「日本社会」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月9日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

もし、生まれ変われるなら…

昨年大ヒットした映画「君の名は。」は、心と体が入れ替わった男女のラブストーリーでしたが、「もし男になったら?」「女になったら?」などと考えてみたことがある人もいるのでは?もし性別が違ったら、今まで経験したことがない未知の世界を垣間見ることが出来るかもしれません。一方で、今の自分に十分満足をしていて、生まれ変わる必要を一切感じていない人もいるでしょう。そこで今回は「もし、生まれ変われるなら…」をテーマに、性別や国籍などが変わったら、何がしたいかをアンケートしてみました。調査概要調査対象:全国の20

2015年5月20日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

開成・灘卒業生にみる「社会リーダー」になるための条件 社会リーダーを育てるために

人と組織の「新しいコンセプト」を提起するリクルートワークス研究所開成・灘卒業生にみる「社会リーダー」になるための条件 第7回 社会リーダーを育てるために 2015年05月19日 本連載コラムの新しさはどこにあったのか本連載コラムでは、開成・灘卒業生を対象に実施した質問紙調査データを用いて、リーダーについて考えてきた。その試みのどこに目新しさがあったのか。一通りの分析を終えたいま、改めて説明すれば、次の2つを強調することができる。第一は、超進学校卒業生に実施した質問紙調査という「データのオリジナリ

2014年7月6日中央調査社★フィードバック数:0キャリアとスキル

3つのテーマで分析しています。

働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2013」からわかる若年・壮年者の希望・働き方・喫煙

トップページ > 中央調査報 > 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2013」からわかる若年・壮年者の希望・働き方・喫煙■「中央調査報(No.680)」より ■ 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2013」からわかる若年・壮年者の希望・働き方・喫煙石田浩(東京大学社会科学研究所)有田伸(東京大学社会科学研究所)藤原翔(東京大学社会科学研究所)朝井友紀子(東京大学社会科学研究所)東京大学社会科学研究所は、2007年から若年・壮年者を追跡する「働き方と

2014年6月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

学びに必要な謙虚さ

学びに必要な謙虚さ 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 海外で大きな事故や事件がおこるたびに、「そんなことは日本では起こりえない」という記事やコメントに出くわすのは困ったものだ。大事故に至ったのは事故現場にいた人たちの対応に問題があったからで、日本では現場の人々が適切に対応するので、大きな被害にはならな

学びに必要な謙虚さ

学びに必要な謙虚さ 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 海外で大きな事故や事件がおこるたびに、「そんなことは日本では起こりえない」という記事やコメントに出くわすのは困ったものだ。大事故に至ったのは事故現場にいた人たちの対応に問題があったからで、日本では現場の人々が適切に対応するので、大きな被害にはならな

2013年12月1日オウチーノフィードバック数:0エンタテインメント

「愛妻家・恐妻家」に関する実態調査

「愛妻家・恐妻家」に関する実態調査日本では、妻を愛してやまない旦那を「愛妻家」、妻に頭の上がらない旦那を「恐妻家」と言う。相反する「旦那像」である「愛妻家」と「恐妻家」だが、実際のところ「愛妻家」・「恐妻家」たちは、日本社会にどれだけ存在しているのだろうか。

2013年6月5日中央調査社フィードバック数:81キャリアとスキル

「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2012」にみる「不安社会」日本と「大人になること」の難しさ

トップページ > 中央調査報 > 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2012」にみる「不安社会」日本と「大人になること」の難しさ■「中央調査報(No.667)」より ■ 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2012」にみる「不安社会」日本と「大人になること」の難しさ石田浩(東京大学社会科学研究所・教授)有田伸(東京大学社会科学研究所・教授)田辺 俊介(早稲田大学文学学術院・准教授)大島 真夫(東京理科大学理工学部教養・専任講師)東京大学社会科学研究所

社会問題についての意識調査です。

日本社会が取り組むべき問題 オムニバス調査2012にみる首都圏生活者の社会問題意識

日本社会が取り組むべき問題 オムニバス調査2012にみる首都圏生活者の社会問題意識

2011年2月3日インテリジェンスフィードバック数:2社会/政治

日本の先行きは明るい?暗い?

転職なら、求人情報・転職サイトdoda(デューダ) 求人を探す求人を紹介してもらう知りたい・聞きたいイベントランキング・データ・調査日本の先行きは明るい?暗い?日本社会の現在と10年後日本社会の現状は「良いと思う」、「悪いと思う」10年後に「良くなっている」、「悪くなっている」まずは、「日本社会の現状」についての印象を聞きました。「良い(とても良い・やや良いの合計)」と感じている人が6.1%に対し、「悪い(とても悪い・やや悪いの合計)」と感じている人は71.5%で、「悪い」と感じている人が圧倒的

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ