調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 株式会社フォロー

「株式会社フォロー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年1月4日伊藤手帳フィードバック数:0ライフスタイル

【調査】使用した手帳は「保管する」が98.4%。理由は「振り返る」「見返す」「思い出す」

【調査】使用した手帳は「保管する」が98.4%。理由は「振り返る」「見返す」「思い出す」 手帳製造・OEMを手がけて66年の伊藤手株式会社(本社名古屋市:代表取締役社長 伊藤 亮仁 以下当社)は使用した「手帳の保管期間」に関する調査結果を公開します。本調査は当社が主催した手帳プレゼントキャンペーンの申し込み者を対象に行いました。回答者117名のうち98.7%が使用した手帳を翌年以降も保管する結果となりました。保管する理由については自由記述回答で行いその結果、多く使われている単語として「振り返る

2020年12月18日エレコムフィードバック数:0ライフスタイル

「おうち時間」に関するアンケート調査

【調査】コロナ禍で「おうち時間」が増えた人は7割以上!増加した「テレビ視聴」と「家事」の時間をエレコムのTVスピーカーでさらに快適に エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田順治)は、10月26日(月)から11月1日(日)まで、エレコム公式Twitterにおいて「#おうち時間を楽しもう」フォロー&RTキャンペーンを行い、約3,900名に「おうち時間」に関するアンケート調査を実施いたしました。本調査ではコロナ禍における「おうち時間」の増加とそれに伴い増えた項目が分かりました。 1

2020年12月18日モノオクフィードバック数:0キャリアとスキル

副業についての意識調査

【副業についての意識調査】「収入不安」「在宅時間の増加」によって70%以上が副業への関心アップ。副収入の目標金額は「月100,000円以上」が多い結果に 物置きのシェアリングサービス「モノオク」を運営するモノオク株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:阿部祐一)は、「モノオク」の副業実施者130名を対象に副業に関する実態調査を実施いたしました。今年は新型コロナウイルスの流行で、生活様式や働き方が大きく変わった1年でした。コロナ禍を経たウィズコロナと言われる現在における、「副業」に対す

2020年12月10日WalkMe★フィードバック数:0ビジネス

WalkMe、ニューノーマル時代におけるデジタルツール利用状況調査を発表

WalkMe、ニューノーマル時代におけるデジタルツール利用状況調査を発表 デジタル習熟度が業務効率やストレス度に影響 世界初のデジタルアダプションプラットフォーム (DAP)を提供しているWalkMe株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:道下和良、以下、WalkMe)と日経BPコンサルティングは、新型コロナウイルス感染拡大後に急速に進んだテレワーク実施時のデジタルツールの利用に際し、実際に在宅勤務を実施したビジネスパーソンがどのような評価をしているか把握するための調査を行いました。 今回

2020年10月28日akippaフィードバック数:0大型消費/投資

2020年のおでかけに関する調査結果

【2020年のおでかけに関する調査結果】年代別でのGo Toトラベルキャンペーンの利用率は20代が最多。今年の夏は「近場へのおでかけ」傾向に。 駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(代表取締役社長 CEO:金谷元気)は、akippaを利用しているユーザーに2020年のおでかけに関するアンケートを実施いたしましたので、その結果を発表いたします。 【調査結果まとめ】1.今年の夏に訪れた都道府県はどこですか?「出かけていない」と答えた人の割合が最多という結果に居住エリア別で

2020年10月23日SMBC日興証券フィードバック数:0大型消費/投資

withコロナ時代におけるお金・投資に関する意識調査

withコロナ時代におけるお金・投資に関する意識調査 コロナショックをきっかけに「お金」に対する考え方が変わった人は半数にとどまるが、現在投資をしている層ほど、いまが「投資のはじめどき」だと思っている。SMBC日興証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:近藤雄一郎、以下「当社」)は、記事から株が買える投資サービス「日興フロッギー」を調査主体とし、投資の日(10月4日)に合わせて「withコロナ時代におけるお金・投資に関する意識調査」を実施いたしましたので、その結果をご報告いたします。

2020年10月9日キャディフィードバック数:0ビジネス

町工場の約8割が売上2割以上減、業界を跨いだ販路開拓の難しさが浮き彫りに

町工場の約8割が売上2割以上減、業界を跨いだ販路開拓の難しさが浮き彫りに 〜新常態の販路開拓は「オンライン」にシフト傾向〜 日本のモノづくりをテクノロジーで変革するキャディ株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:加藤勇志郎)は、日本全国計104社の金属加工などを行う町工場を対象に、製造業の販路開拓に関するアンケート調査を実施しました。 ■調査サマリー約8割の町工場の直近3ヶ月の売上が2割以上減コロナ前後の主要顧客の業界数は変化なし・減少を合わせると97%。業界を跨いだ販路開拓の難しさが浮き彫り

コロナ禍で購入したお家アイテムとおうち時間の変化をアンケート調査!

コロナ禍で購入したお家アイテムとおうち時間の変化をアンケート調査! 最新かつ高品質な3Dプリンターとレジンを安く、早く販売するサービスSK本舗を運営するフェリデンシア・キャピタル株式会社が、旬の話題についてアンケートを行いましたので、その調査結果をお届けします。(調査方法:インターネットリサーチ、調査対象:20代~60代男女、調査日:8月10日) ◼コロナ禍(3月以降)で新しく購入した家電・ガジェット(日用品、消耗品除く。例 コーヒーメーカー,サウンドバー、など)はありますか?コロナ禍(3月以

2019年4月10日Sharinフィードバック数:0キャリアとスキル

活き活き働くことに関する意識調査

【活き活き働くことに関する意識調査】社会人の2人に1人はイキイキと働いていると思っていない? 組織コミュニケーションの活性化に着目した人事クラウドサービスを提供するSharin(シャリン)株式会社は、全国の企業に勤務する20代〜50代の男女を対象に、「活き活き働くこと」に関するアンケートを実施し、現代人の活き活き働くことに対しての意識調査を行いました。 ■調査サマリー社会人の2人に1人は活き活きと働いていると思っていない20代〜50代までの働く社会人の男女に今の職場や仕事で自分が活き活きと働

「スメハラ」に関する意識調査

バレンタイン目前!OLに聞く、「男性の絶対許せない所」ダントツ第1位は○○という意外な結果に… セクハラ、パワハラ、スメハラ・・・とハラスメントがキーワードの昨今。一体、女性たちは何のハラスメントに嫌悪を抱いているのでしょうか? バレンタインを間近に控え、世の中の男性たちはソワソワし始めるのではないのでしょうか。しかし、女性が男性を見る目は時代の変化と共に様々なものに移り変わり、それに対応しようとすると男性はとても大変ですね。しかし女性は「これだけは絶対に嫌!」という、"最も許せない男性の嫌な部

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ