「暗証番号」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年6月23日マイナビフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「ポイントを盗まれた」など約5%の人が不正ログインの被害に

レポート 「ポイントを盗まれた」など約5%の人が不正ログインの被害に - マイナビニュース調査 目次Webサービスに対して危機管理意識を高く持つことが重要 近年、Webサービスへの不正ログイン・アクセスが問題となっている。ニコニコ動画やmixi、LINEといった大手サイトも相次いで被害を受けている。原因のひとつとして考えられるのがWebサービスにおけるパスワードの使い回しだ。そこでパスワードの管理方法や不正ログイン、不正アクセスの被害にあったことがあるかどうか、マイナビニュース会員500人に

フィッシング対策協議会によるレポートです。

フィッシングレポート 2013

~ フィッシングとは実在する組織を騙って、ユーザネーム、パスワード、アカウントID、ATMの暗証番号、クレジットカード番号といった個人情報を詐取する行為です ~ フィッシングレポート 2013 の掲載2013年06月12日2012年度のフィッシング対策協議会のガイドライン策定ワーキンググループにおいて、フィッシングの被害状況、フィッシングの攻撃サイドの技術・手法などをとりまとめたフィッシングレポートを公開しました。本レポートの主な内容は以下のとおりです。・フィッシングの動向- 国内の状況- 海

インターワイヤードがクレジットカードに関する調査結果を発表しました。

『クレジットカード』に関するアンケート

半数以上が「ネットショッピング」でクレジットカードを活用。暗証番号・・・「分かりやすい番号を避けている」人は36.1%と4割未満半数以上がネットショッピングでクレジットカードを活用。 また、普段の買い物など、気軽に利用している人も多いようです。暗証番号については、「わかりやすい暗証番号を避けている」人は4割未満と多くありませんでした。調査は2009年2月10日〜2月26日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター11,961人から回答を得ています。● 7割の人が、クレジットカードを2枚以上所有●

ユーザー側のフィッシングに関するまとまった意識調査です。

フィッシングに関するユーザ意識調査報告書2008

~ フィッシングとは実在する組織を騙って、ユーザネーム、パスワード、アカウントID、ATMの暗証番号、クレジットカード番号といった個人情報を詐取する行為です ~ フィッシングに関するユーザ意識調査報告書2008について2008年07月30日フィッシング対策協議会は、2008年2月にインターネット利用者を対象とした「フィッシングに関するユーザ意識調査」を実施し、その調査結果をまとめました

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ