「機械学習」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年11月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内プライベートクラウド市場予測を発表

24 Oct 2019国内プライベートクラウド市場予測を発表 Japan, 2019年10月24日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内プライベートクラウド市場予測を発表しました。これによると2018年の国内プライベートクラウド市場規模は、前年比38.6%増の5,764億円となりました。同市場の2018年~2023年の年間平均成長率(CAGR:Compound

2019年5月8日SAS Institute★フィードバック数:0企業情報システム

SAS、GARP調査:リスク管理者の81%が既にAIの価値を実感

SAS、GARP調査:リスク管理者の81%が既にAIの価値を実感調査対象の金融サービス企業の半数以上が、AIの実装または維持管理に必要なスキルの不足を懸念*2019年2月26日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。 人工知能(AI)は今、金融業界を含め、あらゆる業界を変革しつつあります。アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc. (以下 SAS) とGlobal Association of Risk Pro

2019年1月15日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

業種別AIの導入状況に関する法人アンケート調査を実施(2018年)

国内民間企業515社のAI導入率は2.9%、業種別では流通業が最も低く0.8%に留まる~深刻化する労働力不足の解決のために、AI活用による省力化、業務自動化が期待される~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の民間企業に対して法人アンケート調査を実施し、AI(機械学習やディープラーニング、自然言語処理、画像認識、機械翻訳、ロボット、チャットボット、RPAなど)の導入状況や業種別の動向について明らかにした。1.調査結果概要矢野経済研究所では、2018年7月~10月にAIの導

2018年9月11日ビズリーチフィードバック数:0キャリアとスキル

プログラミング言語別年収中央値を発表、求人検索エンジン「スタンバイ」調べ

トッププレスルームプレスリリース(2018)プログラミング言語別年収中央値を発表、求人検索エンジン「スタンバイ」調べ プログラミング言語別年収中央値を発表、求人検索エンジン「スタンバイ」調べ1位:Go(600万円)、2位:Scala、3位:Python 機械学習のニーズを受け、Rも高年収株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎 以下、ビズリーチ)が運営する求人検索エンジン「スタンバイ」( https://jp.stanby.com/)は、「プログラミング言語別年収ラン

FROM NOVELTY TO NECESSITY Applications and Predictions of Marketing in Machine Learning Age

電通イージス・ネットワークのiProspect、加速度的に進化する機械学習に関しマーケティング分野におけるグローバル調査と市場予測を発表 - 機械学習は「目新しい」技術から「必要不可欠」な技術へ - iProspect Japan (アイプロスペクト・ジャパン株式会社、CEO:金井 耕一、所在地:東京都中央区)は近年急速に発達し人々の生活やそれに伴うマーケティング手法に大きな影響を与えつつある機械学習について、グローバル規模での調査に基づき市場予測を発表いたしました。自社の持つグローバルネットワ

2018年4月11日ウェブルートフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日米セキュリティ専門家400名に聞いたAI・機械学習に関する意識・実態調査・日米比較

【インフォグラフィック公開】日米セキュリティ専門家400名に聞いたAI・機械学習に関する意識・実態調査・日米比較 ~8割以上の企業はAIによる攻撃を懸念~ セキュリティソフトをグローバルで展開し、セキュリティ業界をリードするウェブルート株式会社 (本社:東京都港区、 代表取締役社長:伊藤 誉三、以下 ウェブルート)は、企業のサイバーセキュリティ担当者、日米400名(各国200名)を対象に、人工知能 (AI) サイバーセキュリティについての意識調査を実施いたしました。その調査結果をインフォグラフィ

2017年12月26日Black Duck Softwareフィードバック数:0企業情報システム

オープンソースソフトウェアの2018年トレンド予測

[] オープンソースの安全性確保と管理の自動化ソリューションの分野で世界最大手のBlack Duck Software, Inc. (日本法人:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社、東京都渋谷区、以下Black Duck)は本日、2018年のオープンソースソフトウェアに関するトレンド予測を発表しました。1.機械学習が指数関数的に増加:Black Duck Open Source Rookie Awardを受賞した、Amazon DSSTNEのようなオープンソースプロジェクトがこの流れを牽引。理

2017年3月1日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年2月24日アクセンチュア最新調査――機械学習や人工知能(AI)などデジタル技術の導入は、行政機関の人材獲得に不可欠【バージニア州アーリントン発 2017年2月2日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、行政機関が民間企業との人材獲得競争に勝ち、スキル格差の拡大に対処するためには、デジタル技術に精通した若い人材の獲得・定着に向けて、機械学習や人工知能(AI)、生体認証など先進技術の

2017年1月8日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

会員が注目した2016年記事ランキング(データ分析編)

TechTargetジャパン2016年アクセスランキング トップ10(データ分析編)» 2016年1月1日〜2016年11月30日“Excelの兄”ともいえる分析ツール「Power BI」の成長が止まらない実践で分かった、“脱Excel”でどれだけ仕事のスピードは上がるのか?誰でも使える「機械学習」があらゆるビジネスを変える期待のIoT(モノのインターネット)が思ったほど急速に普及しない理由誰でも使える「機械学習」をAWSが実現? 有望市場への取り組みを見る機械が人間に、人間が機械に? IoTで

2016年12月23日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service

Skip to main content Skip to Footer2016年12月14日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――高度なアナリティクス、機械学習やIoTなどのデジタル技術が公共サービス機関の変革に貢献 【バージニア州アーリントン発 2016年11月15日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、高度なアナリティクスをはじめとするデジタル技術は、行政や公共サービスに携わる行政機関に急速な変化をもたらし、規制コンプライアンス、レガシーIT基盤への対応や役所文化

2016年11月28日アスタミューゼ★フィードバック数:0企業情報システム

AI分野の研究テーマ日米比較「医療・ヘルスケア」はアメリカがリード、日本は「生産技術」に注力

[アスタミューゼ株式会社] ,ヘルスケア 創薬 人工知能 医療 AI 機械学習 アスタミューゼ astamuse 深層学習

2016年3月22日野村総合研究所★★フィードバック数:0ビジネス

2020年までのITロードマップ

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2015年9月28日ヤフオク!フィードバック数:0マーケティング

数字で見るヤフオク!

ヤフオク!についていつでも、どこでも、すべての人にリユースするワクワクを サクッと売り買いしたいものはフリマで。とっておきのものはオークションで。 「安心して、楽しくリユースできる」場を提供するために、ヤフオク!は日々改善しています。 またヤフオク!ならではのスケールの大きなチャリティ企画、社会貢献にも力を入れています。プロダクトリリースヤフオク!、偽物出品対策を強化 従来の機械学習に加えて、スパコン・ディープラーニングを活用開始 ヤフオク!、11月12日よりオークション出品を月額費無料で利用可

2015年8月31日IIJフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Internet Infrastructure Review (IIR) Vol.28

ページの先頭ですページ内移動用のリンクですホームIIJの技術セキュリティ・技術レポートInternet Infrastructure Review(IIR)Vol.28 今号では、機械学習とセキュリティについて取り上げるほか、年に1度のブロードバンドトラフィックレポートでは、ブロードバンドとモバイルのトラフィックを比較についてご紹介します。また技術トレンドでは、ソーシャル・ビッグデータについて解説します。インフラストラクチャセキュリティ「機械学習とセキュリティ」今回は、機械学習とセキュリティ、

2015年6月17日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

人工知能の未来 -ディープラーニングの先にあるもの-

人工知能の未来 -ディープラーニングの先にあるもの-松田 尚子 (RIETI研究員(非常勤)/東京大学政策ビジョン研究センター助教) 本講演では、人工知能の最新動向、特にディープラーニングを取り巻く状況について述べる。人工知能の歴史を紐解きながら、ディープラーニングのもつ意義を解説し、今後の研究の進展について概観する。また、こういった人工知能の変化が、今後、どのように社会や産業を変えるのか、人工知能の未来について解説する。 議事録ディープラーニング関連の海外企業の投資「ディープラーニング」

2014年12月4日日経BP★フィードバック数:0キャリアとスキル

iSRFの調査です。

[ITエンジニア7000人調査2]独立志向強いコンサル、9割が「仕事に不満なし」

総合トップITシステムITpro Report[ITエンジニア7000人調査2]独立志向強いコンサル、9割が「仕事に不満なし」 2014/12/04 00:00 [ITエンジニア7000人調査2]独立志向強いコンサル、9割が「仕事に不満なし」  前回に続いて、ITスキル研究フォーラム(iSRF)が国内で就業するITエンジニア7218人を対象に実施した調査結果を紹介する。今回は将来のキャリアと仕事のやりがいに焦点を当てる。キャリアについてはコンサルタントの独立志向が強く、40代から安定志向に入っ

2014年10月8日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

R is for Robot、S is for Sensor

トップレポート・コラムコラムRisforRobot、SisforSensor ここから本文ですRisforRobot、SisforSensorIoT(InternetofThings)時代に求められるロボットサービス三原則2014年になってロボットに関する話題が増えてきた印象がある。従来のロボットのイメージは、経済産業省のロボット政策研究会が発表した報告書での定義、「『センサ』、『知能・制御系』及び『駆動系』の3つの要素技術があるもの」であり、代表的なものは工場にある産業用ロボットになろう。20

2011年7月29日日経BP★フィードバック数:0デジタル家電

BPによるパソコンの買い替え等についての調査結果です。

パソコンの寿命

壊れて動かなくなった時が「パソコンの寿命」とは限らない。「遅くて使い物にならない」「機能不足でやりたいことができない」と感じたら、買い替え時が近付いている証拠だ。とはいえそのタイミングを判断するのは難しい。本特集では、パソコンの寿命の見極め方と延命の決め技を紹介する。機械学習と深層学習を理解するために、具体的なデータとプログラムを用いた演習を行う講座です。言語としてPythonを用い、… RFP(提案依頼書)にも書かれていない相手の真のニーズをつかみ、相手に“刺さる”提案をまとめるには、定石とも

2008年10月7日日経BPフィードバック数:0デジタル家電

この春、パソコンで新しく始めてみたいことは?

[画像のクリックで拡大表示] 新入社員の影響か、学生時代の習慣か。春になると何か新しいことを始めてみたくなる。そこで、1000人のネットユーザーに「パソコンで新しく始めてみたいこと」を聞いてみた。始めたいことがないと答えた人を除いた内訳が上のグラフだ。 上位の項目に差はないが、回答者の職業内訳を見ると傾向がハッキリ。「ホームページ、ブログの作成」は全体に人気が高いが、中でもビジネスマンに一番人気。もちろん「ネットビジネス」や「金融取引」も視野に入れ、仕事や副業に役立てたいとも考えている。一方、「

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ