「成長率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年11月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 地政学リスクが成長率を押し上げ(14年7-9月期実質GDP:速報) ~消費、住宅、設備投資は軒並み鈍化~

米国 地政学リスクが成長率を押し上げ(14年7-9月期実質GDP:速報) ~消費、住宅、設備投資は軒並み鈍化~

中国の景気減速と経済改革について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月30日21日に発表された中国の7-9月期の国内総生産(GDP)の成長率は前年同期比+7.3%と、 1-3月期の+7.4%や4-6月期の+7.5%を下回り、5年半ぶりの低い水準となりました。今年の年間成長率はおそらく+7.5%を下回ると見られるものの、政府の目標は+7.5%程度となっているほか、中国政府は高めの成長率を維持するより、過剰投資によって膨張した地方政府などの債務を抑制し、投資から消費主導への経済改革を政策運営の重点

中国経済:7-9月期の成長率と9月の景気評価点~成長率は鈍化も景気評価点はやや改善

中国経済:7-9月期の成長率と9月の景気評価点~成長率は鈍化も景気評価点はやや改善 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:7-9月期の成長率と9月の景気評価点~成長率は鈍化も景気評価点はやや改善 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国の2014年7-9月期の実質GDP成長率は前年同期比7.3%増と4-6月期の同7.5%増を0.2ポ

2014年10月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

欧州と中国の同時停滞で外部環境が不安定化

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州と中国の同時停滞で外部環境が不安定化 日本経済は2012年5月から11月にかけて景気後退に陥った。短期間とはいえ後退局面に至ったのは、スペインやイタリアの財政問題を起点にユーロ圏の金融不安が高まり、欧州経済の悪化につながったことによる。この時、欧州向け輸出比率の高い中国経済がその余波を受け、日本の輸出は対欧州だけでなく、対中国でも大きく減少した。現在、ユーロ圏はデフレを阻止するためECBが量的緩和

中国経済:景気10指標の動きと7-9月期の成長率(予想)

中国経済:景気10指標の動きと7-9月期の成長率(予想) | ニッセイ基礎研究所 中国経済:景気10指標の動きと7-9月期の成長率(予想) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国の2014年4-6月期の実質GDP成長率は前年同期比7.5%増と1-3月期の同7.4%増を若干上回った(下左図)。しかし、その後8月には景気の勢いが鈍

2014年4~6月期のGDP(2次速報)結果

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年9月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【インドGDP】4-6月期は前年同期比+5.7%~本格回復を前に、緩やかな景気回復が続く~

【インドGDP】4-6月期は前年同期比+5.7%~本格回復を前に、緩やかな景気回復が続く~ | ニッセイ基礎研究所 【インドGDP】4-6月期は前年同期比+5.7%~本格回復を前に、緩やかな景気回復が続く~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら インド中央統計機構(CSO)は8月29日に14年4-6月期の国内総生産(GDP)を公表し

2014年9月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年4~6月期2次QE予測

Q E 予 測2014 年 9 月 1 日2014 年 4~6 月期 2 次QE予測経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2014年4~6月期の実質GDP成長率は前期比▲2.2%(年率▲8.6%)と、1次速報の前期比▲1.7%(年率▲6.8%)から下方修正される見通し○設備投資・民間在庫投資・公共投資がいずれも下方修正される見込み。パソコンの基本ソフト(OS)の更新需要等で1~3月期に投資が集中した反動が、1次

2014年9月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

フィリピン、予想外に高い経済成長(Asia Weekly (8/25~8/29)) ~輸入減が成長率を押し上げた側面もあり、先行き勢いは続かないと予想~

フィリピン、予想外に高い経済成長(Asia Weekly (8/25~8/29)) ~輸入減が成長率を押し上げた側面もあり、先行き勢いは続かないと予想~

2014年8月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

南ア リセッションは回避も先行き不透明は変わらず ~成長率の低下でアフリカ大陸での相対的な地位低下が進む懸念~

南ア リセッションは回避も先行き不透明は変わらず ~成長率の低下でアフリカ大陸での相対的な地位低下が進む懸念~

2014年8月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイ 政治混乱終結でリセッションを免れるも、楽観視できず ~年後半の回復は緩やかなものに留まり、通年の成長率はゼロ近傍を据え置く~

タイ 政治混乱終結でリセッションを免れるも、楽観視できず ~年後半の回復は緩やかなものに留まり、通年の成長率はゼロ近傍を据え置く~

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 4-6月期の失速は一時的

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 4-6月期の失速は一時的リスクシナリオはロシアとの経済制裁の応酬合戦 ◆ユーロ圏の4-6月期成長率は前期比横ばいで、過去1年続いた景気持ち直しの動きが中断してしまった。加盟国別ではドイツが同-0.2%と予想以上に落ち込んだことが目を引く。輸出が伸び悩み、投資が縮小したことが原因とされる。◆ドイツ経済は7-9月期は持ち直すと予想するが、最近の製造業受注や企業景況感などの景気先行指標は軟調

【タイGDP】4-6月期は前年同期比+0.4%~国内の正常化で先行きは景気回復局面へ~

【タイGDP】4-6月期は前年同期比+0.4%~国内の正常化で先行きは景気回復局面へ~ | ニッセイ基礎研究所 【タイGDP】4-6月期は前年同期比+0.4%~国内の正常化で先行きは景気回復局面へ~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら タイの国家経済社会開発委員会事務局(NESDB)は8月18日に2014年4-6月期の国内総生産(

2014~2016年度経済見通し(14年8月)

2014~2016年度経済見通し(14年8月) | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し(14年8月) 経済研究部 経済調査部長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度0.4%、2015年度1.1%、2016年度1.3%を予想> 2014年4-6月期の実質GDPは消費税率引き上げ前の駆け込み需要

2014年8月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度日本経済見通し ~成長率見通しを下方修正も、先行きの回復シナリオは維持~

2014・2015年度日本経済見通し ~成長率見通しを下方修正も、先行きの回復シナリオは維持~

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比▲1.7%(年率▲6.8%)~駆け込み需要の反動を主因に大幅マイナス成長

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比▲1.7%(年率▲6.8%)~駆け込み需要の反動を主因に大幅マイナス成長 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比▲1.7%(年率▲6.8%)~駆け込み需要の反動を主因に大幅マイナス成長 経済研究部 主席研究員・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年4-6月期の実

2014年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ

米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は、1-3月期の実質成長率が季節調整済の年率換算で▲2.9%(3次改定値)となり、前期(+2.6%

2014年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【4-6月期米GDP】前期比年率+4.0%、米国経済の力強さを確認

【4-6月期米GDP】前期比年率+4.0%、米国経済の力強さを確認 | ニッセイ基礎研究所 【4-6月期米GDP】前期比年率+4.0%、米国経済の力強さを確認 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 7月30日、米商務省の経済分析局(BEA)は4-6月期のGDP統計(1次速報値)を公表した。4-6月期の実質成長率は、季節調整済の前期比年率で+4.0%

【韓国GDP】4-6月期は船舶事故の影響で前期比+0.6%に減速

【韓国GDP】4-6月期は船舶事故の影響で前期比+0.6%に減速 | ニッセイ基礎研究所 【韓国GDP】4-6月期は船舶事故の影響で前期比+0.6%に減速 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 韓国銀行(中央銀行)は7月24日、2014年4-6月期の実質国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前期比(季節調整済)で+0.6

中国経済:2014年上期の概況と下期の見通し

中国経済:2014年上期の概況と下期の見通し | ニッセイ基礎研究所 中国経済:2014年上期の概況と下期の見通し 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国の2014年上期の実質GDP成長率は前年同期比7.4%増と2013年の前年比7.7%増を0.3ポイント下回った。内訳は消費(最終消費)が4.0ポイント、投資(総資本形成)が3

貿易統計14年6月~輸入の大幅減少を主因に、4-6月期の外需は4四半期ぶりに成長率の押し上げ要因に

貿易統計14年6月~輸入の大幅減少を主因に、4-6月期の外需は4四半期ぶりに成長率の押し上げ要因に | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年6月~輸入の大幅減少を主因に、4-6月期の外需は4四半期ぶりに成長率の押し上げ要因に 経済研究部 経済調査部長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字が再び拡大・輸出は低迷が続く・4-6月期

2014年7月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済フラッシュ:中国:2014年4-6月期GDP~実質成長率は前年比+7.5%へ小幅加速

海外経済フラッシュ:中国:2014年4-6月期GDP~実質成長率は前年比+7.5%へ小幅加速

2014年7月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年7月)「新興国悲観論」克服から成長再開への道筋

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2014年7月)「新興国悲観論」克服から成長再開への道筋 ここから本文です新興国マンスリー(2014年7月)「新興国悲観論」克服から成長再開への道筋~問われる政治的意思~サマリー◆ウクライナ、アルゼンチン、イラクなど局所的な危機が少なからず進行する中で、グローバル金融市場は安定、むしろリスク・オン的な状況となっている。その背景にあるのが、原油価格と米国景気、及び米ドルの関係の変化であろう。米国の原油価格の上昇に対する耐久力が高まり、イラク危機

2014年7月4日矢野経済研究所★フィードバック数:0マーケティング

珍しい括りでの市場データです。

キュレーションサービス市場に関する調査結果 2014

キュレーションサービス市場に関する調査結果 2014 ~EC/小売/メディア/ビッグデータ分析など多方面における活用が進む~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のキュレーションサービス市場の調査を実施した。1. 調査期間:2014年4月~6月2. 調査対象:キュレーションサービス提供事業者3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・Eメールによる取材、ならびに文献調査を併用<キュレーションサービスとは>本調査におけるキュレーションサービスとは、目的や意図を持って情報収

欧州経済見通し~ユーロ圏の回復はごく穏やかなペース~

欧州経済見通し~ユーロ圏の回復はごく穏やかなペース~ | ニッセイ基礎研究所 欧州経済見通し~ユーロ圏の回復はごく穏やかなペース~ 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ユーロ圏では13年4~6月期に景気後退局面を脱した後、ごく穏やかなペースでの回復が続いている。域内の成長・雇用格差は続き、全体にその水準は低いが、方向としては改善が

ESPフォーキャスト2014年6月調査「設備投資・輸出で今年度実質0.85%成長に―デフレ脱却描く2025年度予測」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

2014年6月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【インドGDP】投資主導で経済は加速へ

【インドGDP】投資主導で経済は加速へ | ニッセイ基礎研究所 【インドGDP】投資主導で経済は加速へ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら インド中央統計機構(CSO)は5月30日に2014年1-3月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率(供給側 )は前年同期比+4.6%の増加と、前期(同+4.6%)から横ばいとなっ

アジア経済概況(2014年3・4月)

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

【フィリピンGDP】1-3月期は台風被害で+5.7%に減速

【フィリピンGDP】1-3月期は台風被害で+5.7%に減速 | ニッセイ基礎研究所 【フィリピンGDP】1-3月期は台風被害で+5.7%に減速 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら フィリピンの国家統計調整委員会(NSCB)は5月29日、2014年1-3月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で5

2014年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 「デフレ阻止」に動くECB

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 「デフレ阻止」に動くECB ここから本文です欧州経済見通し 「デフレ阻止」に動くECB低成長+低インフレを受けてマイナス金利を含む追加緩和へサマリー◆ユーロ圏の1-3月期のGDP成長率は10-12月期と同じ前期比+0.2%と発表された。これで4四半期連続のプラス成長となるが、ごく緩やかな成長にとどまっている。加盟各国の成長率はドイツ、スペインは予想を上振れしたが、フランス、イタリアは予想を下振れし、明暗が分かれた。フランスとイタリアは以前から構造

【タイGDP】1-3月期は前年同期比▲0.6%

【タイGDP】1-3月期は前年同期比▲0.6% | ニッセイ基礎研究所 【タイGDP】1-3月期は前年同期比▲0.6% 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら タイの国家経済社会開発委員会事務局(NESDB)は5月19日に2014年1-3月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で▲0.6%と、前期(

2014~2016年度経済見通し(14年5月)

2014~2016年度経済見通し(14年5月) | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し(14年5月) 経済研究部 主席研究員・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度0.5%、2015年度1.1%、2016年度1.3%を予想> 2014年1-3月期の実質GDPは駆け込み需要の本格化を主因として前

2014年5月16日日本総研フィードバック数:0社会/政治

経常収支赤字転化に伴うマネーフローの変化-米国では、長期金利>名目成長率が常態化するものの、劇的な変化はなし

経常収支赤字転化に伴うマネーフローの変化-米国では、長期金利>名目成長率が常態化するものの、劇的な変化はなし

2014年5月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期四半期別GDP速報(1次速報値) ~設備投資上振れで、予想以上の高成長。実態としてのGDPは前期比年率+4%台後半?~

Economic Indicators定例経済指標レポート2014年1-3月期四半期別GDP速報(1次速報値)~設備投資上振れで、予想以上の高成長。実態としてのGDPは前期比年率+4%台後半?~発表日:2014年5月15日(木)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528○ 設備投資の上振れが好材料本日内閣府から公表された 2014 年1-3月期の実質GDP成長率(1次速報)は前期比年率+5.9%(前期比+1.5%)となり、13 年7-9月期(前期比

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比1.5%(年率5.9%)~駆け込み需要を主因に高成長

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比1.5%(年率5.9%)~駆け込み需要を主因に高成長 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比1.5%(年率5.9%)~駆け込み需要を主因に高成長 経済研究部 主席研究員・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年1-3月期の実質GDPは、前期比1.5%(年率5.9%

2014年5月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【インドネシアGDP】1-3月期は前年同期比+5.2%

【インドネシアGDP】1-3月期は前年同期比+5.2% | ニッセイ基礎研究所 【インドネシアGDP】1-3月期は前年同期比+5.2% 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら インドネシア中央統計庁(BPS)は5月5日、2014年1-3月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDPは前年同期比(原系列)で5.2%の増加となり、前期の

2014年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【台湾GDP】1-3月期は前年同期比+3.04%

【台湾GDP】1-3月期は前年同期比+3.04% | ニッセイ基礎研究所 【台湾GDP】1-3月期は前年同期比+3.04% 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 台湾の行政院主計総処(DGBAS)は4月30日、2014年1-3月期の実質域内総生産(GDP)の速報値を公表した。成長率は前年同期比(原系列)で+3.04%となり、前期の2

2014年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

【1-3月期米GDP】前期比年率+0.1%、予想を大きく下回る鈍化

【1-3月期米GDP】前期比年率+0.1%、予想を大きく下回る鈍化 | ニッセイ基礎研究所 【1-3月期米GDP】前期比年率+0.1%、予想を大きく下回る鈍化 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:個人消費のみ堅調で、残りは全滅4月30日、米商務省の経済分析局(BEA)は1-3月期のGDP統計を公表した。1-3月期の実質成長率は、季節調

2014年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期の実質GDP~前期比1.2%(年率5.0%)を予測

2014年1-3月期の実質GDP~前期比1.2%(年率5.0%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2014年1-3月期の実質GDP~前期比1.2%(年率5.0%)を予測 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5/15に内閣府から公表される2014年1-3月期の実質GDPは、前期比1.2%(前期比年率5.0%)と推

2014年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 予想どおりQE3の月額450億ドルへの縮小を決定(14年4月29・30日FOMC) ~成長率下振れも年内にQE3終了とのFRB方針に変更なし~

米国 予想どおりQE3の月額450億ドルへの縮小を決定(14年4月29・30日FOMC) ~成長率下振れも年内にQE3終了とのFRB方針に変更なし~

中国経済:1-3月期の経済概況と当面の見通し

中国経済:1-3月期の経済概況と当面の見通し | ニッセイ基礎研究所 中国経済:1-3月期の経済概況と当面の見通し 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年1-3月期の実質GDP成長率は前年同期比7.4%増と2四半期連続で前四半期の伸びを下回り、前期比では1.4%増と年率換算すれば5%台後半という極めて低い伸びとなった。但

2014年4月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済フラッシュ:中国:2014年1-3月期GDPについて~実質成長率は前年比+7.4%へ減速

海外経済フラッシュ:中国:2014年1-3月期GDPについて~実質成長率は前年比+7.4%へ減速

GDP統計は消費増税後の景気判断に耐えうるのか

GDP統計は消費増税後の景気判断に耐えうるのか | ニッセイ基礎研究所 GDP統計は消費増税後の景気判断に耐えうるのか 経済研究部 主席研究員・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 景気は、消費税率引き上げ後に駆け込み需要の反動からいったん大きく落ち込んだ後、反動の影響が和らぐ夏場にかけて持ち直すという見方がコンセンサスとなっている。民

2014年4月7日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:0社会/政治

来年度までの見通しです。

2014・2015年度経済見通し

2014・2015年度経済見通し | ニッセイ基礎研究所 2014・2015年度経済見通し 経済研究部 主席研究員・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年の日本経済を振り返ると、実質GDPは年前半に年率4%台(1-3月期:前期比年率4.5%、4-6月期:同4.1%)の高成長を記録した後、年後半には年率1%以下(7-9月期:同0

アジア新興国・地域の経済見通し~成長率は冴えない状況、注目は政策実行力

アジア新興国・地域の経済見通し~成長率は冴えない状況、注目は政策実行力 | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し~成長率は冴えない状況、注目は政策実行力 研究員 高山 武士経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域の低成長は長期化している。外需の弱さはいずれの国・地域にも共通しており、これが成長率の伸び悩

2013年10~12月期のGDP(2次速報)結果

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

アジア経済概況(2014年1・2月)

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年3月11日富士通フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度経済見通し(2014年3月改訂)

PRESS RELEASE2014年3月10日株式会社富士通総研2014・2015年度経済見通し(2014年3月改訂)当社は、2013年10~12月期のGDP統計(2次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。今後の日本経済は、(1)一定の春季賃上げのほか所定内給与の上昇も見込まれること、(2)経営者の期待成長率の高まりに伴い、設備投資も拡大していくこと、(3)海外経済の持ち直しにより輸出も勢いを増していくことなどにより、消費税率引き上げ後も、景気拡大は持続していくとの前回見通しのシナリオに

2014・2015年度経済見通し~13年10-12月期GDP2次速報後改定

2014・2015年度経済見通し~13年10-12月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2014・2015年度経済見通し~13年10-12月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査部長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.3%、2014年度0.5%、2015年度1.1%を予想> 2013年

2014年3月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:10-12月期ユーロ圏GDP改定値 ~回復の裾野に広がり~

EU Indicators欧州経済指標コメント:10-12月期ユーロ圏GDP改定値発表日:2014年3月6日(木)~回復の裾野に広がり~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 5日に発表された昨年10-12月期のユーロ圏の実質GDP成長率の改定値は、前期比+0.3%、同年率+1.1%と速報値から不変。前期(前期比+0.1%、同年率+0.5%)から加速し、3四半期連続のプラス成長を記録(左図)。国別には、フィンランド(速報値:同▲0.8%→改定値:同▲0

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ