調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 既存システム

「既存システム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年8月25日シーネットフィードバック数:0ビジネス

物流企業における新型コロナウイルスによるDX推進への影響について調査結果発表

物流企業における新型コロナウイルスによるDX推進への影響について調査結果発表 HOME>物流企業における新型コロナウイルスによるDX推進への影響について調査結果発表倉庫管理システム(以下WMS)を手掛ける株式会社シーネット(以下シーネット、本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:内野 靖)は、新型コロナウイルスによる物流企業のデジタルトランスフォーメーション推進への影響を明らかにするため、当社セミナー参加企業を対象に、2020年6月26日から7月9日までアンケートによる調査を実施しました。調査結果

2012年3月16日日経BP★フィードバック数:7企業情報システム

ノークリサーチによるクラウドについての記事です。

第4回:基幹系システムにおけるクラウド活用の課題と今後

Activeトップノーク岩上の調査データに見る賢いIT選び第4回:基幹系システムにおけるクラウド活用の課題と今後 第4回:基幹系システムにおけるクラウド活用の課題と今後 岩上 由高=ノークリサーチ シニアアナリスト クラウドは引き続き、IT活用における最注目キーワードの1つとなっている。スピーディなビジネス展開、事業継続対策、モバイル端末活用など、クラウドの持つ迅速性、拡張性、堅牢性を生かした取り組みが進んでいる。 一方で、既存の情報システムをクラウドへ移行しようとする動きは、当初の予想ほど

2009年6月22日日経BP★フィードバック数:1企業情報システム

ガートナーによる調査結果のレビューです。

調査で判明、日本企業が抱えるIT投資の課題とは

日経クロステック トップIT経営経済危機下のITコスト削減策調査で判明、日本企業が抱えるIT投資の課題とは 調査で判明、日本企業が抱えるIT投資の課題とは片山 博之ガートナー ジャパン リサーチ ディレクター 景気の不透明感がぬぐえない現在、企業にとってコスト削減は切実な経営課題である。システム関係者は、ITにかかわるムダを排除すると同時に、ITを活用することで業務の効率化を図り、会社全体のコスト削減に寄与することが求められている。ここでは、企業がITコストやビジネス・コストの削減に取り組むため

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ