調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 消費税率引き上げ

「消費税率引き上げ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年12月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気ウォッチャー調査(2013年11月) ~改善続く景況感~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:景気ウォッチャー調査(2013年11月)発表日 2013年12月9日(月)~改善続く景況感~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526景気の現状判断(方向性)合計季節調整値2012年2013年789101112123456789101144.243.641.239.040.045.849.553.257.356.555.753.052.351.252.851.853.5景気の先行き

買いたいもの調査です。

第2回 Ponta消費意識調査 2013年12月

第2回 Ponta消費意識調査 2013年12月共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第2回 Ponta消費意識調査 2013年12月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。 <消費者意識>・いま購入・消費したい商品・サービス<前回調査比ポイント増加トップ20>1位「衣服」4.2ポイント増、2位「食品(お取り寄せなど、特別な

2013年11月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

商業販売統計(2013年10月) ~10月は天候不順が下押し。先行きは増勢を強めていく見込み~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:商業販売統計(2013年10月)発表日:2013年11月28日(木)~10月は天候不順が下押し。先行きは増勢を強めていく見込み~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524商業販売額前年比2012卸売業前期比1月▲ 2.1▲2月▲ 0.13月3.2▲4月1.8▲5月2.76月▲ 2.6▲7月▲ 3.1▲8月▲ 2.79月▲ 3.6▲10月▲ 1.611月▲ 0.9▲12月▲ 1.7▲

平成25年度機械工業生産額(改訂)見通し調査

平成25年度機械工業生産額(改訂)見通し調査(発表:平成25年11月19日)日機連では、毎年関係工業会の協力を得て、年度ごとの機械工業の生産額見通し調査を行っているが、このほど平成25年度改訂見通しの集計結果(調査時点平成25年10月)がまとまったので、その概要を紹介する。なお、機種別の生産額(24年度実績、25年度見通し)、輸出額(24年度実績)など、詳細についてお知りになりたい方は、業務部(TEL:03-3434-5383)まで問い合せ下さい。また、数値は一応当該機種の全国ベースを原則として

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し ~消費税率引き上げ後も景気回復は途切れず~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート2013~2015年度日本経済見通し~消費税率引き上げ後も景気回復は途切れず~発表日:2013年11月14日(木)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴(TEL:03-5221-4528)<要旨>日本・国内総生産(GDP)成長率予測値2013年度予測実質+2.7% (前回 +2.9%)名目+2.5% (前回 +2.6%)2014年度予測実質+0.9% (前回 +0.9%)名目+2.8% (前回 +2.8%)2015年度予測実

2013~2015年度経済見通し~2013年度中は高成長も、消費増税後に試練

2013~2015年度経済見通し~2013年度中は高成長も、消費増税後に試練 | ニッセイ基礎研究所 2013~2015年度経済見通し~2013年度中は高成長も、消費増税後に試練 経済研究部 経済調査部長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.6%、2014年度0.2%、2015年度0.9%を予想> 201

2013年11月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(2013年10月) ~前月差▲4.2ptと大幅低下~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:消費動向調査(2013年10月)発表日:2013年11月13日(水)~前月差▲4.2ptと大幅低下~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524消費者態度指数消費者意識指標(全国・一般世帯) 暮らし向き前月差2012年7月8月9月10月11月12月2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月36.137.337.037.136.837.742.642.343.144.545.

2013年11月15日富士通フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度経済見通し(2013年11月改訂)

PRESS RELEASE2013年11月14日株式会社富士通総研2013・2014年度経済見通し(2013年11月改訂)-消費税率引き上げ後も好循環は持続- 当社は、2013年7~9月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、各国それぞれが大きな国内問題を抱えていますが、緩やかな拡大を続けています。日本経済は、消費が高水準を維持する中、生産、雇用の回復が続いています。消費税率引き上げは、景気の撹乱要因にはなりますが、景気を腰折れさせることはないと考えられます

2013年11月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ESPフォーキャスト調査(2013年11月) ~7-9月期下振れを背景に、13年度は前年度比+2.70%と下方修正~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:ESPフォーキャスト調査(2013年11月)発表日:2013年11月12日(火)~7-9月期下振れを背景に、13年度は前年度比+2.70%と下方修正~第一生命経済研究所担当経済調査部エコノミスト高橋 大輝TEL:03-5221-4524実質GDP予測値総平均の推移(前年比、%)実質GDP予測(前期比年率、11月調査、%)3.53.02.57.02013年度5.02014年度3.02015年度2.01.0-1.01.51.00.5-

中期経済見通し(2013~2023年度)-日本経済再生への道筋

中期経済見通し(2013~2023年度)-日本経済再生への道筋 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 中期経済見通し(2013~2023年度)-日本経済再生への道筋中期経済見通し(2013~2023年度)-日本経済再生への道筋 経済研究部 経済研究部基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら リーマン・ショックから5年が経過した。この間、先進国の

2013年11月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

新車販売台数(2013年10月) ~駆け込み需要はまだ?~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:新車販売台数(2013年10月)発表日:2013年11月1日(金)~駆け込み需要はまだ?~第一生命経済研究所 経済調査部エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(万台)乗用車販売台数(季調値)48464442403836343230282624222018(%)乗用車販売台数(前年比寄与度)120軽乗用車100小型乗用車80普通乗用車60乗用車40200-20-4010111213-6010111213(出所)日本

2013年10月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

物価上昇圧力、消費増税後の行方 ~需給ギャップ改善の流れは続く~

Economic Trends経済関連レポート物価上昇圧力、消費増税後の行方発表日:2013年10月28日(月)~需給ギャップ改善の流れは続く~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)消費者物価の見通しは、徐々に上方修正してきている。2年間で2%の物価上昇率には手が届かないとしても、物価上昇率は 2014 年 4 月の消費増税前に 1%強の前年比までプラス幅を広げる見通しだ。消費税率の引き上げ後も、端数処理の影響もあって、価格転嫁幅が大きくなり、物価上昇率を押

景況感は9割超が楽観、見通しも上向き ~消費税率引き上げ懸念は限定的~ 第10回不動産市況アンケート結果

景況感は9割超が楽観、見通しも上向き ~消費税率引き上げ懸念は限定的~ 第10回不動産市況アンケート結果 | ニッセイ基礎研究所 景況感は9割超が楽観、見通しも上向き ~消費税率引き上げ懸念は限定的~ 第10回不動産市況アンケート結果 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 不動産分野の実務家・専門家に対する市況アンケート(第10回)において、不動産投資市場全

2023年までの見通しです。

中期経済見通し(2013~2023年度)~ 日本経済再生への道筋

中期経済見通し(2013~2023年度)~ 日本経済再生への道筋 | ニッセイ基礎研究所 中期経済見通し(2013~2023年度)~ 日本経済再生への道筋 経済研究部 経済研究部基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら リーマン・ショックから5年が経過した。この間、先進国の景気回復ペースが緩やかにとどまる一方、新興国が相対的に高い成長を維持したため、この5年間で世界経済

2013年10月8日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:消費税率引き上げにあわせた「経済政策パッケージ」の概要と影響について

経済情報:消費税率引き上げにあわせた「経済政策パッケージ」の概要と影響について

2013年10月8日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済レビュー:消費税率引き上げで予想される日本経済への影響

経済レビュー:消費税率引き上げで予想される日本経済への影響

2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済

2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済 経済研究部 経済調査部長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら

けいざい早わかり 2013年度第8号:消費税率引き上げと経済対策

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2013年10月4日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税の家計への影響です。

消費税率引き上げに伴う家計負担~年収階層別の影響試算~

消費税率引き上げに伴う家計負担~年収階層別の影響試算~

2013年10月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

法人税減税の効果をどう考えるか

トップレポート・コラム経済分析日本法人税減税の効果をどう考えるか ここから本文です法人税減税の効果をどう考えるか海外の成長を取り込むためにも、製造業の空洞化防止が不可欠サマリー◆安倍首相は、2014年4月の消費税率8%への引き上げを決定した。消費税率引き上げによる経済への下押し圧力を抑えるべく、政府は12月をめどに経済対策を策定する見込みである。なかでも注目されるのは、法人税減税の行方である。◆イギリスの民間シンクタンクであるIFS(Institute for Fiscal Studies)が税

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~13年度は高成長。14年度も景気後退は避けられる~

経済トレンド2013~2015 年度日米経済見通しⅠ.日本経済見通し ~13 年度は高成長。14 年度も景気後退は避けられる~経済調査部 新家 義貴(要旨)○実質GDP成長率の見通しは、2013 年度が+2.9%(6月時点予測:+2.9%)、2014 年度が+0.9%(同:+0.4%)、2015 年度が+1.1%である(同:+1.2%)。今回予測から、14 年、15 年にそれぞれ5兆円規模(うち公共投資3兆円)の補正予算が策定されるとの想定を置いたことから、14 年度の成長率を上方修正した。○1

2013年9月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度経済見通し~13年4-6月期GDP2次速報後改定

2013~2015年度経済見通し~13年4-6月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2013~2015年度経済見通し~13年4-6月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.8%、2014年度0.0%、2015年度0.8%を予想> 2013年4-6月

2013年9月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~15年度住宅着工戸数の見通し ~駆け込み需要は本格化へ。新たな負担緩和策の効果は?~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート2013~15年度住宅着工戸数の見通し~駆け込み需要は本格化へ。新たな負担緩和策の効果は?~発表日:2013年9月2日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(要旨)○7月の住宅着工戸数は 97.5 万戸(季節調整済年率換算値)となった。住宅着工は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要が顕在化しており、90 万戸台後半から 100 万戸台の高水準で推移している。○着工を取り巻く環境は引き続き

2013年9月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税が経済に与える影響

トップレポート・コラム経済分析日本消費税増税が経済に与える影響 ここから本文です消費税増税が経済に与える影響現行法通りの増税実施が最適。小刻みな引き上げは非現実的。サマリー◆2013年4-6月期のGDP一次速報は堅調な景気拡大を裏付けるものであった。この結果を受けて、大和総研では予定通り2014年4月に消費税率が5%から8%に、2015年10月に8%から10%に引き上げられると考えている。本レポートでは、2回の消費税増税が日本経済に与える影響をどのように想定しているか、そして、消費税率引き上げの

2013年8月26日日本総研フィードバック数:0社会/政治

消費税率引き上げを巡る5つの論点

消費税率引き上げを巡る5つの論点

2013年8月23日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

民間調査機関28 社の経済見通しのまとめです。

民間調査機関の経済見通し(2013年8月) ~足元下振れも13年度高成長予想に変更なし。14年度も景気後退は回避される見込み~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート民間調査機関の経済見通し(2013年8月)発表日:2013年8月21日(水)~足元下振れも13年度高成長予想に変更なし。14年度も景気後退は回避される見込み~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(要旨)○民間調査機関 28 社の経済見通しが出揃った。実質GDP成長率の平均値は、2013 年度が前年度比+2.7%(5月時点見通し:同+2.7%)、2014 年度は同+0.6%(5月時点見通し:

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し ~14年、15年に追加経済対策を想定したことで、14年度の成長率見通しを上方修正~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート2013~2015年度日本経済見通し~14年、15年に追加経済対策を想定したことで、14年度の成長率見通しを上方修正~発表日:2013年8月12日(月)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴(TEL:03-5221-4528)<要旨>日本・国内総生産(GDP)成長率予測値2013年度予測実質+2.8% (前回 +2.9%)名目+2.6% (前回 +2.7%)2014年度予測実質+0.9% (前回 +0.4%)名目+2.8%

2013~2015年度経済見通し ~ 高成長持続後に正念場を迎える日本経済

2013~2015年度経済見通し ~ 高成長持続後に正念場を迎える日本経済 | ニッセイ基礎研究所 2013~2015年度経済見通し ~ 高成長持続後に正念場を迎える日本経済 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.5%、2014年度0.0%、2015年度0.8%を予想> 2013年

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

平成24年度決算概要 ~剰余金は消費税率引き上げ前の補正予算の財源に?~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:平成24年度決算概要発表日:2013年7月31日(水)~剰余金は消費税率引き上げ前の補正予算の財源に?~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)(要旨)○ 平成 24 年度決算の概要が公表された。歳出予算額(補正予算を含む)の 100.5 兆円に対して支出済歳出額は 97.1 兆円であり、歳出入決算総額の差は 10.7 兆円だった。そのうち、財政法第 6 条の剰余金は 1.7 兆円である。○

2013年7月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る

2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る 経済研究部 経済調査部長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

住宅着工戸数(2013年5月) ~2008年10月以来の100万戸越え~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2013年5月)発表日2013年6月28日(金)~2008年10月以来の100万戸越え~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524新設住宅着工戸数持家(季年率) 前年比 (季年率)%2012年1月82.3-1.130.22月91.67.531.13月84.45.030.04月88.710.330.55月89.59.330.96月84.4-0.229.97月87.0-9

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~13年度の景気は加速。14年度は減速も、回復基調は維持~

経済トレンド2013~2015 年度日米経済見通しⅠ.日本経済見通し ~13 年度の景気は加速。14 年度は減速も、回復基調は維持~経済調査部 新家 義貴(要旨)○実質GDP成長率の見通しは、2013 年度が+2.9%(3月時点予測:+2.5%)、2014 年度が+0.4%(同:▲0.1%)、2015 年度が+1.2%である。○景気は足元で明確に改善しているが、先行きについても好調さが続く可能性が高い。①円安による輸出押し上げ、②企業業績改善を背景とした設備投資の持ち直し、③緊急経済対策効果の顕

2013~2015年度経済見通し~13年1-3月期GDP2次速報後改定

2013~2015年度経済見通し~13年1-3月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2013~2015年度経済見通し~13年1-3月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.6%、2014年度0.0%、2015年度0.8%を予想> 2013年1-3月

2013~2015年度経済見通し~2%の物価目標達成の可能性を探る

2013~2015年度経済見通し~2%の物価目標達成の可能性を探る | ニッセイ基礎研究所 2013~2015年度経済見通し~2%の物価目標達成の可能性を探る 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.6%、2014年度0.0%、2015年度0.8%を予想> 2013年1-3月期の実質

2013年5月2日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

住宅着工戸数(2013年3月) ~2ヶ月連続で90万戸越え~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2013年3月)発表日2013年4月30日(火)~2ヶ月連続で90万戸越え~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2012年1-3月期86.13.730.44-6月期87.66.230.47-9月期87.6-1.130.610-12月期91.815.032.42013年1-3月期90.45.132.72012年7月8

2013年4月21日三菱東京UFJ銀行★フィードバック数:4社会/政治

消費税増税の影響を見ています。

経済レビュー:消費税率引き上げがもたらす家計負担の大きさと個人消費への影響

経済レビュー:消費税率引き上げがもたらす家計負担の大きさと個人消費への影響

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

2012~14年度住宅着工戸数の見通し ~2013年度の着工は駆け込み需要が押し上げ

Economic Trendsマクロ経済分析レポート2012~14年度住宅着工戸数の見通し~2013年度の着工は駆け込み需要が押し上げ~発表日:2013年3月1日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526(要旨)○2012 年 10-12 月期の住宅着工戸数は前期比+4.8%の 91.8 万戸、1月も 86.3 万戸と底堅く推移した。住宅エコポイント終了に伴い、10 月に着工が急増したといった特殊要因もあるが、それを除いても足元の住宅着工は

2009年8月3日トムソン・ロイターフィードバック数:0大型消費/投資

ロイター個人投資家調査

ロイター個人投資家調査:「民主党中心の政権」望む7割 [東京 22日 ロイター] ロイターが22日にまとめた7月個人投資家調査では、総選挙の結果どのような政権を望むかを聞いたところ、「民主党中心の政権」が71.6%を占め、昨年11月調査時(63.4%)よりも8.2ポイント上昇したことが分かった。  7月22日、ロイターがまとめた7月個人投資家調査では、総選挙の結果どのような政権を望むかを聞いたところ、「民主党中心の政権」が71.6%を占めた(2009年 ロイター) 今後10年間の消費税率について

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 

お知らせ