「消費低迷」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

アパレル関連業者の倒産動向調査

2015/4/8特別企画 : アパレル関連業者の倒産動向調査アパレル小売、円安と消費低迷の板ばさみで悪化 〜 年明け以降は卸・小売とも軟調 〜はじめに2014年度における全体の倒産件数は8年ぶりに1万件を下回った。その一方で、アパレル関連業者にとっては、昨年4月の消費増税に伴う消費低迷や10月末のサプライズ金融緩和以降に急激に進んだ円安など、不安定な経営環境が続く。本格的な消費の回復が遅れるなか、 “不要不急”であるアパレル関連商品の販売動向や関連企業の倒産動向に与える影響が注目されている。 そ

地方の消費低迷を読み解く

地方の消費低迷を読み解く | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2012年の安倍政権発足後、個人消費は底堅い動きを続けていたが、2014年4月の消費税率引上げ後、個人消費は弱めの動きを続けている。消費動向を地域別にみると、都市部に比べ地方の不調が顕著となるなど地域的なバラツキもみられる。この地方の消費低迷の要因として、以下の4点が指摘できる。

2014年3月6日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2014年2月

業況DIは、4カ月ぶりの改善も先行きは、回復の力強さ欠き、慎重な見方崩れず全産業合計の業況DIは▲26.8(前月比+2.6ポイント)。都市部の再開発を中心とする民間工事が堅調な建設業や、米中貿易摩擦・中国経済減速の影響があるものの、半導体関連に持ち直しの動きが見られ始めた製造業に加え、年末年始の長期連休により好調なインバウンドを含む観光需要の恩恵を受けたサービス業、小売業の業況感が改善した。一方、根強い消費者の節約志向や記録的な暖冬による冬物商材の不振、深刻な人手不足や人件費の上昇、原油価格の行

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ