「日本銀行」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

企業物価指数(2015年5月)~輸入物価は円安で2ヵ月ぶりにプラス

企業物価指数(2015年5月)~輸入物価は円安で2ヵ月ぶりにプラス | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2015年5月)~輸入物価は円安で2ヵ月ぶりにプラス 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・企業物価(増税分除く)は下落幅が縮小・輸入物価は円安で2ヵ月ぶりにプラス・最終財は夏場以降上昇基調が明確に・国内企業物価は下落幅が縮小へ6月10日に日本銀行から

2015年5月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地域活性化と地方銀行

トップレポート・コラムコラム地域活性化と地方銀行 ここから本文です地域活性化と地方銀行アベノミクスによる緩やかな景気回復が地方にも広がりを見せている。日本銀行によれば、国内外の緩やかな需要の増加等から生産が持ち直す中、雇用・所得環境が着実な改善を続けていることを背景に、地域経済が回復基調にあるようだ。ただし、人口減少が進む中、地域経済の成長を維持していくことができるかは、政府が進めている地方創生策等を起点とした今後の取組み次第と言えよう。地域経済の活性化に向けた取組みにおいて、各地域の金融インフ

バブル崩壊以降の国債累増・国債保有構造と国内銀行の国債保有

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第89号(2015年3月)バブル崩壊以降の国債累増・国債保有構造と国内銀行の国債保有(広島修道大学准教授)〔要 旨〕本稿では,バブル崩壊以降の国債累増過程と国債保有構造の変化を確認した上で,国内銀行の国債保有状況を比較検討した。まず,バブル崩壊以降の国債累増過程を概観した。2005年度から2007年度までの期間を除き,基本的に新規国債発行額は増加傾向にあり,国債残高は累増している。次に,バ

超長期国債の借換発行増加と国債整理基金特別会計・日本銀行

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第89号(2015年3月)超長期国債の借換発行増加と国債整理基金特別会計・日本銀行(駒澤大学教授・当研究所客員研究員)〔要 旨〕国債発行のなかで,借換国債の発行が大きくなっている。また同時に,超長期国債の発行が増加している。長期かつ低金利という,国債管理政策における財政サイドのニーズが実現されている。借換国債は,一般会計ではなく,国債整理基金特別会計によって発行されている。国債整理基金特別

10年国債は金利指標としてどうか

10年国債は金利指標としてどうか | ニッセイ基礎研究所 10年国債は金利指標としてどうか 金融研究部 研究理事 年金研究部長 兼 年金総合リサーチセンター長 德島 勝幸基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本銀行による量的・質的金融緩和の影響は、既に円金利のイールドカーブ全体に及んでいる。2013年4月に導入された量的・質的金融緩和の以前から、3年以内の金利はほ

国債の金利低下で生じていること

国債の金利低下で生じていること | ニッセイ基礎研究所 国債の金利低下で生じていること 金融研究部 研究理事 年金研究部長 兼 年金総合リサーチセンター長 德島 勝幸基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本銀行が昨年10月31日に導入した追加の金融緩和(いわゆる“ハローウィーン緩和”)で、日本の国債金利はかつてない水準にまで低下するに至った。財務省の発表する国債金

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貸出支援基金の現状と今後

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達貸出支援基金の現状と今後 ここから本文です貸出支援基金の現状と今後順調に増加する貸付残高、再延長・拡充はあり得るかサマリー◆2015年1月、日本銀行の金融政策決定会合で貸出支援基金の延長・拡充が決定した。具体的な内容は、①2015年3月31日に設定されていた新規貸付の受付最終期日を1年延長すること(それに伴い基金の廃止日等も1年延長)、②対象金融機関毎の上限を1兆円から2兆円へ、貸付残高の上限を7兆円から10兆円にそれぞれ引き上げるこ

2015年2月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

デフレの認識

トップレポート・コラムコラムデフレの認識 ここから本文ですデフレの認識LOVEマシーンから現在まで日本銀行が2013年に量的・質的金融緩和を導入し、あと2ヶ月程度で2年が経過しようとしている。導入当初は「2年で2%」という言葉が強烈な印象を与えたが、実際には「3年で2%」へと徐々にガイダンスを変更してきた。足下で、物価上昇率は原油価格下落を受け低下傾向にあるが、エネルギーなどの影響を除いたコアコアCPIで見れば、前年を上回る推移が続く見込みであり、デフレ脱却が近づいてきている。過去を振り返ると、

けいざい早わかり 2014年度第11号:追加緩和に踏み切った日本銀行の金融政策

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GPIFと日本銀行 ~進む長期国債保有の肩代わり~

GPIFと日本銀行 ~進む長期国債保有の肩代わり~

2014年8月3日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

持ち直しも散見されるが、消費動向は総じて鈍い~政府・日本銀行は、夏以降回復傾向が強まるとの見方継続~

持ち直しも散見されるが、消費動向は総じて鈍い~政府・日本銀行は、夏以降回復傾向が強まるとの見方継続~

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

44年ぶりに黒字となった旅行収支~旅行収支の改善は今後も続く見込み~

経済トレンド44 年ぶりに黒字となった旅行収支~旅行収支の改善は今後も続く見込み~経済調査部高橋 大輝(要旨)○2013 年の経常収支は、貿易収支の大幅赤字を背景に 3.2 兆円と低水準の黒字に留まった。そうした中、着々と改善を続けているのが旅行収支である。2014 年4月には原数値ではあるが、44 年ぶりの黒字となった。今後、人口減少による経済の停滞が懸念される日本において、海外からの旅行客の取り込みは新たな外需の獲得方法として期待されており、今後も改善は続くのか考えてみたい。○旅行収支受取額

2014年7月16日経済産業研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

セミナー資料です。

決済システムの未来

決済システムの未来小田 圭一郎 (RIETI上席研究員・研究コーディネーター(研究調整担当)) 決済サービスのエンドユーザーの経済活動は、スマートフォン等によるITユビキタス化、グローバルサプライチェーンの形成等により、急速な変革を示している。経済社会の基礎的インフラである決済システムも、この流れに沿って革新させていかねばならない。こうした動きは、欧州等ではすでに現実のものとなっており、米国も追随する動きを示している等、急速に進展している。わが国においても、中核的インフラである日銀ネットの更改な

2014年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日本銀行の長期国債買入れがイールドカーブに与えた影響

日本銀行の長期国債買入れがイールドカーブに与えた影響 | ニッセイ基礎研究所 日本銀行の長期国債買入れがイールドカーブに与えた影響 大山 篤之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2010年10月5日、日銀は「包括的な金融緩和政策の実施」を公表し、資産買入等の基金を創設した。そして、この基金が廃止される2013年3月末までに28兆円の長期国債を段階的に買入れた1。更

2014年6月11日第一生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

44年ぶりに黒字となった旅行収支 ~旅行収支の改善は今後も続く見込み~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート44年ぶりに黒字となった旅行収支~旅行収支の改善は今後も続く見込み~発表日:2014年6月10日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(要旨)○2013 年の経常収支は、貿易収支の大幅赤字を背景に 3.2 兆円と過去最小の黒字になった。そうした中、着々と改善を続けているのが旅行収支である。2014 年4月には原数値ではあるが、44 年ぶりの黒字となった。今後、人口減少による経済の停滞が

2014年6月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

反動減からのリバウンドとその持続性へ注目集まる~政府・日本銀行は、反動減は想定内と評価~

反動減からのリバウンドとその持続性へ注目集まる~政府・日本銀行は、反動減は想定内と評価~

2014年5月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

潜在成長率と日本銀行 ~今までの金融政策と今からの金融政策の違い~

潜在成長率と日本銀行 ~今までの金融政策と今からの金融政策の違い~

2014年1月8日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

公的機関の株式保有動向

トップレポート・コラム金融資本市場分析資産運用・投資主体公的機関の株式保有動向 ここから本文です公的機関の株式保有動向日本銀行が売却開始を2年延長、見えなくなった出口戦略サマリー◆日本株式を保有している公的機関として、日本銀行、銀行等保有株式取得機構、預金保険機構の3つが挙げられる。株式の保有は期限付きであり、3法人とも将来的には全て処分することを予定している。◆株式市場への影響を考慮し、3法人は2008年10月に株式の市中(取引所市場)売却を凍結している。日本銀行は2014年3月末まで売却凍結

2013年12月12日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

“午年”生まれ法人 全国に16万3,704社

公開日付:2013.12.112014年は午(うま)年。午年に設立された法人は全国で16万3,704社を数える。全国231万2,096社の7.0%で、十二支では申年(15万8,519社)に次いで2番目に少なかった。“午年”生まれ法人は日本銀行、電通、ライオン、シチズンホールディングスなど、各業界の中核を担う法人も多い。設立が最も古い法人は1894年(明治27年)の林田塩産と信濃毎日新聞の2社。上場企業は252社あった。午年は、国際オリンピック委員会設立(1894年)、第1回FIFAワールドカップ

2013年9月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

量的・質的金融緩和 ~異次元の運営、異次元の出口

トップレポート・コラム経済分析日本量的・質的金融緩和 ~異次元の運営、異次元の出口 ここから本文です量的・質的金融緩和 ~異次元の運営、異次元の出口過去の非伝統的金融政策との比較から得るインプリケーションサマリー◆本稿では、量的・質的金融緩和と過去の非伝統的金融政策との違いを明確にしたうえで、その違いが出口戦略に与える影響について考察する。◆同じ量的な指標を操作目標としている量的・質的金融緩和と量的緩和政策であるが、そのオペレーションの内容は供給する資金の量と期間という2つの点で大きく異なる。◆

2013年6月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

資金循環統計 2013年1-3月期

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達資金循環統計 2013年1-3月期 ここから本文です資金循環統計 2013年1-3月期株高・円安により金融資産残高が大幅増加調査本部 執行役員 調査本部副本部長 兼 金融調査部長 保志 泰 島津 洋隆ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐 サマリー◆日本銀行より2013年1-3月期の資金循環統計が公表された。◆前期(2012年10-12月期)と比べ、株式や対外証券投資などの資産価格が大きく上昇しており、大半の部門

国内景気は底入れを模索する展開~政府・日本銀行はデフレ脱却に向けた連携を強化~

国内景気は底入れを模索する展開~政府・日本銀行はデフレ脱却に向けた連携を強化~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ