「消費意識」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年10月21日マイボイスコム★フィードバック数:0ライフスタイル

消費意識に関するアンケート調査(第7回)

消費意識に関するアンケート調査(第7回) ■1年前と比べ生活全体の支出額が増えた人・減った人がそれぞれ2割強。2019年調査時より支出額が増えた人がやや減少。収入額が減った人は3割弱で、2019年調査より増加。「変わらない」はそれぞれ6割前後。■1年前と比べ購買意欲が低い人は3割強、購買意欲が変わらない人は6割弱。今後1年間の購買意欲については、高くなると思う・低くなると思う、のいずれも1割強。購買意欲が変わらないという人は7割強で、2019年調査より増加。■1年前よりお金をかけていること

2020年10月23日トレンダーズ★★フィードバック数:0社会/政治

「エシカル消費」に関する意識・実態調査

「エシカル消費」に関する意識・実態調査を…「エシカル消費」に関する意識・実態調査を実施 若い世代ほど「エシカル」の認知度は高い傾向 「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上 マーケティング事業を展開するトレンダーズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:黒川涼子、東証マザーズ上場:証券コード 6069)は、20~40代の男女を対象に「エシカル消費」に関する意識・実態調査をおこないました。==============================================

「シェアリング・エコノミー」に関する意識・実態調査

ミレニアル世代の“シェア消費”事情は? 利用意向・利用実態を調査2018年2月15日各位株式会社ジャパンネット銀行株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖智人、以下ジャパンネット銀行)では、このたび、ミレニアル世代を対象とした、「シェアリング・エコノミー」に関する意識・実態調査を行いました。 ミレニアル世代の「シェアリング・エコノミー」に対する意識を大調査ミレニアル世代とは、2000年以降に成人・あるいは社会人になる世代のこと。日本国内においては、現在の高校生・大学生

2017年11月7日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 消費意識(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 消費意識 】に関するアンケート調査(第5回)1年前よりお金をかけていることがある人は7割弱。今後1年間の購買意欲が高くなると思う人は1割強、低くなると思う人は2割強 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、5回目となる『消費意識』に関するインターネット調査を2017年9月1日〜5日に実施し、10,971件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 https://myel.myv

2015年12月8日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年12月](消費意欲指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・12月](消費意欲指数)生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。 今回の生活インデックスレポートでは【12月の消費動向】(消費意欲)に関する分析結果についてご報告いたします。12月の消費意欲指数は55.4点となり、前月比は+5.9ポイントと大幅に上昇、今年の最高値を更新しました。前年同月比も-1.3ポイントと大差ないレベル。「金銭的余

2015年9月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 消費意識(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ1年前と比べ生活全体の支出額は、増えた人が3割強、減った人がそれぞれ2割弱。過去調査と比べ、支出額が増えた人が増加。収入額は、減った人が3割弱、増えた人が2割弱 1年前と比べ購買意欲が低い人は3割強。購買意欲が変わらない人は6割弱。今後1年間の購買意欲が高くなると思う人は1割強、低くなると思う人は3割強 1年前よりお金をかけていることがある人は6割強。「食品・飲料」「旅行、レジャー」「外食、グルメ」などが上位。今年お金をかけるのを我慢してい

2015年1月30日大日本印刷★フィードバック数:0ライフスタイル

DNPの調査です。

増税後の消費意識を捉えた「メディアバリューレポートVol.68」

◆◇◆DNPからのお知らせ◆◇◆ 増税後の消費意識を捉えた「メディアバリューレポートVol.68」発行 | ニュース◆◇◆DNPからのお知らせ◆◇◆ 増税後の消費意識を捉えた「メディアバリューレポートVol.68」発行節約志向のなかで、生活者の消費を後押しする「お気に入り」意識に注目【メディアバリューレポートVol.68 「増税後の生活者の消費意識」】メディアバリューレポートVol.68 「増税後の生活者の消費意識」大日本印刷(DNP)は、消費税率引き上げ後の生活者の消費意識について考察した「メ

2013年10月1日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 消費意識(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ1年前と比べ生活全体の支出額は、増えた人と減った人がそれぞれ2〜3割。過去調査と比べ、支出額が変わらない・増えた人が増加、支出額が減った人が減少。収入額は、減った人が3割で、増えた人より多い。2011年調査より収入額が変わらない人が増加、収入額が減った人が減少 1年前と比べ購買意欲が低い人は3割弱で、過去調査より減少。購買意欲が変わらない人は6割弱で、過去調査より増加。今後1年間の購買意欲が低くなると思う人は2割強で、高くなると思う人より多

2012年12月26日博報堂★★フィードバック数:14マーケティング

子どもを持つことが消費に与える影響を見ています。

子そだて世帯の消費と意識

こそだて家族研究所 調査レポートVol.1「子育て世帯の消費と意識」■「子供」をきっかけに購入する3大アイテム: 1位「学資保険:46.7%」、2 位「デジタルビデオカメラ:42.7%」、3位「自動車:36.8%」「生命保険:約1.7 万円」、「学資保険:約1.3 万円」、「子供の習い事:約1 万円」1位「貯蓄」、2位「子供の教育」、3位「自分のファッション」、4位「夫へのプレゼント」2012年12月25日2012 年10 月に設立された「博報堂こそだて家族研究所」は、子育て世帯について研究して

2012年1月31日マイボイスコムフィードバック数:3ライフスタイル

マイボイスコム くらしと節約(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ2011年の生活に満足したという人は半数弱。過去調査より低い比率。自分が幸せだと思う人は6割弱で、2011年調査時にはない「まったくそう(幸せだと)思わない」が出現している 昨年経費を節約した人は7割弱で2011年調査時よりやや増加。節約の理由上位2位は「なんとなく経済的に不安」「将来の生活に備えて」で、「東日本大震災による、節約に対する意識の変化」が続く 経費を節約した/今後しようと思う項目の上位は「外食」「公共料金」「食料品」「衣料品」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ