「消費税率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年1月27日第一生命保険★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車販売についてのレポートです。駆け込み需要もテーマになっています。

2014年度新車販売の行方 ~車体課税の見直しの効果はいかに?~

Economic Trends2014年度新車販売の行方マクロ経済分析レポート発表日:2014年1月24日(金)~車体課税の見直しの効果はいかに?~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(要旨)○昨年 12 月に平成 26 年度税制改正大綱が閣議決定された。本稿では、大綱に盛り込まれた車体課税の見直しの内容を整理した上で、2014 年度新車販売の行方について考察する。○今回決定した車体課税の見直しのうち 14 年度新車購入に係る税制の変更は、

2014年1月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスと消費税率引上げで優位性高まる自社株買い

トップレポート・コラムコラムアベノミクスと消費税率引上げで優位性高まる自社株買い ここから本文ですアベノミクスと消費税率引上げで優位性高まる自社株買い企業の株主還元策として多く用いられる手法は、配当と自社株買いである。東証1部上場企業の配当および自社株買いの過去の実績をみると、配当総額が比較的安定して推移する一方、自社株買いは2000年代後半の金融危機の際に大幅に減少し、近年においてもあまり回復が見られない(図表)。アメリカのS&P500採用企業においても配当総額は安定的に推移しているが、自社株

2013年12月26日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

今年の10大ニュースです。

2013年の10大ニュース

トップレポート・コラム経済分析日本2013年の10大ニュース ここから本文です2013年の10大ニュース東京五輪決定、日銀量的・質的緩和、消費税率上げ決定が上位にサマリー◆大和総研調査本部では本部員による投票により、2013年の10大ニュース(下表)を選んだ。2013年は、日本がデフレ脱却に向けた動きが始まった年と位置づけられよう。◆56年ぶりの東京オリンピック開催決定は、富士山の世界文化遺産決定に続き、明るいニュースだった。日本人の心理に大きな影響を与え、前向きムードをもたらした。◆経済面では

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス発進から1年。変わったか ~期待から実績。金融から実体。緩和から増税~

Economic Trends経済関連レポートアベノミクス発進から1年。変わったか発表日:2013年11月14日(木)~期待から実績。金融から実体。緩和から増税~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)筆者の理解では、アベノミクスは 2012 年 11 月 14 日の野田首相の解散発言から始まったとみる。当初は期待先行による円安・株高の影響力に依存していた。2013 年 10 月 1 日以降、アベノミクスの中核は、消費増税のハードルを乗り越えるための政策動員に

2013年11月5日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

消費税増税とSMBのIT投資についてのアンケートです。

2013年消費税率改正が中堅・中小企業のIT投資に与える影響と対策に関する調査報告

2013年消費税率改正が中堅・中小企業のIT投資に与える影響と対策に関する調査報告

2013年11月3日シニアコム★フィードバック数:0マーケティング

シニアと消費税です。

消費税率の引き上げにともなう消費意識調査

消費税率の引き上げにともなう消費意識調査

2013年10月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

前回増税時に見る、消費税増税の消費者物価への影響

トップレポート・コラムコラム前回増税時に見る、消費税増税の消費者物価への影響 ここから本文です前回増税時に見る、消費税増税の消費者物価への影響消費税率が2014年4月1日に、現行の5%から8%へと引き上げられることが正式に決定した。消費税率が引き上げられると、物価上昇によって家計の購買力(実質所得)が目減りするため、家計消費を減少させる。増税による経済への影響を考える上では、増税によってどの程度物価が上昇するかというのが重要な論点となる。一般的には、消費税率が1%引き上げられれば、消費者物価(生

財政再建議論に必要な選択肢の提示

財政再建議論に必要な選択肢の提示 | ニッセイ基礎研究所 財政再建議論に必要な選択肢の提示 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 政府は8月8日に、中期財政計画を閣議決定した。発表されている内閣府試算によれば、現在5%の消費税率を10%にまで引き上げれば、当面の目標である基礎的財政収支赤字の半減はほぼ達

2013年9月25日ダイヤモンド社★フィードバック数:0社会/政治

ダイヤモンドの調査です。

消費税増税に関するアンケート

安倍首相が消費税増税を実施するかどうかの決断の時が近づいている。すでに、読売新聞、朝日新聞が、首相が来年4月からの消費税率の引き上げ(5%→8%)を決めたと報じている。 消費税は老若男女、お金持ちも貧乏人も関係なく、すべての国民から徴収する税だけに、本来ならば7月の参院選で争点とすべきテーマだった。そこで、ダイヤモンド・オンライン編集部では、ネット調査会社・リビジェンの協力を得て、消費税増税に関するアンケートを行った。 実施日は9月12日、調査対象は10代~40代を中心とした男女500名。若年層

2013年9月20日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

増税の影響を検討しています。

消費税増税と消費者マインド・物価予想

トップレポート・コラム経済分析日本消費税増税と消費者マインド・物価予想 ここから本文です消費税増税と消費者マインド・物価予想過去も駆け込みと反動減の反面、増税前にマインドが低迷し増税後に改善、物価上昇予想にも増税は影響サマリー◆最近消費者マインドの低下を示す指標が表れているが、1989年の消費税導入時や1997年の税率引上げ時の状況を見ると、消費税導入・税率引上げ前には景気動向とは逆に消費者マインドが悪化した一方、駆け込み需要が発生した。導入・引上げ後は、直後に消費自体は反動減が生じたものの、消

2013年8月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

海外からは理解されにくい消費税率引上げ先送り論

海外からは理解されにくい消費税率引上げ先送り論

財政再建議論に必要な選択肢の提示

財政再建議論に必要な選択肢の提示 | ニッセイ基礎研究所 財政再建議論に必要な選択肢の提示 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 政府は8月8日に、中期財政計画を閣議決定した。発表されている内閣府試算によれば、現在5%の消費税率を2014年度と2015年度の二度にわたって10%にまで引き上げれば、当面目

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

波紋を呼ぶ消費税先送り論(後編) ~先送り観測に隠れたデフレ心理~

Financial Trends経済関連レポート波紋を呼ぶ消費税先送り論(後編) 発表日:2013年7月31日(水)~先送り観測に隠れたデフレ心理~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)消費税率の引き上げを先送りしたいと感じてしまう背景には、価格転嫁がうまくいかず企業収益などに悪影響が呼ぶのではないかという懸念がある。デフレ心理と親密な意識が、先送りの誘因にはあるかもしれない。2014 年 4月の増税を見直したとして、いつのタイミングが好ましいと考えるべきな

2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税等の家計への影響試算

トップレポート・コラム法律・制度税制消費税増税等の家計への影響試算 ここから本文です消費税増税等の家計への影響試算2011年から2016年までの家計の実質可処分所得の推移を試算サマリー◆消費税率の引き上げ等の税・社会保障の制度改正を踏まえ、世帯構成ごとに、2011年から2016年までの家計の姿をシミュレーションした。◆消費税率の引き上げはどの世帯も一定率の負担増となるが、世帯構成によって2011年から2013年にかけての負担増の内容は異なる。このため、これまでと比べ、負担増のペースが急になる世帯

2013年1月25日大和総研フィードバック数:3大型消費/投資

2013年度改正の住宅ローン減税の分析(速報)

トップレポート・コラム法律・制度税制2013年度改正の住宅ローン減税の分析(速報) ここから本文です2013年度改正の住宅ローン減税の分析(速報)年収別の最大税負担軽減額の試算サマリー◆2013年1月24日、自由民主党・公明党は「平成25年度税制改正大綱」(以下、大綱)を公表した。本稿では、大綱に記載された住宅ローン減税の新制度の分析を行う。◆住宅ローン減税の新制度は、消費税率8%への引き上げ後の2014年4月から適用され、一般住宅の場合、対象となる住宅ローン残高が2,000万円から4,000万

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ