「新興国」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年1月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

先進国向け与信は回復、新興国向け与信は選別へ

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達先進国向け与信は回復、新興国向け与信は選別へ ここから本文です先進国向け与信は回復、新興国向け与信は選別へBIS報告銀行による国際与信残高統計サマリー◆2013年9月末の国際与信残高は25兆4,308億ドルと前期差+4,089億ドル(前期比+1.6%)で4四半期ぶりの増加となった。◆与信側(銀行側)からみると、前期と比べて欧州の銀行、邦銀、米銀共に与信残高を増加させた。最も大きく増加したのは欧州の銀行である。◆与信受入側では、前期に比

2014年1月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:1月ドイツIfo企業景況感 ~新興国の動揺もドイツは無傷~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年1月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

揺れる新興国市場 ~やはりテーパリングは早かった?~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:景気回復傾向が強まる

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:景気回復傾向が強まる ここから本文です日本経済見通し:景気回復傾向が強まるただし、中国経済の下振れリスクには要注意リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆景気回復傾向が強まる:日本経済の回復傾向が強まっている。政府は1月17日に発表した月例経済報告において、景気が「緩やかに回復している」との表現を8年振りに使用した。当社も、今後の日本経済は、①米国経済回復による輸出の持ち直し、②日銀の

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイの政情混乱、収束の兆しは見えず ~どっちもどっちの提案、落としどころは「直接対話」のみか~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年1月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

政権2年目、韓国が直面する苦悩 ~外需を取り巻く厳しさに加えて、内需にも足かせが多数~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

2014年は新興国の「終わりの始まり」になるリスク ~主要新興国で「政治の季節」、経済の行方を大きく左右することは不可避~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年12月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米QE3縮小と新興国 ~短期的ショックは免れたが、資産の相対的な魅力低下で選別の動きが強まる~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年11月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

新興国の台頭が示すもの

新興国の台頭が示すもの

中期経済見通し(2013~2023年度)-日本経済再生への道筋

中期経済見通し(2013~2023年度)-日本経済再生への道筋 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 中期経済見通し(2013~2023年度)-日本経済再生への道筋中期経済見通し(2013~2023年度)-日本経済再生への道筋 経済研究部 経済研究部基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら リーマン・ショックから5年が経過した。この間、先進国の

2013年11月8日みずほ情報総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業の知的財産戦略の新たな潮流に関するアンケート調査

新興国の需要拡大や技術の質の変化を背景に重要領域への選択と集中が進展、オープンな知財活用による自前主義の克服が課題企業の知的財産戦略の新たな潮流に関するアンケート調査を実施2013年11月7日 みずほ情報総研株式会社 みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西澤 順一)は、企業の知的財産戦略の変化の実態とその背景、今後の課題を把握するため、2013年10月に、建設業、製造業、情報サービス業の売上高上位の企業10,000社を対象とした「知的財産戦略の新たな潮流と課題に関する調

2013年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

東南アジアの行方と日本の関わり方 ~混乱再燃の可能性は残るが、中長期を見据えた関係構築の重要性は不変~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年10月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国の資金流出の影響と銀行の動向

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達新興国の資金流出の影響と銀行の動向 ここから本文です新興国の資金流出の影響と銀行の動向BIS報告銀行による国際与信残高統計サマリー◆2013年6月末の国際与信残高は25兆164億ドルと前期(2013年3月末)に比べ▲2,174億ドル(前期比▲0.9%)と、僅かな減少となった。特徴的なのは新興国向けが前期に比べ▲1,106億ドル(同▲2.2%)と、4四半期ぶりに減少したことである。◆国別では成長率低下、経常赤字、高インフレ率等のいずれか

2013年10月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する ここから本文です日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する景気は「アベノミクス」の効果で着実に回復。4つのリスクに要注意リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆メインシナリオ:日本経済は着実な回復軌道へ:日本経済は2012年11月を底に回復局面に入ったが、今後も着実な景気拡大が続くとみられる(→詳細は、熊谷亮丸他「第178回 日本経済予測(改訂版)」

2023年までの見通しです。

中期経済見通し(2013~2023年度)~ 日本経済再生への道筋

中期経済見通し(2013~2023年度)~ 日本経済再生への道筋 | ニッセイ基礎研究所 中期経済見通し(2013~2023年度)~ 日本経済再生への道筋 経済研究部 経済研究部基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら リーマン・ショックから5年が経過した。この間、先進国の景気回復ペースが緩やかにとどまる一方、新興国が相対的に高い成長を維持したため、この5年間で世界経済

2013年9月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

QE3縮小は後ずれするも、新興国が抱える課題は不変 ~資金流出一服の期待はあるが、課題克服に取り組む必要性は変わらず~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年9月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

新興国に矛先を向ける中国の輸出振興政策

新興国に矛先を向ける中国の輸出振興政策

2013年9月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

続新興国減速、ラジャンマジックでインドは回復可能か

続新興国減速、ラジャンマジックでインドは回復可能か

2013年9月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

続新興国減速、トルコのトリプル安に黄色信号

続新興国減速、トルコのトリプル安に黄色信号

2013年9月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第178回日本経済予測(改訂版)

トップレポート・コラム経済分析経済予測第178回日本経済予測(改訂版) ここから本文です第178回日本経済予測(改訂版)消費税増税の環境は整ったか?~内需は堅調。海外に一抹の不安~調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 齋藤 勉 久後 翔太郎 田中 豪 サマリー:2013年4-6月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+3.0%(前回:同+3.0%)、2014年度が同+1.2%(同:同+1.2%)である。当社は

2013年9月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

BRICSの新興国への存在感は高まるか ~「開発銀行」設立に先立ち、「外貨準備融通基金」の設立で合意~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年9月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

改めて新興国株を考える

改めて新興国株を考える | ニッセイ基礎研究所 改めて新興国株を考える 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 先進国株と新興国株のリスク・リターン特性は大きく異なる。また、新興国株は先進国株と比較してパフォーマンスが良い国が多い。長期的に見て高いリターンの獲得を狙うのであれば、新興国株は魅力的な投資対象と言える。 レポ

2013年9月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第178回日本経済予測 <訂正版>

トップレポート・コラム経済分析経済予測第178回日本経済予測 <訂正版> ここから本文です第178回日本経済予測 <訂正版>消費税増税の環境は整ったか?~内需は堅調。海外に一抹の不安~リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 齋藤 勉 田中 豪 サマリー:2013年4-6月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+3.0%(前回:同+3.1%)、2014年度が同+1.2%(同:同+0.7%)である。

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

新興国・資源国を取り巻く環境変化 ~世界的なマネーの変化が与える影響と今後の展望~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年9月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響

QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響 | ニッセイ基礎研究所 QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今年5月22日、FRBのバーナンキ議長が量的緩和策の縮小について言及したことを引き金に、新興国・地域では資金流出の動きが加速した。

2013年8月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

新興国減速第三弾、景気回復遅れる中欧3カ国

新興国減速第三弾、景気回復遅れる中欧3カ国

2013年8月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

新興国減速第二弾、中国は急減速を避けられるか

新興国減速第二弾、中国は急減速を避けられるか

2013年8月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

新興国減速第一弾、内憂外患のブラジル経済

新興国減速第一弾、内憂外患のブラジル経済

2013年8月1日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

新興国に矛先を向ける中国の輸出振興政策~2012年度商務部研究院委託調査~

新興国に矛先を向ける中国の輸出振興政策~2012年度商務部研究院委託調査~

2013年7月30日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

新興国・資源国を取り巻く環境変化 ~世界的なマネーの変化が与える影響と今後の展望~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年7月22日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済レビュー:先進国における量的金融緩和政策の新興国への影響

経済レビュー:先進国における量的金融緩和政策の新興国への影響

2013年7月3日日本総研フィードバック数:1社会/政治

「先進国堅調」「新興国足踏み」の潮流が強まる世界経済―米国が力強さを増す一方、中国は低迷が長期化―

「先進国堅調」「新興国足踏み」の潮流が強まる世界経済―米国が力強さを増す一方、中国は低迷が長期化―

2013年5月30日日本総研フィードバック数:0ビジネス海外

拡大する新興国・途上国輸入市場をどう攻略するか-ASEANを中心としたサプライチェーンを構築せよ

拡大する新興国・途上国輸入市場をどう攻略するか-ASEANを中心としたサプライチェーンを構築せよ

2013年5月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「春季金融緩和五輪」新興国参戦、第4の矢が重要

「春季金融緩和五輪」新興国参戦、第4の矢が重要

2013年4月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪準備銀は利下げに含みを残すも、その時期は後ろ倒し ~景気の不透明要因は多いが、豪ドル相場は強含みしやすい展開~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年3月) ~BRICS開銀は新興国の「救世主」足りえるか~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年3月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪ドル相場は上値を追いにくい展開が予想される ~景気は依然底這いの中、追加利下げの可能性は燻る

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

今後の見込みも含まれます。

観光立国を目指す日本における訪日外国人等の動向

観光立国を目指す日本における訪日外国人等の動向先ごろ日本政府観光局(JNTO)が公表した2012年の訪日外国人数(推計値)は836.8万人であり、過去最高を記録した2010年の水準には及ばなかったものの、経済成長が続くアジアからの観光客が牽引役となって東日本大震災の影響で落ち込んだ2011年から大幅に改善した。ただし、足元では日中関係の冷え込みから中国人観光客が減少しており、少なからず影響が出ている。しかし、一方で、今後はインドネシアやタイをはじめとする東南アジアにおいて、中国等の東アジアを凌ぐ

2012年7月17日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)新興国における供給ショックの国際波及

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 新興国における供給ショックの国際波及— 3カ国DSGEモデルによるインフレーションの分析 —2012年7月13日岩崎雄斗*1河合正弘*2平形尚久*3要旨本稿の目的は、新興国の高インフレと先進国の低インフレという現象と、先進国の中でも日本の低インフレ—あるいはデフレ—というインフレ率に関する二つの違いが観察されていることを踏まえ、新興国における供給能力の強化という正の供給ショックが、新興国と先進国のインフレ率にどのような

世界のモバイルマネー市場の現状と将来展望

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査レポート発刊のお知らせ 世界のモバイルマネー(*)市場の現状と将来展望[本書のポイント]• 新興国で普及が進むモバイルマネーの送金事業の現状と将来動向• スマートフォンが変える、送金・決済スキームの将来• グーグル・アップルの参入で変わる決済サービスの市場構造• モバイルマネーの市場規模予測 2016年まで(世界全体、日本) 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ