「採用選考」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年9月13日ワークポートフィードバック数:0社会/政治

LGBTに関する企業の意識調査 Vol.1

Menu【LGBTに関する企業の意識調査 Vol.1】結果報告 63%が「LGBTであることがわかっても採用に影響しにくい」と回答。 総合転職エージェント株式会社ワークポート(東京都品川区、代表取締役社長 CEO:田村高広)は、ワークポート取引企業272社に向けて実施した『LGBTに関する企業の意識調査』の結果をお知らせします。【調査結果 概要】■LGBTの採用やLGBT社員の支援をすることは積極的にすべきと回答する企業は24%■採用選考時にLGBTであることがわかっても、63%が採用に影響し

2017年4月26日ダイヤモンド社フィードバック数:0キャリアとスキル

【文系男子】就職人気企業ランキング2017

前年と同じスケジュールで始まった18新卒採用戦線。インターンシップや業界研究セミナーなど採用広報解禁前の動きが活況となる中で学生の意識はどう変化したか。(調査・分析/株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース メディア開発部長 高村太朗) 2017年卒大学生の就職内定率は90.6%(「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」2月1日時点—厚生労働・文部科学両省発表) と前年同期比で2.8ポイント上昇し、2000年卒の同時期調査開始以降過去最高を記録。特に労働集約型のサービス業(介護・陸運・外食など)で

2015年12月11日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

第4回 キャリア支援に関する大学アンケート調査

「採用選考に関する指針」は学業・就活へ好影響をもたらさず就職活動・採用活動の望ましいあり方が議論されるなか、公益財団法人 日本生産性本部 就業力センター(センター長 夏目孝吉)では、今後の大学におけるキャリア支援に資するべく、全国の大学300校のキャリアセンターを対象に「キャリア支援に関する大学アンケート調査」を2011年より実施している。第4回目となる今回は「採用選考に関する指針」の効果検証を重点的に行った。□キャリア支援に関する大学アンケート調査 結果のポイント1.「採用選考に関する指針」の

2016年卒ブンナビ学生アンケート(2015年6月下旬) 文化放送キャリアパートナーズ

株式会社文化放送キャリアパートナーズのプレスリリース/広報・PR情報 現在の内定先、5割超が出来れば入社したくない。2割が辞退連絡しない。『スピード選考』は男性に悪印象。<2016年卒ブンナビ学生アンケート(2015年6月下旬)>現在の内定先、5割超が出来れば入社したくない。2割が辞退連絡しない。『スピード選考』は男性に悪印象。<2016年卒ブンナビ学生アンケート(2015年6月下旬)>■内々定保有率44.7%、複数内々者19.5%、入社意志低く、辞退連絡をしない学生2割■内々定保有率は、44.

2016年卒ブンナビ学生アンケート(2015年4月下旬実施)

内々定保有率12%、半月前から倍増。理系学生は15%<2016年卒ブンナビ学生アンケート(2015年4月下旬実施)の調査結果を発表>株式会社文化放送キャリアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:竹村勝彦)は、2016年卒業予定の学生を対象とした「2016年卒ブンナビ学生アンケート(2015年4月下旬実施)」の調査結果を発表しました。 株式会社文化放送キャリアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:竹村勝彦)は、2016年卒業予定の学生を対象とした「2016年卒ブンナビ学生アンケート(2015年4月

2016年卒ブンナビ学生アンケート(2015年3月上旬実施)の調査

就活に「あせり」を感じている学生が43%<2016年卒ブンナビ学生アンケート(2015年3月上旬実施)の調査結果を発表>株式会社文化放送キャリアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:竹村勝彦)は、2016年卒業予定の学生を対象とした「2016年卒ブンナビ学生アンケート(2015年3月上旬実施)」の調査結果を発表しました。本調査は就職活動期間に毎月定期的に実施し、就職活動状況、職業観、学生生活などを調査しています。 株式会社文化放送キャリアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:竹村勝彦)は、201

2014年7月29日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年卒のまとめです。

2014年度 就職戦線総括

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択景況感改善から人材の不足感が強まり、企業の採用意欲はすべての業界で上昇。 学生の活動も前倒しで進み内々定率は改善。しかし次年度の活動時期変更への課題は残る。株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2015年春卒業予定学生を対象とする、企業の採用状況と学生の就職活動状況、内定状況、今後の見通しなどをまとめた「2014年度 就職戦線総括」を発表しました。概要

2013年6月21日日本生産性本部★フィードバック数:2キャリアとスキル

大学対象の調査です。

第3回 キャリア支援に関する大学アンケート調査

〜就活「3月情報解禁、8月選考開始」には約半数が否定的〜今日、就職活動の長期化に加え、学卒未就職者の増加により労働市場の入口に立てない若者が増えつつあるなか、大学のキャリア支援や、学生の就業力向上の取組みが重要になってきている。こうした状況の下、公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)就業力センター(センター長 夏目孝吉)では、このたび全国の大学300校のキャリアセンターを対象に「キャリア支援に関する大学アンケート調査」を実施し、合計97校の有効回答を得たので(回収率32.3%)ここに調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ