「津軽弁」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年10月19日Baidu★フィードバック数:0ライフスタイル

10代が選ぶ「憧れる方言TOP10」

京都地区沖縄地区北海道地区青森地区広島地区愛知地区兵庫地区 総評 テレビやYouTubeなどで標準語以外の言葉遣いが聞こえてくると、気になってつい耳を傾けることありませんか?イントネーションの違いで相手の出身地がわかったりと、各地域の喋り方は特徴があって面白いですよね。自分と違う話し方に魅力を感じる10代も多いようです。今回Simejiランキングは「憧れる方言TOP10」を調査しました。 1位 大阪地区 都道府県の中でも人口の多い「大阪地区」が第1位に輝きました。「おもろい」「ほんま」「なんぼ」

その言葉は方言?標準語?

日本の国土は東西に細長い形をしており、さまざまな気候や生活習慣がみられると同時に、土地の言葉も同じようにたくさんのバリエーションがあります。皆様は普段、どのような言葉を使って会話をしていますか?10月23日は「津軽弁の日」だそうです。今回は、インズウェブユーザーの皆様の方言に関するアンケート結果をお知らせします。  まず最初に、日常的に使用している言葉について質問しました。普段、標準語を使用している方は全体の71.8%と多数派であり、方言を話す人の割合が28.2%と少ない結果になりました。近年、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ