調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 気候変動問題

「気候変動問題」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年3月25日メンバーズフィードバック数:0ライフスタイル

メンバーズ、「気候変動問題・SDGsに関する生活者意識調査」を実施

ナビゲーションメンバーズについてニュースリリース(2021年)メンバーズ、「気候変動問題・SDGsに関する生活者意識調査」を実施 地球温暖化関心層は全年代に一定数存在し、関心に至る背景やインサイトも多様化の傾向。エコ活動から脱炭素化にむけた消費活動への移行が予想され、企業は気候変動問題の解決とビジネス成果の両立が重要に ・5割はエシカル商品の購入意欲がある一方、購入経験があるのはわずか2割 ・企業と消費者のコミュニケーションに課題があることが浮き彫りに ・高年収ほどエシカル商品の購買意欲が高い傾

2015年6月19日日経新聞★フィードバック数:0大型消費/投資

個人投資家調査です。

個人投資家9400人調査

知って得するお金の知識や投資のノウハウなど、とっておきの情報をメールでお届けします。登録はこちら。空気制して温暖化征す グリーン空調が変える世界 「世界の平均気温の上昇を1.5度に抑える努力を追求すると決意する」。13日に閉幕した第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)。成果文書「グラスゴー気候合意」では、6年前のパリ協定で「努力目標」だった1.5度の気温上昇抑制の表記を一歩踏み込み、事実上の共通目標とした。 石炭火力発電の削減、電気自動車(EV)の普及、森林火災対策の強化――気候

2015年4月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

ESGポートフォリオのリターン分析(3)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ESGポートフォリオのリターン分析③気候変動問題への対応の評価によるポートフォリオ ◆気候変動問題への企業の対応を評価したCDPのパフォーマンスバンドを指標としてポートフォリオを作成し、そのリターンや収益性、外国人持株比率の分析を行ったところ、次の結果を得た。パフォーマンスバンドはAを最上位とし、AからEまでのバンドが付与されている。◆直近5年間の配当込みTOPIXの年率リターンが11.5%であったの

2013年12月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

統合報告フレームワークの公表で期待される、非財務情報開示の充実

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs統合報告フレームワークの公表で期待される、非財務情報開示の充実 ここから本文です統合報告フレームワークの公表で期待される、非財務情報開示の充実サマリー2013年12月9日、IIRC(The International Integrated Reporting Council)から国際統合報告フレームワーク(The International Integrated Reporting Framework)が公表された。統合報告は、企業の財務

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

特集データ

新着データ

お知らせ