調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 楽天モバイル

「楽天モバイル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年4月28日ショーケースフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

【2021年最新】格安SIMおすすめランキング|人気9社の速度・料金を徹底比較!

【2021年11月】格安SIMおすすめランキング|人気9社の速度・料金を徹底比較!毎月更新!最新の格安SIMおすすめランキングを紹介。キャンペーン・料金・通信速度を比較して、「おすすめの格安SIMはどこ?」という疑問に答えます。大手キャリアから格安SIMに乗り換える手順や格安SIMの上手な選び方も説明しているので、初心者でも失敗なしです。携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?この記事では、2021年11月最新おすすめの格安SIMを紹介しています。プラン料金が

2019年9月30日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2019年9月格安SIMサービスの利用動向調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 メイン利用のMVNOシェア、2019年は13.2%、2014年は1.6% 5年で11.6ポイント増 MMD研究所は、15歳~69歳の男女40,804人を対象に2019年8月19日~26日の期間で「2019年9月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施いたしました。調査結果は以下の通りです。【調査結果サマリー】■ メイン利用のMVNOシェア、201

2018年4月9日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2018年3月格安SIMサービスの満足度調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 格安SIM利用率上位15サービスの満足度は71.3%、総合満足度1位はmineo MMD研究所は、「2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査※1」において格安SIMサービス利用率上位14サービスとY!mobileの利用者15歳以上の男女2,070人※2を対象に「2018年3月格安SIMサービスの満足度調査」を実施致しました。 ※1 http

2018年4月2日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 メイン利用のMVNOシェアは10.1%(昨年3月は7.4%)、MVNOとY!mobileを合わせると格安SIMメイン利用シェアは13.9%に MMD研究所は、15歳~69歳の男女44,541人を対象に2018年2月16日~2月22日の期間で「2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施いたしました。【調査結果サマリー】■ メイン利用のM

2016年10月14日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 格安SIMサービスの利用率は14.7%、契約プランは音声プランが53.8%、データプランが46.2% MMD研究所は、15歳~69歳の男女35,161人を対象に2016年9月26日~10月3日の期間で「2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施いたしました。調査結果は以下の通りです。【調査結果サマリー】■ 格安SIMサービスの利用率は

2016年7月23日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

2016年7月格安SIMサービスの利用者満足度調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 格安SIM利用率上位8サービスの利用者満足度は約70% MMD研究所は「2016年6月格安SIM利用者・検討者シェア調査(※1)」において格安SIMサービス利用率上位8サービスの利用者15歳から69歳の男女1,638人(※2)を対象に「2016年7月格安SIMサービスの満足度調査」を実施致しました。(※1)https://mmdlabo.jp/p

2016年6月17日ICT総研フィードバック数:0モバイル

2016年 MVNO格安SIMの市場動向調査

■ MVNO「格安SIM」利用者シェアは、楽天モバイルが17.0%でトップ。■ 利用者の満足度の高い項目は、「最適な料金プラン」、「コストパフォーマンス」。■「事業者に対する信頼性」は、IIJmioがトップ。mineo、OCNモバイルONEが続く。■ MVNO「格安SIM」契約数は、2016年末に710万契約まで拡大すると推計。 株式会社 ICT総研 (東京都千代田区)は6月15日、2016年 MVNO格安SIMの市場動向調査の結果をまとめた。総務省主導によるSIMロック解除の流れを受け、MVN

2016年4月5日MMDLaboフィードバック数:0マーケティング

2016年3月格安SIMサービスの満足度調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 トップページ調査データ格安SIM利用上位5サービスの満足度は73.7%、項目別では「料金の安さ、通話品質、通信品質」で満足度が7割を超える格安SIM利用上位5サービスの満足度は73.7%、項目別では「料金の安さ、通話品質、通信品質」で満足度が7割を超える MMD研究所は3月18日に発表した「2016年3月格安SIMサービスの利用動向調査」より利用

2015年9月4日ICT総研フィードバック数:0モバイル

2015年9月 格安スマホ&大手携帯キャリア 通信速度実測調査

2015年9月 格安スマホ&大手携帯キャリア 通信速度実測調査 ■ 大手キャリアの下り 32.3Mbpsに対し、格安スマホ 19.9Mbpsと、速度の差が顕著。■ ワイモバイルの下り速度は、31.7Mbpsと、OCNモバイルONE、楽天モバイルを凌駕。■ 大手キャリアの下り速度は、ソフトバンクが36.0Mbpsでトップ。次点はau。■ 全社平均を地域別に見ると、 名古屋と東京で、下り 約10Mbpsの速度差。 株式会社 ICT総研 (東京都千代田区)は9月4日、格安スマホ&大手携帯キャリア

2015年9月3日MMDLaboフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

格安SIMに関する調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 格安SIMシェアTOP3は 「OCNモバイルONE」「楽天モバイル」「IIJmio」 MMD研究所は格安SIMを利用している20~59歳の男女1,111人を対象に「格安SIMに関する調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 格安SIMシェアTOP3は「OCNモバイルONE」「楽天モバイル」「IIJmio」■ 最も印象に残る格

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ