「標準語」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

言葉の壁-標準語の功績と日本語の未来

言葉の壁-標準語の功績と日本語の未来 | ニッセイ基礎研究所 言葉の壁-標準語の功績と日本語の未来 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 初対面の際に出身地の話をするのは無難な話題のひとつだ。面白かったのは長野県の人が、県歌である「信濃の国」が歌える人は長野県人であると言っていたことだ。子供のころに長野県で教育を受けた人は、まず間違いなく

言葉の壁~標準語の功績と日本語の未来

言葉の壁~標準語の功績と日本語の未来 | ニッセイ基礎研究所 言葉の壁~標準語の功績と日本語の未来 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 初対面の際に「出身地はどこですか?」と聞かれるのは良くあることだが、本籍地と出生地が違う上に親の転勤で転校を繰り返したので、どう答えたら良いのか迷ってしまう。最近知ったのだが、地方新聞では本籍地は移すこ

その言葉は方言?標準語?

日本の国土は東西に細長い形をしており、さまざまな気候や生活習慣がみられると同時に、土地の言葉も同じようにたくさんのバリエーションがあります。皆様は普段、どのような言葉を使って会話をしていますか?10月23日は「津軽弁の日」だそうです。今回は、インズウェブユーザーの皆様の方言に関するアンケート結果をお知らせします。  まず最初に、日常的に使用している言葉について質問しました。普段、標準語を使用している方は全体の71.8%と多数派であり、方言を話す人の割合が28.2%と少ない結果になりました。近年、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

特集データ

お知らせ