調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 消費税増税

「消費税増税」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「消費税増税後の生活」に関する調査

増税後1ヶ月「特に生活に変化なし」は52.6% - 全国20~69歳1,077人に調査 - 株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:松田 武久)は、全国在住の20~69歳を対象に「消費税増税後の生活」に関する調査を実施しました。先月の消費税増税では、前回2014年の増税後の消費の落ち込みを教訓に様々な政策が打ち出され、売り手側も準備を進めてきました。増税から1ヶ月、生活者は、今回の増税に対してどのように行動し、この1ヶ月の生活の変化をどう受け止めているのかに

2019年9月度 市販薬市場 薬効別ランキング

2019年9月度 市販薬(OTC)市場 薬効別ランキング消費税増税前、駆け込み需要が貢献し前年比2割増 買いだめ対象は「高単価」 「大容量」 「定番ブランド」 「高齢者向き」当社は、全国一般用医薬品(OTC)販売動向調査のデータを基に、「2019年9月度 市販薬(※1)市場 薬効別ランキング」を発表しました。※1 市販薬:ドラッグストアや薬局で販売される一般用医薬品(OTC)のこと。当社データは指定医薬部外品を含みます。調査結果◆ 9月度の販売金額は、消費税増税前の駆け込み購買で1,059億円、

2019年11月8日インテージ★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税前後の日用消費財購買状況調査 消費税増税後の駆け込み需要の反動、軽減税率でくっきり

消費税増税後の駆け込み需要の反動、軽減税率でくっきり ~対象外品目(10%)は前回並み落ち込みも、対象品目(8%)は微減~ 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下:インテージ)は、国内最大規模の消費者パネル、SCI®(全国消費者パネル調査)の購買データをもとに、2019年10月1日から実施された消費税増税前後の、日用消費財の購買状況を発表しました。日用消費財全体としては、食料品などで初めて導入された軽減税率などの影響もあり、2014年の増税時※ほどの購入金額の

2019年11月6日Smart Sound Labフィードバック数:0大型消費/投資

10%増税でのキャッシュレス決済促進に関するアンケート調査

sound lab : vol. 40「キャッシュレス・ポイント還元制度」の意外な落とし穴 知名度は9割でも「いつまでか」を知らない人は約7割!10月1日から消費税が10%に。増税前はその準備に追われる様子が連日報道され、増税後もポイント還元制度にまつわる話題で持ちきりです。株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー(本社:東京都新宿区/代表:山川進)が運営する、より快適なスマートフォンライフを創造するために研究・調査しているスマートサウンド・ラボ(以下、SSL)は、消費増税を間近に控えた9

2019年10月28日インサイトテックフィードバック数:0社会/政治

消費税増税に関する不満調査

消費税増税に関する不満調査 〜47%が「嫌気や怒りを感じている」と回答。〜 このブログについて メディアで話題の不満収集プラットフォーム「不満買取センター」を運営する AIベンチャーInsight Tech(インサイトテック)が送るメディア 「Insight Tech Lab (インサイトテックラボ)」データとAIが教えてくれる毎日のヒントを不定期に発信しています。 執筆者情報独自の自然言語処理技術とマーケティング知見を用いて、不満買取センターに集まった様々な声を解析し、世の中の動向や

2019年10月9日ビッグローブフィードバック数:0大型消費/投資

「お金に関する意識調査」第1弾

プレスルームお金に不安を「感じる」9割弱、理由は「収入」「貯蓄」「年金」 BIGLOBEが「お金に関する意識調査」第1弾を発表~消費税増税に「反対」7割超も、購買行動は「変わらない」5割~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「お金に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第1弾を発表します。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは200人ずつ、性別カテゴリは10

2019年10月1日ビッグローブフィードバック数:0大型消費/投資

「お金に関する意識調査」第1弾

プレスルームお金に不安を「感じる」9割弱、理由は「収入」「貯蓄」「年金」 BIGLOBEが「お金に関する意識調査」第1弾を発表~消費税増税に「反対」7割超も、購買行動は「変わらない」5割~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「お金に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第1弾を発表します。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは200人ずつ、性別カテゴリは10

2019年9月26日じぶん銀行フィードバック数:0大型消費/投資

既婚者の貯蓄額は5割が500万円以上、独身者は7割が300万円未満 「家庭のお財布事情」に関するアンケート

既婚者の貯蓄額は5割が500万円以上、独身者は7割が500万円未満 ~『既婚・独身の貯蓄額』『消費増税前、不動産優遇制度の理解』ほかじぶん銀行の「家庭のお財布事情」に関するアンケート~ 株式会社じぶん銀行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:臼井朋貴、以下 じぶん銀行)は、じぶん銀行口座保有者計364名を対象に「家庭のお財布事情」に関するwebアンケートを実施しました。その調査結果を発表いたします。 既婚・独身で貯蓄額に圧倒的な差が! 既婚者は約5割の家計が500万円以上を貯蓄しているのに対し、

10月の消費税増税に向けて消費者意識調査 増税後は67%が家計を引き締めと回答

10月の消費税増税に向けて消費者意識調査。 増税後は67%が家計を引き締めと回答。(日本インフォメーション調べ) ~ 消費増税で何が起こるか? ~ ✔ 増税後は67%が家計を引き締め✔ 軽減税率やポイント還元は2割前後の乏しい理解度✔ 外食は手控え、自炊やテイクアウトへのシフトの兆候も※調査データは、無料で配布している詳細な調査結果資料(全28ページ)に掲載しております。ご希望の方は以下フォームよりお申込みいただくか、記載の連絡先までお問い合わせください。 https://www.n-info.

2019年8月28日アドビ システムズフィードバック数:0ビジネス

【消費税増税前に必見】改元対応で判明した変更業務の大変さ!今すぐ着手すべきは「書類」対応! ~アドビ実態調査より~

【消費税増税前に必見】改元対応で判明した変更業務の大変さ!今すぐ着手すべきは「書類」対応! ~アドビ実態調査より~ 2019年5月の改元からはや3か月。改元に伴い、システムから書類に至るまで元号の変更作業に苦労した企業も多かったのではないでしょうか。アドビではこの度、「改元対応業務に関する実態調査」を実施。業種別の調査結果を参考に、約1か月後に迫る消費税増税に伴う対応業務を改めて整理してみませんか?■改元対応が最も大変だった業務はダントツで「書類」!金融業は「情報システム」の負担が大きかっ

2019年6月20日オウケイウェイヴ★フィードバック数:0社会/政治

「消費税増税前の消費行動の傾向や関心事」に関する調査

Skip to contentコラム&総研レポート一覧Q&Aサイト「OKWAVE」で垣間見える、消費税増税前の消費行動の傾向や関心事2019年6月 総研レポート 消費税増税前の最大関心事は “キャッシュレス決済のポイント還元”等2019年6月14日発行 オウケイウェイヴ総研は、Q&Aサイト「OKWAVE」の投稿データを分析した「消費税増税前の消費行動の傾向や関心事」に関する自主調査を実施しました。その結果、消費税増税にあわせて導入予定のクレジットカードなどのキャッシュレス決済のポイント還元制度

2019年1月16日インテージ★フィードバック数:0社会/政治

来年10月予定の消費税増税に関する調査

ホーム生活者を知る2019年の消費税増税 軽減税率導入で消費への影響は? 2019年の消費税増税 軽減税率導入で消費への影響は? 2019年10月1日から実施予定の消費税増税。今回の増税は8%だった消費税を10%に引き上げるだけでなく、低所得者に配慮する観点から、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に同税の「軽減税率」が、初めて実施されます。対象品目が8%と据え置きになる今回の目玉政策が、どの程度生活者に理解されているか、消費意欲への影響はあ

『若者のライフスタイルに関するアンケート調査』若者の一番の悩みは「お金のこと」 5割が消費税10%に反対

ニュースリリース『若者のライフスタイルに関するアンケート調査』若者の一番の悩みは「お金のこと」 5割が消費税10%に反対 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2019年01月10日 ~これからもずっと地元で暮らしたい人は4割~カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、18~24歳の男女1,502名に、インターネット上での意識調査「Tアンケート」によって、『若者のライフスタイルに関するアンケート調査』を実施しましたので、お知らせいたします。■若者のライフスタイルに関するアンケート調査ダイ

若者のライフスタイルに関するアンケート調査

ニュースリリース『若者のライフスタイルに関するアンケート調査』若者の一番の悩みは「お金のこと」 5割が消費税10%に反対 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2019年01月10日 ~これからもずっと地元で暮らしたい人は4割~カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、18~24歳の男女1,502名に、インターネット上での意識調査「Tアンケート」によって、『若者のライフスタイルに関するアンケート調査』を実施しましたので、お知らせいたします。■若者のライフスタイルに関するアンケート調査ダイ

2019年1月7日リクルートフィードバック数:0社会/政治

2019年10月の消費税増税と飲食料品への軽減税率適用による、食生活に対する消費者意識調査

2019年10月の消費税増税と飲食料品への軽減税率適用による、食生活に対する消費者意識調査

2018年12月26日オールアバウト★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税決定直後に聞く家計と暮らし調査

<消費税増税決定直後に聞く 家計と暮らし調査>家計の実態ラン... <消費税増税決定直後に聞く 家計と暮らし調査> 家計の実態ランキング発表! ~ 減らしたいもの全世代1位は「電気代」~~ この冬は“家で楽しむ”「インドア家族」が増加で 家計もインフラ見直しがポイント ~総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡 哲也、以下「オールアバウト」)は大阪ガス株式会社(以下「大阪ガス」)と共同で、消費税増税決定直後の10月19日

2018年6月8日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

住宅リフォーム市場に関する調査を実施 ~ 2018年 第1四半期 ~

2018年第1四半期の住宅リフォーム市場規模は1.2兆円を割り込み、やや勢いを欠くスタートに 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施し、2018年第1四半期の市場規模(速報値)を公表する。 図1. 住宅リフォーム市場の四半期別の市場トレンド推移1.市場概況2018年第1四半期(1~3月)の住宅リフォーム市場規模は1兆1,946億円(速報値)、前年同期比で7.6%減と推計する。消費税増税前の駆け込み需要により大幅増となった2014年

2018年4月12日スタイルアクトフィードバック数:0大型消費/投資

第40回マンション購入に対する意識調査の公表

第40回マンション購入に対する意識調査の公表【要旨】■購入意欲が「増している」「やや増している」との回答48.7%と前回調査より、上昇している■消費税増税前に「購入したいと思う」との回答が43.6%と高い■購入したい物件数は1.01件と5四半期ぶりに減少した分譲マンション購入・売却検討者21万人を有する不動産のセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」は、今回で40回目となるマンション購入検討者の定例意識調査を行いました。「住まいサーフィン」は不動産ビッグデータを活用しコンサルティングを行う、

2017年6月7日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

住宅リフォーム市場に関する調査を実施~2017年第1四半期~

住宅リフォーム市場に関する調査を実施~2017年第1四半期~ 調査要綱矢野経済研究所では、国内の住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施した。1.調査期間:2017年1月~3月(2017年 第1四半期)2.調査方法:当社専門研究員による市場規模算出、及び文献調査<住宅リフォーム市場とは>本調査における住宅リフォーム市場とは、「10 m2超の増改築工事」・「10 m2以下の増改築工事」・「設備修繕・維持関連」・「家具・インテリア等」の4分野をさす。調査結果サマリー◆ 2017年第1四

2016年9月21日ネクストフィードバック数:0大型消費/投資

増税前と後どっちが良いタイミング?~事前準備編【住まいの購入失敗談2】

増税前と後どっちが良いタイミング?~事前準備編【住まいの購入失敗談2】 | 【LIFULL HOME'S】住まいのお役立ち情報 増税前と後どっちが良いタイミング?~事前準備編【住まいの購入失敗談2】購入した後だからこそ、後悔していることが見えてくるはず。第1回目は事前準備編として、情報収集や購入タイミングなどについてご紹介しました。今回、第2回目では、消費税増税前に購入した人と、住宅ローン減税やすまい給付金などより手厚い支援のある増税後に購入した人では、どちらの方がより良いタイミングだと考えてい

2016年6月10日Slownetフィードバック数:0社会/政治

『消費税増税再延期』『内閣支持率』『アベノミクス』についてのシニア対象世論調査

『消費税増税再延期』『内閣支持率』『アベノミクス』についてのシニア対象世論調査結果 『消費税増税再延期』『内閣支持率』『アベノミクス』についてのシニア対象世論調査結果 平素は、Slownetをご利用いただき、誠にありがとうございます。Slownetサポートセンターです。この度は、Slownet世論調査『スローボイス』に、たくさんの会員様にご協力いただきました。誠にありがとうございました。 調査結果について、下記の通りご報告いたします。調査概要●実施期間:2016年5月30日(月)~6月5日(日

2016年3月5日フルスピードフィードバック数:0社会/政治

消費税10%増税時の駆け込み需要に関する意識調査

Homeニュースリリース1都3県の社長113人にアンケート フルスピードが”消費税10%増税時の駆け込み需要に関する意識調査”を実施 1都3県の社長113人にアンケート フルスピードが”消費税10%増税時の駆け込み需要に関する意識調査”を実施株式会社フルスピード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:友松功一)は、1都3県の会社社長に向けて、消費税駆け込み需要対策についてのアンケートを実施しました。 【調査概要】 ・調査の目的:株式会社の代表取締役への消費税駆け込み需要の意識調査 ・調査方法:

2016年2月8日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

市販カー用品市場に関する調査結果 2015

市販カー用品市場に関する調査結果 2015 ~縮小基調にあるものの、なかでもドライブレコーダーは好調~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の市販カー用品市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年10月~12月2.調査対象:カー用品関連企業(メーカー、輸入商社、卸売業者、小売業者)および関連団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、関連企業へのアンケート調査ならびに文献調査併用<市販カー用品とは>本調査における市販カー用品とは、装飾

2015年12月11日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

新生活準備調査2015

「新生活準備調査2015」発表。新生活準備費用は76.5万円で、昨年の調査から1.6万円減少。結婚後すぐに子どもが欲しい新婚カップルが増加。結婚当初から「出産・育児」など将来に備えた貯蓄優先型のマネープランに変化しつつある。 「新生活準備調査2015」発表。新生活準備費用は76.5万円で、昨年の調査から1.6万円減少。結婚後すぐに子どもが欲しい新婚カップルが増加。結婚当初から「出産・育児」など将来に備えた貯蓄優先型のマネープランに変化しつつある。 2015年12月 3日 株式会社リクルート

2015年11月5日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年11月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・11月](消費意欲指数) 2015年11月02日●11月の消費動向[消費意欲指数= 49.6点] 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【11月の消費動向】(消費意欲)に関する分析結果についてご報告いたします。11月の消費意欲指数は49.6点となり、前月比は+0.7ポイントの横ばいですが、

2015年10月14日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

結婚トレンド調査2015

2015年10月14日 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ◆挙式、披露宴・披露パーティの総額は352.7万円。消費税増税による予算縮小への影響は軽微で、増税が総額を押し上げる要因に ◆「ベールダウン」の実施割合が61.0%で、挙式で実施する演出の1位に。挙式でも親やゲストが参加する場面がますます増加している株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口文洋)が企画運営する結婚情報誌『ゼクシィ』では、新婚カップルの結婚スタイルについて詳細に把握する

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

もう一度、消費税増税の検証 ~所得増えないと実質消費は大きく減少したまま~

Economic Trends経済関連レポートもう一度、消費税増税の検証発表日:2015年6月16日(火)~所得増えないと実質消費は大きく減少したまま~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)2014 年 4 月の消費税増税の後、4 四半期分の GDP が発表されて、やや詳細な分析ができるようになった。増税後は、実質消費の水準が減って、大きく段差ができている。名目消費も、以前からのトレンドよりも下がっている。時間が経過すれば、自動的に消費が元に戻るという先入観

2015年6月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年6月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・6月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年06月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●6月は [消費意欲指数= 45.7点][デフレ生活指数= 62.0点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【6月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関す

2014年度の沖縄県経済の動向

2014年度の沖縄県経済の動向(1)概況 2014年度の県内景気は、観光関連では入域観光客が過去最高と好調に推移し、消費関連、建設関連は消費税増税前の駆け込み需要の反動減が一部みられたものの、年を通してみると概ね好調に推移したことから、全体では拡大の動きが強まって推移した。 個人消費関連は、概ね好調な動きとなった。百貨店・スーパー売上高は、観光客の増加や店舗改装効果などにより前年度を上回った。耐久消費財では、新車販売台数は軽自動車需要などから前年度を上回ったものの、電気製品卸売販売額は消費税増税

2015年5月1日住宅生産団体連合会フィードバック数:0大型消費/投資

平成27年4月度 経営者の住宅景況感調査報告

平成27年4月度 経営者の住宅景況感調査報告全体の総受注戸数・総受注金額ともに大幅プラスが継続! 一般社団法人 住宅生産団体連合会(会長樋口武男 大和ハウス工業株式会社代表取締役会長)では、平成5年10月から住団連の法人会員に対して、低層住宅に関する『経営者の住宅景況感調査』を年4回実施しております。この調査は住宅の受注動向をタイムリーに、かつ的確に把握し、その情報を広く社会に提供することを目的としております。このほど、平成27年4月度の調査結果がまとまりましたので公表いたします。 平成26年度

2015年5月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年5月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・5月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年05月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●5月は [消費意欲指数= 48.2点][デフレ生活指数= 62.7点] 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【5月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関

2015年4月14日タキイ種苗フィードバック数:0ライフスタイル

消費税増税と家庭の食卓に関する調査

タキイ種苗は、2014年4月1日の消費税8%への増税から約1年が経った今、「家庭の食卓」に関する意識はどう変化しているのかを調べるため、20〜50代の既婚女性219名を対象にアンケート調査を実施しました。今回の調査では、まず、「消費税増税から約1年が経ちましたが、現在、家計に影響を受けていると思いますか」と聞いたところ、「受けている」との回答が9割(93.2%)を超えました。さらに、「消費税増税に伴い、食費を減らしましたか」との問いには、なんとすべての人が「減らした」(100%)と回答し、消費税

2015年4月6日タキイ種苗フィードバック数:0ライフスタイル

消費税増税と家庭の食卓に関する調査

[タキイ種苗株式会社] ,増税 消費税 タキイ種苗

2015年4月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年4月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・4月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年04月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●4月は [消費意欲指数= 45.9点][デフレ生活指数= 60.5点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【4月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関す

2015年4月1日福井県★フィードバック数:0社会/政治

福井県の消費の特徴を見ています。

「ふくい統計リポート」 No.10およびNo.11

報道発表資料「ふくい統計リポート」 No.10およびNo.11第10号のテーマは、「消費増税前後の福井県の景気を読み解く」です。2014年4月に消費税が5%から8%へ引き上げられました。内閣府のGDP速報値でもマイナス成長に、福井県景気動向指数でも増税後数カ月は弱い動きで推移する結果となっています。そこで今回は、消費税増税が福井県にどのような影響を与えたのかを「生産」と「消費」の面から見ていきます。第11号のテーマは、「家計調査から見る福井のすがた」です。近年、「県民性」を取り上げる番組や書物を

2015年3月28日MM総研★フィードバック数:0企業情報システム

市場データです。

2014年 国内PCサーバー出荷概況

2015年03月26日■出荷台数は前年比0.5%減の51万4,220台■出荷金額は前年比6%増の2,416億円、5年連続の増加 ■仮想化の影響で台数横ばい、金額での成長が顕著に MM総研(東京都港区 代表取締役所長・中島洋)は、2014年(1~12月)のPCサーバー国内出荷実績をまとめた。それによると、国内PCサーバー出荷台数は、前年比0.5%減の51万4,220台となった (図表1)。一方、出荷金額は、前年比6%増の2,416億円、出荷平均単価は47万円と前年比2万9,000円の増加となった

ジャパンネット銀行の調査です。

コンビニエンスストアの利用と支払いに関する調査

コンビニエンスストアの利用と支払いに関する調査を実施2015年3月12日各位株式会社ジャパンネット銀行株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)は、2015年2月10日(火曜日)〜2015年2月11日(水曜日)、コンビニエンスストアの利用と支払いに関するアンケート調査を実施しました。本アンケートでは、全国の20歳から69歳の男女500名の方にご協力いただきました。調査結果トピックス利用目的は「買い物」、「ATMで入出金」、「カウンターコーヒ

2015年3月2日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

消費の分析です。

2014年に誰が消費を減らしたか ~事業世帯ではなく高齢・無職世帯~

Economic Trends経済関連レポート2014年に誰が消費を減らしたか発表日:2015年2月27日(金)~事業世帯ではなく高齢・無職世帯~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)今さらと思われるかもしれないが、2014 年の消費低迷を、詳細に分析しておきたい。総務省「家計調査」(単身世帯+2 人以上世帯)の世帯主の職業別内訳では、勤労者が微増、事業世帯が増加、その一方で高齢・無職世帯の減少が目立っていた。所得階層別には下位 20%、20~40%で高齢・

2015年3月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年3月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・3月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年03月02日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●3月は [消費意欲指数= 46.3点][デフレ生活指数= 59.9点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【3月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関す

2015年2月15日アサヒビール★フィードバック数:0ライフスタイル

節約についての調査です。

ここ最近、節約を意識していますか?

昨年春に消費税が8%に増税されましたが、皆さんのご家庭の中で「節約」に対する意識に何らかの変化はあったのでしょうか。震災以降、節約意識が身に付いている人も多く、さほど意識をせずに日々の生活を送っている人も案外多いかもしれません。「景気回復の実感が得られない」という声も聞きますが、果たして皆さんのご家庭の家計はいかがでしょうか。そこで今回は「節約意識」をテーマに、皆さんの日ごろの生活で気を付けていることなどを聞きました。 調査概要調査対象:全国の20歳以上の男女有効回答数:1,419人調査方法:イ

2015年2月3日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2015年の展望-日本の経済 -実効性問われるアベノミクス-

■「中央調査報(No.687)」より ■ 2015年の展望―日本の経済 ―実効性問われるアベノミクス―時事通信社 経済部次長 橋本 一哉消費税増税の影響で失速した日本経済を再び上向かせ、デフレ脱却を実現できるのか。2015年は安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」の実効性がまさに問われる1年になる。ただ、好調な企業収益が賃金に回って個人消費と設備投資を活発化させ、さらに企業業績を上向かせるという安倍政権が想定してきた「経済の好循環」の流れは依然弱い。本格的な好循環の実現に向けて、大企業に限らず中

2015年2月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年2月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・2月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年02月02日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●2月は [消費意欲指数= 44.3点][デフレ生活指数= 61.9点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【2月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関す

2015年2月1日住宅生産団体連合会フィードバック数:0大型消費/投資

平成27年1月度 経営者の住宅景況感調査

平成27年1月度 経営者の住宅景況感調査報告総受注戸数・金額ともに、5四半期ぶりにプラスに回復! 一般社団法人 住宅生産団体連合会(会長樋口武男 大和ハウス工業株式会社代表取締役会長)では、平成5年10月から住団連の法人会員に対して、低層住宅に関する『経営者の住宅景況感調査』を年4回実施しております。この調査は住宅の受注動向をタイムリーに、かつ的確に把握し、その情報を広く社会に提供することを目的としております。このほど、平成27年1月度の調査結果がまとまりましたので公表いたします。 平成26年度

2015年1月27日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

家計への影響です。

消費税増税等の家計への影響試算(2015年度予算案反映版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税等の家計への影響試算(2015年度予算案反映版)2011年から2018年までの家計の実質可処分所得の推移を試算 ◆2015年1月14日に閣議決定された2015年度政府予算案の発表を受け、2014年12月に発表した「消費税増税等の家計への影響試算」(以下、要約内では改訂前)を改訂した。子育て世帯臨時特例給付金が2015年度は子ども1人あたり3千円支給されることとなったため、これが支給される世帯

沖縄県経済2014年の回顧と2015年の展望

沖縄県経済2014年の回顧と2015年の展望要旨【2014年の回顧】~ 国内経済は緩やかに回復し、県内経済は拡大の動きが強まる~○国内経済は、輸出が横ばいを続けるなか、主に消費税増税の影響から年終盤にかけては企業収益や個人消費など一部に弱さがみられたものの、全体としては緩やかな回復基調が続いた。○県内経済は、観光、建設関連が好調に推移し、個人消費が一部弱い動きとなったものの、総体的には好調に推移したことから、全体では拡大の動きが強まった。○個人消費は、百貨店・スーパー売上高は食料品を中心に好調に

2015年1月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費の本格回復に期待したい2015年

トップレポート・コラムコラム消費の本格回復に期待したい2015年 ここから本文です消費の本格回復に期待したい2015年政策調査部 経済システム調査グループリーダー シニアエコノミスト 神田 慶司 2014年11月に安倍首相は、2015年10月に実施予定の消費税率10%への引上げを18カ月延期すると表明した。デフレ脱却を目指す安倍政権にとって、2017年4月までに再増税できる経済環境を整えることが財政健全化のための課題となった。現政権が発足して2年、再増税まであと2年強であるから、アベノミクスは言

2014年12月23日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2014年8月度)

HOME研究調査研究調査分析印刷業毎月観測アンケート印刷業定点調査 各地の声(2014年8月度) 印刷業定点調査 各地の声(2014年8月度) 2014年8月の売上高は+0.6%と2カ月連続でプラス。徐々に改善してきていた売上高伸び率の改善は4カ月ぶりに腰折れした。しかし5月以降、売上高伸び率は前年同水準近辺(±2%前後)でのわずかな増減であり、特筆するような大きな変化はなく横ばいである。ただし消費税の影響について、実質的な売上高は増税分3%程度が上乗せされていることを割引いてシビアに見る必要が

2014年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年の日本経済見通し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年の日本経済見通し景気は緩やかな回復軌道を辿る見通しだが、4つのリスクに要注意 ◆:2014年7-9月期GDP二次速報を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比▲0.5%(前回:同▲0.5%)、2015年度が同+1.8%(同:同+1.8%)である(→詳細は、熊谷亮丸他「第183回 日本経済予測(改訂版)」(2014年12月8日)参照)。2014年11月に安倍

2014年12月12日ネクストフィードバック数:0ライフスタイル

消費税が10%になったら生活はどう変わる?~若年層とミドル層で将来への憂いの差が

消費税が10%になったら生活はどう変わる?~若年層とミドル層で将来への憂いの差が。LIFULL HOME'S PRESSは、住宅の最新トレンドや専門家による正しい住宅情報を発信していきます【LIFULL HOME'S PRESS/ライフルホームズプレス】 消費税が10%になったら生活はどう変わる?~若年層とミドル層で将来への憂いの差が消費税が10%になったら生活はどう変わる?まもなく消費税増税の行方について問われる衆議院選挙が12月14日に実施される。8%の猶予期間が伸びるか、もしくはすぐに増税

2014年12月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第183回日本経済予測(改訂版)

トップレポート・コラム経済分析経済予測第183回日本経済予測(改訂版) ここから本文です第183回日本経済予測(改訂版)消費税増税先送り後の日本経済の行方~「アベノミクスの光と影」を検証する~調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 久後 翔太郎 永井 寛之 サマリー:2014年11月18日、安倍総理は消費税増税を先送りし、衆院解散・総選挙に踏み切る方針を表明した。当社は、今回の増税先送りの決定

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ