「技術調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

魚介類用飼料関連技術、特許総合力トップ3は日本水産(ニッスイ)、水産総合研究センター、林原

魚介類用飼料関連技術、特許総合力トップ3は日本水産(ニッスイ)、水産総合研究センター、林原 弊社はこのほど、日本に出願された魚介類用飼料関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 近年は、養殖が困難とされていた「うなぎ」などの魚介類で養殖が成功し、特に「クロマグロ」に関しては、2002年に近畿大学が卵からの完全養殖に成功しています。現在は「近大マグロ」として、豊田通商の協力により商業化が開始されるなど、今後

機能性飲料(栄養強化・改善)関連技術、特許総合力トップ3は花王、伊藤園、森永乳業

機能性飲料(栄養強化・改善)関連技術、特許総合力トップ3は花王、伊藤園、森永乳業 弊社はこのほど、日本に出願された機能性飲料関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 生活習慣病は、現代社会において最も深刻な社会問題の1つであり、特に食生活の欧米化により、動物性脂肪、糖類および塩分を過剰に摂取していることや、定期的に運動する習慣が減少していることから、年々深刻化する傾向にあります。このような中で、多くの人が

2013年9月3日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

二酸化炭素回収・貯留(CCS)関連技術、特許総合力トップ3は三菱重工業、ALSTOM TECHNOLOGY、関西電力

二酸化炭素回収・貯留(CCS)関連技術、特許総合力トップ3は三菱重工業、ALSTOM TECHNOLOGY、関西電力 弊社はこのほど、日本に出願された二酸化炭素回収・貯留(CCS:Carbon dioxide Capture and Storage)関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 火力発電所や工場などでは化石燃料の使用により、地球温暖化の主な原因とされる二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスが大量に排出されています。CC

半導体エネルギー研究所、シャープ、セイコーエプソンの順です。

電子書籍関連技術 特許総合力ランキングトップ3は半導体エネルギー研究所、シャープ、セイコーエプソン ―アマゾンは2008年の76位から8位に躍進

電子書籍関連技術 特許総合力ランキングトップ3は半導体エネルギー研究所、シャープ、セイコーエプソン ―アマゾンは2008年の76位から8位に躍進 スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、電子機器を使って著作物を閲覧・販売する「電子書籍」の市場が拡大しています。インターネットメディア総合研究所の調査結果によると2012年度の電子書籍市場は前年比15.9%増の729億円に拡大し、2017年度には約3.3倍の2390億円に達する見込みとなっています。 そこで弊社は、日本の特許庁において2013年6

2013年7月4日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

米国 燃料電池分野の特許総合力、トップ3はGM、トヨタ、ホンダ

【米国】燃料電池関連技術の特許総合力、トップ3はGM、トヨタ、ホンダ※2013年7月3日付 日本経済新聞 朝刊3面に掲載されました  弊社はこのほど、米国における燃料電池分野について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。今回の調査は2011年7月に実施した調査に続くもので、1980年から2013年5月末までに米国特許商標庁で公開された燃料電池関連の特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」による評価を実施し、特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング(※)」を集計

2013年7月1日パテント・リザルト★フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

特許からゲーム業界を見ています。

ネットワーク/無線通信を用いたゲーム関連技術 特許総合力トップ3はKONAMI、バンダイナムコ、任天堂 ~ DeNAが急浮上 ~

ネットワーク/無線通信を用いたゲーム関連技術 特許総合力トップ3はKONAMI、バンダイナムコ、任天堂 ~ DeNAが急浮上 ~ 近年の爆発的なスマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、通信端末のPDA機能を用いたWEBゲームが流行しています。このようなネットワークを用いたゲームには、パソコンや高機能化が進むコンシューマーゲーム機間でリアルタイムにゲーム進行を共有するものや、携帯ゲーム機の無線装置を用いてゲーム内のアイテムを交換したり、メッセージをやりとりするもの、アミューズメント施設に設置さ

スポーツシューズ・作業靴など履物関連技術 特許総合力ランキングトップ3はNIKE、アシックス、ミドリ安全

スポーツシューズ・作業靴など履物関連技術 特許総合力ランキングトップ3はNIKE、アシックス、ミドリ安全 靴・足袋・サンダルなど足の保護やファッションのために着用される履物は、使用する目的や用途、また使用者の性別や年齢によって様々な種類が存在します。長距離走行のため軽量で且つ着地時の負荷を吸収するジョギングシューズ、工事現場や工場など危険を伴う作業場で足を保護する安全靴、美容を目的として身長を高く見せるハイヒールなどが一例として挙げられます。そこで弊社は、これら履物全般に着目し、関連分野に参入す

ステア・バイ・ワイヤー 特許総合力トップ3はジェイテクト、トヨタ自動車、日産自動車

ステア・バイ・ワイヤー技術 特許総合力トップ3はジェイテクト、トヨタ自動車、日産自動車 弊社はこのほど、日本に出願されたステア・バイ・ワイヤー技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 ステア・バイ・ワイヤーは、ドライバーのステアリング操作を機械的にタイヤに伝える従来の方式とは異なり、ステアリング操作をセンサーで検知し、アクチュエーターによりタイヤを動かすシステムです。本調査ではステア・バイ・ワイヤー関連技術の特許を集計し、各個別特許

家庭用エネルギー管理システム(HEMS) 特許総合力ランキングトップ3はパナソニック、東芝、中国電力

家庭用エネルギー管理システム(HEMS) 特許総合力ランキングトップ3はパナソニック、東芝、中国電力※2013年5月13日付 日本経済新聞 朝刊 11面に掲載されました 弊社はこのほど、国内に出願された家庭用エネルギー管理システム(HEMS;Home Energy Management System)関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 近年、自然エネルギーによって発電した電力の発電量と蓄電量を監視しつつ、家電などの消費電力

2013年5月9日パテント・リザルトフィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

おむつ関連技術 特許総合力ランキングトップ3はP&G、ユニ・チャーム、大王製紙

おむつ関連技術 特許総合力ランキングトップ3はP&G、ユニ・チャーム、大王製紙 赤ちゃんを中心に尿や便の捕捉に使用されるおむつは、入院患者や障害者などの利用のほか、少子高齢化を見据えて高齢者にも利用拡大が期待されています。おむつは、使い捨ての便利さや捕捉性などの長所により「紙おむつ」が主流である一方、ゴミが生じにくくまたおむつはずしにも役立つ「布おむつ」の良さも見直しされています。そこで弊社は、これら「紙おむつ」と「布おむつ」を合わせたおむつ全般の関連技術に着目し、参入企業の競争力に関する調査を

電子制御スロットル、特許総合力トップ3は日立オートモティブシステムズ、デンソー、本田技研工業

電子制御スロットル、特許総合力トップ3は日立オートモティブシステムズ、デンソー、本田技研工業 弊社はこのほど、日本に出願された電子制御スロットル技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 電子制御スロットルは、アクセルワイヤとスロットルバルブをケーブルでつなぐのではなく、センサーでアクセル踏み込み量を検知し、ECU(エンジコントロールユニット)の命令に従いモーターでスロットルを開く技術で、ドライブ・バイ・ワイヤとも呼ばれれています。本

レーザーマーキング加工技術 特許総合力ランキングトップ3はキーエンス、日本カラリング、パナソニックデバイスSUNX

レーザーマーキング加工技術 特許総合力ランキングトップ3はキーエンス、日本カラリング、パナソニックデバイスSUNX レーザーマーキングは、レーザー照射により材料表面層を除去して文字やデザインを印字する加工技術で、金属、樹脂、ガラスなど幅広い素材で使用されています。このたび弊社は、レーザーマーキング加工技術に着目し、参入企業の競争力に関する調査を行いました。1993年から2013年2月末までに日本の特許庁で公開された関連特許1,859件を対象に、特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング(

オンライン広告関連技術 特許総合力ランキング、ヤフー、Googleに続き楽天が躍進

オンライン広告関連技術 特許総合力ランキング、ヤフー、Googleに続き楽天が躍進電通が2013年2月に発表したデータによると、2012年のインターネット広告市場の規模は、前年比7.7%の8,680億円に達し、景気回復とともに市場のさらなる拡大が期待されています。弊社では、2012年4月にオンライン広告全般に関する特許総合力ランキングを発表しましたが、めまぐるしく動く同分野において、このほど最新の競合状況を改めて調査いたしました。 1993年から2013年2月末までに日本の特許庁で公開された関連

2013年4月9日パテント・リザルトフィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

建物の制振・耐震・耐力壁技術 特許総合力ランキングトップ3は清水建設、竹中工務店、オイレス工業

建物の制振・耐震・耐力壁技術 特許総合力ランキングトップ3は清水建設、竹中工務店、オイレス工業 弊社はこのほど、国内に出願された建物の制振・耐震・耐力壁関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 自然災害に対する防災の意識が高まりつつある中、免震構造(注1)は既存建物への後付けが容易ではない一方、後付けが比較的容易な制振構造(注2)に関する技術に注目が集まっています。本調査では、建物の制振構造のみならず、技術的に関連性が高い耐震・

2013年4月4日パテント・リザルトフィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

住宅リフォーム技術 特許総合力ランキングトップ3はYKK AP、ミサワホーム、LIXIL

住宅リフォーム技術 特許総合力ランキングトップ3はYKK AP、ミサワホーム、LIXIL 弊社はこのほど、国内に出願された住宅リフォーム関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 国内の住宅購入では新築偏重が主流の中、国土交通省の住宅着工統計(注1)によると、20年以上100万戸以上で推移していた新設住宅着工数は、長期的なトレンドとして減少傾向を示しており、平成21年以降はついに100万戸以下となりました。一方、平成18年6月に施

2013年4月1日パテント・リザルトフィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

車両挙動安定制御技術、特許総合力トップ3はトヨタ自動車、アドヴィックス、日産自動車

車両挙動安定制御技術、特許総合力トップ3はトヨタ自動車、アドヴィックス、日産自動車 弊社はこのほど、日本に出願された車両挙動安定制御技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 アクティブセーフティ技術の一つである車両挙動安定制御技術は横滑り防止技術とも呼ばれ、車両がオーバーステアまたはアンダーステアのような不安定な状態から可能な限り安定した状態に車両の姿勢・挙動を制御する技術で、欧米では広く普及しており、日本でも新車等から順次搭載の義務化が始まっています。本調査では車両挙動安定制御技

2013年3月4日パテント・リザルトフィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

車載用カメラ、特許総合力トップ3はデンソー、住友グループ、パナソニック

車載用カメラ、特許総合力トップ3はデンソー、住友グループ、パナソニック 弊社はこのほど、日本に出願された車載用カメラ関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 近年、運転者の視界を支援するために、車両周辺を監視するカメラを搭載する自動車が普及してきています。本調査では周辺を監視するための車載用カメラに着目し、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースとして、特許の質と量から総合的に見た評価を行いました。 その結果、「総合力ランキング(注1)」では、1位 デンソー、2位

CPCを用いた米国特許分析:電気/ハイブリッド自動車関連技術 特許総合力ランキングトップ3はトヨタ自動車、CHRYSLER GROUP、GM GLOBAL TECHNOLOGY

【米国】次世代自動車関連技術 特許総合力ランキングトップ3はトヨタ自動車、CHRYSLER GROUP、GM GLOBAL TECHNOLOGY弊社はこのほど、2013年1月から欧米にて本格運用が始まった「共同特許分類(CPC)」を用い、米国における次世代自動車関連技術について、参入企業の競争力に関する調査をまとめました。電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HV)など次世代自動車関連技術として、1980年から2012年12月末までに米国特許商標庁で公開され、CPC「Y02T10/60~Y02

CPCを用いた米国特許分析:太陽電池セル 特許総合力ランキングトップ3はEMCORE SOLAR POWER INC、SOLOPOWER INC、NANOSOLAR INC

【米国】太陽電池セル関連技術 特許総合力ランキングトップ3はEMCORE SOLAR POWER INC、SOLOPOWER INC、NANOSOLAR INC弊社はこのほど、2013年1月から欧米にて本格運用が始まった「共同特許分類(CPC)」を用い、米国における太陽電池セル分野について、参入企業の競争力に関する調査をまとめました。1980年から2012年12月末までに米国特許商標庁で公開された太陽電池セル分野として、CPC「Y02E10/541(CIS薄膜系太陽電池)」~「Y02E10/54

CPCを用いた米国特許分析:燃料電池の電解質分野 特許総合力ランキングトップ3はSAMSUNG SDI、東芝、パナソニック

【米国】燃料電池の電解質関連技術 特許総合力ランキングトップ3はSAMSUNG SDI、東芝、パナソニック弊社はこのほど、2013年1月から欧米にて本格運用が始まった「共同特許分類(CPC)」を用い、米国における燃料電池の電解質分野について、参入企業の競争力に関する調査をまとめました。1980年から2012年12月末までに米国特許商標庁で公開された燃料電池関連の電解質分野として、CPC「Y02E60/521(固体高分子形燃料電池(PEMFC))」~「Y02E60/526(溶融炭酸塩形燃料電池(M

車両燃焼機関用ガスケット関連技術 特許総合力ランキングトップ3はNOK、FEDERAL-MOGUL、日本メタルガスケット

車両燃焼機関用ガスケット関連技術 特許総合力ランキングトップ3はNOK、FEDERAL-MOGUL、日本メタルガスケット ~直近6年間ではFEDERAL-MOGULが大躍進~車両に利用されるガスケットは、エンジンの容器内の気密性を保つと同時に外部からオイルや冷却水等の侵入を防ぎ、エンジンの円滑なサイクルに役立っています。そこで弊社は、車両燃焼機関用のガスケット関連技術に着目し、参入企業の競争力に関する調査を行いました。1993年から2012年12月末までに日本の特許庁で公開された関連特許1,90

【農業機械】脱穀機、特許総合力トップ3はクボタ、ヤンマー、井関農機

【農業機械】脱穀機関連技術、特許総合力トップ3はヤンマー、クボタ、井関農機 弊社はこのほど、日本に出願された「脱穀機関連技術」について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 1993年から2012年12月末までに日本特許庁で公開された関連特許5,955件を対象に個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を最新の2012年12月末時点で実施し、競合状況を特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング」を集計しました。 その結果、「総合力ランキング(注1)」では、1位 ヤンマー、2

2013年2月7日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【農業機械】収穫・刈取機、特許総合力トップ3はクボタ、ヤンマー、井関農機

【農業機械】収穫・刈取機関連技術、特許総合力トップ3はクボタ、ヤンマー、井関農機 弊社はこのほど、日本に出願された「収穫・刈取機関連技術」について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 1993年から2012年12月末までに日本特許庁で公開された関連特許13,427件を対象に個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を2012年12月末時点で実施し、競合状況を特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング」(※)を集計しました。【収穫・刈取機関連技術 特許総合力トップ5】 前回

2013年2月5日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【農業機械】移植・田植機、特許総合力トップ3は井関農機、クボタ、ヤンマー

【農業機械】移植・田植機関連技術、特許総合力トップ3は井関農機、クボタ、ヤンマー 弊社はこのほど、日本に出願された「移植機、田植機関連技術」について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 1993年から2012年12月末までに日本特許庁で公開された関連特許9,820件を対象に個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を2012年12月末時点で実施し、競合状況を特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング」(※)を集計しました。【移植・田植機関連技術 特許総合力トップ5】 その

2013年2月4日パテント・リザルトフィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

化学合成系生分解性プラスチック関連技術 特許総合力ランキングトップ3はユニチカ、東レ、三菱樹脂

化学合成系生分解性プラスチック関連技術 特許総合力ランキングトップ3はユニチカ、東レ、三菱樹脂 ~ 直近6年間では東レ、帝人が躍進 ~成形性が高く軽量で低コストであるプラスチックは、使用時には大変有用であるものの、その化学的安定さのため使用後の廃棄が問題となっています。そこで弊社は、微生物等により使用後には二酸化炭素と水に分解することのできる「化学合成を用いて作製された生分解性プラスチック」に着目し、参入企業の競争力に関する調査を行いました。1993年から2012年12月末までに日本の特許庁で公

2013年2月1日パテント・リザルトフィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

【農業機械】耕運・整地機、特許総合力トップ3は小橋工業、クボタ、ヤンマー

【農業機械】耕運・整地機関連技術、特許総合力トップ3は小橋工業、クボタ、ヤンマー 弊社はこのほど、日本に出願された「耕運機、整地機関連技術」について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 1993年から2012年12月末までに日本特許庁で公開された関連特許4,256件を対象に個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を2012年12月末時点で実施し、競合状況を特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング」(※)を集計しました。 その結果、「総合力ランキング」では、1位 小橋工

マイクロ流体デバイス、特許総合力トップ3は島津製作所、パナソニック、GYROS

マイクロ流体デバイス関連技術、特許総合力トップ3は島津製作所、パナソニック、GYROS(スウェーデン) 弊社はこのほど、日本に出願されたマイクロ流体デバイス関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 マイクロ流体デバイスは、微細加工技術によってチップ上に微小な流路や反応室等を設け、微量の流体でも分析できるようにしたもので、μ-TAS(Micro Total Analysis System)やLab on a Chipとも呼ばれています。微量の流体を1チップで分析できることから、例

顔料分散型カラーフィルタ 特許総合力ランキング、トップ3は富士フイルム、大日本印刷、凸版印刷

顔料分散型カラーフィルタ関連技術 特許総合力ランキング、トップ3は富士フイルム、大日本印刷、凸版印刷~ 直近3年間では東洋インキが躍進 ~特定波長の可視光のみ透過するカラーフィルタは、薄型テレビやパソコン、スマートフォンなどのディスプレーの画質を左右する重要な構成部品です。そこで弊社は、顔料分散技術により作製されたカラーフィルタに着目し、参入企業の競争力に関する調査を行いました。1993年から2012年11月末までに日本の特許庁で公開された関連特許11,687件を対象に、個別特許スコアリング指標

2013年1月23日パテント・リザルトフィードバック数:12製造業/エレクトロニクス

車載用レーダー、特許総合力トップ3はデンソー、富士通テン、三菱電機

車載用レーダー関連技術、特許総合力トップ3はデンソー、富士通テン、三菱電機 弊社はこのほど、日本に出願された車載用レーダー関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 近年自動車の安全技術が活発になっており、特に予防安全(アクティブセイフティ)技術はこれまで以上に事故を減らす技術として積極的に研究・開発が進められています。予防安全技術の中でレーダーは車間距離制御や衝突被害軽減等のため、非常に重要な技術となっております。本調査では車載用レーダー技術関連の特許を集計し、各個別特許の注目

ディーゼル微粒子捕集フィルタ関連技術 特許総合力ランキング トップ3は日本ガイシ、トヨタ自動車、イビデン

DPF関連技術 特許総合力ランキング トップ3は日本ガイシ、トヨタ自動車、イビデン ~ 直近6年間では日本ガイシ、イビデンが大躍進熱効率に優れ、CO2削減が期待されるディーゼルエンジンは、乗用車として需要の高い欧州はもとより、米国や日本でも改めて注目されています。そこで弊社は、ディーゼルエンジンの主要な排出ガス処理技術である微粒子捕集フィルタ(DPF)に着目し、参入企業の競争力に関する調査を行いました。1993年から2012年11月末までに日本の特許庁で公開された関連特許9,157件を対象に、個

3次元造形技術、特許総合力トップ3は米・3D Systems、独・EOS、パナソニック電工

3次元造形関連技術、特許総合力トップ3は米・3D Systems、独・EOS、パナソニック電工 弊社はこのほど、日本に出願された3次元造形関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 3次元造形技術はラピッドプロトタイピングとも呼ばれ、光硬化性樹脂や熱可塑性樹脂を用いた、文字通り「迅速に試作」することを目的とした技術です。近年では小型のラピッドプロトタイピングである3Dプリンターの価格が急速に下がっていることもあり、ニュース等に取り上げられる機会も増えてきました。本調査では3次元造

拡張現実(AR)/複合現実(MR)技術、特許総合力トップ3はキヤノン、パナソニック、任天堂

拡張現実(AR)/複合現実(MR)関連技術、特許総合力トップ3はキヤノン、パナソニック、任天堂 弊社はこのほど、日本に出願された拡張現実(AR:Augmented Reality)及び複合現実(MR:Mixed Reality)関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 ARとは、現実環境にVR(Virtual Reality:仮想現実)による情報を重ね合わせることで、現実世界を「拡張」するものを指します。例えば、ある現実風景をAR機器(アプリ)を通して見ると、VRによる情報が重

ナノインプリント、特許総合力トップ3は東芝、米・Molecular Imprints、キヤノン

ナノインプリント関連技術、特許総合力トップ3は東芝、米・Molecular Imprints、キヤノン 弊社はこのほど、日本に出願されたナノインプリント関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 ナノインプリントとは、モールド(スタンパー、テンプレート)を樹脂に押しつけ、モールド上に形成されたパターンを樹脂に転写する技術で、1995年に米・プリンストン大学のChou教授により発明されました。微細加工に適しており、半導体リソグラフィ、光デバイス、記録メディア、MEMS技術等への応用

大学・TLO「診断機器」技術の特許総合力ランキング~トップ3は慶応、東大、名大

大学・TLO「診断機器関連技術」の特許総合力ランキング~トップ3は慶応、東大、名大大学・TLOにおいて診断機器に関する特許出願が増加しています。そこで弊社は、大学・TLOを対象として「診断機器」に関連する技術に着目し、各機関の競争力に関する調査を行いました(注1)。1993年から2012年9月末までに日本の特許庁で公開された関連特許1,488件を対象に、個別特許の注目度を指数化する「パテントスコア」による評価を実施し、特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング(注2)」を集計しました。

大学・TLO「材料分析:光学関連技術」の特許総合力ランキング~トップは岡山

大学・TLO「材料分析:光学関連技術」の特許総合力ランキング ~トップ3は岡山大学、東京工業大学、大阪大学大学・TLOにおいて「材料分析」分野における特許出願が急速に増加しています。そこで弊社は、大学・TLOを対象として「材料分析」分野の中でも「光学的分析」に関連する技術に着目し、各機関の競争力に関する調査を行いました(注1)。1993年から2012年9月末までに日本の特許庁で公開された関連特許1,643件を対象に、個別特許の注目度を指数化する「パテントスコア」による評価を実施し、特許の質と量か

ゲーム装置間の通信機能 特許総合力ランキング

ゲーム装置間の通信機能関連技術 特許総合力ランキング トップ3は任天堂、バンダイナムコ、コナミ弊社はこのほど、複数のゲーム装置間の通信機能関連技術(但しインターネットを利用したものは除く)に注目し、参入企業の競争力に関する調査を行いました。 1993年から2012年6月末までに日本特許庁で公開された関連特許981件を対象に個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を最新の2012年6月末時点で実施し、競合状況を特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング(※)」を集計しました。

米国 音声認識関連技術、トップはアップルに技術供与のNUANCE、Google は4位 ~ ソニー、キヤノン、パナソニックも上位に ~

【米国】音声認識関連技術、特許総合力トップはアップルに技術供与のNUANCE、Google は4位 ~ ソニー、キヤノン、パナソニックも上位に ~弊社はこのほど、音声認識関連技術について米国における競合分析を行い、参入企業に関する調査結果をまとめました。音声認識技術は、翻訳機やスマートフォンの操作など、幅広い用途で利用され始めており、今回は周辺技術を含めた音声認識関連技術全般について調査を実施しました。1980年から2012年6月末までに米国特許商標庁において公開された特許10,259件を対象に

2012年8月9日パテント・リザルトフィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

ターボ分子ポンプ関連技術 特許総合力ランキング

ターボ分子ポンプ関連技術 特許総合力ランキング、EDWERDSと島津製作所が大きくリード弊社はこのほど、半導体やフラットパネルディスプレイの製造など高真空を必要とする分野で幅広く利用されるターボ分子ポンプ関連技術について競合分析を行い、参入企業に関する調査結果をまとめました。 1993年から2012年6月末までに日本特許庁で公開された関連特許1,570件を対象に個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を最新の2012年6月末時点で実施し、競合状況を特許の質と量から総合的に見た「特許総

2012年8月8日パテント・リザルトフィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

抗体医薬品の特許総合力ランキング

抗体医薬品関連技術の特許総合力ランキング トップ3は米GENENTECH、中外製薬、協和発酵キリン ~ 直近5年間では米MERCK、米PFIZERが躍進弊社はこのほど抗体医薬品の中でもモノクローナル抗体を含有する医薬品製剤に着目し、参入企業の競争力に関する調査を行いました。抗体医薬品は人間の免疫機能を活用し、特定の細胞や組織にのみ効果のある抗体を利用した医薬品です。従来の化学合成による医薬品に比べて、副作用の軽減が期待できることから注目を集めています。 1993年から2012年5月末までに日本の

放射線検出器関連技術 特許総合力ランキング

放射線検出器関連技術 特許総合力ランキング トップ3はキヤノン、浜松ホトニクス、東芝 ~直近5年間ではコニカミノルタエムジーが大躍進~弊社はこのほど、シンチレータを用いた放射線検出器関連技術について競合分析を行い、参入企業に関する調査結果をまとめました。 1993年から2012年2月末までに日本の特許庁で公開された関連特許4,776件を対象に、個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を、最新の2012年2月末および2006年末の2つの時点で実施し、各時点での競合状況を特許の質と量から

コンタクトレンズ関連技術 特許総合力ランキング

コンタクトレンズ 特許総合力ランキング トップ3はJOHNSON & JOHNSON、NOVARTIS、メニコン弊社はこのほど、コンタクトレンズ関連技術について競合分析を行い、参入企業に関する調査結果をまとめました。 1993年から2012年2月末までに日本の特許庁から公開された関連特許2,448件を対象に、個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を実施し、特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング(注)」を集計しました。 集計の結果、1位 JOHNSON & JOHNSON

車両の前方衝突防止技術 特許総合力ランキング

車両の前方衝突防止技術 特許総合力ランキング トップ3は日産自動車、本田技研工業、トヨタ自動車 直近5年間では富士重工業が躍進弊社はこのほど、車両の前方衝突防止技術について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。 近年、前方の障害物を検知し、自動的にブレーキ制御を行う衝突回避システムの需要が高まっていますが、本調査ではこのほかに、運転者に対して接触の可能性を知らせる警告システムや、渋滞時の車間距離を保つための運転支援技術など、前方衝突防止に関する技術全般が含まれます。 1993年から2012

オンライン広告 特許総合力ランキング トップはヤフー 直近5年で電機メーカーからネット企業へ主力交代

オンライン広告関連技術 特許総合力ランキング トップはヤフー 直近5年で電機メーカーからネット企業へ主力交代インターネット上のウェブサイトに掲載されるオンライン広告は、インターネット上で商品を販売、サービスを提供するための大きな有効手段となっています。 近年ではユーザーの嗜好にもとづくターゲティング広告や、スマートフォンに代表されるタブレット端末の爆発的な普及により、モバイル広告市場が急激な拡大を見せています。 そこで弊社は、オンライン広告技術に注目し、参入企業の競争力に関する調査を行いました。

2011年7月22日パテント・リザルトフィードバック数:14製造業/エレクトロニクス

燃料電池 米国特許 総合力ランキング、 ホンダ、トヨタ、パナソニックがトップ5入り

【米国】燃料電池関連技術 特許総合力ランキング、 ホンダ、トヨタ、パナソニックがトップ5入り弊社はこのほど、米国における燃料電池分野について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。燃料電池は、ハイブリッド自動車をはじめとする車載用や、携帯機器向けなど、さまざまな用途で需要が高まっていますが、今回の調査では、あらゆる用途を含めて評価しています。 1980年から2011年5月末までに米国特許商標庁で公開された燃料電池関連の特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」による評価を実

風力発電、特許総合力トップ3はAloys, WOBBEN氏、三菱重工業、日立製作所

風力発電関連技術、特許総合力トップ3はAloys, WOBBEN氏、三菱重工業、日立製作所弊社はこのほど、風力発電関連技術について、特許分析ツール「BizCruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 日本国内における風力発電は、地理的な制約や気候の条件などからあまり普及しておらず、「再生可能エネルギーといえば太陽光発電」と捉えらえがちですが、世界的に見ると風力発電は太陽光発電以上に普及しており、その普及率は昨今急激に増加している状況です。 本調査では風力発電関連の特許を集計

2011年4月6日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

GaNパワー半導体デバイス、特許総合力トップ3はCREE、古河電工、パナソニック

GaNパワー半導体デバイス関連技術、特許総合力トップ3はCREE、古河電工、パナソニック弊社はこのほど、GaNパワー半導体デバイス関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 従来から使われているシリコン(Si)によるパワー半導体デバイスは、耐圧が理論限界値に近付いており、これ以上の改善は難しいとされています。そのため、Siと比べ、絶縁破壊電圧が高いSiC(炭化ケイ素)やGaN(窒化ガリウム)といったワイドバンドギャップ型半導体が注目されています。これらの材料を用いることで、より電

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ