「放課後」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

学童・アフタースクールに関するアンケート

子どもがいる親世代に聞いた「学童・アフタースクールに関するアンケート」いよいよ新学期!子どもは放課後どのように過ごしている?約7割が共働き家庭!放課後の「安全性」や「学習の取り組み」に不安 学童保育に求めることは「行き帰りの安全性」「指導力」「プログラムの充実度」e-ラーニングに関するサービスの様々なコンテンツを提供する株式会社イー・ラーニング研究所(代表取締役:吉田智雄、本社:大阪府吹田市 以下、イー・ラーニング研究所)は、放課後の過ごし方や、学童・アフタースクールに対する意識を調査するため、

2017年11月9日テスティーラボフィードバック数:0ライフスタイル

現役JKのぞき見企画【Vol.5】放課後の過ごし方に関する調査

株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディア現役JKのぞき見企画【Vol.5】放課後の過ごし方に関する調査 2017/10/26 2019/09/20現役JKのぞき見企画【Vol.5】放課後の過ごし方に関する調査最近の若者にスポットを当てた、若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab!」にて現役JK(以下、女子高生)の生態を探る調査企画を開始。第5弾は女子高生の放課後の過ごし方に関する実態を調査!最近流行っている放課後の遊びやよく行く場

2017年10月26日テスティーラボフィードバック数:0企業情報システム

<現役JKのぞき見調査 Vol.5>テスティー、現役女子高校生を対象に「放課後の過ごし方」に関する調査を実施

株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディア現役JKのぞき見企画【Vol.5】放課後の過ごし方に関する調査 2017/10/26 2019/09/20現役JKのぞき見企画【Vol.5】放課後の過ごし方に関する調査最近の若者にスポットを当てた、若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab!」にて現役JK(以下、女子高生)の生態を探る調査企画を開始。第5弾は女子高生の放課後の過ごし方に関する実態を調査!最近流行っている放課後の遊びやよく行く場

放課後の過ごし方に関するアンケート調査

ニュースリリース掲載・配信 PRナビ企業の広報・PRを適正価格でサポート! リリースも無料掲載中まるごと広報代行サービス PRナビ > リリース > 学校・教育・資格 > 放課後の小学生は忙しい!?小学生の7割超が放課後の習い事に参加 新たに子どもに学ばせたい事、「英会話教室」、「プログラミング」が上位に! 明光義塾調べ「子どもの放課後の過ごし方」に関する実態調査 ・成績向上以外で親が塾に求めること、1位は「学習習慣の定着」 ・「プログラミングを習わせたい」と保護者の15.6%が回答 ・子どもの

子どもの放課後の過ごし方についての意識調査

子どもが屋外で遊ぶ時間、「減少した」が92.0%!「放課後、保護者と子どもが一緒に外で遊ぶ時間」、1時間以上はわずか5.6%、2人に1人は「遊ぶ時間がない」! 【子どもの放課後の過ごし方についての意識調査】幼児・小中学生を対象としたサッカースクールを運営する株式会社クーバー・コーチング・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石橋 慎二)は、2017年7月7日(金)~10日(月)に「子どもの放課後の過ごし方」についての調査をインターネットを通じて実施致しました。調査は、クーバー・コーチング・

2016年5月8日日経BPフィードバック数:0社会/政治

DUAL先輩キッズの意外な放課後の実態

DUAL先輩キッズの意外な放課後の実態【新・放課後の過ごし方特集(1)】読者337人アンケート。約4割の家庭で「子どもが自宅でお留守番」 2016年04月25日 「小学生の放課後を、もっと楽しく有意義に!」をテーマに、5回にわたってお届けする「新・放課後の過ごし方」特集。DUAL先輩キッズは、放課後をどのように過ごしているのか。その実態や課題を探るべく、読者アンケートを実施。将来を見据えて、子ども達がより有意義に放課後の時間を過ごすための親の関わり方について、教育・発達心理・放課後の現場、各専

子どもの生活についての調査です。

第2回 放課後の生活時間調査 -子どもたちの時間の使い方[意識と実態] 速報版 [2013]

調査・研究データ第2回 放課後の生活時間調査-子どもたちの時間の使い方[意識と実態] 速報版 [2013] ※内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。 本調査の目的子どもたちの時間の使い方や意識について、その現状および2008年に実施した第1回調査からの5年間の変化をとらえて、生活や学習における課題を明らかにすることを目的としています。 報告書の概要●調査テーマ小学生・中学生・高校生の生活時間の実態と意識に関する調査●調査方法郵送法による自記式質問紙調査●調査時期2013

小学生~高校生を対象とした放課後の生活時間調査

小学生〜高校生を対象とした放課後の生活時間調査 速報 6割が「忙しい」「時間を無駄に使っている」を肯定 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市)の社内シンクタンク「Benesse教育研究開発センター」では、2008年11月に、全国の小学5年生から高校2年生8,017名を対象にした、生活時間の実態と意識に関する調査を実施しました。本調査は、子どもたちの時間の使い方の実態や時間に関する意識をとらえ、生活や学習における課題を明らかにすることを目的にしています。本調査の主な結果は、以下の通りです

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ