「海外派遣」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年6月10日マーサー ジャパン★★フィードバック数:0ライフスタイル

マーサー 『2020年世界生計費調査‐都市ランキング』を発表

マーサー 『2020年世界生計費調査‐都市ランキング』を発表 海外駐在員にとって物価が高い都市のトップは昨年と同じく香港、最下位はチュニス東京は3位にランクイン各国通貨に対する米ドルの上昇により、米国都市の順位が上昇多国籍企業は海外派遣に代わる、従業員のウェルビーイング (心身の健康)に焦点を当てたモビリティプログラムの見直しが重要となる世界最大級の組織・人事コンサルティング会社、マーサーは、『2020年世界生計費調査(Cost of Living Survey) – 都市ランキング』の結果を発

2015年6月28日日本学術振興会フィードバック数:0キャリアとスキル

海外特別研究員の就職状況等に関する追跡調査結果について(平成26年実施)

独立行政法人 日本学術振興会人材育成事業部 海外派遣事業課海外特別研究員担当〒102-0083東京都千代田区麹町5-3-1詳細はこちら 平成30年度調査結果平成29年度調査結果平成28年度調査結果平成27年度調査結果平成26年度調査結果

2015年6月17日マーサー ジャパン★フィードバック数:0ライフスタイル

物価の違いです。

2015年世界生計費調査‐都市ランキング

マーサー 『2015年世界生計費調査‐都市ランキング』を発表 17-June-2015グローバル, 東京海外駐在員にとって最も物価が高い都市はルアンダ(アンゴラ)、最も低い都市はビシュケク(キルギス)米ドル価値の上昇に伴い多くの都市の順位が大幅に変動アフリカ、アジア、ヨーロッパの都市がランキング上位を占めるアジアで最も物価が高い都市は香港が2位、4位にシンガポールが続く東京が昨年の7位から11位に、大阪が23位から32位にランクダウン東南アジアの都市の順位が急上昇。バンコクは順位を43上げ45位

2012年9月10日日経BPフィードバック数:5キャリアとスキル

日本人のアジア派遣者調査

新興国への日本企業の投資が増大している。今求められているのは、国際的な視野を持ち、グローバルに活躍できる「グローバル人材」である。その代表は、本社から各国に派遣される海外派遣者だ。 では、日本から赴任する海外派遣者は現地スタッフからどう見られているのか。アジア地域への派遣者を対象に調査したところ、芳しくない結果が浮かび上がってきた。 今回の調査は、2008~2009年度の文部科学省の早稲田大学コンソーシアム(海外経営専門職人財養成産学連携プロジェクト、略称は「G-MaP」)で 実施したアンケート

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ