSO)は1月30日に、国家会計の基準年度を2004-0

2015年2月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

うるう年と個人消費 ~2016年1-3月期のGDP成長率が年率1.2%Pt上振れ、4-6月期が下振れの可能性あり~

うるう年と個人消費 ~2016年1-3月期のGDP成長率が年率1.2%Pt上振れ、4-6月期が下振れの可能性あり~

2015年2月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【インドネシア10-12月期GDP】前年同期比+5.0%~成長率は改善も、力強さ欠ける内容~

【インドネシア10-12月期GDP】前年同期比+5.0%~成長率は改善も、力強さ欠ける内容~ | ニッセイ基礎研究所 【インドネシア10-12月期GDP】前年同期比+5.0%~成長率は改善も、力強さ欠ける内容~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら インドネシア中央統計庁(BPS)は2月5日、2014年10-12月期の国内総生産(G

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の株価急伸をどう見るか?

中国の株価急伸をどう見るか? | ニッセイ基礎研究所 中国の株価急伸をどう見るか? 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国では経済成長の鈍化傾向が続いている。2014年の実質GDP成長率は前年比7.4%増と前年の同7.7%増を0.3ポイント下回った。これを受けて国有企業(除く金融機関)の業績も減速、2014年の売上高は前年比4

2015年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済のニューノーマル

トップレポート・コラムコラム中国経済のニューノーマル ここから本文です中国経済のニューノーマル習近平政権は高成長から中高成長へ移行した中国経済の姿をニューノーマル「新たな常態」と表現している。他方、中国経済が想定以上に減速する可能性を、世界経済にとってのリスク要因として位置づける見方は今年も多い。昨年の実質成長率7.4%は24年ぶりの低成長であったが、景気減速に悩む新興国の中では依然として高い数字である。しかし、本当に7%台の持続的な成長が可能なのか、内需の低迷は深刻ではないかと懸念させる材料は

2015年2月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【台湾10-12月期GDP】前年同期比+3.2%~輸出主導の安定成長は継続~

【台湾10-12月期GDP】前年同期比+3.2%~輸出主導の安定成長は継続~ | ニッセイ基礎研究所 【台湾10-12月期GDP】前年同期比+3.2%~輸出主導の安定成長は継続~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 台湾の行政院主計総処は1月30日、2014年10-12月期の実質域内総生産(GDP)の速報値を公表した。成長率は前年

【フィリピンGDP】10-12月期は前年同期比+6.9%~財政の後押しで高成長を維持~

【フィリピンGDP】10-12月期は前年同期比+6.9%~財政の後押しで高成長を維持~ | ニッセイ基礎研究所 【フィリピンGDP】10-12月期は前年同期比+6.9%~財政の後押しで高成長を維持~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら フィリピンの国家統計調整委員会(NSCB)は1月29日、2014年10-12月期の国内総生産(G

2015年1月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2015年の中国のマクロ経済運営~景気下支えを強めつつ成長率を+7.0%前後に誘導~

2015年の中国のマクロ経済運営~景気下支えを強めつつ成長率を+7.0%前後に誘導~

原油安の落とし穴

原油安の落とし穴 経済研究部 経済調査部長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 原油価格(WTI)は2014年夏頃までは1バレル=100ドル台で推移していたが、世界経済の減速懸念や産油国の供給過剰などを背景にその後急低下し、足もとでは40ドル台半ばとピーク時の半値以下となっている。原油価格の下落は日本経済全体で見れば、輸入物価の低下を通

【韓国GDP】10-12月期は前期比+0.4%~輸出が冴えず、内需への波及効果が限定的に~

【韓国GDP】10-12月期は前期比+0.4%~輸出が冴えず、内需への波及効果が限定的に~ | ニッセイ基礎研究所 【韓国GDP】10-12月期は前期比+0.4%~輸出が冴えず、内需への波及効果が限定的に~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 韓国銀行(中央銀行)は1月23日、2014年10-12月期の実質国内総生産(GDP)を公

2015年1月19日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【解説 15年のASEAN経済見通し】力強い持ち直しは期待薄-成長率は総じて前年並みか

【解説 15年のASEAN経済見通し】力強い持ち直しは期待薄-成長率は総じて前年並みか

2015年1月15日産経デジタル★フィードバック数:0社会/政治

貧富の差です。

日本は1997年度から「格差の時代」 富裕層はますます豊かに

【国際政治経済学入門】 格差問題を取り上げた仏経済学者のトマ・ピケティの「21世紀の資本」が世界的なベストセラーになっている。そのコアは「資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、資本主義は自動的に、恣意的で持続不可能な格差を生み出す」(邦訳本=みすず書房刊=の内容紹介から)と断じている点だ。 元凶はデフレ 日本はどうか。さっそくデータを調べてみた。まずは法人企業統計(財務省)の総資本経常利益率を「資本収益率」に、国内総生産(GDP)の実質成長率を「産出と所得の成長率」にみなして、それらの推移

2015年1月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014~2016年度日米経済見通し 日本 ~景気は明るさを取り戻す見込み~

経済トレンド2014~2016 年度日米経済見通しⅠ.日本経済見通し ~景気は明るさを取り戻す見込み~経済調査部 新家 義貴(要旨)○14 年7-9月期のGDP成長率は4-6月期に続いてのマイナス成長となり、増税後の景気状況の厳しさを示す結果となった。○もっとも、悪材料が目立つ一方で、日本経済にとって強い追い風が吹き始めていることも無視すべきではない。ここ数ヶ月で急速に進行した原油価格の下落と円安・株高は、いずれも景気を大きく押し上げる要因であり、先行きの景気は徐々に明るさを増していく可能性が高

中国経済:直近の景気10指標と14年10-12月期成長率(予想)

中国経済:直近の景気10指標と14年10-12月期成長率(予想) | ニッセイ基礎研究所 中国経済:直近の景気10指標と14年10-12月期成長率(予想) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 最近の中国経済を需要面から見ると、輸出には陰りが見え始めたものの、消費・投資には底打ちの兆しがでてきた。前月比(季節調整後)で見ると、輸出

2014年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:2015年は本当に変わるのかを見極める年

トップレポート・コラム経済分析中国中国:2015年は本当に変わるのかを見極める年 ここから本文です中国:2015年は本当に変わるのかを見極める年仕切り直しの改革「深化」元年となるかサマリー◆軍と石油閥の重鎮の摘発により、習近平総書記の権力基盤は強固になり、積極的な改革を推進する体制が整いつつある。2013年11月の三中全会で打ち出された改革「深化」路線に回帰する可能性が高まったのである。具体的には、無駄な投資と借金を増やさず、潜在的な不良債権を増やさないこと、さらには既に限界に達している、投資に

アジア新興国・地域の経済見通し~緩やかな輸出拡大と原油安を追い風に景気回復が続く

アジア新興国・地域の経済見通し~緩やかな輸出拡大と原油安を追い風に景気回復が続く | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し~緩やかな輸出拡大と原油安を追い風に景気回復が続く 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域の7-9月期の成長率は前年同期比+4.6%と、前期の+4.9%から鈍化した。2011年10

成長率の持ち直しが見込まれるトルコ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月15日10日に発表されたトルコの7-9月期のGDP成長率は前年同期比+1.7%と、市場予想(+2.8%)に反して前期の伸びを0.5ポイント下回り、12年10-12月期以来の低水準となりました。ただし、予想を大きく下振れした主な背景は在庫削減の動きであり、表向きほど実態は弱くなく、今後は成長率の持ち直しが見込まれます。輸出の伸びが前年同期比+8.0%へ加速した一方、輸入が2四半期連続の減少となり、外需(純輸出)は全体の成長率を

2014年12月10日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

実質成長率は、14年度 ▲0.6% 、15年度 1.6%と予測

実質成長率は、14年度 ▲0.6% 、15年度 1.6%と予測

2014~2016年度経済見通し~14年7-9月期GDP2次速報後改定

2014~2016年度経済見通し~14年7-9月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し~14年7-9月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査部長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度▲0.7%、2015年度1.6%、2016年度1.8%を予想> 2014年7-9

APIR Commentary No.35<アベノミクスのプラス面を評価せよ>

APIR Commentary No.35<アベノミクスのプラス面を評価せよ>2014-12-05 概要第47 回衆議院議員総選挙が12 月2 日に公示され、14 日の投開票に向けた選挙戦がスタートした。安倍総理は2015 年10 月に予定されていた消費税率再引き上げを2017 年4 月へ先送りするとともに、この判断の是非について国民の信を問うためとして解散を行った。アベノミクスを継続するか転換するかどうか。党首討論でも繰り返し議論されているように、雇用は重要な判断指標の一つである。本稿では、

期待される企業から家計への好循環

わたしの意見 ― 水野 創期待される企業から家計への好循環(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」12月4日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 月末を挟むこの一週間で多くの経済指標が発表された。法人企業統計(1日)では、売上、経常利益、設備投資、在庫投資等主要項目で企業の元気の良さが確認された(表1)。これを織り込む7〜9月の実質GDP2次速報(8日予定)も上方修正される見込みだ。1次速報のマイナス成長が消費税再引き上げ延期の決め手にされたが、設備投資のほか、大幅な成

2014年12月3日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ITRの調査です。

IT投資動向調査2015

国内企業のIT投資意欲は増加基調を保ちつつも、成長率は鈍化 投資マインドは「攻め」よりも「守り」重視 ― ITRが「IT投資動向調査2015」の結果を発表 ―2014年12月3日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は本日、国内企業を対象に2014年10月に実施した国内IT投資動向調査の一部結果を発表いたします。2001年の調査開始から14回目を数える今回の調査では、国内企業のIT予算ならびに投資戦略が2014年度にど

2014年12月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

フィリピン景気は予想外に減速(Asia Weekly (11/21~11/28)) ~強い内需に伴う輸入増が成長率を下押し、堅調な景気拡大は続くと期待~

フィリピン景気は予想外に減速(Asia Weekly (11/21~11/28)) ~強い内需に伴う輸入増が成長率を下押し、堅調な景気拡大は続くと期待~

【フィリピンGDP】7-9月期は前年同期比+5.3%~成長率は鈍化するも、投資・輸出は好調を維持~

【フィリピンGDP】7-9月期は前年同期比+5.3%~成長率は鈍化するも、投資・輸出は好調を維持~ | ニッセイ基礎研究所 【フィリピンGDP】7-9月期は前年同期比+5.3%~成長率は鈍化するも、投資・輸出は好調を維持~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら フィリピンの国家統計調整委員会(NSCB)は11月27日、2014年7-

2014年7~9月期GDP(1次速報)の結果

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

【タイGDP】7-9月期は前年同期比+0.6%~1年ぶりに内需がプラス寄与~

【タイGDP】7-9月期は前年同期比+0.6%~1年ぶりに内需がプラス寄与~ | ニッセイ基礎研究所 【タイGDP】7-9月期は前年同期比+0.6%~1年ぶりに内需がプラス寄与~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら タイの国家経済社会開発委員会事務局(NESDB)は11月17日に2014年7-9月期の国内総生産(GDP)を公表した

2014~2016年度経済見通し(14年11月)

2014~2016年度経済見通し(14年11月) | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し(14年11月) 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度▲0.6%、2015年度1.5%、2016年度1.8%を予想> 2014年7-9月期の実質GDPは前期比年率▲1.6%と2四

2014年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイ景気は依然勢いに乏しく、本格回復の道は未だみえず ~今年の成長率見通しはゼロ近傍の見方を据え置き、本格回復は来年前半に~

タイ景気は依然勢いに乏しく、本格回復の道は未だみえず ~今年の成長率見通しはゼロ近傍の見方を据え置き、本格回復は来年前半に~

【マレーシア7-9月期GDP】前年同期比+5.6%~投資と輸出の鈍化が響いて減速~

【マレーシア7-9月期GDP】前年同期比+5.6%~投資と輸出の鈍化が響いて減速~ | ニッセイ基礎研究所 【マレーシア7-9月期GDP】前年同期比+5.6%~投資と輸出の鈍化が響いて減速~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら マレーシア統計庁(DOSM)は11月14日に2014 年7-9月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質

ESPフォーキャスト2014年11月調査「実質成長率は年度、四半期とも下方修正―アベノミクス景気Ⅱの始まりか」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

2014年11月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期GDP予測(最終版) ~前期比年率+0.8%の低成長を予想~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:2014年7-9月期GDP予測(最終版)発表日:2014年11月11日(火)~前期比年率+0.8%の低成長を予想~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528○ 7-9月期GDPは低成長にとどまる見込み2014年7-9月期の実質GDP成長率(11月17日公表予定)を前期比年率+0.8%(前期比+0.2%)と予測する。当社は、10月31日の段階で前期比年率+1.0%(前期比+0.2%)を

中国経済の“新常態”とそれを揺るがす“4つの問題”

中国経済の“新常態”とそれを揺るがす“4つの問題” | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 中国経済の“新常態”とそれを揺るがす“4つの問題”中国経済の“新常態”とそれを揺るがす“4つの問題” 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1―中国経済は“新常態(ニューノーマル)”へ中国では2年半に渡り7%台の経済

【インドネシア7-9月期GDP】前年同期比+5.0%~投資・輸出の不調で3期連続の減速に~

【インドネシア7-9月期GDP】前年同期比+5.0%~投資・輸出の不調で3期連続の減速に~ | ニッセイ基礎研究所 【インドネシア7-9月期GDP】前年同期比+5.0%~投資・輸出の不調で3期連続の減速に~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら インドネシア中央統計庁(BPS)は11月5日、2014年7-9月期の国内総生産(GDP)

2014年11月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

強運の持ち主オバマに期待? ~議会構成と成長率のパフォーマンス~

強運の持ち主オバマに期待? ~議会構成と成長率のパフォーマンス~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ