「排出状況」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年4月7日愛知県フィードバック数:0社会/政治

平成26年度一般廃棄物処理事業実態調査

平成26年度一般廃棄物処理事業実態調査の結果について 県ではこの度、平成26年度における市町村及び一部事務組合のごみの総排出量やリサイクル率等に関する一般廃棄物処理事業実態調査の結果をとりまとめました。この調査は、毎年度、市町村及び一部事務組合による一般廃棄物(ごみ・し尿)の排出状況、資源化や最終処分等の処理状況、処理施設の状況等を把握するために実施しているものです。ごみの排出・資源化状況等の主な調査結果の概要は下記のとおりです。<平成26年度ごみの排出・資源化状況(対前年度比較)>ごみの排出状

2015年4月24日青森県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

本県における2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出状況

更新日付:2015年4月24日 本県における2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出状況をお知らせします 内容 青森県の温室効果ガス排出量の状況 ○県内の排出量:16,063千t-CO2(全国の約1.2%)○前年度比(2011年度(平成23年度)比):8.0%増加○基準年度(1990年度(平成2年度)比):16.6%増加※前年度と比べて排出量が増加した要因としては、東日本大震災以降の火力発電の 増加によって、化石燃料消費量が増加したことなどによります。 関連ホームページ 添付資料

2014年6月18日愛媛県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温室効果ガス排出状況

ここから本文です。更新日:2020年8月20日温室効果ガス排出状況県内の温室効果ガスの排出状況について2017(平成29)年度に愛媛県内で排出された温室効果ガスの総排出量から森林吸収量を差し引いた排出量(二酸化炭素換算)は、2,022万5千トンでした。 2019(令和元)年度の県自らの事務及び事業に伴う温室効果ガスの排出量は、 となりました。 愛媛県地球温暖化対策実行計画(2020(令和2)年2月策定)では、2030(令和12)年度までに基準年比17%以上の削減を目標と 、県では今後も引き続き

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ