調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 日経平均株価

「日経平均株価」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年5月26日ナビナビ証券フィードバック数:0大型消費/投資

「株」に関する意識調査

株式投資・資産運用のニュースや調査結果について投資家330人に聞いた今後の日経平均株価予想「上がる」34.5%、「下がる」36.1%!「株」に関する意識調査~株式投資の格言「株は5月に売れ!?」~投資家330人に聞いた今後の日経平均株価予想「上がる」34.5%、「下がる」36.1%!「株」に関する意識調査~株式投資の格言「株は5月に売れ!?」~当サイトが提供する掲載情報について『ナビナビ証券』では、複数の金融機関と提携し、証券投資に関する情報を提供しています。記事にあるリンクやバナーを通じて、金

2020年の運用成績と2021年の日経平均株価の見通しについて教えてください

全国の個人投資家を対象にアンケート調査を実施しました!2020年の運用成績と2021年の日経平均株価の見通しについて教えてください2020年の運用成績と2021年の日経平均株価の見通しについて教えてください株式投資をしている全国の個人投資家713名を対象に、「2020年の運用成績と2021年の日経平均株価の見通し」についてアンケート調査を実施しましたので、結果を発表いたします。<調査概要>調査対象:株式投資をしている男女713名対象地域:全国調査方法:インターネット調査、やさしい株のはじめ方メ

2016年7月19日東洋経済新報社★フィードバック数:0社会/政治

英国EU離脱でも株価上昇!202社ランキング

英国EU離脱でも株価上昇!202社ランキング下がる日経平均を尻目に逆行高した銘柄は? Brexitの余波で日経平均は急落に見舞われたが、個別では株価が上昇している銘柄もある(撮影:今井康一) 英国のEU離脱(Brexit)に、日本を含む世界の金融市場が動揺した。離脱派の勝利が伝えられた6月24日の日経平均株価は、前日比1286円安の1万4952円に沈み、約4カ月ぶりとなる1万5000円割れに見舞われた。2015年末の終値1万9033円からの下落率は実に21.5%。その後の反発も長くは続かず、

2015年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日経平均2万円台回復をどう評価するか?

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日経平均2万円台回復をどう評価するか? ここから本文です日本経済見通し:日経平均2万円台回復をどう評価するか?日本経済は緩やかな回復を続ける見通しリサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 小林 俊介 山口 晃 サマリー◆:日経平均株価が2015年4月22日に終値で2万円の大台を回復した。マクロ経済の視点から、今回の株価上昇局面をどう評価すればよいのだろうか?日本の住宅・不動産市場に「バブル」的な過

2015年4月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日経平均株価は2万円台を回復~株高基調は持続するか?~

日経平均株価は2万円台を回復~株高基調は持続するか?~

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスと日銀の金融緩和が株価を押し上げた効果の考察

アベノミクスと日銀の金融緩和が株価を押し上げた効果の考察 基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > アベノミクスと日銀の金融緩和が株価を押し上げた効果の考察アベノミクスと日銀の金融緩和が株価を押し上げた効果の考察基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメール

2015年4月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日経平均オプションの価格から分かること

トップレポート・コラムコラム日経平均オプションの価格から分かること ここから本文です日経平均オプションの価格から分かること前回の拙コラム『二つの日経平均先物の価格から分かること』(2015年1月5日掲載)では、シカゴ・マーカンタイル取引所で取引される、取引通貨の異なる二つの日経平均先物の価格から、ドル円レートと日経平均株価の関係に対する市場の見方を捉える方法について書いた。今回は、引き続き「価格から分かること」として、大阪取引所で取引される日経平均オプションの価格から、将来の日経平均株価のボラテ

2015年1月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

二つの日経平均先物の価格から分かること

トップレポート・コラムコラム二つの日経平均先物の価格から分かること ここから本文です二つの日経平均先物の価格から分かること日本株式市場の寄付きでの日経平均株価の水準を考える際に、Chicago Mercantile Exchange(CME)で取引される日経平均先物の清算値が参考にされることが多い。これは、日本時間の早朝にCMEの取引が終了する関係から、日本の夜間でのニュースがこの清算値に織り込まれると考えられているためである。ところで、CMEでは「円建て」と「ドル建て」の二つの日経平均先物が取

“3度目の正直”より気掛かりな、日米株価の下落リスク-バブルではないが、悪いニュースに反応しやすい

“3度目の正直”より気掛かりな、日米株価の下落リスク-バブルではないが、悪いニュースに反応しやすい | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > > 証券市場 > “3度目の正直”より気掛かりな、日米株価の下落リスク-バブルではないが、悪いニュースに反応しやすい“3度目の正直”より気掛かりな、日米株価の下落リスク-バブルではないが、悪いニュースに反応しやすい 金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなた

2014年7月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

推進力が必要な日本株式市場

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 昨年は、「アベノミクス相場」と言われたように日本の株式相場の活況が注目されたが、一方、それとともに相場が大きく荒れたといった指摘も多く見られた。そこで、改めて、日本の代表的な株価指数である日経平均株価およびTOPIXと他の株式市場の株価指数について、昨年末時点のヒストリカルボラティリティを比較した(図表1)。ヒストリカルボラティリティは、株価指数の変動の大きさを表す指標の一つであり、一般的に株価指数(

日本株式市場の「変化」に注目

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月28日日本株式市場では、米国や欧州の株高や為替市場での円高の一服を受けて、日経平均株価が約1ヵ月半ぶりに14,600円台を回復し、これまでの軟調な基調にいくつかの変化がみられるようになってきました。ひとつ目の変化としては、日経平均株価が28日に、200日移動平均線である14,655円(5月28日時点)を上抜いた点です。200日移動平均線は当面の大きな節目と捉えられていましたが、これを上抜いたことにより、相場の底堅さが確認されて

【続】日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月5日【続】日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性 4日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比611円(4.18%)安の14,008円となるなど大幅下落で取引を終えました。新興国経済に対する不透明感が高まる中、3日に発表された1月の米ISM(供給管理協会)製造業景況指数が市場予想以上に大きく低下したことを受けて、米国景気の先行き不安が台頭し、同日の米国株式市場が大幅下落となったことが日本株式市場の下落の主因となりま

2014年1月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

年初の株価下落をどうみるか、そして1年後の株価は?

年初の株価下落をどうみるか、そして1年後の株価は? | ニッセイ基礎研究所 年初の株価下落をどうみるか、そして1年後の株価は? 金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年は順調に上昇した日経平均株価だが、今年に入り2日連続で下落した。今後の急落を想定すべきか。その必要はなく、むしろ2014年末に向けて緩やか

2009年1月14日楽天証券★フィードバック数:0大型消費/投資

楽天証券による個人投資家の意識調査です。

楽天証券 楽天DI 新春特大アンケート

楽天グループのインターネット証券「楽天証券」で投資家になろう! はじめに新年明けましておめでとうございます。個人投資家の市場見通しを分析する本年最初の「個人投資家サーベイ楽天DI」は、年末にご協力をいただきました「新春特大アンケート」の集計結果も含めてのご案内です。年末の慌しい時にも関わらず1,736名ものお客様にご協力をいただけましたことを、楽天DI関係者一同になり替わりまして、心より御礼申し上げます。また今年も更なる内容充実を目指して工夫・改良を重ねてまいる所存ですので、引き続き温かいご支

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ