「景気予想」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年11月19日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂生活総合研究所、生活者にきいた”2021年 生活気分”を発表

博報堂生活総合研究所、生活者にきいた”2021年 生活気分”を発表●2021年の景気予想は「良くなる」が過去最高 一方、2020年の景気については、「悪かった」が過去最高で79.3% 来年の景気は「良くなる」と思う理由では、「コロナの収束や反動」が最多●2021年は「旅行」、「貯金」、「外食」にお金をかけたい 2021年にお金をかけたいものの上位3位(旅行、貯金、外食)の数値は、いずれも「今年お金をかけた」を上回る。特に「旅行」では来年(28.9%)と今年(8.0%)の差が+20.9ptと大きい

2017年1月31日ジーコムフィードバック数:0社会/政治

「福岡県居住者の2017年の暮らし向き」調査

独自調査「福岡県居住者の2017年の暮らし向き」調査結果レポート公開2017/01/17株式会社ジーコム・1年前と比べた暮らし向きの変化を表す『暮らし向き判断指数』は、プラス7.3ポイントで前回調査のマイナス7.9ポイントから大きく増加。過去10年間で最高値。・2017年の自分自身の暮らし向き予想は楽観層と悲観層がほぼ同じ割合だが、世の中の景気予想については悲観層が楽観層を大きく上回っている。 調査方法:インターネット調査調査規模:464サンプル調査対象:福岡県在住の20歳以上の男女実施日:平成

2015年12月4日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

生活者にきいた【2016年 生活気分】調査

NEWS博報堂生活総合研究所 生活者にきいた【2016年 生活気分】調査報告 2015年12月01日 博報堂生活総合研究所は、このたび、生活者にきいた【2016年 生活気分】をまとめました。本レポートは、生活者の2016年の家計や気持ちの行方を明らかにするために、生活総合研究所が実施した複数の調査をまとめたものです。2016年の景況感や楽しさ予想、イベント意向などについて、のべ約6,500名に調査した結果を、生活者視点で分析しました。調査結果からは暗い景況感を持つ人が減少し、消費意欲が回復基調に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ