調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 消費税増税

「消費税増税」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年4月7日アイペット損害保険フィードバック数:0ライフスタイル

ペットの支出に関する調査

ペットの支出に関する調査 ~ 年間のペット関連支出4人に1人増加、主な要因は「病気やケガの診療費」~アイペット損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山村鉄平 以下、当社)は、犬・猫(以下、ペット)飼育者の1,025名を対象に、ペットの支出に関するアンケート調査を実施しました。2019年と2018年の年間ペット関連支出を比較すると「変わらない」と回答する犬飼育者が7割超を占める中、約4人に1人のペット飼育者は年間支出が「増えた」と回答していることがわかりました。また、ペット飼育者の支

2020年10月度 市販薬(OTC)市場トレンド

2020年10月度 市販薬(OTC)市場トレンド 増税後の買い控えがあった昨年10月との比較で103% 乾燥の季節、新製品も貢献し前年比121.4%と好調な皮膚用薬 当社は、全国一般用医薬品(OTC)販売動向調査のデータを基に、「2020年10月度 市販薬(※1)市場トレンド」を発表しました。※1 市販薬:ドラッグストアや薬局で販売される一般用医薬品(OTC)のこと。当社データは指定医薬部外品を含みます。調査結果◆ 10月度の販売金額は900億円、消費税増税後の買い控えの影響があった昨年10月と

消費税増税による家計の見直し・節約に関する調査2019

ライフネット生命調べ 実践して切なくなった節約術の1位に「食費の見直し」、3位に「光熱費削減」 切なくなった節約術では「昼食抜き」「水シャワー」「割引シール待ち」といった回答が 消費税増税による家計の見直し・節約に関する調査2019ライフネット生命保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森亮介)は2019年10月16日~17日の2日間、全国の20歳~59歳の男女を対象に、「消費税増税による家計の見直し・節約に関する調査2019」をインターネットリサーチで実施、1,000名の有効回答を

第38回 Ponta消費意識調査

第38回 Ponta消費意識調査 2019年12月発表ポイント還元で、キャッシュレス決済の利用頻度が「増えた」は、50.6%ポイント還元終了した後も 「変わらない」 が約6割以上 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第38回 Ponta消費意識調査」を「Pontaリサーチ」にて2019年11月29日(金)~ 12月5日(木)に

「消費税増税後の生活」に関する調査

増税後1ヶ月「特に生活に変化なし」は52.6% - 全国20~69歳1,077人に調査 - 株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:松田 武久)は、全国在住の20~69歳を対象に「消費税増税後の生活」に関する調査を実施しました。先月の消費税増税では、前回2014年の増税後の消費の落ち込みを教訓に様々な政策が打ち出され、売り手側も準備を進めてきました。増税から1ヶ月、生活者は、今回の増税に対してどのように行動し、この1ヶ月の生活の変化をどう受け止めているのかに

2019年9月度 市販薬市場 薬効別ランキング

2019年9月度 市販薬(OTC)市場 薬効別ランキング2019年9月度 市販薬(OTC)市場 薬効別ランキング 消費税増税前、駆け込み需要が貢献し前年比2割増 買いだめ対象は「高単価」「大容量」「定番ブランド」「高齢者向き」当社は、全国一般用医薬品(OTC)販売動向調査のデータを基に、「2019年9月度 市販薬(※1)市場 薬効別ランキング」を発表しました。※1 市販薬:ドラッグストアや薬局で販売される一般用医薬品(OTC)のこと。当社データは指定医薬部外品を含みます。調査結果◆ 9月度の販売

2019年11月6日Smart Sound Labフィードバック数:0大型消費/投資

10%増税でのキャッシュレス決済促進に関するアンケート調査

sound lab : vol. 40「キャッシュレス・ポイント還元制度」の意外な落とし穴 知名度は9割でも「いつまでか」を知らない人は約7割!10月1日から消費税が10%に。増税前はその準備に追われる様子が連日報道され、増税後もポイント還元制度にまつわる話題で持ちきりです。株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー(本社:東京都新宿区/代表:山川進)が運営する、より快適なスマートフォンライフを創造するために研究・調査しているスマートサウンド・ラボ(以下、SSL)は、消費増税を間近に控えた9

2019年10月28日インサイトテックフィードバック数:0社会/政治

消費税増税に関する不満調査

消費税増税に関する不満調査47%が「嫌気や怒りを感じている」と回答。 このブログについて メディアで話題の不満収集プラットフォーム「不満買取センター」を運営する AIベンチャーInsight Tech(インサイトテック)が送るメディア 「Insight Tech Lab (インサイトテックラボ)」データとAIが教えてくれる毎日のヒントを不定期に発信しています。 執筆者情報独自の自然言語処理技術とマーケティング知見を用いて、不満買取センターに集まった様々な声を解析し、世の中の動向やトレン

2019年10月9日ビッグローブフィードバック数:0大型消費/投資

「お金に関する意識調査」第1弾

プレスルームお金に不安を「感じる」9割弱、理由は「収入」「貯蓄」「年金」 BIGLOBEが「お金に関する意識調査」第1弾を発表~消費税増税に「反対」7割超も、購買行動は「変わらない」5割~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「お金に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第1弾を発表します。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは200人ずつ、性別カテゴリは10

2019年10月1日ビッグローブフィードバック数:0大型消費/投資

「お金に関する意識調査」第1弾

プレスルームお金に不安を「感じる」9割弱、理由は「収入」「貯蓄」「年金」 BIGLOBEが「お金に関する意識調査」第1弾を発表~消費税増税に「反対」7割超も、購買行動は「変わらない」5割~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「お金に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第1弾を発表します。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは200人ずつ、性別カテゴリは10

2019年9月26日じぶん銀行フィードバック数:0大型消費/投資

既婚者の貯蓄額は5割が500万円以上、独身者は7割が300万円未満 「家庭のお財布事情」に関するアンケート

既婚者の貯蓄額は5割が500万円以上、独身者は7割が500万円未満 ~『既婚・独身の貯蓄額』『消費増税前、不動産優遇制度の理解』ほかじぶん銀行の「家庭のお財布事情」に関するアンケート~ 株式会社じぶん銀行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:臼井朋貴、以下 じぶん銀行)は、じぶん銀行口座保有者計364名を対象に「家庭のお財布事情」に関するwebアンケートを実施しました。その調査結果を発表いたします。 既婚・独身で貯蓄額に圧倒的な差が! 既婚者は約5割の家計が500万円以上を貯蓄しているのに対し、

10月の消費税増税に向けて消費者意識調査 増税後は67%が家計を引き締めと回答

10月の消費税増税に向けて消費者意識調査。 増税後は67%が家計を引き締めと回答。(日本インフォメーション調べ) ~ 消費増税で何が起こるか? ~ ✔ 増税後は67%が家計を引き締め✔ 軽減税率やポイント還元は2割前後の乏しい理解度✔ 外食は手控え、自炊やテイクアウトへのシフトの兆候も※調査データは、無料で配布している詳細な調査結果資料(全28ページ)に掲載しております。ご希望の方は以下フォームよりお申込みいただくか、記載の連絡先までお問い合わせください。 https://www.n-info.

2019年6月20日オウケイウェイヴ★フィードバック数:0社会/政治

「消費税増税前の消費行動の傾向や関心事」に関する調査

消費税増税前の最大関心事は “キャッシュレス決済のポイント還元”等 2019/06/14オウケイウェイヴ総研は、Q&Aサイト「OKWAVE」の投稿データを分析した「消費税増税前の消費行動の傾向や関心事」に関する自主調査を実施しました。その結果、消費税増税にあわせて導入予定のクレジットカードなどのキャッシュレス決済のポイント還元制度(「キャッシュレス・消費者還元事業」)への関心が高いことが分かりました。

2019年1月16日インテージ★フィードバック数:0社会/政治

来年10月予定の消費税増税に関する調査

2019年の消費税増税 軽減税率導入で消費への影響は? 2019年10月1日から実施予定の消費税増税。今回の増税は8%だった消費税を10%に引き上げるだけでなく、低所得者に配慮する観点から、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に同税の「軽減税率」が、初めて実施されます。対象品目が8%と据え置きになる今回の目玉政策が、どの程度生活者に理解されているか、消費意欲への影響はありそうかなどを20~60歳代の男女に調査してみました。軽減税率制度、生活者の

2018年12月26日オールアバウト★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税決定直後に聞く家計と暮らし調査

<消費税増税決定直後に聞く 家計と暮らし調査>家計の実態ラン... <消費税増税決定直後に聞く 家計と暮らし調査> 家計の実態ランキング発表! ~ 減らしたいもの全世代1位は「電気代」~~ この冬は“家で楽しむ”「インドア家族」が増加で 家計もインフラ見直しがポイント ~総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡 哲也、以下「オールアバウト」)は大阪ガス株式会社(以下「大阪ガス」)と共同で、消費税増税決定直後の10月19日

2018年6月8日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

住宅リフォーム市場に関する調査を実施 ~ 2018年 第1四半期 ~

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 住宅リフォーム市場に関する調査を実施 ~ 2018年 第1四半期 ~ 2018年第1四半期の住宅リフォーム市場規模は1.2兆円を割り込み、やや勢いを欠くスタートに 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施し、2018年第1四半期の市場規模(速報値)を公表する。 図1. 住宅リフォーム市場の四半期別の市場トレンド推移1.市場概況2018年第1四半期(1~3月)の住宅リフォーム市

2017年6月7日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

住宅リフォーム市場に関する調査を実施~2017年第1四半期~

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 住宅リフォーム市場に関する調査を実施~2017年第1四半期~ 調査要綱矢野経済研究所では、国内の住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施した。1.調査期間:2017年1月~3月(2017年 第1四半期)2.調査方法:当社専門研究員による市場規模算出、及び文献調査<住宅リフォーム市場とは>本調査における住宅リフォーム市場とは、「10 m2超の増改築工事」・「10 m2以下の増改築工事」・「設備修繕・維持関連」・「家具・インテリア

2016年6月10日Slownetフィードバック数:0社会/政治

『消費税増税再延期』『内閣支持率』『アベノミクス』についてのシニア対象世論調査

『消費税増税再延期』『内閣支持率』『アベノミクス』についてのシニア対象世論調査結果 『消費税増税再延期』『内閣支持率』『アベノミクス』についてのシニア対象世論調査結果 平素は、Slownetをご利用いただき、誠にありがとうございます。Slownetサポートセンターです。この度は、Slownet世論調査『スローボイス』に、たくさんの会員様にご協力いただきました。誠にありがとうございました。 調査結果について、下記の通りご報告いたします。調査概要●実施期間:2016年5月30日(月)~6月5日(日)

2016年3月5日フルスピードフィードバック数:0社会/政治

消費税10%増税時の駆け込み需要に関する意識調査

Homeニュースリリース1都3県の社長113人にアンケート フルスピードが”消費税10%増税時の駆け込み需要に関する意識調査”を実施 1都3県の社長113人にアンケート フルスピードが”消費税10%増税時の駆け込み需要に関する意識調査”を実施株式会社フルスピード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:友松功一)は、1都3県の会社社長に向けて、消費税駆け込み需要対策についてのアンケートを実施しました。 【調査概要】 ・調査の目的:株式会社の代表取締役への消費税駆け込み需要の意識調査 ・調査方法:

2016年2月8日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

市販カー用品市場に関する調査結果 2015

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 市販カー用品市場に関する調査結果 2015 ~縮小基調にあるものの、なかでもドライブレコーダーは好調~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の市販カー用品市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年10月~12月2.調査対象:カー用品関連企業(メーカー、輸入商社、卸売業者、小売業者)および関連団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、関連企業へのアンケート調査ならびに文献調査併用

2015年12月11日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

新生活準備調査2015

「新生活準備調査2015」発表。新生活準備費用は76.5万円で、昨年の調査から1.6万円減少。結婚後すぐに子どもが欲しい新婚カップルが増加。結婚当初から「出産・育児」など将来に備えた貯蓄優先型のマネープランに変化しつつある。 「新生活準備調査2015」発表。新生活準備費用は76.5万円で、昨年の調査から1.6万円減少。結婚後すぐに子どもが欲しい新婚カップルが増加。結婚当初から「出産・育児」など将来に備えた貯蓄優先型のマネープランに変化しつつある。 2015年12月 3日 株式会社リクルート

2015年11月5日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年11月](消費意欲指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・11月](消費意欲指数)●11月の消費動向[消費意欲指数= 49.6点] 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【11月の消費動向】(消費意欲)に関する分析結果についてご報告いたします。11月の消費意欲指数は49.6点となり、前月比は+0.7ポイントの横ばいですが、前年同月比は+2.4ポイントと前

2015年10月14日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

結婚トレンド調査2015

2015年10月14日 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ◆挙式、披露宴・披露パーティの総額は352.7万円。消費税増税による予算縮小への影響は軽微で、増税が総額を押し上げる要因に ◆「ベールダウン」の実施割合が61.0%で、挙式で実施する演出の1位に。挙式でも親やゲストが参加する場面がますます増加している株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口文洋)が企画運営する結婚情報誌『ゼクシィ』では、新婚カップルの結婚スタイルについて詳細に把握する

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

もう一度、消費税増税の検証 ~所得増えないと実質消費は大きく減少したまま~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年6月10日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

法人税減税、説得の論理

法人税減税、説得の論理土居 丈朗 (RIETIファカルティフェロー/慶應義塾大学経済学部教授) 新居 泰人 (経済産業省経済産業政策局企業行動課長) 法人実効税率が2015年度から引き下げられた。しかし、法人実効税率の20%台への引下げの道筋はまだ描き切れていない。法人税減税の効果については、経済学的には様々に示されているが、必ずしも人口に膾炙していない。さらなる法人税減税に向けた説得に、経済学の論理をどう活用すべきかを議論する。 議事録法人実効税率の引き下げ法人税減税について、国民の理

2015年6月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年6月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・6月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●6月は [消費意欲指数= 45.7点][デフレ生活指数= 62.0点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【6月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析結果についてご報告いたしま

2015年5月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP一次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2015年1-3月期GDP一次速報 ここから本文です2015年1-3月期GDP一次速報内需の二本柱を中心に景気回復を確認させる内容サマリー◆2015年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.4%(前期比+0.6%)となった。プラス成長は2四半期連続であり、日本経済が緩やかな持ち直しを続けていることを再確認させる結果と言える。①経済の成長ペースが前期より加速したこと、②市場コンセンサス(前期比年率+1.6%、前期比+0.4%)を上回ったこと、③これまで減少傾

2014年度の沖縄県経済の動向

2014年度の沖縄県経済の動向(1)概況 2014年度の県内景気は、観光関連では入域観光客が過去最高と好調に推移し、消費関連、建設関連は消費税増税前の駆け込み需要の反動減が一部みられたものの、年を通してみると概ね好調に推移したことから、全体では拡大の動きが強まって推移した。 個人消費関連は、概ね好調な動きとなった。百貨店・スーパー売上高は、観光客の増加や店舗改装効果などにより前年度を上回った。耐久消費財では、新車販売台数は軽自動車需要などから前年度を上回ったものの、電気製品卸売販売額は消費税増税

2015年5月1日住宅生産団体連合会フィードバック数:0大型消費/投資

平成27年4月度 経営者の住宅景況感調査報告

平成27年4月度 経営者の住宅景況感調査報告全体の総受注戸数・総受注金額ともに大幅プラスが継続! 一般社団法人 住宅生産団体連合会(会長樋口武男 大和ハウス工業株式会社代表取締役会長)では、平成5年10月から住団連の法人会員に対して、低層住宅に関する『経営者の住宅景況感調査』を年4回実施しております。この調査は住宅の受注動向をタイムリーに、かつ的確に把握し、その情報を広く社会に提供することを目的としております。このほど、平成27年4月度の調査結果がまとまりましたので公表いたします。 平成26年度

2015年5月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年5月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・5月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年05月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●5月は [消費意欲指数= 48.2点][デフレ生活指数= 62.7点] 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【5月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関

2015年4月14日タキイ種苗フィードバック数:0ライフスタイル

消費税増税と家庭の食卓に関する調査

タキイ種苗は、2014年4月1日の消費税8%への増税から約1年が経った今、「家庭の食卓」に関する意識はどう変化しているのかを調べるため、20〜50代の既婚女性219名を対象にアンケート調査を実施しました。今回の調査では、まず、「消費税増税から約1年が経ちましたが、現在、家計に影響を受けていると思いますか」と聞いたところ、「受けている」との回答が9割(93.2%)を超えました。さらに、「消費税増税に伴い、食費を減らしましたか」との問いには、なんとすべての人が「減らした」(100%)と回答し、消費税

2015年4月6日タキイ種苗フィードバック数:0ライフスタイル

消費税増税と家庭の食卓に関する調査

[タキイ種苗株式会社] ,増税 消費税 タキイ種苗

2015年4月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年4月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・4月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年04月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●4月は [消費意欲指数= 45.9点][デフレ生活指数= 60.5点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【4月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関す

2015年4月1日福井県★フィードバック数:0社会/政治

福井県の消費の特徴を見ています。

「ふくい統計リポート」 No.10およびNo.11

報道発表資料「ふくい統計リポート」 No.10およびNo.11第10号のテーマは、「消費増税前後の福井県の景気を読み解く」です。2014年4月に消費税が5%から8%へ引き上げられました。内閣府のGDP速報値でもマイナス成長に、福井県景気動向指数でも増税後数カ月は弱い動きで推移する結果となっています。そこで今回は、消費税増税が福井県にどのような影響を与えたのかを「生産」と「消費」の面から見ていきます。第11号のテーマは、「家計調査から見る福井のすがた」です。近年、「県民性」を取り上げる番組や書物を

2015年3月28日MM総研★フィードバック数:0企業情報システム

市場データです。

2014年 国内PCサーバー出荷概況

2015年03月26日■出荷台数は前年比0.5%減の51万4,220台■出荷金額は前年比6%増の2,416億円、5年連続の増加 ■仮想化の影響で台数横ばい、金額での成長が顕著に MM総研(東京都港区 代表取締役所長・中島洋)は、2014年(1~12月)のPCサーバー国内出荷実績をまとめた。それによると、国内PCサーバー出荷台数は、前年比0.5%減の51万4,220台となった (図表1)。一方、出荷金額は、前年比6%増の2,416億円、出荷平均単価は47万円と前年比2万9,000円の増加となった

ジャパンネット銀行の調査です。

コンビニエンスストアの利用と支払いに関する調査

コンビニエンスストアの利用と支払いに関する調査を実施2015年3月12日各位株式会社ジャパンネット銀行株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)は、2015年2月10日(火曜日)〜2015年2月11日(水曜日)、コンビニエンスストアの利用と支払いに関するアンケート調査を実施しました。本アンケートでは、全国の20歳から69歳の男女500名の方にご協力いただきました。調査結果トピックス利用目的は「買い物」、「ATMで入出金」、「カウンターコーヒ

2015年3月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年3月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・3月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●3月は [消費意欲指数= 46.3点][デフレ生活指数= 59.9点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【3月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析結果についてご報告いたしま

2015年2月3日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2015年の展望-日本の経済 -実効性問われるアベノミクス-

■「中央調査報(No.687)」より ■ 2015年の展望―日本の経済 ―実効性問われるアベノミクス―時事通信社 経済部次長 橋本 一哉消費税増税の影響で失速した日本経済を再び上向かせ、デフレ脱却を実現できるのか。2015年は安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」の実効性がまさに問われる1年になる。ただ、好調な企業収益が賃金に回って個人消費と設備投資を活発化させ、さらに企業業績を上向かせるという安倍政権が想定してきた「経済の好循環」の流れは依然弱い。本格的な好循環の実現に向けて、大企業に限らず中

2015年2月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年2月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・2月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●2月は [消費意欲指数= 44.3点][デフレ生活指数= 61.9点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【2月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析結果についてご報告いたしま

2015年1月27日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

家計への影響です。

消費税増税等の家計への影響試算(2015年度予算案反映版)

トップレポート・コラム法律・制度税制消費税増税等の家計への影響試算(2015年度予算案反映版) ここから本文です消費税増税等の家計への影響試算(2015年度予算案反映版)2011年から2018年までの家計の実質可処分所得の推移を試算サマリー◆2015年1月14日に閣議決定された2015年度政府予算案の発表を受け、2014年12月に発表した「消費税増税等の家計への影響試算」(以下、要約内では改訂前)を改訂した。子育て世帯臨時特例給付金が2015年度は子ども1人あたり3千円支給されることとなったため

沖縄県経済2014年の回顧と2015年の展望

沖縄県経済2014年の回顧と2015年の展望要旨【2014年の回顧】~ 国内経済は緩やかに回復し、県内経済は拡大の動きが強まる~○国内経済は、輸出が横ばいを続けるなか、主に消費税増税の影響から年終盤にかけては企業収益や個人消費など一部に弱さがみられたものの、全体としては緩やかな回復基調が続いた。○県内経済は、観光、建設関連が好調に推移し、個人消費が一部弱い動きとなったものの、総体的には好調に推移したことから、全体では拡大の動きが強まった。○個人消費は、百貨店・スーパー売上高は食料品を中心に好調に

2015年1月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費の本格回復に期待したい2015年

トップレポート・コラムコラム消費の本格回復に期待したい2015年 ここから本文です消費の本格回復に期待したい2015年2014年11月に安倍首相は、2015年10月に実施予定の消費税率10%への引上げを18カ月延期すると表明した。デフレ脱却を目指す安倍政権にとって、2017年4月までに再増税できる経済環境を整えることが財政健全化のための課題となった。現政権が発足して2年、再増税まであと2年強であるから、アベノミクスは言わば折り返し地点にある。これまでの2年間を振り返ると、金融市場では円安・株高・

2014年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年の日本経済見通し

トップレポート・コラム経済分析経済予測2015年の日本経済見通し ここから本文です2015年の日本経済見通し景気は緩やかな回復軌道を辿る見通しだが、4つのリスクに要注意リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆:2014年7-9月期GDP二次速報を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比▲0.5%(前回:同▲0.5%)、2015年度が同+1.8%(同:同+1.8%)である(→詳細は、熊谷亮丸他「第183回

2014年12月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第183回日本経済予測(改訂版)

トップレポート・コラム経済分析経済予測第183回日本経済予測(改訂版) ここから本文です第183回日本経済予測(改訂版)消費税増税先送り後の日本経済の行方~「アベノミクスの光と影」を検証する~リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー:2014年11月18日、安倍総理は消費税増税を先送りし、衆院解散・総選挙に踏み切る方針を表明した。当社は、今回の増税先送りの決定や、2014年7-9月期GDP二次速報の発表などを受けて、経済見通しを改訂した。改

2014年12月4日パイプドビッツ★フィードバック数:0社会/政治

主婦対象の調査です。

第22回政治山調査「消費増税は争点にはなりえない-主婦から見た衆院選」

第22回政治山調査「消費増税は争点にはなりえない―主婦から見た衆院選」(1/2) | 政治・選挙プラットフォーム【政治山】 【衆議院議員選挙2014】第22回政治山調査「消費増税は争点にはなりえない―主婦から見た衆院選」(1/2) 12月2日、第47回衆議院議員選挙が公示となりましたが、衆議院解散のきっかけは消費税率10%への引き上げ時期について国民に問うという安倍首相の決断でした。 今年4月の8%への増税から8カ月、消費増税は私たちの日々の暮らしにどのような影響を与えているのか-政治山では

2014年12月3日リクルート★フィードバック数:0大型消費/投資

新婚新生活についての調査です。

新生活準備調査2014

「新生活準備調査2014」発表!消費税増税の影響大。40.2%の新婚カップルが駆け込み購入し、新生活準備費用は前年調査より9.5万円増の78.1万円。新婚カップルのライフスタイルに変化の兆し。『夫婦それぞれの時間』を重視する妻が増加。 「新生活準備調査2014」発表!消費税増税の影響大。40.2%の新婚カップルが駆け込み購入し、新生活準備費用は前年調査より9.5万円増の78.1万円。新婚カップルのライフスタイルに変化の兆し。『夫婦それぞれの時間』を重視する妻が増加。 2014年12月 3日

2014年12月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2014年12月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・12月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●12月は [消費意欲指数= 56.7点][デフレ生活指数= 65.7点]2014年12月1日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【12月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析

2014年11月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:「アベノミクスの光と影」を検証する

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:「アベノミクスの光と影」を検証する消費税増税先送り後の日本経済の行方 ◆:2014年11月18日、安倍総理は消費税増税を先送りし、衆院解散・総選挙に踏み切る方針を表明した。当社は、今回の増税先送りの決定や、2014年7-9月期GDP一次速報の発表などを受けて、経済見通しを改訂した(→詳細は、熊谷亮丸他「第183回 日本経済予測」(2014年11月21日)参照)。改訂後の実質GDP予想は

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第183回日本経済予測

トップレポート・コラム経済分析経済予測第183回日本経済予測 ここから本文です第183回日本経済予測消費税増税先送り後の日本経済の行方~「アベノミクスの光と影」を検証する~リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー:2014年11月18日、安倍総理は消費税増税を先送りし、衆院解散・総選挙に踏み切る方針を表明した。当社は、今回の増税先送りの決定や、2014年7-9月期GDP一次速報の発表などを受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ