「正社員」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年3月2日内閣府★フィードバック数:48大型消費/投資

非正社員にフォーカスしています。

未婚男性の結婚と家族形成に関する意識について 非正社員に焦点を当てた実証分析

現在のページ: »»» ESRI Discussion Paper Series No.296 未婚男性の結婚と家族形成に関する意識について 非正社員に焦点を当てた実証分析 ~「未婚男性の結婚と仕事に関する意識調査」の個票を用いて~ 未婚男性の結婚と家族形成に関する意識について 非正社員に焦点を当てた実証分析 ~「未婚男性の結婚と仕事に関する意識調査」の個票を用いて~内野 淳子(内閣府経済社会総合研究所総括政策研究官)飯島 亜希(内閣府経済社会総合研究所研究官)高橋 智也(内閣府経済社会総合研

2012年11月19日インテリジェンス★フィードバック数:3キャリアとスキル

年収や忙しさ、職種と未既婚との関連を見ています。

既婚者が多い職業は?

転職なら、求人情報・転職サイトdoda(デューダ) 求人を探す求人を紹介してもらう知りたい・聞きたいイベントランキング・データ・調査既婚者が多い職業は?年収と結婚の関係は?■200万円台は27%、600万円台は74%。年収が高いほど既婚率も高いことが明らかに25〜39歳の正社員・契約社員として働くビジネスパーソン全体の既婚率は44%。年代・男女別では、20代は男性25%/女性15%、30代前半は男性51%/女性31%、30代後半は男性64%/女性40%という結果になりました。全体的に女性の既婚率

2012年9月14日ディップフィードバック数:8キャリアとスキル

女性の働き方に対する意識調査

ディップ、女性の働き方に対する意識調査を実施 仕事と家庭を両立しながら就業継続を望む女性は約7割 結婚後も“働き続けると思う”未婚女性は71.3%、実際に“働き続けた”既婚女性は69.8%報道関係者各位ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下ディップ)は、運営する人材派遣の求人情報サイト『はたらこねっと』()にて、「女性の仕事に対する意識調査」を実施いたしましたので、その結果をご報告いたします。【アンケート調査の目的】今回の調査は、結婚、出産といった人生の転機

2012年7月26日マイボイスコムフィードバック数:0キャリアとスキル

マイボイスコム 就業意識(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ有職者のうち、現在の仕事に満足している人は半数強。正社員や経営者の方が、管理職以外の正社員、契約、派遣より満足度が高い。仕事に満足していない人は生活満足度も低い 働く上での重視点は「仕事の内容、種類」「通勤時間、勤務地」「給与水準」がトップ3。以下、「労働時間」「休暇日数、休みのとリやすさ」などが続く 仕事の満足点は「通勤時間、勤務地」「休暇日数、休みのとりやすさ」「労働時間」「仕事の内容、種類」の順。不満点は「給与水準」が最も多く、2位以

2012年5月25日HRプロフィードバック数:2キャリアとスキル

人事課題に関するアンケート調査

「人事課題に関するアンケート調査」結果報告【2】曲がり角を迎える日本の人事。その課題を探る【2】 前回に引き続き、HR総合調査研究所(HRプロ)が、2012年2月24日から3月8日にかけて実施した「人事課題に関する調査」の結果をもとに、人事考課制度の改定状況と女性活用の進展について取り上げてみたい。 4割の企業が人事考課制度を5年以内に改定「過去5年以内に人事考課制度を改定したか」という設問に対して、メーカー系、非メーカー系、規模別で大きな差異は見られない。「改定した」のは全体の4割、「改定

2012年3月29日厚生労働省★フィードバック数:12キャリアとスキル

企業の能力開発についてのまとまった調査結果です。

平成23年度「能力開発基本調査」の結果公表~「労働者全体の能力を高める」ことを重視する企業が昨年に引き続き増加~

平成24年3月28日職業能力開発局総務課基盤整備室室長 大津英喜(5960)室長補佐 佐藤 誠(5970)(電話代表) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3377 平成23年度「能力開発基本調査」の結果公表~「労働者全体の能力を高める」ことを重視する企業が昨年に引き続き増加~ 厚生労働省では、このほど、平成23年度「能力開発基本調査」の結果を取りまとめましたので公表します。「能力開発基本調査」は、国内の企業・事業所と労働者の能力開発の実態を、正社員注1、正社員以外注2別

2011年11月8日ビー・スタイルフィードバック数:14キャリアとスキル

企業で働いている女性の約4人に1人が非正社員!~第一回ウーマン・リブ大会から40年以上が経過しているにも関わらず、いまだに男女間に格差がある現実が明らかに~

株式会社ビー・スタイルは「次世代型人材サービス」提供企業です。 HOME > プレスリリース > 企業で働いている女性の約4人に1人が非正社員!〜第一回ウーマン・リブ大会から40年以上が経過しているにも関わらず、いまだに男女間に格差がある現実が明らかに〜プレスリリース詳細企業で働いている女性の約4人に1人が非正社員!〜第一回ウーマン・リブ大会から40年以上が経過しているにも関わらず、いまだに男女間に格差がある現実が明らかに〜 プレスリリース2011年11月7日株式会社ビー・スタイル(東京) ━

『ボーナス』に関するアンケート 2009

● 半数が「昨年よりもボーナス減った」・・・減り幅も昨年より大きく● エコポイント目当て? ボーナスでの買い物は、テレビ・エアコン・車などが人気今年は幾らになるのか、毎年ボーナス時期はドキドキしますが、今年は不景気の影響がボーナスに出た人も多いようです。インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「ボーナス」についてアンケートを行い、昨年との比較、満足度、身近な景気などについてまとめました。調査は2009年6月24日(水)〜7月9日(木)にかけて実施し、DIMSD

2008年6月16日厚生労働省★★★フィードバック数:1キャリアとスキル

厚生労働省による企業の人材育成に関する定期調査です。

平成19年度 能力開発基本調査 結果概要

職業能力開発局総務課基盤整備室室長松淵 厚樹室長補佐宇野 浩一電話 03(5253)1111(内線5601)03(3595)3377(夜間直通) 「平成19年度 能力開発基本調査 結果概要」<ポイント>・ 労働生産性が高いと認識している企業ほど、能力開発の取組を重視・ 「人材育成に問題がある」とする事業所は約8割・ 正社員を大きく下回る非正社員に対する教育訓練実施割合・ 「忙しくて自己啓発の時間がない」など多くの労働者が自己啓発に問題意識・ 団塊の世代の退職等に伴う技能継承の問題があるとする

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ