調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 気象予報士

「気象予報士」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年3月14日カネボウ化粧品フィードバック数:0ライフスタイル

気候・環境変化と肌意識調査

20代〜40代の働く女性300人に聞く、「気候・環境変化と肌意識調査」そのくすみ、気候の変化が原因かも!?現代女性は「乾燥くすみ※」に要注意! 気象予報士・美容ライター 大貫未記さんが提言! ※乾燥によるくすみのこと。 カネボウ化粧品のスキンケアブランド「DEW(デュウ)」では、20代〜40代の働く女性300人を対象に、気候・環境の変化と肌に関する調査を行いました。主な調査結果は以下の通りです。調査結果サマリー働く女性の9割が気候や環境の変化によって肌への影響があると考えている✭働く女性の8割強

2018年1月16日tenki.jpフィードバック数:0ライフスタイル

2017年お天気総決算

あっという間に2017年も師走モード突入。今年も2017年の天気を振り返るべく、日本気象協会所属の気象予報士100名と、全国の一般の方500名に聞いた、「今年の天気を表す漢字」と「今年最も印象に残ったお天気ニュース」の結果を大発表!さらに全国の気象予報士による、各地方の2017年の天気解説や、「2018年の天気に期待すること」もお届けします。

2016年12月18日日本気象協会フィードバック数:0社会/政治

2016年お天気総決算

日本気象協会の気象予報士と一般の方に調査・・・日本気象協会の気象予報士と一般の方に調査を実施 2016年 今年の天気を表す漢字 気象予報士は「台」、一般の方は「雨」(3年連続) tenki.jpラボvol.11『2016年お天気総決算』を公開 一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川裕己、以下「日本気象協会」)は、天気予報専門サイト内の「tenki.jpラボ(」にて、2016年12月8日(木)から『2016年お天気総決算』を公開します。※「今年の天気を表す漢字」を、日本に唯一と

第4回桜の開花・満開予想(3/17発表)

3/17に桜特集「お花見☆JAPAN」内で、第4回桜の開花予想を発表しました。【開花予想担当気象予報士の解説】今年の桜の開花は、九州~近畿では早め、関東では平年並みでしょう。3月の気温は、西日本で平年よりもやや低温で推移、北日本で平年よりもやや高温で推移しました。今週は、全国的に気温は平年よりも高く推移し、かなり高くなる所もあると予想しています。このため、桜の花芽の生長が一気に進んで、西日本では平年よりも早めの開花となり、東~北日本では、ほぼ平年並みの開花となる予想です。 【開花予想の特徴】開花

第4回桜の開花予想

3/17に桜特集「お花見☆JAPAN」内で、第4回桜の開花予想を発表しました。【開花予想担当気象予報士の解説】今年の桜の開花は、『九州~近畿ではやや早め、東海~東北では平年並み』となるでしょう。3月中旬にかけては、寒気の影響を受けて平年よりも低温傾向で推移していましたが、この先は全国的に平年よりも暖かい日が多くなる見込みです。このため、九州~近畿地方では、平年よりもやや早めの開花となる所が多く、東海~東北地方では、平年並みの開花となる所が多いでしょう。 【開花予想の特徴】開花予想で重要となる「休

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ