調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 法定雇用率

「法定雇用率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年1月9日アデコフィードバック数:0ビジネス

精神・身体障がい者338名と、企業人事担当者400名を対象にした調査

精神・身体障がい者338名と、企業人事担当者400名を対象にした調査 精神障がい者の方が、仕事や就職活動における満足度が低い傾向が明らかに障がい者を雇用している企業でも、精神障がい者を雇用しているのは3割程度にとどまる 世界最大(*1)の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、2018年4月1日の「改正障害者雇用促進法」の施行を受けて、就業中の身体障がい者と精神障が

2018年12月25日日本財団フィードバック数:0社会/政治

「18歳意識調査」第5回 テーマ:障害

日本財団「18歳意識調査」第5回 テーマ:障害省庁の障害者雇用水増し 批判的な意見、半数を下回る 日本財団は「18歳意識調査」第5回のテーマを「障害」として実施しました。 その結果、障害者の雇用率が法律で定められていることを半数が知っていましたが、民間企業の障害者雇用率が約1.9%にとどまっている現実を知らない人が8割を超え、今年8月に発覚した中央省庁の障害者雇用水増し問題も知っていた人は3割、「あってはならない」と批判的に捉えている人も半数以下にとどまっていました。このほか、障害者への手助け

2018年12月3日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

障がい者雇用実態調査2018

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース障がい者雇用実態調査2018 障がい者雇用率2.2%を達成している従業員数50名以上の企業は、39%に留まる。 2017年に比べ、達成率が低下。 ―人事向け総合情報サイト『人事のミカタ』アンケート― 障がい者雇用実態調査2018―人事向け総合情報サイト『人事のミカタ』― 障がい者雇用率2.2%を達成している従業員数50名以上の企業は、39%に留まる。2017年に比べ、達成率が低

2018年1月10日厚生労働省フィードバック数:0マーケティング

平成29年 障害者雇用状況の集計結果

平成29年12月12日【照会先】職業安定局雇用開発部障害者雇用対策課課長中村 裕一郎主任障害者雇用専門官新田 峰雄課長補佐杉原 慶(代表電話) 03-5253-1111 (内線)5857、5789(直通電話) 03-3502-6775 厚生労働省では、このほど、民間企業や公的機関などにおける、平成年の「障害者雇用状況」集計結果を取りまとめましたので、公表します。障害者雇用促進法では、事業主に対し、常時雇用する従業員の一定割合(法定雇用率、民間企業の場合は%)以上の障害者を雇うことを義務付

2016年9月23日エン・ジャパンフィードバック数:0社会/政治

民間企業の障がい者雇用実態調査2016

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース民間企業の障がい者雇用実態調査2016―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 民間企業の障がい者雇用実態調査2016法定雇用率2.0%を達成している企業は31%。障がい者雇用の課題は「適した仕事がない」「設備が未整備」。―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京

2015年5月28日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

障がい者雇用についての調査です。

民間企業の「障がい者雇用」実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 民間企業の「障がい者雇用」実態調査。法定雇用率2.0%を達成している企業は32%。雇用の壁とは?―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人事担当者向け中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』( https://partners.en-japan.com )上でサイトを利用する従業員数50人

2015年5月21日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

障がい者雇用についての調査です。

障がい者雇用について

人事担当者が考えるべき、旬のテーマを調査! 障がい者の「法定雇用率を達成している」企業22%障がい者に「適さない業種・職種」、「施設の未整備」が雇用の壁 アンケート実施期間:2015年3月18日(水)~2015年4月14日(火)有効回答数:268名 今回は「障がい者雇用」について伺いました。2013年4月に改正された「障がい者雇用率制度」では、従業員50人以上の民間企業において、2.0%以上の割合での障がい者雇用が義務となりました。約2年が経った今回の調査。障がい者雇用の進行状況はどう

2012年11月15日厚生労働省フィードバック数:142キャリアとスキル

平成24年 障害者雇用状況の集計結果

平成24年11月14日職業安定局高齢・障害者雇用対策部障害者雇用対策課課長 山田雅彦主任障害者雇用専門官 田窪丈明障害者雇用専門官 鈴木良尚(代表電話) 03-5253-1111 (内線)5857,5789(直通電話) 03-3502-6775  厚生労働省では、このほど、民間企業や公的機関などにおける、平成24年の「障害者雇用状況」集計結果を取りまとめましたので、公表します。障害者雇用促進法では、事業主に対し、常時雇用する従業員の一定割合(法定雇用率、民間企業の場合は1.8%)以上の障害

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ