「海外勤務」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月25日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「海外勤務者が多い」トップ200社ランキング

「海外勤務者が多い」トップ200社ランキングメーカー、商社…海外で働ける企業はここだ 海外勤務者が多い企業でランキング上位に並ぶのは就活生の誰もが知る大企業だが…(撮影:木皮透庸) 就職活動で企業の「採用広報」解禁となる、3月1日がいよいよ迫ってきた。インターンシップやベンチャーなどの選考活動によって、すでに就活モードの学生もいるが、広報解禁をきっかけに、重い腰を上げる学生が毎年後を絶たないのが現状である。3月に入れば、説明会への参加やエントリーシートの提出に追われ、一気に慌ただしくなる。少

2016年6月21日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

海外で働いてみたい願望はありますか?

海外勤務願望がある人は約3割 多くの転職希望者は日本での勤務を希望 海外で働く、世界を股に駆けて働く……と聞くと、なんとなく“かっこいい”という憧れイメージを持っている人も少なくはないのでは? 今回は海外勤務願望がある人はどの程度いるのかを調査してみました。 アンケートの結果、海外で働いてみたい願望が「ある」と回答した人は約3割程度で、大多数は日本で働きたいと思っているようです。 また、海外勤務志向があると答えた人に、働いてみたいと思う国を聞いてみたところ、最も多かったのが「アメリカ」(26%)

2015年8月10日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「海外での勤務」についてアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 海外勤務の可能性がある企業を転職先として 積極的に選ぶ方は5年前に比べ2倍に! ―「エン転職コンサルタント」ユーザーアンケート集計結果― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 孝二)が運営する人材紹介会社集合サイト『エン転職コンサルタント』()上で、サイト利用者1,023名を対象に「海外での勤務」についてアンケートを行いました。以下、概要をご報告します。 ■調査結果概要

2015年6月17日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業選択についての意識調査です。

2016年卒マイナビ大学生就職意識調査

「2016年卒マイナビ大学生就職意識調査」を発表 大手企業志向は減少に転じ、前年比2.0pt減の42.9%。「海外勤務はしたくない」が前年より増加の54.3%で、過半数の学生が消極的株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2016年卒業予定の学生を対象とした「2016年卒マイナビ大学生就職意識調査」の結果を発表しました。本調査は、学生の就職意識や就職活動全体の動向を把握することを目的に、1979年以来、毎年実施しています。(回答数:12,526名、調査対象:2016

2014年上半期転職動向調査

ニュース&レポート2014/08/01 2014年上半期転職動向調査 2014年上半期転職動向調査一般就業者(20-49歳)比較により「英語力」「海外赴任、留学経験」で違いが顕著。 ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、バイリンガルのための転職・求人情報サイトDaijob.comを展開するダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:篠原 裕二)は、Daijob.comに登録しているユーザーを対象に2014年上半期転職動向調査を行いました。今回は、「

2015年卒ブンナビ学生アンケート(2013年10月実施)

株式会社文化放送キャリアパートナーズのプレスリリース/広報・PR情報 親が就活にかかわる事、学生も期待/海外勤務志向は男女に大きな差 < 2015年卒ブンナビ学生アンケート(2013年10月実施)の調査結果を発表>親が就活にかかわる事、学生も期待/海外勤務志向は男女に大きな差 < 2015年卒ブンナビ学生アンケート(2013年10月実施)の調査結果を発表>株式会社文化放送キャリアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:竹村勝彦)は、2015年卒業予定の学生を対象とした「2015年卒ブンナビ学生アン

2013年8月26日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

海外勤務についての意識調査です。

「海外での勤務」についてアンケート調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 海外で働きたい地域、第1位は東南アジア。 転職時、海外勤務の可能性がある企業を積極的に選ぶ人は26%。 3年前に比べ、海外勤務の意向を持つ人が増加。 ―『[en]転職コンサルタント』ユーザーアンケート集計結果― 人材総合サービスを提供する(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人材紹介会社集合サイト『[en]転職コンサルタント』(https://consultant.en-japan.com/)上で、サ

2012年9月10日日経BPフィードバック数:5キャリアとスキル

日本人のアジア派遣者調査

新興国への日本企業の投資が増大している。今求められているのは、国際的な視野を持ち、グローバルに活躍できる「グローバル人材」である。その代表は、本社から各国に派遣される海外派遣者だ。 では、日本から赴任する海外派遣者は現地スタッフからどう見られているのか。アジア地域への派遣者を対象に調査したところ、芳しくない結果が浮かび上がってきた。 今回の調査は、2008~2009年度の文部科学省の早稲田大学コンソーシアム(海外経営専門職人財養成産学連携プロジェクト、略称は「G-MaP」)で 実施したアンケート

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

新着データ

お知らせ