調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 日経クロス

「日経クロス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年4月3日日経クロストレンド★★フィードバック数:0キャリアとスキル

マーケターの3割が転職意向、達成感「乏しい」

会員になると様々なサービスが利用できます。 マーケターの3割が転職意向、達成感「乏しい」──独自調査 「日経クロストレンド」は、企業のマーケティング業務従事者(マーケター)が抱えている課題や転職意向などリアルな実態を明らかにするため、4月の創刊に先立ってアンケート調査を実施した。2割が今の仕事に達成感が「乏しい」と感じており、この達成感が転職意向に大いに関係するという実態が明らかになった。 あなたの職場のマーケティング部員の目は輝いているだろうか? 優秀なマーケターであってももしその目がやや

2018年1月17日日経BPフィードバック数:0ビジネス

ベンチャーが選ぶ注目のベンチャーは?

日経クロステック トップデジタルヘルス日経デジタルヘルス通信ベンチャーが選ぶ注目のベンチャーは? ベンチャーが選ぶ注目のベンチャーは?編集部の独自アンケートからランキングを作成デジタルヘルス関連ベンチャーの増加に伴って、さまざまな主催者が企画するピッチコンテストやビジネスコンテストも増えてきました。そんな中、ちょっと違う視点からの注目ベンチャーを探ろう!ということで、日経デジタルヘルスでは、(1)医師が選ぶ注目ベンチャー、(2)ベンチャーが選ぶ注目ベンチャー、の2つのアンケートを実施しました。

2017年7月12日日経BPフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

調査でわかった!ネットワークトラブルが起こるワケ

日経クロステック トップネットワークネットワークトラブル奮闘記調査でわかった!ネットワークトラブルが起こるワケ 調査でわかった!ネットワークトラブルが起こるワケ企業のシステム担当者にとって、頭を悩ますのがネットワークトラブル。従業員から「インターネットにつながらない」「ファイルサーバーにアクセスできない」「メールを送信できない」など、様々な声が飛び込んでくる。こうしたトラブルの原因は何か、担当者はどう対処しているのか。日経NETWORKでは、2017年4月から6月にかけてユーザーアンケートを実施

2016年10月25日日経BPフィードバック数:0ビジネス

「アップグレードが怖い」、やっぱり現場のみんなが感じてたWindows 10の不安

日経クロステック トップITシステム記者の眼「アップグレードが怖い」、やっぱり現場のみんなが感じてたWindows 10の不安 「アップグレードが怖い」、やっぱり現場のみんなが感じてたWindows 10の不安 Windows 10の無償アップグレード期間が終了したのが7月末のこと。ほぼ同時に大規模アップデート「Anniversary Update」の提供が始まった。それに合わせて、8月にこの「記者の眼」欄で「Windows 10は気に入りましたか」と題した記事を執筆し、アンケートを実施した。少

2015年7月30日日経BPフィードバック数:0ビジネス

今度出てくるWindows 10、使いたいですか?

日経クロステック トップITシステム記者の眼Windows 10は使いたいですか?アンケート結果発表 Windows 10は使いたいですか?アンケート結果発表2015年7月23日に「今度出てくるWindows 10、使いたいですか?」と題した記事を「記者の眼」に掲載した。そのなかで、無料でアップグレード可能なWindows 10を使いたいか、との題でアンケートを実施した。この記事はその結果報告である。ご協力いただいた読者の方、本当にありがとうございました。 記事を午前零時に公開してから半日ほどで

2015年6月2日日経BPフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

トラブルに遭遇したら10人に4人が実行するアレって知ってる?

日経クロステック トップネットワーク記者の眼トラブルに遭遇したら10人に4人が実行するアレって知ってる? トラブルに遭遇したら10人に4人が実行するアレって知ってる?コンピュータネットワークの技術専門誌である日経NETWORKでは、毎年4月から5月にかけて「ネットワーク実態調査」というアンケート調査を行う。企業ネットワークに携わる人に、ネットワークの構成や使用する機器の種類/メーカーなど尋ねるものだ。最新の集計結果は、日経NETWORK2015年7月号に掲載する。このアンケートでは、最近2年間に

2015年3月30日日経BP★フィードバック数:0キャリアとスキル

ITproの調査です。

労働者派遣法改正案について緊急アンケート

日経クロステック トップIT経営News & Trend「派遣法改正は悪影響」が7割、緊急アンケート結果 「派遣法改正は悪影響」が7割、緊急アンケート結果 2015年3月13日、政府は3度目になる労働者派遣法の改正案を国会に提出した。派遣法の改正はシステム開発、IT業界に大きな影響を与える問題であり、ITproはWebで同改正案について緊急アンケートを実施した。 改正案が今国会で可決されれば、2015年9月1日に施行となる。施行までの猶予期間は既に6カ月を切っている。自社や自分にどういった影響が

2014年9月23日日経BPフィードバック数:0キャリアとスキル

IT技術者不足が招くデスマーチと負のスパイラル

日経クロステック トップIT経営記者の眼IT技術者不足が招くデスマーチと負のスパイラル IT技術者不足が招くデスマーチと負のスパイラル 2015~2017年に構築した情報システムが、障害やセキュリティインシデントを頻発させる――。その根底には、IT業界の人手不足という問題が流れている。筆者は2014年7月に実施したアンケートの結果から、こうした懸念を強くしている。 人手不足は既に日本全体の問題だ。厚生労働省が2014年9月10日に発表した「労働経済動向調査」によると正社員は13期連続、パートタイ

2014年6月9日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

JUASの調査のまとめです。

早わかり「企業IT動向調査2014」

日経クロステック トップITシステム早わかり「企業IT動向調査2014」早わかり「企業IT動向調査2014」 早わかり「企業IT動向調査2014」急激かつ予測困難な経営環境の変化に柔軟に対応しながら競争力を維持・向上し続けるには、企業内外の経営資源を最大限に活用しつつ経営革新に取り組み続けることが不可欠です。これらを実践していくには、IT活用を高度化していくことが欠かせません。では、企業はどのようなIT戦略を立案し、実行していけばよいのしょうか――。 日本情報システム・ユーザー協会が、東証1部上

2014年2月17日日経BP★フィードバック数:0社会/政治

日経コンストラクションの調査です。

東京五輪歓迎の陰に一極集中への懸念、読者調査

日経クロステック トップ土木ニュース東京五輪歓迎の陰に一極集中への懸念、読者調査 東京五輪歓迎の陰に一極集中への懸念、読者調査2020年の開催が決まった東京五輪。首都圏の新規インフラ整備に弾みが付き、建設業界への追い風として期待が高まる半面、実務者からは懸念の声も上がっている。日経コンストラクションが13年12月に実施した読者アンケートで明らかになった。 この記事は有料会員限定です 日経クロステック有料会員になると… ・専門雑誌7誌の記事が読み放題・注目テーマのデジタルムックが読める・雑誌P

2013年6月3日日経BP★フィードバック数:25セキュリティ/ネットワーク

子供のスマートフォン利用についての調査です。

スマホ少女の憂鬱、スマホ少年の暴走~今、10代が危ない

日経クロステック トップITセキュリティスマホ少女の憂鬱、スマホ少年の暴走~今、10代が危ないスマホ少女の憂鬱、スマホ少年の暴走~今、10代が危ない スマホ少女の憂鬱、スマホ少年の暴走~今、10代が危ない少女たちは無料通話/メッセージアプリで長時間友達とつながり、相手から届いたテキストの内容に一喜一憂する。少年たちはゲームアプリに没頭してバイト代をつぎ込み、寝食を忘れてネットの世界で活動する――。小学校高学年から中学生、高校生たちに急速にスマートフォンが広がるなか、従来にはなかった課題が浮上して

2013年6月3日日経BP★フィードバック数:1企業情報システム

JUASの調査についての連載です。

早読み「企業IT動向調査2013」

日経クロステック トップITセキュリティ早読み「企業IT動向調査2013」早読み「企業IT動向調査2013」 早読み「企業IT動向調査2013」 株高や円安などにより、国内の景況感が好転している。これまで長きにわたり、多くの日本企業は強い向かい風の中を進んできた。風向きが追い風に変わった今こそ、事業のグローバル化や新規事業の創出といった「攻め」のアクセルを踏み込むときだ。 ユーザー企業のシステム部門は、こうした経営環境の変化を的確にとらえながらIT戦略を立案・遂行していく必要がある。そこで本連載

2012年11月26日日経BP★フィードバック数:0ビジネス

PCのメーカー満足度調査です。

パソコン満足度ランキング2012

日経クロステック トップITシステムパソコン満足度ランキング2012パソコン満足度ランキング2012 パソコン満足度ランキング2012 ユーザーが心から満足したと実感しているパソコンはどれか。最新の実像を探るため、製品を実際に購入したユーザーに対するアンケート調査を実施した。性能・機能、操作性・使い勝手、サポートなど複数の側面から分析し、カタログ値を見るだけでは分からない生の声を集約した。目次あなたにお薦めもっと見る日経クロステック SpecialWhat's New経営クラウドアプリケーション

2012年11月2日日経BPフィードバック数:2大型消費/投資要登録

迷う20代、40代は…二世帯住宅の悩みを調査

日経クロステック トップ建築ニュース迷う20代、40代は…二世帯住宅の悩みを調査 迷う20代、40代は…二世帯住宅の悩みを調査顧客が住宅を取得する際に、「二世帯住宅なら親からの金銭的な援助が受けやすい」と期待する住宅会社も少なくないだろう。そこで、住宅の取得意思がある住まい手300人に、住宅を取得する際に二世帯住宅をどの程度考慮するかを尋ねた。その結果、20代は判断に迷う人が多く、年齢が上がるごとに二世帯賛成派と反対派に分かれることが分かった。 この記事は有料会員限定です 日経クロステック有料

2012年4月24日日経BPフィードバック数:39セキュリティ/ネットワーク

「9割も入っている」か「1割が入れてない」のか

日経クロステック トップネットワーク記者の眼「9割も入っている」か「1割が入れてない」のか 「9割も入っている」か「1割が入れてない」のかあなたが会社で使っているパソコンには、ウイルス対策ソフトは入っているだろうか。 日経NETWORKでは毎年、企業ネットワークの実態調査を行っている。昨年(2011年)に行った調査では、「自社のパソコンにウイルス対策ソフトを導入している」とした割合は、全体の87.6%(図1)。一昨年(2010年)の割合は85.7%だった。2ポイントアップしているとはいえ、この数

2012年4月9日日経BPフィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

建設業界のイメージ調査(2)厳しい女性の目

日経クロステック トップ土木ニュース建設業界のイメージ調査(2)厳しい女性の目 建設業界のイメージ調査(2)厳しい女性の目建設業界のイメージを明らかにするために、日経コンストラクションは1月末から2月初旬にかけて意識調査を実施した。日経コンストラクション2012年3月26日号特集「伝わらなかった被災地支援」に掲載しきれなかった結果を含めて報告する。 この記事は有料会員限定です 日経クロステック有料会員になると… ・専門雑誌7誌の記事が読み放題・注目テーマのデジタルムックが読める・雑誌PDFを

2012年4月4日日経BPフィードバック数:7製造業/エレクトロニクス要登録

建設業界のイメージ調査(1)「談合」「癒着」の旧弊から脱却できたか

日経クロステック トップ土木ニュース建設業界のイメージ調査(1)「談合」「癒着」の旧弊から脱却できたか 建設業界のイメージ調査(1)「談合」「癒着」の旧弊から脱却できたか世間は建設業界に対してどのような印象を抱いているのか。日経コンストラクションが1月末から2月初旬にかけて実施した意識調査では、「談合」や「政官との癒着」といった負のイメージが、いまだに根強いことが明らかになった。日経コンストラクション2012年3月26日号特集「伝わらなかった被災地支援」に掲載しきれなかった結果を含めて報告する。

2012年1月30日日経BPフィードバック数:0大型消費/投資

家づくりのホンネ:3.11以降、顧客は技術力に注目

日経クロステック トップ建築ニュース家づくりのホンネ:3.11以降、顧客は技術力に注目 家づくりのホンネ:3.11以降、顧客は技術力に注目新築が伸び悩む住宅市場において、顧客の気持ちは家づくりから離れてしまったのか。2011年3月11日に発生した東日本大震災以降、住宅を取得しようとする顧客にどのような心情の変化が起きたのか──。新築を望む顧客500人にアンケートを実施して、顧客の今の心情を調査した。4回に分けて調査結果を紹介する。第2回目は、震災以降の家づくり感を分析した。震災対応や技術力の高さ

2012年1月25日日経BP★フィードバック数:0大型消費/投資

家づくりについての消費者調査です。

家づくりのホンネ:顧客は耐震性や省エネ性に注目

日経クロステック トップ建築ニュース家づくりのホンネ:顧客は耐震性や省エネ性に注目 家づくりのホンネ:顧客は耐震性や省エネ性に注目新築が伸び悩む住宅市場において、顧客の気持ちは家づくりから離れてしまったのか。2011年3月11日に発生した東日本大震災以降、住宅を取得しようとする顧客にどのような心情の変化が起きたのか──。新築を望む顧客500人にアンケートを実施して、顧客の今の心情を調査した。4回に分けて調査結果を紹介する。第1回目の今回は、顧客の今の家づくり感を分析。低価格ながら高性能な家づくり

2012年1月5日日経BP★フィードバック数:10セキュリティ/ネットワーク

BPによるネットワーク分野のトピック調査です。

2012年のネットワークを読み解くための最新・定番キーワード調査

日経クロステック トップネットワーク編集長が展望する2012年2012年を読み解くキーワードは、これだ 2012年を読み解くキーワードは、これだ突然だが、2012年のネットワークを読み解くために必要なキーワードを挙げてほしいと言われたら、あなたは何を選ぶだろうか。できれば、いち早く知っておくべき「最新キーワード」と、あらためておさらいしておくべき「定番キーワード」に分けて考えてもらいたい。パッと思い付くものをそれぞれ三つずつくらい書きとめてから以下を読むと、より楽しんでいただけるのではないかと思

2011年9月4日日経BPフィードバック数:6モバイル

親の4割が「子どもの携帯所有は高校1年生から」~子どもとパソコン・携帯の気になる関係(3)

日経クロステック トップPC子どもとPC&ケータイ 利用実態調査2011親の4割が「子どもの携帯所有は高校1年生から」~子どもとパソコン・携帯の気になる関係(3) 親の4割が「子どもの携帯所有は高校1年生から」~子どもとパソコン・携帯の気になる関係(3) 「子どもとパソコン・携帯の気になる関係」についてのアンケート結果の第3弾、今回は気になる携帯電話編です。第1弾、第2弾ではお子さんとパソコンの関係について見てきました。 今回は、パソコン以上にパーソナルなITツールといえる携帯電話についてです。

2011年9月4日日経BP★フィードバック数:11モバイル

ITproによる特集です。

スマートフォンユーザーの実態と展望

日経クロステック トップモバイルスマートフォンユーザーの実態と展望スマートフォンユーザーの実態と展望 スマートフォンユーザーの実態と展望調査データから見た彼らの意識・行動とはスマートフォンが携帯電話市場の主役に躍り出て多くの変化が出始めています。とはいえ、スマートフォンユーザー自体は携帯電話市場全体を見るとまだ少数派です。既にスマートフォンを使っているユーザーはこれまでの携帯電話ユーザーと何がどう違うのか。スマホユーザーの意識・行動を分析します。 連載目次(アンケートで知る、スマートフォンユーザ

2011年8月17日日経BPフィードバック数:12マーケティング

「パソコン利用で子どもの学力が向上」、3人に1人の親~子どもとパソコン・携帯の気になる関係(2)

日経クロステック トップPC子どもとPC&ケータイ 利用実態調査2011「パソコン利用で子どもの学力が向上」、3人に1人の親~子どもとパソコン・携帯の気になる関係(2) 「パソコン利用で子どもの学力が向上」、3人に1人の親~子どもとパソコン・携帯の気になる関係(2) 「子どもとパソコン・携帯の気になる関係」についてのアンケート結果の第2弾です。第1弾の前回から分かったのは、子どものパソコン利用を把握している親御さんが8割以上いらっしゃること、そしてお子さんたちは自宅でパソコンを日常的に使っており

2011年5月27日日経BPフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

震災調査4:急ぐべき課題、建築は被災者支援や節電対応を挙げる

日経クロステック トップ建築ニュース震災調査4:急ぐべき課題、建築は被災者支援や節電対応を挙げる 震災調査4:急ぐべき課題、建築は被災者支援や節電対応を挙げる東日本大震災の被害のうち、対策を急ぐべき課題についてアンケートで尋ねた。回答者の専門分野別に集計した結果、全分野共通で「大地震の揺れや大津波に耐える原子力発電所の供給」が上位に入る一方で、建築が被災者支援、土木が津波や液状化の対策、不動産が電力不足への対応、都市計画が地震に強いサプライチェーンを挙げるなど、それぞれに特徴が表れた。 この記

2011年5月27日日経BPフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

震災調査3:不動産のプロは被害を深刻に受け止めている

日経クロステック トップ建築ニュース震災調査3:不動産のプロは被害を深刻に受け止めている 震災調査3:不動産のプロは被害を深刻に受け止めている東日本大震災の被害について、建築分野や土木分野の回答者よりも不動産分野の回答者の方が「非常に深刻」と受け止めている人の割合が高い――。ケンプラッツが実施したアンケート調査で、このような結果が浮き彫りになった。 この記事は有料会員限定です 日経クロステック有料会員になると… ・専門雑誌7誌の記事が読み放題・注目テーマのデジタルムックが読める・雑誌PDFを

2011年5月27日日経BPフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

震災調査2:「影響を受けた」読者のプロジェクト

日経クロステック トップ建築ニュース震災調査2:「影響を受けた」読者のプロジェクト 震災調査2:「影響を受けた」読者のプロジェクトケンプラッツが実施した東日本大震災に関するアンケートで、工期の遅延など間接的に震災の影響を受けたプロジェクトが「ある」「ありそう」と回答した人に、所在地、用途、規模、被災の概要について記述式で回答してもらった。回答者の勤務先所在地ごとに主な回答を紹介する。 この記事は有料会員限定です 日経クロステック有料会員になると… ・専門雑誌7誌の記事が読み放題・注目テーマの

2011年5月27日日経BPフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

震災調査1:工期の遅延など影響は全国に

日経クロステック トップ建築ニュース震災調査1:工期の遅延など影響は全国に 震災調査1:工期の遅延など影響は全国に工期の遅延など、東日本大震災によるプロジェクトへの影響は、北海道から九州・沖縄まで全国に及んでいる――。ケンプラッツが読者を対象に実施したアンケート調査で分かった。原因として、建材や設備機器の不足を挙げる声が6割に及んだ。 この記事は有料会員限定です 日経クロステック有料会員になると… ・専門雑誌7誌の記事が読み放題・注目テーマのデジタルムックが読める・雑誌PDFを月100pダウ

2011年2月3日日経BPフィードバック数:3キャリアとスキル

土木で役立つ資格は技術士、役立たない資格は…

日経クロステック トップ土木ニュース土木で役立つ資格は技術士、役立たない資格は… 土木で役立つ資格は技術士、役立たない資格は…土木技術者にとって役立つ資格、役立たない資格は何か――。日経コンストラクション1月24日号の特集「使える資格、使えない資格」では、アンケートと取材から、主として企業が考える資格の価値を明らかにした。特集に盛り込むことができなかった、技術者個人が考える「役立つ資格」、「役立たない資格」をお届けする。 この記事は有料会員限定です 日経クロステック有料会員になると… ・専門

2010年6月8日日経BPフィードバック数:0キャリアとスキル

4割強が英語学習にパソコンを利用:PC Onlineアンケート

日経クロステック トップPCパソコンで 英語を克服4割強が英語学習にパソコンを利用:PC Onlineアンケート 4割強が英語学習にパソコンを利用:PC Onlineアンケート 今や英語はビジネスに必須。効率のよい学習のためにパソコンは力強い味方だ。ネットには英語学習に役立つコンテンツが限りなくある。PC Online読者がパソコンというツールを味方につけ、英語学習にどう取り組んでいるのか、アンケートに答えてもらった。4割強がパソコンを利用して勉強していることが分かった。64%が「話す・読む」を

2010年4月19日日経BPフィードバック数:18ビジネス

新デスクトップOSとして「Chrome OS」に期待が高まる

日経クロステック トップITシステムどうなる?次世代デスクトップ環境新デスクトップOSとして「Chrome OS」に期待が高まる 新デスクトップOSとして「Chrome OS」に期待が高まるWindowsが支配するデスクトップOS市場への新たな挑戦者として注目を集めているのが、今回の特集でも取り上げた米Googleの「Google Chrome OS」である。次々と新たな注目技術を提供するGoogleが開発するデスクトップOSということから、Windowsを脅かす存在になるのではないかと注目され

2010年3月15日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

ITproが国内IT企業のイメージ調査の結果を発表しました。

担当者1000人に聞く、国内IT企業のイメージ

日経クロステック トップITシステム担当者1000人に聞く、国内IT企業のイメージ担当者1000人に聞く、国内IT企業のイメージ ---目次 担当者1000人に聞く、国内IT企業のイメージ ---目次日経マーケット・アクセスは2009年12月、ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者1000人余りを対象に、国内の主な情報通信製品/サービス・ベンダー45社のイメージを聞くアンケート調査を実施した。ベンダーとの接点や取引の有無、存在感や勢いを感じるかどうか、今後利用し

2010年1月26日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

ITproによるIT関連キーワードのランキングです。

読者が選んだ2010年のキーワード

日経クロステック トップITシステム読者が選んだ2010年のキーワード読者が選んだ2010年のキーワード --- 目次 読者が選んだ2010年のキーワード --- 目次 激変する情勢の中、今後のIT業界のトレンドはどこへ向かうのか――。マネジメント/情報システム、プラットフォーム、ネットワーク/モバイルなど5分野で、2010年に注目したいキーワードをITpro読者に聞いた。 ・[総合]2010年もクラウドとWindows 7に注目が集まるあなたにお薦めもっと見る日経クロステック SpecialW

2010年1月12日日経BP★フィードバック数:0キャリアとスキル

ITproがスキルに関するまとまった調査結果を掲載しています。

JISA・情報技術マップ

日経クロステック トップITシステムJISA・情報技術マップJISA・情報技術マップ-目次 JISA・情報技術マップ-目次 IT技術者は、自らを取り巻く環境の変化に対応し、身に付けるべきテクノロジを選択しなければならない。そのための羅針盤になることを目指し、情報サービス産業協会(JISA)が作成するのが、情報技術マップである。4400人の技術者を対象にした調査結果を含め、日本市場における情報技術のトレンドを探る。 ■クラウド技術への着手意向が急浮上■技術動向を可視化するライフサイクルマップ■新規

2009年11月24日日経BP★フィードバック数:13キャリアとスキル

BPの恒例の調査結果が出ました。

2010年版「いる資格、いらない資格」

日経クロステック トップITシステム2010年版「いる資格、いらない資格」2010年版「いる資格、いらない資格」 ---目次 2010年版「いる資格、いらない資格」 ---目次主要なソリューションプロバイダ101社の人材育成担当者にアンケート調査した結果、「営業職に取らせたい資格」で「中小企業診断士」の人気が復活していることが分かった。顧客の経営や業務の課題を的確にとらえ、解決策を提案するスキルが求められているのだ。技術職ではセキュリティ関連資格の人気が、プロジェクトマネジメント関連資格を上回っ

2009年10月19日日経BP★フィードバック数:0デジタル家電

やはりテレビです。

夏のボーナスで買いたい家電製品ランキング

日経クロステック トップPCそこが気になるランキング夏のボーナスで買いたい家電製品ランキング 夏のボーナスで買いたい家電製品ランキング 2008年10月に調査した「冬のボーナスで買いたい家電製品ランキング」と比較すると、今回も1位は不動の「液晶テレビ」。2008年では3位の「ノートパソコン」が2位という結果になった。しかし、2008年に8位の「デスクトップパソコン」は13位、同じく4位の「デジカメ」は10位まで急降下。一方、5位の「ドラム式洗濯機」は、13位から大きく浮上、9位の「冷蔵庫」も14

2009年10月19日日経BPフィードバック数:3デジタル家電

電子ブックに「興味あり」は7割,使うなら「携帯電話」で「持ち運びの容易さ」に期待

日経クロステック トップIT経営記者のつぶやき 調査編電子ブックに「興味あり」は7割,使うなら「携帯電話」で「持ち運びの容易さ」に期待 電子ブックに「興味あり」は7割,使うなら「携帯電話」で「持ち運びの容易さ」に期待本といえば,今でも主流は「紙」である。だがその一方で,「電子」的なファイルの形で購入できる電子ブックの注目度が高まりつつある。 インターネット総合研究所の調査では,2008年度における日本の電子ブック市場は464億円で,前年度比131%。米Amazonが10月7日,電子ブック用専用機

2009年10月6日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

ITproによるSI企業の業績ランキングです。

2008年度ソリューションプロバイダ業績ランキング

日経クロステック トップITシステム2008年度ソリューションプロバイダ業績ランキング2008年度ソリューション・プロバイダ業績ランキング---目次 2008年度ソリューション・プロバイダ業績ランキング---目次 2008年度のソリューションプロバイダの業績は、厳しい結果になった。売上高100億円以上の会社を見ると、売上高、営業利益、経常利益のいずれも前年度を下回る。三つの指標がマイナス成長に陥ったのは、6年ぶりのことだ。不況の影響を受けていることが分かる。ただし赤字決算の企業はまだ少なく、過剰

2009年8月24日日経BP★★★フィードバック数:0企業情報システム

BPの恒例調査です。

開発支援ツール徹底調査 2009

日経クロステック トップITシステム開発支援ツール徹底調査 2009開発支援ツール徹底調査 2009 開発支援ツール徹底調査 20092009年3月から4月にかけて実施した「開発支援ツール徹底調査」の結果を報告する。「分析/ 設計」「プログラミング」「テスト」「変更/構成管理」「プロジェクト管理」の全5分野について聞いた。分野別にランキングを見ていく。目次 あなたにお薦めもっと見る日経クロステック SpecialWhat's New経営クラウドアプリケーション/DB/ミドルウエア運用管理サーバー

2009年8月12日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「利用したい理由」デルの「価格」,NECの「サポート」が上昇,HPの「ブランド」「実績」は低下

日経クロステック トップITシステムIT投資インデックス>ベンダー/SIのイメージ「利用したい理由」デルの「価格」,NECの「サポート」が上昇,HPの「ブランド」「実績」は低下 「利用したい理由」デルの「価格」,NECの「サポート」が上昇,HPの「ブランド」「実績」は低下日経マーケット・アクセスが企業情報システムの担当者(ITpro Researchモニター登録者)を対象に行った2009年6月調査で,「今後利用したい」という回答を得たベンダーに対する「利用したい理由」(最大3つまで複数回答)を,

2009年5月26日日経BPフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

データセンターに割高感 2割はクラウド利用に前向き

日経クロステック トップITシステムコスト削減に効くデータセンター刷新データセンターに割高感 2割はクラウド利用に前向き データセンターに割高感 2割はクラウド利用に前向き「データセンターの移転を検討する理由はコスト削減」。こう答える情報システム担当者が44.6%もいた。これは、2009年1月に企業の情報システム担当者1200人を対象に実施した「データセンター利用に関する調査2009」で、移転を検討している回答者74人に、その理由を聞いた結果だ(図1、調査の概要は囲みを参照)。 図1●料金を理由

2009年2月16日日経BPフィードバック数:1ライフスタイル

あなたも私も疲れている?! 最大の疲労回復法は「ひたすら寝る」

日経クロステック トップIT経営記者のつぶやき 調査編あなたも私も疲れている?! 最大の疲労回復法は「ひたすら寝る」 あなたも私も疲れている?! 最大の疲労回復法は「ひたすら寝る」「どうも疲れがとれない」「疲れた顔してるね,とよく言われる」---昨今,疲労を感じるビジネスパーソンは少なくないだろう。 ましてIT業界,あるいは何らかの形でITにかかわる仕事に従事するIT人材は,総じて疲労度が高いと予想される。プロジェクトの短納期化や情報システムの複雑化により,ただでさえ労働環境が厳しくなっている上

2009年1月5日日経BP★フィードバック数:0キャリアとスキル

ITproが資格に関するまとまった調査を実施しています。

2009年版「いる資格、いらない資格」

日経クロステック トップITシステム2009年版「いる資格、いらない資格」2009年版「いる資格、いらない資格」 2009年版「いる資格、いらない資格」今、ソリューション提案に最も役立つIT関連資格は何か。日経ソリューションビジネス恒例の独自調査「いる資格、いらない資格」では、ソリューションプロバイダ80社の回答から、IT関連資格85種の営業効果などを明らかにした。「技術職/営業職に取らせたい資格」として、ITIL資格とセキュリティ関連資格が浮上したほか、プロマネ関連資格への評価がさらに高まった

2008年11月17日日経BP★フィードバック数:1キャリアとスキル

ITproが「IT業界“3K”説は迷信だった」という調査結果を発表しています。

ITの仕事に携わって「良かった!」

日経クロステック トップITキャリアアップ3300人大調査――ITの仕事に携わって「良かった!」Part1 ITの仕事に携わって「良かった!」 Part1 ITの仕事に携わって「良かった!」 IT業界“3K”説は迷信だった――。ITに携わるビジネスパーソン(ITパーソン)の多くは、少々の苦労や悩みはあるにせよ「ITの仕事に携わって良かった!」と思っている。ITに携わらない人(nonITパーソン)に比べても、ITパーソンは恵まれた環境で働いているようだ。 以下では、20代から50代のビジネスパーソ

2008年11月17日日経BP★フィードバック数:2キャリアとスキル

エンジニアの英語力について、調査結果が発表になりました。

仕事の英語力,一番困っているITプロは誰?

日経クロステック トップITシステム記者のつぶやき 調査編仕事の英語力,一番困っているITプロは誰? 仕事の英語力,一番困っているITプロは誰?だれが言い出したか「勉強の秋」。というわけで今回の「記者のつぶやき調査編」のお題は「ITプロと英語力」である。10月最終週にWebアンケートを実施したところ,1065人の方から回答を頂いた。英語力がテーマだったためか,今回は外資系企業の方からの回答が少なく,1065件中38件(3.6%)だけだった。 アンケートを通じて知りたかったことは,IT関連職種にお

2008年8月4日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

ITproがJUASの調査について記事にしています。

企業IT動向調査2008

日経クロステック トップITシステム企業IT動向調査2008企業IT動向調査2008 企業IT動向調査2008日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)は1994年度から毎年、企業のIT予算・組織、開発実態などを調査している。2007年度の調査結果を「企業IT動向調査2008」にまとめた。IT投資は07年をピークに減少に向かうこと、基幹業務システムの寿命はユーザーとベンダーの間で4年の認識の差があることなどがわかった。 アンケートを送付した企業は、東証一部上場企業を中心に約4000社。IT部門へ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ