「景気回復」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~消費税率引き上げ後も景気回復は持続可能~

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~消費税率引き上げ後も景気回復は持続可能~

引続き緩慢さが見込まれるユーロ圏の景気回復の足取り~限られた改善傾向と依然続く下振れリスク~

引続き緩慢さが見込まれるユーロ圏の景気回復の足取り~限られた改善傾向と依然続く下振れリスク~

2014年2月18日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

経済見通しです。

2013~2015年度日本経済見通し ~消費税率引き上げ後も景気回復は持続可能~

2013~2015年度日本経済見通し ~消費税率引き上げ後も景気回復は持続可能~

2014年2月11日日本政策金融公庫★フィードバック数:0キャリアとスキル

日本政策金融公庫のレポートです。

注目される給与の動向 ~減少が続いた背景と、景気回復に伴う増加への期待~

注目される給与の動向 ~減少が続いた背景と、景気回復に伴う増加への期待~

2014年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:景気回復傾向が強まる

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:景気回復傾向が強まる ここから本文です日本経済見通し:景気回復傾向が強まるただし、中国経済の下振れリスクには要注意調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆景気回復傾向が強まる:日本経済の回復傾向が強まっている。政府は1月17日に発表した月例経済報告において、景気が「緩やかに回復している」との表現を8年振りに使用した。当社も、今後の日本経済は、①米国経済回復による輸出の持ち直し、②日銀の金融緩和を受けた

2013年11月29日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

冬のボーナスです。

冬のボーナス、企業規模より“業界”によって明暗分かれる

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 冬のボーナス、企業規模より“業界”によって明暗分かれる。― 経営者・人事担当者向けサービスサイト 「[en]パートナーズ倶楽部」アンケート ― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、経営者・人事担当者向けサービスサイト「[en]パートナーズ倶楽部」( )上でサイト利用者444名を対象にアンケート調査を行いましたので、以下概要をご報告します。■調査結果概要冬

2013年11月25日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

中小企業の景気についてのレポートです。

中小企業への景気回復の波及について

中小企業への景気回復の波及について

2013年11月14日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業側の調査です。

マイナビ転職 中途採用状況調査 2013

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択~ 企業の人材不足が拡大傾向。経験者を中心に積極的な中途採用ニーズが高まる ~株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する総合転職情報サイト『マイナビ転職』()では、全国の企業を対象にした「マイナビ転職 中途採用状況調査」の結果を発表しました。なお、企業向けの中途採用状況調査は、2012年から実施しており、今回が2回目となります。概要は以下の通りです。

2013年11月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪準備銀、豪ドル高へのけん制姿勢をあらためて強調 ~景気回復の後押しに豪ドル安による「経済のリバランス」を求める~

豪準備銀、豪ドル高へのけん制姿勢をあらためて強調 ~景気回復の後押しに豪ドル安による「経済のリバランス」を求める~

海外経済の不透明感漂う中、緩やかな景気回復が継続~7~9月期は一時的に成長率が減速した可能性も~

海外経済の不透明感漂う中、緩やかな景気回復が継続~7~9月期は一時的に成長率が減速した可能性も~

2013年11月2日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

国内金利環境:景気回復、デフレ圧力の低下で、日銀は様子見スタンスを継続

国内金利環境:景気回復、デフレ圧力の低下で、日銀は様子見スタンスを継続

2013年10月22日インテリジェンス★フィードバック数:0キャリアとスキル

転職理由調査です。

転職理由ランキング2013年下期

転職なら、求人情報・転職サイトdoda(デューダ) 求人を探す求人を紹介してもらう知りたい・聞きたいイベント景気動向や社会情勢によって、転職理由はどのように変化するのでしょうか?2013年下期(2013年4月~2013年9月)に、転職活動を行った約3万人のデータを元に転職理由を解析します。 ※データ出展:本コンテンツのデータはdodaサービスにご登録いただいている方のデータより抽出しています。データ抽出期間:2013年4月1日~2013年9月30日 有効回答数:約3万件※掲載日:2013.1

2013年10月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU ASEAN TOPICS:シンガポール経済:2013年第3四半期の実質GDP成長率~前年比+5.1%へと加速、景気回復の動きが継続~

BTMU ASEAN TOPICS:シンガポール経済:2013年第3四半期の実質GDP成長率~前年比+5.1%へと加速、景気回復の動きが継続~

輸出回復により、内外需の両輪揃った景気回復へ ~懸念される消費税増税後の景気・物価情勢~

輸出回復により、内外需の両輪揃った景気回復へ ~懸念される消費税増税後の景気・物価情勢~

緩和縮小見送り後の行方 ~マーケット・カルテ10月号

緩和縮小見送り後の行方 ~マーケット・カルテ10月号 | ニッセイ基礎研究所 緩和縮小見送り後の行方 ~マーケット・カルテ10月号 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 9月18日、世界中が注目した米FOMCにおいて、QE3縮小が見送りとなった。金融市場では「小幅縮小」が本命視されていただけに肩透かしを食った形となり、株高・

2013年9月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

新興国マンスリー(2013年9月)「新興国通貨不安」は収束へ

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年9月)「新興国通貨不安」は収束へ ここから本文です新興国マンスリー(2013年9月)「新興国通貨不安」は収束へ~アップサイドリスクも~サマリー◆米国の量的金融緩和の巻き戻しは、同国経済の好転という実体的裏づけを伴いながら、数年に亘って行われる。その間、最近見られるリスク・オフが継続するのであれば、いずれ少なからぬ新興国が外貨の流動性危機に見舞われることになろう。しかし一方、米国の景気回復は市場にリスク・オンへの転換を促す要因である。

景気回復に向けた動きが見られる中国経済~安定的成長をより重視へ~

景気回復に向けた動きが見られる中国経済~安定的成長をより重視へ~

2013年8月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

新興国減速第三弾、景気回復遅れる中欧3カ国

新興国減速第三弾、景気回復遅れる中欧3カ国

2013年8月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

景気回復が遅れる中欧3カ国~欧州債務問題によるマネーフローへの影響も要注視~

景気回復が遅れる中欧3カ国~欧州債務問題によるマネーフローへの影響も要注視~

2013年8月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2013年8月)新興国は遅行型の景気回復へ

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年8月)新興国は遅行型の景気回復へ ここから本文です新興国マンスリー(2013年8月)新興国は遅行型の景気回復へ~リスク・オン下での新興国低評価は何故か?~サマリー◆米国の株価が史上最高値圏にあることが示すように、金融市場では米国の量的緩和の縮小への懸念を、同国の景気回復への期待が上回り、リスク・オフからオンへの転換が着実に進んでいるように見える。通常、それは新興国通貨の上昇などをもたらすが、市場は相変わらず新興国への厳しい評価を変え

景気回復の本格化と不動産市況の着実な改善 - 不動産クォータリー・レビュー2013年第2四半期

景気回復の本格化と不動産市況の着実な改善 - 不動産クォータリー・レビュー2013年第2四半期 | ニッセイ基礎研究所 景気回復の本格化と不動産市況の着実な改善 - 不動産クォータリー・レビュー2013年第2四半期 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5月以降、株式市場と為替相場が不安定な動きをする一方で、1-3月の実質GDP成長率が年率4.1%に上方修

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

2006年、日本はどうなる!今年の日本を漢字一文字で表すと?(2006/01)

【第117回】アンケート結果:2006年1月4日〜1月10日 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)1,617人 2006年、日本はどうなる! 今年の日本を漢字一文字で表すと?昨年末に京都の清水寺が発表した「2005年を象徴する漢字」では、愛・地球博、ご成婚やアイちゃんの活躍を受け、「愛」が選ばれました。今回は、これと同じ要領で2006年の日本がどうなるのか、皆さんに「漢字一文字」で日本の行く末を占っていただきました。さて皆さんは今年一年を一体どんな漢字にしたためたのでしょうか

2013年7月19日大和総研フィードバック数:2社会/政治

日本経済見通し:景気回復傾向が強まる

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:景気回復傾向が強まる ここから本文です日本経済見通し:景気回復傾向が強まる「アベノミクス」の効果は着実に浸透調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー:日本経済の回復傾向が強まっている。「アベノミクス」の効果は着実に日本経済に浸透してきた。7月11日に、日銀は、景気の基調判断を「緩やかに回復しつつある」へと上方修正し、2年半振りの景気回復宣言を行った。政府も、7月の月例経済報告で、景気の基調判断を上方修正

2013年7月19日大和総研フィードバック数:2社会/政治海外

欧州経済見通し 米国の動向に一喜一憂

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 米国の動向に一喜一憂 ここから本文です欧州経済見通し 米国の動向に一喜一憂英国では久々に個人消費が主役の景気回復へサマリー◆ユーロ圏の景気回復の鍵を握る輸出はここ半年あまり伸び悩んでいる。しかしながら、景況感は緩やかながら改善を続けており、また、最大の輸出相手国である米国の景気が着実に回復していることから、2013年後半に米国向けの輸出が牽引役となって、ユーロ圏経済もごく緩やかながら回復局面に入ると見ている。◆ただし、前回、前々回の景気回復局面で

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 外需頼みが続くユーロ圏

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 外需頼みが続くユーロ圏 ここから本文です欧州経済見通し 外需頼みが続くユーロ圏英国では住宅販売業者の景況判断が一段と改善サマリー◆ユーロ圏経済は2013年1-3月期まで6四半期連続で前期比マイナス成長となり、特に最近2四半期は輸出と投資の落ち込みが目立った。ただ、月次統計では2月以降、輸出と生産に持ち直しの動きが出てきている。中国などエマージング諸国の景気回復の足取りは鈍いが、米国経済は堅調で、世界経済も徐々に回復してくると見込まれる。ユーロ圏経

足元では回復力が弱い中国経済~資金供給の拡大で先行きの景気回復を下支え~

足元では回復力が弱い中国経済~資金供給の拡大で先行きの景気回復を下支え~

2013年5月23日大和総研フィードバック数:4社会/政治

アベノミクスと各国それぞれにとっての為替相場

トップレポート・コラムコラムアベノミクスと各国それぞれにとっての為替相場 ここから本文ですアベノミクスと各国それぞれにとっての為替相場円相場がアベノミクスの成功の鍵を握っていることは明らかだ。デフレからの脱却には金融緩和が不可欠であり、過度な円高を是正し、輸出主導で景気回復を図るという基本に立ち返ったところがアベノミクスのもっとも良いところだと思う。これは戦後最長の景気回復を実現した小泉内閣の政策にも似ている。2001年4月に発足した小泉内閣は、黒田氏(現日銀総裁)、溝口氏と続いた両財務官の下で

2013年5月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2013年5月)成長ドライバーは中間層よりも資本流入

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年5月)成長ドライバーは中間層よりも資本流入 ここから本文です新興国マンスリー(2013年5月)成長ドライバーは中間層よりも資本流入~懸念される成長格差の縮小~サマリー◆IMFの世界経済見通しによれば、2014年には先進国と新興国・途上国の成長率格差が3.5%ポイントまで縮小する。2008年までの「新興国ブーム」は大幅な成長格差を誘因とした資本移動に後押しされており、その縮小(予想)は資本流入の停滞を通じて新興国の景気回復力を抑制する

【韓国GDP】まだ、力強さは見られない

【韓国GDP】まだ、力強さは見られない | ニッセイ基礎研究所 【韓国GDP】まだ、力強さは見られない 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 韓国銀行(中央銀行)は4月25日、2013年1-3月期の実質国内総生産(GDP)を公表した。前期比(季節調整済)で+0.9%の増加となり、前期の2012年10-12月期(同+0.3%)から大きく加速した。ただ

2013年4月25日インテリジェンス★フィードバック数:5キャリアとスキル

転職理由の変化を推移で見られます。

転職理由ランキング2013年上期

転職なら、求人情報・転職サイトdoda(デューダ) 求人を探す求人を紹介してもらう知りたい・聞きたいイベント景気動向や社会情勢によって、転職理由はどのように変化するのでしょうか?2012年下期(2012年10月〜2013年3月)に、転職活動を行った約3万人のデータを元に転職理由を解析します。 ※データ出展:本コンテンツのデータはdodaサービスにご登録いただいている方のデータより抽出しています。データ抽出期間:2012年10月1日〜2013年3月31日 有効回答数:約3万件※掲載日:2013

2013年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

韓国を取り巻く状況は厳しい(Asia Weekly (3/25~3/29)) ~台湾中銀は緩やかな景気回復を前提に政策金利を据え置く~

韓国を取り巻く状況は厳しい(Asia Weekly (3/25~3/29)) ~台湾中銀は緩やかな景気回復を前提に政策金利を据え置く~

投資・輸出の好調で景気回復が続く中国経済~ただし、消費・生産が冴えず景気回復のテンポは緩やか~

投資・輸出の好調で景気回復が続く中国経済~ただし、消費・生産が冴えず景気回復のテンポは緩やか~

2013年3月20日大和総研フィードバック数:2社会/政治

日本経済見通し:「アベノミクス」の効果もあり、景気回復局面へ

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:「アベノミクス」の効果もあり、景気回復局面へ ここから本文です日本経済見通し:「アベノミクス」の効果もあり、景気回復局面へ「欧州ソブリン危機」再燃などのリスク要因に要注意調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆:2012年10-12月期GDP二次速報を受け、2012-14年度の成長率見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2012年度が前年度比+1.0%(前回:同+0.9%)、2013年度が同+2.

2013年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 晴れない視界

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 晴れない視界 ここから本文です欧州経済見通し 晴れない視界景気回復を脅かす政治リスクサマリー◆2012年10-12月期の成長率は、ユーロ圏が前期比-0.6%、英国が同-0.3%とともに落ち込んだ。この時期は世界的に需要減退が見られ、双方とも輸出が落ち込み、投資と在庫の調整が進んだ。また、個人消費も振るわなかった。◆欧州の企業景況感は、輸出見通しの改善などに牽引され、2012年10月頃を起点として改善傾向が見られ、2013年半ばの景気回復を示唆して

不動産規制強化に揺れる中国:景気回復は途切れてしまうのか?

不動産規制強化に揺れる中国:景気回復は途切れてしまうのか? | ニッセイ基礎研究所 不動産規制強化に揺れる中国:景気回復は途切れてしまうのか? 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年中国で経済成長率が鈍化した原因のひとつに不動産投資の減速がある。不動産投資は固定資産投資全体の4分の1超を占めており、マクロ経済に与える影響は大き

2013年2月17日インテリジェンス★フィードバック数:4キャリアとスキル

IT系を中心に伸びています。

転職求人倍率レポート(2013年1月)

転職なら、求人情報・転職サイトdoda(デューダ) 求人を探す求人を紹介してもらう知りたい・聞きたいイベントランキング・データ・調査転職求人倍率レポート(2013年1月)全体:1月の求人倍率は、前月比-0.18ptの1.38倍。転職希望者が前月比+16%と大幅増 2013年1月の求人倍率は、前月比-0.18ptの1.38倍。転職希望者が前月比+16%と大幅に増えた一方、求人数は前月比+2%と微増のため、求人倍率が低下しました。 例年1月は、4月入社に向けて転職活動者が増える時期ではありますが、

2013年2月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2013年2月)景気回復の確度が高まる

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年2月)景気回復の確度が高まる ここから本文です新興国マンスリー(2013年2月)景気回復の確度が高まる~ただし投資主導には時間が必要か~サマリー◆世界の各所で景況感の改善が続いており、経済の先行きにかかわる不確実性の低下が、投資などの需要を刺激する効果も期待できる局面に入っている。米中の景気の明るさが増していることが大きいが、中でも米国では生産や消費ではなく、上下サイクルの長い住宅市場が改善していることが景況感を支えている。◆欧州で

2010年1月12日マクロミルフィードバック数:8社会/政治

2010年 新成人に関する調査

2010年01月08日“日本の未来”は「暗い」と思う8割。一方、“自分の未来”は「明るい」と思う6割。7割超が「政治」「経済」に関心あり。日本は「景気回復」「雇用対策」に取り組むべき。将来的に望むこと、「安定した生活を送る」「幸せな家庭を築く」が9割。「恋愛に消極的」5割超。半数の男性が「自分は草食男子」だと思う。インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、今年(2010年)、成人式を迎える全国の新成人を対象に、「2010年 新成人に関する調査」を実施いたし

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
 

お知らせ