「有識者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月24日外務省★★フィードバック数:0社会/政治

米国における対日世論調査

平成29年12月20日 平成29年(2017年)3月に,外務省は,ニールセン社に委託して,米国における対日世論調査を行いました。本件世論調査は1960年以来ほぼ毎年実施しており,18歳以上の1,005名を対象とした「一般の部」と,各界(政官財,学術,マスコミ,宗教,労働関係等)で指導的立場にある200名を対象とした「有識者の部」に分けて電話調査を行いました。1 対日信頼度は,一般の部で82%(昨年度73%),有識者の部でも86%(昨年度83%)と,昨年と同様に高い数値が示されました。日米協力関係

3Dプロジェクションマッピング 市場動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査結果 3Dプロジェクションマッピング 市場動向屋外型に加え屋内型が増加→ 今後は屋内の演劇、コンサートなどの演出ツールとして期待プロジェクター動向(20,000ルーメン以上)→ 2017年の市場規模(国内):3,300台、325億円の市場と予測→ 2016年のメーカーシェア(国内):①パナソニック ②クリスティ ③セイコーエプソン2017年の市場規模(プロジェクターを含む)→ 約800億円と予測 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・

科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2016)

トップ » 報道発表 » 科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2016)[NISTEP REPORT No.171, 172]の公表について 科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2016)[NISTEP REPORT No.171, 172]の公表について科学技術・学術政策研究所(NISTEP)では、第5期科学技術基本計画期間中の我が国における科学技術やイノベーションの状況変化を把握するため、一線級の研究者や有識者約2,800名を対象とした5年間の継続的な

2016年4月11日福島県フィードバック数:0社会/政治

県民健康調査における中間取りまとめ

平成23年度より実施している県民健康調査のこれまでの評価や今後の方向性について、各専門分野の有識者から構成される「県民健康調査」検討委員会において下記PDFのとおり取りまとめられましたので、お知らせします。 PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)このページに関連する情報 〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16(本庁舎3F)Tel

2015年3月30日福島県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

主要木材の短期需給見通し

福島県における主要木材の短期需給見通しをお知らせします  県では、木材の生産、加工、流通、建築、金融等の各分野の有識者による「福島県木材流通対策協議会」を設置し、木材流通等の動向や今後の展望について情報交換を行っています。これらの情報を業界関係者等が共有し、業務の参考としていただくため、「主要木材の短期需給見通し」を作成しましたので、公開いたします。 PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は

エボラ出血熱の動向と対策

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。 有識者の講演録、客員研究員のコラム等幅広い情報をご提供します

2014年11月7日外務省★★フィードバック数:0社会/政治

アメリカから見た日本です。

米国における対日世論調査

平成26年11月7日 平成26年(2014年)7月31日から8月21日まで,外務省は,ニールセン社に委託して,米国における対日世論調査を行いました。本件世論調査は1960年以来ほぼ毎年実施しており,18歳以上の1003名を対象とした「一般の部」と,各界(政官財,学術,マスコミ,宗教,労働関係等)で指導的立場にある200名を対象とした「有識者の部」に分けて電話調査を行いました(信頼度95%の標本誤差は一般の部で±3%,有識者の部で±7%)。1 対日信頼度は,昨年と同様に,一般の部で73%(昨年76

2013年12月22日外務省★フィードバック数:0社会/政治

アメリカから見た日本です。

米国における対日世論調査(結果概要)

平成25年12月19日平成25年(2013年)7月から8月まで,外務省は,ハリス・インタラクティブ社に委託して,米国における対日世論調査を行いました。本件世論調査は1960年以来ほぼ毎年実施しており,18歳以上の1000名を対象とした「一般の部」と,各界(政官財,学術,マスコミ,宗教,労働関係等)で指導的立場にある201名を対象とした「有識者の部」に分けて電話調査を行いました(信頼度95%の標本誤差は一般の部で±3%,有識者の部で±7%)。1 対日信頼度は一般の部で76%,有識者の部で93%と,

科学技術研究についての調査です。

科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2012)

「科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2012)」[NISTEP REPORT No.153, 154]の結果公表について科学技術政策研究所では、第4期科学技術基本計画期間中の我が国における科学技術やイノベーションの状況変化を把握するため、産学官の研究者や有識者への意識定点調査(NISTEP定点調査)を2011年度より実施しています。このたび、第2回目となるNISTEP定点調査2012の結果がまとまりました。自由記述簡易検索用データベースを用いるとNISTEP定点調査2011

2012年5月23日外務省★フィードバック数:26社会/政治

アメリカ人から見た日本です。

米国における対日世論調査(結果概要)

米国における対日世論調査(結果概要) 平成24年(2012年)2月から3月まで、外務省は,ギャラップ社に委託して,米国における対日世論調査を行いました。本件世論調査は1960年以来ほぼ毎年実施しており,18歳以上の1200名を対象とした「一般の部」と,各界(政官財,学術,マスコミ,宗教,労働関係等)で指導的立場にある200名を対象とした「有識者の部」に分けて電話調査を行いました(信頼度95%の標本誤差は一般の部で±4.25%,有識者の部で±7%)。対日信頼度は一般の部で84%,有識者の部でも9

2012年3月19日国土交通省フィードバック数:4社会/政治

日韓における越境連携の推進に関する検討調査

「日韓における越境連携の推進に関する検討調査」報告書について 平成24年3月16日広域地方計画においては、「東アジアとの円滑な交流・連携」を、重要戦略目標の一つと位置づけています。また、韓国においても、地方公共団体の枠を超えた広域的な地域発展を目指す取り組みを進めています。 このため、日韓の地域間連携を推進するために、連携の現状等を把握するとともに、有識者からなる「日韓における地域間連携の推進に関する研究会」を設置し、日韓の地域間連携のあり方について検討を行ってまいりました。このたび、「日韓に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

特集データ

お知らせ