「投資信託」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

明るさが増しつつあるオーストラリア経済

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月14日13日に発表されたオーストラリアの2月の雇用統計によると、常勤雇用者が前月比で8.05万人増加し、増加幅としては1991年8月以来約22年ぶり、過去2番目の大きさとなりました。非常勤雇用者が減少したことから、全体の雇用者数は前月比4.73万人増でしたが、事前予想の同1.5万人増を大きく上回りました。最近のオーストラリアでは、資源関連の投資ブームがピークを過ぎていることが、景気の下押し要因となっています。一方、これまでの利

本日の日本株式市場の下落について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月14日14日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比488円(3.3%)安の14,327円となるなど大幅下落で取引を終えました。前日の欧米の株式市場が、ウクライナ情勢の緊迫化などを背景に大幅下落した流れを受けたほか、投資家のリスク回避姿勢が強まり、円相場が1米ドル=101円台に上昇したことも影響しました。ウクライナ情勢の緊迫化の背景には、ウクライナ南部のクリミア自治共和国で16日にロシア編入の是非を問う住民投票が実施された場合、

「脱デフレ」「経済の好循環」に向けさらに歩みを進めた日本

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月13日「脱デフレ」「経済の好循環」に向けさらに歩みを進めた日本 春闘での経営側の集中回答日となった12日、政府の賃上げ要請などもあり、過去最高水準のベアの実施やボーナスの満額回答が相次ぎました。大手企業が賃金抑制から賃上げに転じたことは、賃金上昇を中小企業にも波及させる上で重要な一歩と考えられます。4月に消費税率の引き上げ(5%→8%)が控えていることもあり、今後は国内景気への関心が一段と高まることでしょう。市場では、1-3

オフィス市況の改善により、高まるJリートの収益向上に対する期待

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月7日オフィス市況の改善により、高まるJリートの収益向上に対する期待 6日に三鬼商事がまとめた東京都心5区のオフィス空室率(2月末時点)は、前月末比0.17ポイント低下の7.01%と、2009年5月(6.96%)以来、4年9ヵ月ぶりの低い水準となりました。景気回復による企業収益の改善を受けてオフィス需要が拡大していることが要因となっており、3月には空室率が一段と低下する可能性が高まっています。また、同地区のオフィス平均募集賃料

軟調な米国経済指標、春の訪れはいつ?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月28日昨年12月以降、過去十数年で最大級の寒波が米国を襲っており、製造業の活動や小売業の販売などが抑制されたことから、1月以降の米国の経済指標は、市場予想を下回る軟調なものが目立ちました。これを受け、1月は米国株式も軟調に推移しましたが、2月以降は急速に値を戻す展開となっています。株価が持ち直した背景には、悪天候の影響はいずれ解消されるとの見方や、景気が弱くなる場合には、FRB(米連邦準備制度理事会)が量的緩和縮小のスピードを

信頼回復に努めるブラジル当局

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月27日ブラジル中央銀行は26日、政策金利の引き上げ(10.5%→10.75%)を金融政策委員会で決定しました。利上げは昨年4月以降、8会合連続となりますが、今回の利上げ幅は過去6回の0.5ポイントから縮小され、0.25ポイントとなりました。利上げ幅縮小の背景の一つに、政府が先週20日、2014年の歳出削減を発表し、インフレ抑制や財政規律を重視する姿勢を示したことが挙げられます。景気低迷と財政悪化を背景に、格付会社は昨年、同国の

欧州景気の回復とともに収益拡大が期待されるドイツ企業

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月26日欧州景気の回復とともに収益拡大が期待されるドイツ企業 昨今の株式市場では、先進国株式の好調さが目立っており、なかでも、ドイツの主要企業30社で構成されるDAX指数は、米国の主要株式指標と並んで過去最高値を更新しています。日米独の直近1年の騰落率でみても、良好なパフォーマンスとなっており、こうした好調な株価の背景には、輸出をはじめとしたドイツ経済の強さが挙げられます。欧州最大かつ世界第4位の経済規模を誇るドイツは、欧州諸

輸出拡大を通じて成長が期待されるニュージーランド

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月17日輸出拡大を通じて成長が期待されるニュージーランド ニュージーランドは、オーストラリアやASEAN(東南アジア諸国連合)などとFTA(自由貿易協定)やEPA(経済連携協定)を締結しており、貿易の自由化を進めることにより農産物を中心に輸出を拡大してきました。また、同国は先進国としては初めて中国とFTAを締結するなど、早くから中国市場に注目し、2008年のFTA発効以降、中国向けの輸出を大幅に増加させています。ニュージーラン

市場の動向から注目集まる“金”

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月13日金価格は2012年10月以降、主要な金の需要国であるインドや中国の景気低迷などによる金需要の縮小懸念を受け、軟調な展開となっていました。2013年の中国の金輸入が過去最高水準となるなど、実需面では金の需要増がみられましたが、先行きへの思惑で取引される先物市場やETF(上場投信)市場を通じた金売りが、金価格に悪影響を及ぼしたとみられます。加えて、米国景気の回復傾向を背景に米ドルへの信認が回復したことで、金よりも米国債が選好

改革への取り組みにより、Aクラス入りを遂げたメキシコ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月10日改革への取り組みにより、Aクラス入りを遂げたメキシコ 格付会社ムーディーズ・インベスターズ・サービス(以下、ムーディーズ)は2月5日、メキシコの長期債務格付(外貨建て、自国通貨建ての両方)を「Baa1」から「A3」へ1段階引き上げました。主な背景は、構造改革に向けての政治的意思の強さと、改革に伴なって見込まれる、潜在成長率の上昇および財政基盤の改善です。なお、主要格付会社の評価で長期債務格付が外貨建て、自国通貨建ての両

【続】日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月5日【続】日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性 4日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比611円(4.18%)安の14,008円となるなど大幅下落で取引を終えました。新興国経済に対する不透明感が高まる中、3日に発表された1月の米ISM(供給管理協会)製造業景況指数が市場予想以上に大きく低下したことを受けて、米国景気の先行き不安が台頭し、同日の米国株式市場が大幅下落となったことが日本株式市場の下落の主因となりま

日本および世界における投資信託のグローバル化の動向

日本および世界における投資信託のグローバル化の動向

12月マネー統計~銀行貸出、2つの見方

12月マネー統計~銀行貸出、2つの見方 | ニッセイ基礎研究所 12月マネー統計~銀行貸出、2つの見方 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向: 伸び率は09年5月以来の高水準・マネタリーベース: 年末見通し200兆円をクリア・マネーストック: 投資信託の増加が続く昨年12月の銀行貸出(平残)の伸び率は前年比2.6

2014年1月6日第一生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

なんでNISAをはじめるの?

よく分かる!経済のツボなんでNISAをはじめるの?経済調査部資料12014 年1月、NISAスタート2014 年1月から、NISA(ニーサ。日本版非少額投資非課税制度)がスタートします(資料課対1)。これにより、年間 100 万円までの投資から星野 卓也NISAの概要税対象 非課税口座内の少額上場株式等の配当等、譲渡益象者 口座開設の年の1月1日において満20歳以上の居住者等口 座 開 設 可 能 時 期 平成26年1月1日から平成35年12月31日までの10年間得た譲渡益や配当にかかる税金は非

2013年11月29日楽天リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

楽天の調査です。

NISAに関する調査

『投資未経験者の7割がNISAに関心あり「ネット証券が人気」 』NISAに関する調査 2013年11月28日楽天インサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)は、NISA(少額投資非課税制度)に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2013年10月31日から11月1日の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代~80代の男女1,000人を対象に行いました。 ■投資未経験者の7割以上がNISA口座の利用意向ありNISA口座の

2013年7月24日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 日本版ISA

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ日本版ISA(NISA)について「内容を詳しく知っている」は9.6%、認知率は4割弱。男性や高年代層で多い。認知経路は「テレビ番組、CM」「証券会社、銀行など金融機関のホームページで」「新聞記事、広告」「ダイレクトメール」など 日本版ISA利用意向は2割弱。男性や50代以上で多い。株式と投資信託の両方に投資をしている人では7割弱、株式か投資信託のどちらかに投資をしている人では4割強、投資していない人では約5%にとどまる 日本版ISA利用意向

4月マネー統計~マネーが“じわり”と浸透、投信残高は過去最高に

4月マネー統計~マネーが“じわり”と浸透、投信残高は過去最高に | ニッセイ基礎研究所 4月マネー統計~マネーが“じわり”と浸透、投信残高は過去最高に 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向: 伸び率は09年7月以来の2%台・主要銀行貸出動向アンケート調査: 企業・個人の資金需要が増加・マネタリーベース: 月間9兆

2013年2月3日投資信託協会★フィードバック数:6大型消費/投資

投資信託についてのまとまった調査です。

投資信託に関するアンケート調査報告書-2012年

調査報告投資信託に関するアンケート調査報告書-2012年(平成24年)調査の概要回答者の状況調査結果の概要報告書全文※お問い合わせについては、企画政策部広報室 TEL.03-5614-8406までお願いいたします。

2012年3月19日SBI証券★フィードバック数:0大型消費/投資

ネット証券大手の合同調査です。

投資信託に関わるアンケート

お客様のご選択されたサービスは受付出来ませんでした。再度お試しいただきましても、状況が改善されない場合は、「システム障害の備え」をご確認のうえ、他のログイン方法をお試しください。 金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co.,

2010年2月23日セゾン投信フィードバック数:5大型消費/投資

セゾン投信、お客様アンケート

積立投資・積立NISAならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。 プレスリリースセゾン投信、お客さまアンケートを実施2010/02/12各位セゾン投信株式会社(URL:https://www.saison-am.co.jp/ 本社:東京都豊島区 代表取締役社長:中野晴啓)は口座開設いただいているお客さまを対象に初めてお客さまアンケートを実施しました。回答者数は2,944件と8%以上のお客さまにご回答いただきました。今回のアンケート結果から「将来を見据えて投資をはじめたお客さま」が8割弱、

2008年11月17日投資信託協会★フィードバック数:0大型消費/投資

投資信託協会による調査です。

投資信託に関するアンケート調査

調査報告投資信託に関するアンケート調査報告書-2008年(平成20年)調査の概要1,507サンプル(首都圏907サンプル、阪神圏600サンプル) 回答者の状況調査結果の概要報告書全文※お問い合わせについては、企画政策部広報室 TEL.03-5614-8406までお願いいたします。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ