「教育必修」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年6月18日テラコヤプラスフィードバック数:0社会/政治

約47%の小中学生が学校以外でプログラミング学習を実施していることが判明!

テラコヤプラス記事一覧約47%の小中学生が学校以外でプログラミング学習を実施していることが判明!テラコヤプラスが調査 約47%の小中学生が学校以外でプログラミング学習を実施していることが判明!テラコヤプラスが調査近年注目が高まっている「プログラミング教育」。小学校では2020年度より必修化がはじまり、2021年度からは中学校でも必修化となりました。実際、学校ではどのような内容を学ぶのか、自宅ではどのような予習復習をすれば良いのかなど、「プログラミング」の学習方法について気になっている保護者の方も

2020年5月12日LINEフィードバック数:0キャリアとスキル

LINEみらい財団、プログラミング教育必修化に関する調査を実施

LINEみらい財団、プログラミング教育必修化に関する調査を実施 不安を感じている教員が7割以上、特に20-34歳の若い世代は約9割 考える時間や余裕がなく具体的なイメージを持てていない教員が約半数最も重要視されているのは「児童が楽しんで学ぶことができる」ことLINE株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛)は、CSR活動の一環として取り組んできた一連の教育活動における知見やノウハウをより広域的・永続的な活動とするため、一般財団法人LINEみらい財団(所在地:東京都新宿区、代表理事:

2018年4月11日GMOメディアフィードバック数:0ライフスタイル

プログラミング教育必修化の認知度は約半数~「プログラミング教育に関する調査」~

プログラミング教室・ロボット教室検索サイト コエテコ×私塾界 「プログラミング教育に関する調査」~プログラミング教育必修化の認知度は約半数~ コエテコ×私塾界 「プログラミング教育に関する調査」~プログラミング教育必修化の認知度は約半数~ ※プレスリリースのお詫びと訂正※ 2018年2月20日(火)12:00に発表したプレスリリースにおいて、記載内容に一部誤りがございました。 お詫びして訂正させていただきます。1)(図5)ご自身のプログラミングについての知識[N=2,056 単一回答]の円グ

2017年1月11日アイティメディアフィードバック数:0マーケティング

2016年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?

2016年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?:人工知能、FinTech、プログラミング教育 2016年も、開発者、プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、今年の大きなトピックを振り返りつつ、参考にしていただきたい記事をピックアップします。それらの記事を大きく3つのトピックでまとめますので、これを読んで2016年を俯瞰してはいかかでしょうか。 早いもので2016年ももう終わりですね。今年もいろいろなことがありましたが、@IT読者の皆さんにと

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ