「教員調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

第6回学習指導基本調査 DATA BOOK(小学校・中学校版) [2016年]

調査・研究データ第6回学習指導基本調査 DATA BOOK(小学校・中学校版) [2016年] ※内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。 調査の目的本調査は、小学校・中学校・高校における学習指導の実態と教員の意識など、広くその実態をとらえ、経年での変化をみることを目的としています。1997年に第1回調査をスタートし、2010年に第5回の調査を実施しており、小学校・中学校は約20年間、高校は6年間の教育現場の変化をとらえることができます。このページは、小学校・中学校の調査

中高の英語指導に関する実態調査2015

調査・研究データ※内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。 この調査について本調査は、中学校や高校における英語教育の実態と、その担い手である英語教員の意識について明らかにすることを目的に、全国の中学校と高校の校長および英語教員を対象に2015年8月~9月に実施しました。 調査概要【調査テーマ】中学校・高校の英語指導の実態と教員の意識【調査方法】郵送法による質問紙調査【調査対象】全国の中学校・高校の校長および英語教員【中学校】校長 717名、教員1,801名【高等学校】校長

2015年8月7日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年卒マイナビ理系学生の就職活動に関する教員調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「2016年卒マイナビ理系学生の就職活動に関する教員調査」を発表株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2016年卒の理系大学生・大学院生を指導している教員(教授、准教授、講師、助教)を対象とした「2016年卒マイナビ理系学生の就職活動に関する教員調査」の結果を発表しました。本調査は2016年卒の就職活動時期変更が理系学生の学業や就職活動に与えた影響を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お知らせ