「投票率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年8月25日アクトフィードバック数:0社会/政治

子育て世帯の約7割が「選挙に行けなかった経験あり」 

子育て世帯の約7割が「選挙に行けなかった経験あり」 理由は「子どもの病気など子育てに関わるもの」が約4割に 〜9割超がインターネット投票に賛成、「子育て世帯の意見が反映されやすい」の声~ITによるトータルソリューションを提供する、株式会社アクト(本社:東京都文京区、代表取締役:小林泰彦、以下 アクト)は、未就学児のお子様がいる子育て世帯の男女106名に対し、「選挙のインターネット投票に関する意識調査」を実施いたしましたので、お知らせいたします。 調査概要:選挙のインターネット投票に関する意識調

2019年7月8日日本財団フィードバック数:0社会/政治

日本財団「18歳意識調査」第15回 テーマ:国政選挙について

日本財団「18歳意識調査」第15回 テーマ:国政選挙について 日本財団は夏の参院選を前に5月末から6月上旬にかけ、「国政選挙」をテーマに15回目の18歳意識調査をインターネットで実施しました。 回答数は17~19歳の男女1,000人。これによると調査時点で選挙権を持つ18,19歳計668人のうち「投票に行く」と答えた人は2人に1人。一方で60%以上が、ともに50%台前半だった直近の参議院、衆議員両選挙の投票率を「低い」と答え、さらに80%近くが若者の投票率の低さを問題だとしています。投票判断

2017年12月14日イードフィードバック数:0エンタテインメント

2017年秋アニメ何見てる?

「2017年秋アニメ何見てる?」アンケート結果発表 3位は「キノの旅」、2位は「うまる」、1位は……アニメ!アニメ!では「2017年秋アニメ何見てる?」と題した読者アンケートを実施しました。その結果を発表します。 2017.11.10 Fri 12:00注目記事11月に入り、2017年秋アニメの初回放送時期から約1ヶ月が経ちました。50本以上のアニメ作品が放送されていますが、そのなかでも最も視聴されている作品は何なのでしょうか。そこでアニメ!アニメ!では「2017年秋アニメ何見てる?」と題した読

社会保障をめぐる議論は票にならない?~世代別人口動態からみる選挙~

社会保障をめぐる議論は票にならない?~世代別人口動態からみる選挙~ | ニッセイ基礎研究所 社会保障をめぐる議論は票にならない?~世代別人口動態からみる選挙~ 取締役 前田 俊之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 早いものでもう師走が目前、12月2日からは年末の選挙戦が始まる。今回の解散を決めた安倍首相によると、この選挙の争点はアベノミクスだという。これに対し民

2013年7月18日東北大学★フィードバック数:1133社会/政治

経済学研究科によるレポートです。

「若年世代は1%の投票棄権でおよそ13万5千円の損!?」-年齢別投票率の違いが世代間の格差を拡大している可能性-

投票率と世代間格差に関する文書は移転しました 投票率と世代間格差に関する文書は移転しました。 [問合せ先]東北大学大学院経済学研究科 教授 吉田 浩電話:022-795-6292E-mail: hyoshida*econ.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

2013年6月14日パイプドビッツ★フィードバック数:10社会/政治

政治山の調査です。

東京都議会議員選挙に関する意識調査

第9回政治山調査「東京都議会議員選挙に関する意識調査」(1/3) | 政治・選挙プラットフォーム【政治山】 支持政党で民主党が維新を逆転、猪瀬都政は評価が分かれる第9回政治山調査「東京都議会議員選挙に関する意識調査」(1/3)政治山では6月7、8日の2日間、ネット意識調査サービス「政治山リサーチ」を利用し、東京都内の20歳以上の男女を対象に、東京都議会議員選挙(都議選)に関する意識調査を実施した。回答者は1,114人。都議選の投票予定候補者の政党を聞いたところ自民党が最多となり、支持政党では

2013年4月25日マイボイスコムフィードバック数:0社会/政治

マイボイスコム 選挙での投票

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ「選挙のときはほぼ毎回投票する」が6割、「毎回ではないが行くことが多い」が2割。投票に行かない理由は「投票したい候補者がいない」が最も多く「どの政党・政治家でも同じ」「だれに投票したらいいかわからない」「投票に行くのが面倒、時間がない」「自分の一票で政治(生活)が変わるとは思えない」「政治に関心がない」などが続く 投票する政党・候補者決定時の参考情報源は「テレビ番組・CM」「新聞記事・広告」が上位2位、以下「選挙ポスター、街頭ポスター」「テ

2013年4月1日ブライト・ウェイフィードバック数:1社会/政治

子育て中の有権者は高い投票率 2012衆院選では76.5%

[] 株式会社ブライト・ウェイ(本社東京 代表取締役 高祖 智明)が運営する子育て・育児支援のポータルサイト【こそだて】 では、子育て家族の意識や生活状況を知るためにさまざまな視点でアンケ-トを実施しています。昨年、政権交代を実現させた衆議院解散総選挙。その投票率は戦後最低の59.32%に留まりました。子ども達の未来にも関わる選挙と政権運営に、子育て中のパパ・ママは高い関心を持っていました。■結果のポイント●衆院総選挙の投票率は76.5%で、同世代の平均投票率(30代前半47.0%-財団法人明る

2013年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:9社会/政治

政治に期待するものは世代間で異なるのか

政治に期待するものは世代間で異なるのか | ニッセイ基礎研究所 政治に期待するものは世代間で異なるのか 保険研究部 部長 中村 昭基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 私は、若者世代の一票の重みが、他の世代より軽くなりつつある状況につきまして問題意識を抱き、これまでいくつかコラムを執筆してまいりましたi。しかしながら、人々が政治に期待するものが世代間であまり異ならな

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ