「支持政党」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

東大新入生アンケート2017(2)

Skip to contentCOLUMN 東大新入生アンケート2017② 支持政党は自民36%、民進3.4% 無支持は4%減 東京大学新聞社は、新入生全員を対象に3月29・30日にアンケートを実施した。このアンケートは東大生対象の唯一の全数調査で、毎年入学の諸手続時に実施。受験経験や合格発表の様子、東大の諸制度に対する意識など、内容は多岐にわたる。今回は新入生3120人の94%に当たる2946人から回答を得た。今年の入学生が何を考え東大入学を志し、大学生活にどのような展望を抱いているのか。集計

2016年2月9日パイプドビッツフィードバック数:0社会/政治

第35回政治山調査「安倍内閣支持層でも反対多数―軽減税率で消費増税は可能か」

第35回政治山調査「安倍内閣支持層でも反対多数―軽減税率で消費増税は可能か」 | 政治・選挙プラットフォーム【政治山】 第35回政治山調査「安倍内閣支持層でも反対多数―軽減税率で消費増税は可能か」2014年4月に5%から8%へ引き上げられた消費税ですが、2017年4月には10%に引き上げられる予定です。政府では景気や消費者動向への配慮から軽減税率の導入を検討していますが、増税と軽減税率の導入について国民の理解は深まっているのでしょうか。政治山では、全国の18歳以上の男女を対象に1月25日から1

2015年6月17日パイプドビッツフィードバック数:0社会/政治

安倍政権の進める政策・法案に関する意識調査-内閣支持と安保法制

「安倍政権の進める政策・法案に関する意識調査-内閣支持と安保法制」を公開|情報資産プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ2015年6月17日 政治山、「安倍政権の進める政策・法案に関する意識調査-内閣支持と安保法制」を公開~ 安保法制への「反対」45.2%で「賛成」28.2%を大きく上回る ~ 株式会社パイプドビッツ(本社 東京都港区、代表取締役社長 CEO 佐谷宣昭、証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)が運営する、政治・選挙情報サイト「政治山(せいじやま)」は

2015年5月31日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第668回 時事世論調査 〔2015年4月結果〕

■「中央調査報(No.691)」より4月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比2.1ポイント下がって45.6%となった。不支持率も同0.7ポイント減の31.5%だった。安倍政権は、集団自衛権容認の憲法解釈変更にもとづく安全保障法制の整備に向けて与党内の協議を精力的にすすめ、自衛隊の海外活動拡大に慎重な公明党の意見を取り入れることで、3月中に正式な合意取り付けに成功、引き続き具体的な法案準備に入り今国会中の成立を図る方針を確認した。一方、沖縄普天間基地の辺野古移設工事への県民の反対行動が続

2014年12月29日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第663回 時事世論調査 〔2014年11月結果〕

■「中央調査報(No.686)」より11月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比2.4ポイント減の45.5%となり、2ヶ月連続で5割を切った。不支持率は同4.1ポイント増の32.3%だった。臨時国会が9月末に開会、「政治とカネ」の問題をめぐって小渕経産、松島法務の両大臣が辞任したことに加え、宮沢新経産大臣などにも問題が浮上した。また、拉致被害者等の再調査状況の説明を受けるため、外務省担当者が訪朝したが進展はなかった点も失望を呼んだ。経済面では、日銀が突然の追加金融緩和に踏み切った結果、円

2014年11月30日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第662回 時事世論調査〔2014年10月結果〕

■「中央調査報(No.685)」より10月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比2.8ポイント減の47.9%となり、不支持率は同0.9ポイント増の28.2%だった。安倍政権は、内閣・党人事の改造により支持率の浮揚を実現したが、高市総務相、稲田政調会長、山谷国家公安委員長らが極右関係者と関係があったことで海外メディアにもとりあげられ批判を受けた。11月のAPEC首脳会議での日中首脳会談実現に意欲をみせ、9月末の臨時国会の所信表明演説では、「安定的な友好関係の構築」を強調した。また、引き続き

2014年11月3日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第661回 時事世論調査 〔2014年9月結果〕

■「中央調査報(No.684)」より9月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比7.2ポイント増の50.7%、不支持率は同7.8ポイント減の27.3%となった。安倍首相は、広島の原爆慰霊式での挨拶内容が昨年と変わらずコピーではとの指摘を受けた。また、夏休み中に広島市で発生した大規模土砂災害の一報を受けてもゴルフを続け、官邸に入ってからもすぐに別荘へ帰ったことなどで批判されたが、9月に入ってからの内閣改造で女性閣僚5人を任命し、石破幹事長を地方創生担当相とするなどの人事が好感され、支持率上昇

2014年10月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第660回 時事世論調査〔2014年8月結果〕

■「中央調査報(No.683)」より8月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比1.1ポイント減の43.5%で、2ヶ月連続して5割を切り、不支持率は同0.5ポイント増の35.1%と現政権で最も高くなった。安倍首相は、外遊先で「内閣改造・党役員人事を「9月第1週」に行うと明言、党内の引き締めを強めた。石破幹事長へ安全保障担当相への就任を打診したが、来年の総裁選を睨んだものとの受け止め方もあり、石破氏は難色を示したとされる。また、集団的自衛権関連の法令審議は来年の通常国会に先送りする一方、秋の

2014年3月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第653回 時事世論調査〔2014年1月結果〕

■「中央調査報(No.676)」より1月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比5.5ポイント増の52.6%となり、5割台を回復した。不支持率は同4.9ポイント減の27.8%となった。安倍内閣は政権2年目に入り、年末に靖国神社を参拝して中韓両国の強い反発を受けたほか、米国務省が異例の「失望」を表明するなど波紋を広げた。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移転問題については県知事が埋め立て申請を承認したことに政府は歓迎を表明した。一方、米株高を受け続伸していた日経平均株価は12月30日の大納会で今

2013年11月11日バルクフィードバック数:0社会/政治

VOL.24 選挙に関する調査(2009/8)

選挙に関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.24 選挙に関する調査調査日時:2009年8月7日(金)~8月14日(金) 第45回衆議院議員総選挙が2009年8月18日に公示され、8月30日には投票が行われます。各政党・候補者による選挙活動が活発なこの時期に、選挙への関心などについて尋ねてみました。※本調査レポートの引用・転載ご希望の方はこちらをご参照ください。 調査概要合計1,060人 男性530人(年代別内訳: 20代/106、30代/106、40代/10

2013年10月4日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第648回 時事世論調査 〔2013年8月結果〕

■「中央調査報(No.671)」より8月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比0.6ポイント上昇し54.2%、不支持率は同3.4ポイント増の26.7%となった。支持率はやや上向いたが、不支持率は4カ月連続の上昇となった。安倍首相は7月4日告示、21日投票の参議院選挙のため遊説した各地でアベノミクスの成果や国会のねじれ解消を訴えた。景気回復の期待に支えられて高支持率を維持してきた波に乗り、選挙結果は事前の予想通り与党の圧勝に終わり、自公両党は両院での過半数を獲得、法案通過に不安のない状況を

2013年9月30日パイプドビッツ★フィードバック数:0社会/政治

政治山の調査です。

第12回政治山調査「消費税増税に関する意識調査」

パイプドビッツの政治・選挙プラットフォーム「政治山」、第12回政治山調査「消費税増税に関する意識調査」を発表~ 賛否は拮抗、年収や内閣支持による相違が判明 ~2013年9月30日パイプドビッツの政治・選挙プラットフォーム「政治山」、第12回政治山調査「消費税増税に関する意識調査」を発表 ~ 賛否は拮抗、年収や内閣支持による相違が判明 ~政治・選挙プラットフォーム「政治山」を運営する株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:佐谷宣昭 証券コード3831、以下「パイプドビッツ」

2013年9月1日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第647回 時事世論調査〔2013年7月結果〕

■「中央調査報(No.670)」より7月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比3.8ポイント下落し53.6%、不支持率は同3.3ポイント増の23.3%となった。支持率の減少は3か月連続で内閣発足時の54.0%を初めて下回った。米金融緩和縮小観測や中国経済の変調などで株価の乱高下が続き、アベノミクスの評価についてさまざまに議論されはじめたことや、高市早苗政調会長が「福島第一原発事故で死者が出ているわけではない」と発言、すぐに徹回したことなどが影響したとみられる。調査は全国の成人男女2,00

2013年8月1日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第646回 時事世論調査 〔2013年6月結果〕

■「中央調査報(No.669)」より6月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比2.8ポイント下落し57.4%、不支持率は同2.4ポイント増の20.0%と、先月につづき、支持率が下がった。上昇基調を持続していた日経平均株価が5月下旬に急落、円相場も乱高下し、内閣が発表した成長戦略についても期待されたよりは力不足であるとの評価が多かったことに加え、憲法96条を先行して改正する方針に与党内でも不協和音が出るなどの状況が支持率低下に影響していると思われる。調査は全国の成人男女2,000人を対象に

2013年7月30日パイプドビッツ★フィードバック数:1社会/政治

ネット選挙の振り返りです。

第11回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査2」

「パイプドビッツの政治・選挙プラットフォーム「政治山」、第11回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査2」を発表~ネット選挙解禁、有権者の利用はまだ限定的、ネット投票できず期待外れとも~2013年7月29日「パイプドビッツの政治・選挙プラットフォーム「政治山」、第11回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査2」を発表 ~ネット選挙解禁、有権者の利用はまだ限定的、ネット投票できず期待外れとも~政治・選挙プラットフォーム「政治山」を運営する株式会社パイプドビッツ(本社

2013年7月4日パイプドビッツ★フィードバック数:1社会/政治

ネット選挙関連の調査データが増加しています。

第10回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査」

パイプドビッツの政治・選挙プラットフォーム「政治山」、第10回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査」を発表~ 安倍政権の評価を背景に自民が最多支持をキープ、争点は景気対策が突出 ~2013年7月4日パイプドビッツの政治・選挙プラットフォーム「政治山」、第10回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査」を発表 ~ 安倍政権の評価を背景に自民が最多支持をキープ、争点は景気対策が突出 ~政治・選挙プラットフォーム「政治山」を運営する株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港

2013年6月14日パイプドビッツ★フィードバック数:10社会/政治

政治山の調査です。

東京都議会議員選挙に関する意識調査

第9回政治山調査「東京都議会議員選挙に関する意識調査」(1/3) | 政治・選挙プラットフォーム【政治山】 支持政党で民主党が維新を逆転、猪瀬都政は評価が分かれる第9回政治山調査「東京都議会議員選挙に関する意識調査」(1/3)政治山では6月7、8日の2日間、ネット意識調査サービス「政治山リサーチ」を利用し、東京都内の20歳以上の男女を対象に、東京都議会議員選挙(都議選)に関する意識調査を実施した。回答者は1,114人。都議選の投票予定候補者の政党を聞いたところ自民党が最多となり、支持政党では

2013年3月17日パイプドビッツ★フィードバック数:7社会/政治

有権者側の調査です。

第8回政治山調査「ネット選挙とSNSに関する意識調査」

パイプドビッツの政治・選挙プラットフォーム「政治山」、第8回政治山調査「ネット選挙とSNSに関する意識調査」を発表~投票先決定の情報源にネットは不可欠、ネット選挙解禁で若年層の参政意識向上を示唆~2013年3月15日パイプドビッツの政治・選挙プラットフォーム「政治山」、第8回政治山調査「ネット選挙とSNSに関する意識調査」を発表 ~投票先決定の情報源にネットは不可欠、ネット選挙解禁で若年層の参政意識向上を示唆~政治・選挙プラットフォーム「政治山」を運営する株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区

2013年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:9社会/政治

政治に期待するものは世代間で異なるのか

政治に期待するものは世代間で異なるのか | ニッセイ基礎研究所 政治に期待するものは世代間で異なるのか 保険研究部 専務取締役 部長 兼 生活研究部 部長 中村 昭基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 私は、若者世代の一票の重みが、他の世代より軽くなりつつある状況につきまして問題意識を抱き、これまでいくつかコラムを執筆してまいりましたi。しかしながら、人々が政治に期

2012年12月10日パイプドビッツ★フィードバック数:4社会/政治

ソーシャルメディアの分析も含まれます。

第7回政治山調査「2012年衆議院議員選挙に関する意識調査」

第7回政治山調査「2012年衆議院議員選挙に関する意識調査」(1/3) | 政治・選挙プラットフォーム【政治山】 政治家、政党ともに、求められているのは「実行力」第7回政治山調査「2012年衆議院議員選挙に関する意識調査」(1/3)政治山では12月5日、ネット意識調査サービス「政治山リサーチ」を利用し、全国の20歳以上の男女を対象に、投票先を選ぶ際に重視するポイントや第3極への期待などの意識調査を実施した。回答者は1,118人。調査の結果、候補者と政党ともに、投票先を決める際に実行力が重視さ

2012年11月28日ダイヤモンド社★フィードバック数:578社会/政治

ダイヤモンド・オンライン上での調査です。

2012年衆院選DOL世論調査

次はどの政党が政権を担うことになるのか――。ダイヤモンド・オンライン(DOL)では、読者(20歳以上の男女)を対象に「2012年衆院選DOL世論調査」を実施した。その分析が終ってほっとしていたのもつかの間、27日夕刻に第三極の主役の座を巡り、新たなニュースが飛び込んできた。 脱原発などをめざし、滋賀県の嘉田由紀子知事が結成し、産声を上げたばかりの「日本未来の党」に、小沢一郎代表率いる「国民の生活が第一」が、同党を解党し合流する方針を固めたというである。 11月27日現在、14政党が乱立し、結果が

2011年6月15日パイプドビッツフィードバック数:1社会/政治

第二回政治山調査「復旧・復興への思いと政治?被災経験の有無が政治に与える影響」

東北地方太平洋沖地震の発生から3カ月が経ち、「政治山」では、20代、30代の方に「復旧・復興と政治」というテーマで調査を実施しました。その結果を基に、大きな震災で被災した経験がある人とない人では、今必要だと思う支援内容や政治に対する意識などに違いがあるのかを比較しました。(2011/6/14掲載)回答者500人のうち、被災経験がある=82人、被災経験がない=418人 あなたはどの政党を支持していますか。 前回調査と同様、支持政党なしが67.2%と高く、次いで野党第1党の自由民主党13.0%、与党

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ