「政府閉鎖」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

予算教書だけでは視界不良~米国が政府閉鎖・デフォルト懸念を回避する道筋~

予算教書だけでは視界不良~米国が政府閉鎖・デフォルト懸念を回避する道筋~

2014年12月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

米議会、正常化への苦難の道~政府閉鎖回避の意味合い~

米議会、正常化への苦難の道~政府閉鎖回避の意味合い~

2013年11月12日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

強弱入り乱れる雇用環境

トップレポート・コラム経済分析米国強弱入り乱れる雇用環境 ここから本文です強弱入り乱れる雇用環境2013年10月の米雇用統計:金融政策の決定的な判断材料にはならずサマリー◆2013年10月の非農業雇用者数は9月から増加幅が拡大し、前月差20万人台の増加となった。増加ペースの前月差の6ヵ月平均は17万人程度と緩やかな増加が続いている。◆業種別に見ると、民間・サービス部門が引き続き全体の雇用者数増加をけん引。民間・生産部門も緩やかながら増加幅が拡大しつつある点は前向きに評価できる。政府部門は緊縮財政

10月FOMCは現行政策を維持~当面は政府閉鎖の影響を注視

10月FOMCは現行政策を維持~当面は政府閉鎖の影響を注視 | ニッセイ基礎研究所 10月FOMCは現行政策を維持~当面は政府閉鎖の影響を注視 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 10月29・30日開催のFOMCでは、金融政策の変更はなく、前回同様に現行緩和策の中核である「資産購入策」と「ゼロ金利政策及びそのフォワードガイダンス」が決定された。FOMCは

米国経済(週次)予測(2013年10月25日)<政府閉鎖まで堅調に回復していた米経済、百害あって一利なしの政府閉鎖>

米国経済(週次)予測(2013年10月25日)<政府閉鎖まで堅調に回復していた米経済、百害あって一利なしの政府閉鎖> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

米国経済(週次)予測(2013年10月4日)<政府閉鎖、政府累積債務上限引き上げ問題から、改善しつつある景気が腰折れする可能性が高い>

米国経済(週次)予測(2013年10月4日)<政府閉鎖、政府累積債務上限引き上げ問題から、改善しつつある景気が腰折れする可能性が高い>2013-10-07 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ