調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 改善ペース

「改善ペース」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期のGDPギャップ

トップレポート・コラム経済分析日本2015年1-3月期のGDPギャップ ここから本文です2015年1-3月期のGDPギャップ2四半期連続でマイナス幅が縮小したが、力強さに欠けるサマリー◆2015年1-3月期GDP(一次速報)の結果を反映して大和総研が試算した同四半期のGDPギャップは▲1.7%となり、2014年10-12月期の▲2.2%からマイナス幅が0.5%pt縮小した。また、実質GDPの成長ペースが加速したことから、GDPギャップの改善幅は前四半期(0.2%の改善)よりも拡大した。ただし、全

2014年11月2日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年9月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本9月雇用統計 ここから本文です9月雇用統計内容は悪くないが、雇用環境の改善ペースは鈍化傾向サマリー◆労働力調査によると、2014年9月の完全失業率(季節調整値)は、前月から+0.1%pt上昇し、3.6%となった。ヘッドラインだけ見れば前月より失業率が悪化しているが、内容はそれほど悪くない。雇用者数は、前月差+20万人と大幅に増加し、増加傾向が続いている。また、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同+4万人と2ヶ月連続の増加となった。◆一般職業紹介状況に

2014年9月30日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年8月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年9月30日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆労働力調査によると、2014年8月の完全失業率(季節調整値)は、前月から▲0.3%pt低下し、3.5%となった。失業率は6月、7月と上昇が続き雇用環境の改善に足踏みが見られていたが、前2ヶ月の失業率の悪化を取り戻した格好である。雇用者数は前月差▲7万人と4ヶ月ぶりに減少したものの、自営業主・家族従業者の増加により、就

2014年8月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2014年7月) ~持ち直しつつあるが、改善ペースは緩やか~

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

2014年7月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2014年6月) ~持ち直しつつあるが、改善ペースは緩やか~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年2月12日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国経済 雇用環境の改善ペースは鈍化が続く

米国経済 雇用環境の改善ペースは鈍化が続く

2014年2月12日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 小売、政府の減少により雇用の増加ペースは鈍く(14年1月雇用統計) ~雇用市場の基調は緩やかな改善ペースを持続~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年1月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2013年12月) ~輸出は改善が続くも、改善ペースは緩やか~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年1月14日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用環境は悪天候により改善ペースが鈍化

トップレポート・コラム経済分析米国雇用環境は悪天候により改善ペースが鈍化 ここから本文です雇用環境は悪天候により改善ペースが鈍化2013年12月の米雇用統計:労働参加率の低下トレンドが続くサマリー◆2013年12月の非農業雇用者数は11月から増加幅が縮小し、前月差7.4万人増であった。前月差の6ヵ月平均は17万人と増加ペースの鈍化が示された。◆業種別に見ると、悪天候により建設業を筆頭に幅広い業種で雇用者数の増加幅縮小が見られた。年末商戦によって小売業など一部に雇用の増加幅が拡大した業種もあったが

2013年12月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

雇用環境は大幅改善

トップレポート・コラム経済分析米国雇用環境は大幅改善 ここから本文です雇用環境は大幅改善2013年11月の米雇用統計:質的改善の始まりかサマリー◆2013年11月の非農業雇用者数は10月から増加幅が拡大し、2ヵ月連続で前月差20万人台の増加となった。増加ペースの前月差の6ヵ月平均は18万人程度と増加ペースの加速が示された。◆業種別に見ると、民間・サービス部門が引き続き全体の雇用者数増加をけん引。民間・生産部門で増加幅の拡大が続いており、雇用増加の裾野の広がりが示唆される内容であった。また、連邦政

2013年10月23日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の量的改善がトーンダウン

トップレポート・コラム経済分析米国雇用の量的改善がトーンダウン ここから本文です雇用の量的改善がトーンダウン2013年9月の米雇用統計: QE3縮小開始の重石サマリー◆2013年9月の非農業雇用者数は8月から増加幅が縮小した。増加ペースの前月差の6ヵ月平均は16万人程度と、雇用の改善ペース鈍化を示す内容であった。◆業種別に見ると、これまで雇用者数の増加を牽引してきた民間・サービス部門で増加ペースの鈍化が見られた。民間・生産部門は自動車を除く耐久財が増加したが、政策不透明感が、雇用増加を抑制してい

2013年10月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2013年9月) ~輸出の改善ペースは鈍化している~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年9月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013年9月の日銀短観予測 ~円安・株高の一服で改善ペースは小幅に~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年9月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の量的改善は鈍化傾向か

トップレポート・コラム経済分析米国雇用の量的改善は鈍化傾向か ここから本文です雇用の量的改善は鈍化傾向か2013年8月の米雇用統計: 金融政策に慎重な判断を求める内容サマリー◆2013年8月の非農業雇用者数は7月から増加幅が拡大した。しかし、過去2ヵ月分のデータが大幅に下方修正されたため、前月差の6ヵ月平均は16万人程度と、雇用の改善ペースが鈍化した可能性がある。◆業種別に見ると、これまで雇用者数の増加を牽引してきた民間サービス部門で増加ペースの鈍化が見られた。また、販売が好調な自動車関連を除く

2013年7月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

雇用者数の改善ペースは速かった

トップレポート・コラム経済分析米国雇用者数の改善ペースは速かった ここから本文です雇用者数の改善ペースは速かった2013年6月の雇用統計:ただし質的改善は始まったばかりサマリー◆2013年6月の非農業雇用者数は5月と同じ前月差19.5万人増であった。業種分類別に見ると、政府部門は歳出の強制削減などによって引き続き減少、民間・生産部門では製造業に先行きの不透明感が高まる内容であった。一方で、民間・サービス部門はレジャー・娯楽などの業種が雇用の増加を牽引し、引き続き堅調な伸びであった。◆失業率は7.

2013年7月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用情勢は緩やかな改善ペースを維持(13年6月雇用統計) ~余暇サービス関連、小売業、建設業が全体を押し上げ~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年4月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

米国経済見通し 財政政策の迷走が下押し

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 財政政策の迷走が下押し ここから本文です米国経済見通し 財政政策の迷走が下押し2014年の中間選挙まで財政政策の不透明感が続く可能性サマリー◆2013年度(2012年10月~2013年9月)の暫定予算が成立したが、緊縮財政であることは変わらない。財政問題に関して、短期的には5月に到来する連邦債務の上限問題が課題であり、7月にかけて話題となろう。◆2014年度(2013年10月~2014年9月)予算は、上院、下院、オバマ大統領の予算教書でアイディア

2013年4月9日大和総研フィードバック数:1キャリアとスキル海外

米雇用環境の改善ペース鈍化は一時的?

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用環境の改善ペース鈍化は一時的? ここから本文です米雇用環境の改善ペース鈍化は一時的?2013年3月雇用統計:財政問題による影響がじわりサマリー◆2013年3月の非農業雇用者数は前月差8.8万人増、9ヶ月ぶりに10万人台の増加幅を下回り、市場予想も大幅に下回った。過去2ヶ月分は6.1万人の上方修正であったが、3月の増加幅縮小を補うほどではなかった。◆分類別にみると、政府部門は再び減少に転じた。歳出の強制削減が決まったことなどにより今後も雇用削減ペースは加速す

2013年3月12日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用環境は改善ペースが加速

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用環境は改善ペースが加速 ここから本文です米雇用環境は改善ペースが加速2013年2月雇用統計:今後は労働参加率の変動に注目サマリー◆2013年2月の非農業雇用者数は前月差23.6万人増、2ヶ月ぶりに20万人台の増加幅となり市場予想を上回った。過去2ヶ月分の雇用者数は合計では1.5万人の下方修正であったが、昨年末から雇用者数の増加ペースが加速していることからポジティブな内容と捉えている。◆分類別にみると、政府部門は引き続き減少した。今後も歳出の一律削減が決まっ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ