「新興国」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

どうすれば経済成長できるのか

トップレポート・コラムコラムどうすれば経済成長できるのか ここから本文ですどうすれば経済成長できるのかリサーチ本部 執行役員 リサーチ担当 兼 政策調査部長 鈴木 準 米国経済は比較的堅調だが、国際機関による世界経済見通しの下方修正が相次ぐなど、世界的に経済成長率は当面停滞ぎみになるという予想が足下で増えている。米国の金融政策が新興国経済へどの程度影響するか注目されるが、米国経済の復調に伴う金融政策の正常化が、世界経済全体が悪くなる原因になるというのも本来妙な話である。2008~09年に世界同時

【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(14)「年金積立金」より注目が集まる、「赤字補填金」

【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(14)「年金積立金」より注目が集まる、「赤字補填金」 | ニッセイ基礎研究所 【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(14)「年金積立金」より注目が集まる、「赤字補填金」 保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任 片山 ゆき基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国の年金に関する基金の運用は、本筋である年金

2015年6月16日みずほ銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

みずほのレポートです。

需給動向レポート(2015年6月)(5)自動車 ~国内市場は微減、海外市場では一部新興国の需要回復に遅れ~

需給動向レポート(2015年6月)(5)自動車 ~国内市場は微減、海外市場では一部新興国の需要回復に遅れ~

2015年6月7日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

セミナー資料です。

世界経済と金融市場:今後の見通しと政策課題

世界経済と金融市場:今後の見通しと政策課題講演内容引用禁止木下 祐子 (RIETIコンサルティングフェロー/国際通貨基金(IMF)アジア太平洋地域事務所(OAP)次長) 井上 誠一郎 (RIETIコンサルティングフェロー/経済産業省経済産業政策局調査課長) 議事録※講師のご意向により、掲載されている内容の引用・転載を禁じます 世界経済見通し―短期的・長期的要因2015年4月に発表されたIMF「世界経済見通し(WEO)」において、新興国・途上国の実質GDP成長率が先進国よりも高いことに変わり

資産形成の計画を練ると幸福度が向上するかもしれない?

資産形成の計画を練ると幸福度が向上するかもしれない? | ニッセイ基礎研究所 資産形成の計画を練ると幸福度が向上するかもしれない? 金融研究部 上席研究員・年金総合リサーチセンター兼任 福本 勇樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年のPew Research Centerの調査1によると、日本は「先進国(Advanced)」の中で最も幸福度が低い国の一つ

2015年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

世界経済のリスク要因

トップレポート・コラム経済分析日本世界経済のリスク要因 ここから本文です世界経済のリスク要因サマリーIMFは4月の世界経済見通しで、世界経済の成長率は2015年に加速するとし、先進国では日本とユーロ圏の成長率を1月の見通しから上方修正した。一方、新興国の成長率については2015年も低下するとし、2011年から5年連続となる減速を予想している。日本とユーロ圏の成長加速要因は、主に原油価格下落と為替レートの減価によるものだが、それらは世界経済にとってのリスク要因としても位置付けられている。原油価格の

【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(13)ネット人口、世界最多の6.5億人-ネット専業の保険会社誕生

【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(13)ネット人口、世界最多の6.5億人-ネット専業の保険会社誕生 | ニッセイ基礎研究所 【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(13)ネット人口、世界最多の6.5億人-ネット専業の保険会社誕生 保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任 片山 ゆき基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国のインターネットユ

2015年3月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

巨額の米国外企業等のドル建て負債

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達巨額の米国外企業等のドル建て負債 ここから本文です巨額の米国外企業等のドル建て負債返済等の規模が最も大きいのは先進国で2015年、新興国等で2017年サマリー◆米ドルの上昇や年内に実施されると見込まれる米国の利上げを背景として、米国以外の企業や政府(企業等)の米ドル建て負債残高が注目されている。◆米国以外の企業等(銀行を除く)による米ドル建ての負債での資金調達額(シンジケートローンの借入額と債券発行額の合計)は、英国、カナダ、ドイツの

2015年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国社会科学院「国別リスクの格付け」

トップレポート・コラム経済分析中国中国社会科学院中国社会科学院「国別リスクの格付け」 ここから本文です中国社会科学院「国別リスクの格付け」 中国社会科学院世界経済・政治研究所 研究チーム 中国経済の産業構造転換、企業競争力の更なる強化、資本取引の急速な自由化により、「海外における中国」の存在感は絶えず拡大している。同時に、中国の対外直接投資が直面する外部リスクも顕著に上昇している。2014年について見てみると、イラクの発電所建設に携わっていた千名余りの中国人労働者がイスラム過激派とイラク政府軍の

原油安の影響などを受けたハイイールド債~今後の投資家心理の改善が鍵に

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月17日原油安の影響などを受けたハイイールド債~今後の投資家心理の改善が鍵に 11月下旬以降、急速な原油安の影響などから、新興国を中心にハイイールド債は大きく下落しています。その背景に、新興国や米国のハイイールド債市場で、原油価格が今後も現在の水準で推移すると、エネルギー関連企業のハイイールド債のデフォルト率上昇につながるとの懸念が高まったことなどがあると見られます。加えて、ロシアなどのエネルギー輸出国の通貨が下落しているこ

アジア新興国・地域の潜在成長率~持続的な高成長は可能か

アジア新興国・地域の潜在成長率~持続的な高成長は可能か | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の潜在成長率~持続的な高成長は可能か 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 世界経済のグローバル化が進む中、アジア新興国・地域の成長率は先進国を上回るパフォーマンスが続いている。しかし、一口にアジア新興国・地域といっても、1980年から

2014年12月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

新興国がもたつき、緩慢な回復にとどまる世界経済-貿易取引の停滞が新興国の成長を抑制

新興国がもたつき、緩慢な回復にとどまる世界経済-貿易取引の停滞が新興国の成長を抑制

2014年10月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

先進国、新興国向けともに国際与信は増加

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達先進国、新興国向けともに国際与信は増加 ここから本文です先進国、新興国向けともに国際与信は増加BIS報告銀行による国際与信残高統計サマリー◆2014年6月末の国際与信残高は26兆3,991億ドルと前期差+2,471億ドル(前期比+0.9%)で2四半期連続の増加となった。◆与信側(銀行側)から見ると、前期と比べて欧州の銀行、邦銀は与信残高を増加させた。欧州の銀行、米銀の現時点の貸出基準は、歴史的に見て緩和された状態にある。◆与信受入側で

2014年8月12日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

貿易についてのレポートです。

新興国・途上国の輸入市場における日本のプレゼンス変化-日中韓のシェアの比較から

新興国・途上国の輸入市場における日本のプレゼンス変化-日中韓のシェアの比較から

IMFの世界経済見通し~2015年にかけての成長加速見通しは変わらず

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月25日IMFの世界経済見通し~2015年にかけての成長加速見通しは変わらず IMF(国際通貨基金)は7月24日に最新の世界経済見通しを発表し、2014年の世界の成長率予測を3.4%に下方修正しました。下方修正の要因としては、寒波の影響に伴なう米国景気の落ち込みや、中国など主要新興国の成長鈍化が挙げられています。しかし、米国景気の落ち込みは一時的なものであることに加え、中国などでは景気下支え策が打たれていることなどから、201

2014年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:順調な回復軌道へ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:順調な回復軌道へ中国の「シャドーバンキング」問題などには、引き続き要注意 2014年7月18日エコノミック・インテリジェンス・チーム 執行役員 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸◆:日本経済は順調な回復軌道を辿っている。当社の実質GDP予想は2014年度が前年度比+1.1%、2015年度が同+1.5%である(→詳細は、熊谷亮丸他「第181回 日本経済予測(改訂版)」(2014年6月9日)参

2014年7月16日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

今後50年の世界経済展望

今後50年の世界経済展望玉木 林太郎 (経済協力開発機構(OECD)事務次長(兼)チーフエコノミスト) 藤井 敏彦 (RIETIコンサルティングフェロー/経済産業省通商政策局通商政策課長) OECDは、現在世界共通となっている経済・社会問題が継続された場合の今後50年の世界経済展望を発表します。今後の各国の成長戦略や持続可能な環境政策にいかなる影響を与え得るか。世界貿易は今後いかなる変革を遂げるのか。グローバル化の進行が我々の経済に対する考えを変えることとなるのか。少子高齢化の中では知識ベースの

2014年7月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治

けん引役が不在のなか、力強さを欠く世界経済-米国の購買力が低下する一方、新興国の購買力も力不足

けん引役が不在のなか、力強さを欠く世界経済-米国の購買力が低下する一方、新興国の購買力も力不足

IMFの世界経済見通し~力強さを増す先進国が世界経済を牽引

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期)2014年4月9日IMFの世界経済見通し~力強さを増す先進国が世界経済を牽引 IMF(国際通貨基金)は4月8日に最新の世界経済見通しを発表し、2014年の世界の成長率予測を3.6%、2015年の予測を3.9%と前回1月時点の予測からそれぞれ0.1ポイント引き下げました。先進国の生産活動は上向くものの、新興国では一部の国で金融情勢の逼迫化から成長が鈍化する可能性があるほか、ウクライナ情勢の緊迫化が成長の重石となることを理由としています。先進国

2014年3月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国旦那はもう一度餅を配り新興国不安を救うか

米国旦那はもう一度餅を配り新興国不安を救うか

2014年3月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

「新興国の時代の終わり」再考

トップレポート・コラム経済分析新興国「新興国の時代の終わり」再考 ここから本文です「新興国の時代の終わり」再考~中国の高度成長終焉の含意~『大和総研調査季報』 2014年新春号(Vol.13)掲載サマリーリーマン・ショックに至る「新興国ブーム」は中国という資源利用効率の悪い新興大国が高度成長の最終段階を迎える中で起きた特異な事例と捉えるべきであり、その再現は期待しがたい。中国の高度成長が終焉を迎えつつあるのは、人口動態上の必然だからである。ただし、中国における人口構成の成熟化は、同国が集中的にた

「新興国・地域からの資金引き揚げ」と警戒すべきリスク

「新興国・地域からの資金引き揚げ」と警戒すべきリスク | ニッセイ基礎研究所 「新興国・地域からの資金引き揚げ」と警戒すべきリスク 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年5月にバーナンキFRB議長(当時)が量的緩和策の縮小に言及して以降、経常赤字国を中心に新興国・地域の通貨が大きく下落し、特に「外国人投資家による新興国・

2014年2月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

新興国問題は続くが、10年前より耐性もある

新興国問題は続くが、10年前より耐性もある

2014年2月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

今年の新興国問題の背景にある政治的構造問題

今年の新興国問題の背景にある政治的構造問題

2014年2月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは?

金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは? 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替・株) 1月下旬から2月上旬にかけて、新興国不安や米国経済の先行き懸念などから世界的にリスクオフ地合いとなった。これらは完全な海外発材料にもかかわらず、

2014年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州金融見通し 新興国からのリスクオフと欧州銀行

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州金融見通し 新興国からのリスクオフと欧州銀行 ここから本文です欧州金融見通し 新興国からのリスクオフと欧州銀行銀行同盟に向けストレステスト及び資産査定(AQR)の内容が一部発表にロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー欧州金融セクターおよび各アセットクラス(株式、債券、オルタナティブ)の動向をピックアップした。◆欧州のソブリン危機は収束したのか?◆新興国からのリスクオフにより欧州銀行のバランスシート調整は進むのか?◆日

2014年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2014年2月号)

最近の人民元と今後の展開(2014年2月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2014年2月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 1月の米国ドルに対する人民元相場は基準値・現物実勢ともにほぼ横ばいで終えた。基準値・現物実勢ともに中旬までは堅調に推移していたものの、アルゼンチン(ペソ)が急落し、新興国市

【1月米国FOMC】予想通りのテーパリング継続

【1月米国FOMC】予想通りのテーパリング継続 | ニッセイ基礎研究所 【1月米国FOMC】予想通りのテーパリング継続 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が1月28-29日(現地時間)に開催され、資産購入ペースの縮小(100億ドル/月の減額、米国債とMBSがそれぞれ50億ドルずつ減額)が決定

2014年1月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

先進国向け与信は回復、新興国向け与信は選別へ

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達先進国向け与信は回復、新興国向け与信は選別へ ここから本文です先進国向け与信は回復、新興国向け与信は選別へBIS報告銀行による国際与信残高統計サマリー◆2013年9月末の国際与信残高は25兆4,308億ドルと前期差+4,089億ドル(前期比+1.6%)で4四半期ぶりの増加となった。◆与信側(銀行側)からみると、前期と比べて欧州の銀行、邦銀、米銀共に与信残高を増加させた。最も大きく増加したのは欧州の銀行である。◆与信受入側では、前期に比

2014年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:景気回復傾向が強まる

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:景気回復傾向が強まる ここから本文です日本経済見通し:景気回復傾向が強まるただし、中国経済の下振れリスクには要注意リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆景気回復傾向が強まる:日本経済の回復傾向が強まっている。政府は1月17日に発表した月例経済報告において、景気が「緩やかに回復している」との表現を8年振りに使用した。当社も、今後の日本経済は、①米国経済回復による輸出の持ち直し、②日銀の

2013年11月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

新興国の台頭が示すもの

新興国の台頭が示すもの

中期経済見通し(2013~2023年度)-日本経済再生への道筋

中期経済見通し(2013~2023年度)-日本経済再生への道筋 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 中期経済見通し(2013~2023年度)-日本経済再生への道筋中期経済見通し(2013~2023年度)-日本経済再生への道筋 経済研究部 経済研究部基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら リーマン・ショックから5年が経過した。この間、先進国の

2013年10月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国の資金流出の影響と銀行の動向

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達新興国の資金流出の影響と銀行の動向 ここから本文です新興国の資金流出の影響と銀行の動向BIS報告銀行による国際与信残高統計サマリー◆2013年6月末の国際与信残高は25兆164億ドルと前期(2013年3月末)に比べ▲2,174億ドル(前期比▲0.9%)と、僅かな減少となった。特徴的なのは新興国向けが前期に比べ▲1,106億ドル(同▲2.2%)と、4四半期ぶりに減少したことである。◆国別では成長率低下、経常赤字、高インフレ率等のいずれか

2013年10月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する ここから本文です日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する景気は「アベノミクス」の効果で着実に回復。4つのリスクに要注意リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆メインシナリオ:日本経済は着実な回復軌道へ:日本経済は2012年11月を底に回復局面に入ったが、今後も着実な景気拡大が続くとみられる(→詳細は、熊谷亮丸他「第178回 日本経済予測(改訂版)」

2023年までの見通しです。

中期経済見通し(2013~2023年度)~ 日本経済再生への道筋

中期経済見通し(2013~2023年度)~ 日本経済再生への道筋 | ニッセイ基礎研究所 中期経済見通し(2013~2023年度)~ 日本経済再生への道筋 経済研究部 経済研究部基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら リーマン・ショックから5年が経過した。この間、先進国の景気回復ペースが緩やかにとどまる一方、新興国が相対的に高い成長を維持したため、この5年間で世界経済

2013年9月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

続新興国減速、トルコのトリプル安に黄色信号

続新興国減速、トルコのトリプル安に黄色信号

2013年9月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第178回日本経済予測(改訂版)

トップレポート・コラム経済分析経済予測第178回日本経済予測(改訂版) ここから本文です第178回日本経済予測(改訂版)消費税増税の環境は整ったか?~内需は堅調。海外に一抹の不安~調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 齋藤 勉 久後 翔太郎 田中 豪 サマリー:2013年4-6月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+3.0%(前回:同+3.0%)、2014年度が同+1.2%(同:同+1.2%)である。当社は

2013年9月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

改めて新興国株を考える

改めて新興国株を考える | ニッセイ基礎研究所 改めて新興国株を考える 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 先進国株と新興国株のリスク・リターン特性は大きく異なる。また、新興国株は先進国株と比較してパフォーマンスが良い国が多い。長期的に見て高いリターンの獲得を狙うのであれば、新興国株は魅力的な投資対象と言える。 レポ

2013年9月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第178回日本経済予測 <訂正版>

トップレポート・コラム経済分析経済予測第178回日本経済予測 <訂正版> ここから本文です第178回日本経済予測 <訂正版>消費税増税の環境は整ったか?~内需は堅調。海外に一抹の不安~リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 齋藤 勉 田中 豪 サマリー:2013年4-6月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+3.0%(前回:同+3.1%)、2014年度が同+1.2%(同:同+0.7%)である。

2013年9月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響

QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響 | ニッセイ基礎研究所 QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今年5月22日、FRBのバーナンキ議長が量的緩和策の縮小について言及したことを引き金に、新興国・地域では資金流出の動きが加速した。

2013年8月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

新興国減速第三弾、景気回復遅れる中欧3カ国

新興国減速第三弾、景気回復遅れる中欧3カ国

2013年8月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

新興国減速第一弾、内憂外患のブラジル経済

新興国減速第一弾、内憂外患のブラジル経済

2013年8月1日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

新興国に矛先を向ける中国の輸出振興政策~2012年度商務部研究院委託調査~

新興国に矛先を向ける中国の輸出振興政策~2012年度商務部研究院委託調査~

2013年7月22日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済レビュー:先進国における量的金融緩和政策の新興国への影響

経済レビュー:先進国における量的金融緩和政策の新興国への影響

2013年7月3日日本総研フィードバック数:1社会/政治

「先進国堅調」「新興国足踏み」の潮流が強まる世界経済―米国が力強さを増す一方、中国は低迷が長期化―

「先進国堅調」「新興国足踏み」の潮流が強まる世界経済―米国が力強さを増す一方、中国は低迷が長期化―

2013年5月30日日本総研フィードバック数:0ビジネス海外

拡大する新興国・途上国輸入市場をどう攻略するか-ASEANを中心としたサプライチェーンを構築せよ

拡大する新興国・途上国輸入市場をどう攻略するか-ASEANを中心としたサプライチェーンを構築せよ

2013年5月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「春季金融緩和五輪」新興国参戦、第4の矢が重要

「春季金融緩和五輪」新興国参戦、第4の矢が重要

今後の見込みも含まれます。

観光立国を目指す日本における訪日外国人等の動向

観光立国を目指す日本における訪日外国人等の動向先ごろ日本政府観光局(JNTO)が公表した2012年の訪日外国人数(推計値)は836.8万人であり、過去最高を記録した2010年の水準には及ばなかったものの、経済成長が続くアジアからの観光客が牽引役となって東日本大震災の影響で落ち込んだ2011年から大幅に改善した。ただし、足元では日中関係の冷え込みから中国人観光客が減少しており、少なからず影響が出ている。しかし、一方で、今後はインドネシアやタイをはじめとする東南アジアにおいて、中国等の東アジアを凌ぐ

2012年7月17日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)新興国における供給ショックの国際波及

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 新興国における供給ショックの国際波及— 3カ国DSGEモデルによるインフレーションの分析 —2012年7月13日岩崎雄斗*1河合正弘*2平形尚久*3要旨本稿の目的は、新興国の高インフレと先進国の低インフレという現象と、先進国の中でも日本の低インフレ—あるいはデフレ—というインフレ率に関する二つの違いが観察されていることを踏まえ、新興国における供給能力の強化という正の供給ショックが、新興国と先進国のインフレ率にどのような

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ