「消費者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2022年1月17日アドビ★★フィードバック数:0ビジネス

2021年のホリデーシーズンにおける米国のオンライン消費額が、過去最高の2,040億ドル(約23兆5,348億円)を記録

2021年のホリデーシーズンにおける米国のオンライン消費額が、過去最高の2,040億ドル(約23兆5,348億円)を記録アドビは本日、2021年のホリデーシーズン(11月1日〜12月31日)における米国での最終的なオンライン消費額を発表しました。これはアドビが追跡しているオンライン経済指標であるAdobe Digital Economy Indexの一環であり、オンラインでの消費者の直接取引を分析することで得られた米国のEコマースの現況を包括的に示します。この分析は、米国の小売サイトへの1兆回以

消費者から企業に対する顧客サービスにおける最も大きな要望は 迅速な対応と初回コンタクト時の問題解決

2021年12月01日 15:00消費者から企業に対する顧客サービスにおける最も大きな要望は 迅速な対応と初回コンタクト時の問題解決 2021年12月1日 [日本語訳]消費者から企業に対する顧客サービスにおける最も大きな要望は消費者が求める顧客体験とアジア太平洋地域の企業が重要視する顧客体験の間に 乖離があることが、ジェネシスの調査によって判明ベンガルール - 2021年11月29日 - カスタマーエクスペリエンス・オーケストレーションのグローバル・クラウド・リーダーである(R)()は、カスタ

新型コロナウイルスとホテル利用意向

<アンケート調査 新型コロナウイルスとホテル利用意向> コロナ禍のホテル利用意向、地元や近場での宿泊が昨年から増加。今後のホテル選びの重視点は、「温泉・大浴場」が上位に。顧客満足度(CS)調査や消費者動向に関するリサーチ・コンサルティング会社である株式会社J.D. パワー ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本浩二、略称:J.D. パワー)は、新型コロナウイルスとホテル利用に関する調査結果を発表致します。現在、各地では緊急事態宣言の延長や地域の追加がなされ、変異型ウイルスの拡大の懸念も

コロナ禍でのイベント中止・オンライン開催に関する意識調査

国内初公開 「コロナ禍でのイベント中止・オンライン開催に関する意識調査」 ~60%以上が有料開催でも参加意向、定価の半額以上でも支払う意思のある人が60%以上に~株式会社ネットプロテクションズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長(CEO):柴田 紳、以下当社)は、「コロナ禍における有償オンラインイベント」に関する定点調査を実施しましたので、その結果について報告いたします。 ■レポート概要<調査結果サマリー>1.そもそも消費者はオンライン開催を望んでいるのか。・6割以上がオンライン開催を希望。

2021年3月22日電通★★フィードバック数:0ライフスタイル

電通、「エシカル消費 意識調査2020」を実施

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやインフォメーションなどをご覧いただけます。 IR情報株式会社電通グループのIR情報はこちらからご覧ください。 電通、「エシカル消費 意識調査2020」を実施2021年3月22日新型コロナの影響で、約3割がエシカル消費をより意識 株式会社電通(本社:東京都港区 社長:五十嵐 博)において、全社横断で社会課題の解決に取り組む組織「新!ソーシャル・デザイン・エンジン」お

2021年1月20日ポケットマルシェフィードバック数:0社会/政治

【緊急事態宣言に関する生産者調査を実施】約4割の生産者が、昨年の緊急事態宣言の発令により売上が減少したと回答

【産直SNS「ポケットマルシェ」が緊急事態宣言に関する生産者調査を実施】約4割の生産者が、昨年の緊急事態宣言の発令により売上が減少したと回答 緊急事態宣言再発令の影響を懸念する声を受け、生産者サポート体制を強化 生産者と消費者をつなぐ国内最大級の産直アプリ「ポケットマルシェ」を運営する株式会社ポケットマルシェ(本社:岩手県花巻市、代表取締役:高橋 博之、以下「当社」)は、緊急事態宣言の発令が生産者の売上に及ぼす影響を調査しました。約4割の生産者は、2020年4月7日(火)の緊急事態宣言の発令によ

2021年1月15日マネーツリーフィードバック数:0ライフスタイル

14000人に聞いた、お金の管理調査レポート2020年版

LINKブログMoneytree 14000人に聞いた、お金の管理調査レポート2020年版Moneytree 14000人に聞いた、お金の管理調査レポート2020年版数々のMoneytree利用者が毎日のお金の管理を簡単で楽しく継続できるよう、マネーツリー は14531人のMoneytreeアプリ利用者に「資産管理アプリ、Moneytreeの利用者の現状」と「資産運用について」の2つテーマで2020年10月8−14日の期間オンラインアンケートにて調査しました。6割の利用者は投資経験者調査から、利

2020年11月13日Unruly Media★フィードバック数:0マーケティング要登録

コネクテッドTVに関する調査

ポストコロナ時代に向けた、コネクテッドTV広告の理解と活用法についてブランド広告主様におけるコネクテッドTVでの広告展開をご検討いただく一助として、Unruly(アンルーリー)は、2020年4月以降、全世界で多数の消費者に対する調査を行ってきました。コロナウイルスの世界的流行から5ヶ月後となる2020年7月に、日本国内の消費者の、コネクテッドTVに関する態度、消費行動、広告嗜好に関する、最新の調査を実施しました。以下のフォームに必要項目をご記入いただくと、全調査結果をご覧いただけます「送信」のボ

2020年10月22日Accenture★★フィードバック数:0マーケティング

アクセンチュア最新調査――没入型技術がオンラインショッピングの体験を再構築し、購入への信頼感向上のカギに

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――没入型技術がオンラインショッピングの体験を再構築し、購入への信頼感向上のカギに アクセンチュア最新調査――没入型技術がオンラインショッピングの体験を再構築し、購入への信頼感向上のカギに

デジタルD2Cの市場規模、2025年には3兆円に達すると予測

プレスリリース 報道関係者各位 2020年9月8日株式会社 売れるネット広告社 『売れるネット広告社』は「デジタルD2C」の市場動向調査を行いました。本調査では、「デジタルD2C」を、ネットメディアを通じて自社ブランドの商品を消費者に直接に販売する事業と定義したうえで2019年の市場規模を推計し、2025年までの年間の国内市場規模予測を算出しております。本調査内容及びグラフはご自由にご利用いただけます。 D2Cとは、「Direct to Consumer」の略で、“消費者に対して商品を直接的に

2020年7月16日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

ヴァリューズ

コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査

【調査リリース】コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査 収束後も日用品・食材・化粧品などのネット購入は継続傾向に◆健康・節約・動画配信サービスがコロナ影響後のトップトレンドに ◆コロナ影響拡大をきっかけにネット購入した商品・サービスはその後もネット購入継続意向 ◆収束後にやりたいことトップ3は国内旅行・外食・遊園地へのお出かけで、外出需要増インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長

2020年6月25日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者213人に聞いた Withコロナにおける広告戦略に関する調査

投資を増やしたい広告媒体は「動画広告」、 マス広告全体への投資意欲が弱まる中、「テレビCM」のみ投資意欲が強まる 株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下サイカ)は、独自の広告調査・研究レポートの第19弾として、「企業の広告宣伝担当者213人に聞いた Withコロナにおける広告戦略に関する調査」を実施いたしましたので結果を発表いたします。 昨今、新型コロナウイルスの感染拡大を契機として、外出機会の減少、コミュニケーション手段の変化、購買行動の変化など、消費者の生

新型コロナウイルスの感染拡大が処方箋データに与えた影響

健やかな未来へ導く我々は情報に命を与え、医療を享受する人、医療を提供する人、 健康を願うすべての人々が納得の選択をするための力となりますインテージ リアルワールドについて 「医療消費者」起点による情報の価値化と、 より健全で有益な「選択肢」を提供する 存在であり続ける詳しくみる service統合医療データベース 各種医療データベースの特徴を掌握し、リアルワールドデータの枠組みを超えた革新的なソリューションサービス。これまでに無い速報性で、市場動向の確認が可能です。 service医薬品データ

2020年6月15日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査

【調査リリース】コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査 収束後も日用品・食材・化粧品などのネット購入は継続傾向に◆健康・節約・動画配信サービスがコロナ影響後のトップトレンドに ◆コロナ影響拡大をきっかけにネット購入した商品・サービスはその後もネット購入継続意向 ◆収束後にやりたいことトップ3は国内旅行・外食・遊園地へのお出かけで、外出需要増インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長

2020年6月13日原宿サン・アド★★フィードバック数:0マーケティング

コロナウイルスがもたらした、企業・広告に対する消費者意識の変容調査

【コロナ調査】テキストマイニングで見えた消費者心理の深層。"コロナウイルスがもたらした、企業・広告に対する消費者意識の変容調査"から見えた、消費者の本音とは 広告会社の株式会社原宿サン・アド(代表取締役:村井恵一 https://h-sunad.co.jp/)は、マーケティング機能強化の一環として「消費者未来ミエル化プロジェクト」を発足いたしました。プロジェクトの第1弾として、"コロナウイルスがもたらした、企業・広告に対する消費者意識の変容調査"をマーケティング調査会社のマイボイスコム株式会社

2020年5月1日医療情報総合研究所フィードバック数:0社会/政治

新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月の処方箋枚数が大幅減! 処方日数は増加傾向に

健やかな未来へ導く我々は情報に命を与え、医療を享受する人、医療を提供する人、 健康を願うすべての人々が納得の選択をするための力となりますインテージ リアルワールドについて 「医療消費者」起点による情報の価値化と、 より健全で有益な「選択肢」を提供する 存在であり続ける詳しくみる service統合医療データベース 各種医療データベースの特徴を掌握し、リアルワールドデータの枠組みを超えた革新的なソリューションサービス。これまでに無い速報性で、市場動向の確認が可能です。 service医薬品データ

消費者が公式サイトやアプリで商品を購入する理由は安心・お得感!事業者と消費者に関する2つの調査結果を公開

当社では決済代行会社として、ネットビジネスに導入可能なクレジットカード決済やコンビニ決済などの20種類以上の決済サービスにはじまり、実店舗向けにもクレジットカード・電子マネー・QRコード決済に対応している「店舗向け決済サービス」をご提供しております。 目的や方法から探すサービス、業態・ニーズ、セキュリティ、ショッピングカート、課金方式・接続方式など、事業者さまのさまざまな目的に合わせて、最適なサービスを検索・ご確認いただけます。 当社は、物販、デジタルコンテンツ販売、会員制サイトなど、

2020年4月8日ポケットマルシェフィードバック数:0ライフスタイル

登録生産者数2,000名の「ポケットマルシェ」が生産者を対象としたアンケート結果を発表

登録生産者数2,000名の「ポケットマルシェ」が生産者を対象としたアンケート結果を発表 株式会社ポケットマルシェ(本社:岩手県花巻市、代表取締役:高橋 博之、以下 「ポケットマルシェ」)が運営する、全国の農家や漁師などの生産者と消費者を直接繋ぐアプリ「ポケットマルシェ」は、2020年3月に登録生産者数が2,000名を突破いたしました。同時期にポケットマルシェ登録生産者へのアンケートを実施し、産直プラットフォームの利用実態をまとめました。 【概要】2016年9月にサービスを開始したポケットマルシェ

消費者による地球温暖化問題と購買に対する意識調査

消費者による地球温暖化問題と購買に対する意識調査 消費者の約50%が地球温暖化問題に関心を持つ。地球温暖化に対する企業の取組みに約60%が期待を寄せ、65%が積極的に取組む企業に対して好感を持つと回答。 企業のデジタルマーケティングを支援する株式会社メンバーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 剣持 忠、以下「メンバーズ」)の子会社でCSV(Creating Shared Value=共通価値の創造)の戦略コンサルティング、マーケティング支援を行う株式会社エンゲージメント・ファースト(本社:東

【いまや冬の風物詩】節分に恵方巻を食べますか?

/ / 【いまや冬の風物詩】節分に恵方巻を食べますか?【いまや冬の風物詩】節分に恵方巻を食べますか?「恵方巻」の風習は定着しているのか年が明けてお正月ムードが薄れてくると毎年、飲食店や小売店による「恵方巻商戦」が始まります。恵方巻とは、節分の日に恵方(歳徳神がいるとされる方向、吉方)に向かって食べる巻き寿司、またはその風習のことで、その食べ方には「願いことを思い浮かべながら無言で食べきる」「笑いながら食べる」など地域によっても違いがあるようです。恵方巻を食べる風習はもともと全国的ではなく、関西

2020年1月15日Capgemini★★フィードバック数:0大型消費/投資

キャップジェミニ、今後3年以内にドライバーの95%が車内音声アシスタントを使用すると予測

キャップジェミニ、新しい調査レポートをリリース - 今後3年以内にドライバーの95%が車内音声アシスタントを使用すると予測 インタラクティブな車内体験に対する消費者の期待と欲求は高まっているもののプライバシー、データセキュリティ、ユーザーエクスペリエンスに懸念が残る【2019年11月14日:パリ発】 キャップジェミニ・リサーチ・インスティテュートは最新調査レポートを発表し、今後3年間でほぼすべて(95%)のドライバーが音声アシスタントを使用するようになると予測、さらに、自動車企業はユ

2019年12月16日Yext★★フィードバック数:0マーケティング

2020年の検索トレンド:消費者の検索行動はより活発に

2020年の検索トレンド:消費者の検索行動はより活発に ~ 年間を通じた顧客の検索の傾向を米国Yextが調査 ~ ※本リリースは、米国 Yext, Inc.が 2019 年 11月21日(現地時間)に配信した英文リリースに基づき作成した日本語抄訳です。自社ブランドサイト、検索エンジンやマップ、SNSなどの、あらゆるデジタル・サービス上で企業の正しい情報発信を可能にするYext(NYSE:YEXT、日本法人:株式会社Yext(イエクスト)、代表取締役会長兼CEO:宇陀 栄次)は、消費者の過去1年間

Web広告が低品質なコンテンツ環境に表示された場合、65%が「ブランドの使用を取り止める」

Web広告が低品質なコンテンツ環境に表示された場合、65%が「ブランドの使用を取り止める」 IASが、コンテンツの品質が広告認知に与える影響に関する調査レポートを発表 広告業界の透明性を高め、デジタル広告の効果を最大するテクノロジ-とデータをグローバルに提供するIntegral Ad Science(本社:米国ニューヨーク、CEO:リサ・アッツシュナイダー / 日本オフィス:東京都千代田区、マネージングダイレクター:藤中太郎、以下 IAS)は、2019年11月16日、Web広告が表示されるコンテ

2019年11月6日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

ニールセン 消費者のマルチスクリーンの利用状況を発表

Home > ニュース > ニュースリリース > 商品の購入に利用するデバイスはパソコンからスマートフォンにシフト~ニールセン 消費者のマルチスクリーンの利用状況を発表~2019/10/29 [データ] 商品の購入に利用するデバイスはパソコンからスマートフォンにシフト~ニールセン 消費者のマルチスクリーンの利用状況を発表~- どの年代でもインターネット利用デバイスはスマートフォンが主流に - 30代以下の約半数は「化粧品」「電化製品」「ファッション」を実店舗で購入する際にオンラインで検討 - 3

「ブランドは信頼に値するのか」エデルマン、日本の調査結果発表

消費者はブランドに対する信頼に基づいて購買を決定している そ... 消費者はブランドに対する信頼に基づいて購買を決定しているその反面で、ブランドを信頼しているのは3人にひとり~「ブランドは信頼に値するのか」エデルマン、日本の調査結果発表~ エデルマン・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役:ロス・ローブリー) は本日、世界 8 カ国、16,000 人を対象に実施した消費者意識調査「2019 エデルマン・トラストバロメーター スペシャルレポート:ブランドは信頼に値するのか」(2019 Ed

2019年6月20日オウケイウェイヴ★フィードバック数:0社会/政治

「消費税増税前の消費行動の傾向や関心事」に関する調査

消費税増税前の最大関心事は “キャッシュレス決済のポイント還元”等 2019/06/14オウケイウェイヴ総研は、Q&Aサイト「OKWAVE」の投稿データを分析した「消費税増税前の消費行動の傾向や関心事」に関する自主調査を実施しました。その結果、消費税増税にあわせて導入予定のクレジットカードなどのキャッシュレス決済のポイント還元制度(「キャッシュレス・消費者還元事業」)への関心が高いことが分かりました。

AI搭載の自動運転車とIoT活用商品に関する国際調査

先端技術に対する期待も、その安全性に対する懸念も強い日本の消費者 プレス・リリース 2019年1月10日東京理科大学 松本朋子研究室東京大学 太田勝造研究室、岡田謙介研究室、加藤淳子研究室NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社サーベイ・サンプリング・インターナショナル(SSI)社AI搭載の自動運転車とIoT活用商品に関する国際調査先端技術に対する期待も、その安全性に対する懸念も強い日本の消費者 東京理科大学 松本朋子研究室、東京大学 太田勝造研究室、岡田謙介研究室、そして

2018年12月26日トランスコスモス★★フィードバック数:0マーケティング

トランスコスモス、「消費者と企業のコミュニケーション実態調査」 2018年度版を発表

消費者と企業のコミュニケーション実態調査ならトランスコスモス トランスコスモス、「消費者と企業のコミュニケーション実態調査」 2018年度版を発表不満顧客の8割以上をリピーターに。デジタル時代のカスタマーケアの新法則を公開 トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)のAI研究所である「Communication Science Lab(コミュニケーションサイエンスラボ)」は、「消費者と企業のコミュニケーション実態調査2018」を発表しました。3年目となる本調

2018年12月13日Brightcove★★フィードバック数:0マーケティング

2018年版動画マーケティング調査

← All Press Releases 動画コンテンツがミレニアル世代の購買決定に影響を与えていることが ブライトコーブの調査で判明※当リリースは 2018 年 11 月 6 日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています動画用クラウドサービスの大手プロバイダーであるBrightcove Inc.(NASDAQ:BCOV、以下ブライトコーブ)は、2018年版動画マーケティング調査(2018 Video Marketing Survey)の結果を発表しました。本調査は、動画コンテンツが消

ネットショッピング化する求職活動:消費者でもあるキャンディデイト

人材派遣・人材紹介のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2018年「求職時にネガティブな体験をしたため、該当企業の製品を買いたくない」と52%が回答 「求職時にネガティブな体験をしたため、該当企業の製品を買いたくない」と52%が回答 マンパワーグループ、労働白書「ネットショッピング化する求職活動:消費者でもあるキャンディデイト」発表2018年10月30日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:池田 匡弥、以下「マンパワーグループ」)は、日本を含む

第13回「地域ブランド調査2018」

【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。 人気記事おすすめ記事最新記事「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。 福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力しても

2018年8月31日DOMOフィードバック数:0マーケティング

Domo、SNS上で1分間に生成されるデータの分析レポート最新版「Data Never Sleeps 6.0」を公開

2018/08/29 Domo、SNS上で1分間に生成されるデータの分析レポート最新版「Data Never Sleeps 6.0」を公開新たに金融、メディア、小売、ソーシャルメディア、テクノロジー、旅行の6産業の動向を追加(米国報道発表資料抄訳) 2018年6月5日、ユタ州シリコンスロープス–ビジネスのためのオペレーティングシステムを提供しているDomo(本社:ユタ州シリコンスロープス)は、1分毎にGoogleやTwitter、Instagram、Netflixなどの人気のSNSやプラットフォ

2018年8月2日キャップジェミニフィードバック数:0企業情報システム

消費者はAIを受け入れ始め、より人間に近いAI経験を提供する企業に応える

消費者はAIを受け入れ始め、より人間に近いAI経験を提供する企業に応える キャップジェミニの最新調査レポート 消費者は、企業との関わりにおいてはAIと人とを組み合わせた方法を好むが、AIそのものについては、より人間に近い特性を備えることを望んでいます 【2018年7月9日:パリ発】キャップジェミニのデジタル・トランスフォーメーション・インスティテュートは、新しくリリースしたレポートで、「人工知能(AI)は消費者にとってもはや無縁のものではない。消費者のほぼ3/4(73%)はAIを介したインタラク

2018年7月6日コズレフィードバック数:0マーケティング

『消費者の見えない気持ちを読み取るためには?』~家事代行サービス業者を選択する際に消費者が重視すること~

// 『消費者の見えない気持ちを読み取るためには?』~家事代行サービス業者を選択する際に消費者が重視すること~『消費者の見えない気持ちを読み取るためには?』~家事代行サービス業者を選択する際に消費者が重視すること~1.はじめに私は家事が苦手だ。正確に言うと、必要最低限のことしかやらないため、苦手かどうかさえわからない。洗濯と目に見える範囲内の掃除のみだ。料理はしない。目に見えない箇所はずっと綺麗なままと信じ掃除はしない。そんな私でさえ、それしかしない私でさえ、洗濯も目に見える範囲内の掃除も面倒く

2018年6月5日Criteoフィードバック数:0マーケティング

Criteo、オンラインショッピング動向の最新の調査結果を発表

Criteo、オンラインショッピング動向の最新の調査結果を発表 日本における買物客の獲得には、 「モバイルファースト」の消費者習慣の理解がますます重要に 活発なオムニショッパーは最高の顧客生涯価値を生み出し、 アプリ内売上高とコンバージョン率を向上させることが明らかに コマースマーケティングのテクノロジー企業である、CRITEO 株式会社(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、2018 年第1 四半期のグローバル・コマースレビューの分析結果を発表しました。このレポートは

2018年3月13日Criteoフィードバック数:0マーケティング

2017年第4四半期のグローバル・コマース調査

Criteo、第 4 四半期グローバルコマースレポートを発表 コマースマーケティングのテクノロジー企業である、CRITEO 株式会社(本社:フランス、NASDAQ: CRTO、以下 Criteo)は、2017 年第 4 四半期のグローバル・コマース調査の分析結果を発表しました。このレポートは、消費者のすべてのデバイスとブラウジング環境での活動、行動、嗜好を分析したものです。 その結果、消費者の間でアプリへでの購買活動が急速に定着しはじめていることや、「

2018年3月2日中小企業庁フィードバック数:0社会/政治

消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(12月調査)

消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(12月調査)の調査結果を取りまとめました平成30年1月30日 経済産業省では、平成26年4月の消費税率引上げを踏まえ、転嫁状況を定期的にモニタリングするため、転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査(モニタリング調査)を平成26年4月から実施しています。今般、平成29年「12月調査」の調査結果を取りまとめました。調査結果は、「全て転嫁できている」と回答した事業者が、事業者間取引では88.3%、消費者向け取引では77.5%、「全く転嫁できていない」と回答し

2017年12月21日マクロミル★フィードバック数:0マーケティング

駅の広告はどのくらい見られているの?駅メディアに関する調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、 マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : 株式会社マクロミル運営元の株式会社マクロミルは、ネットリサーチのリーディングカンパニーとして、 これまで6,500社を

2017年12月18日トランスコスモス★★フィードバック数:0マーケティング

消費者と企業のコミュニケーション実態調査2017

トランスコスモス株式会社のAI研究所であるCommunication Science Labはデジタル時代の消費者と企業のコミュニケーションの実態把握を目的とした「消費者と企業のコミュニケーション実態調査」を2016年に引き続き実施しました。本ページでは調査データをもとに、消費者と企業のコミュニケーションの実態をインフォグラフィックを用いてわかりやすく解説していきます。 スマホ利用者の8割が 日常生活の「デジタル化」が進んだと実感 情報検索・記録、連絡、買い物、コンテンツの閲覧等 多くの行動

2017年11月23日大和総研★★フィードバック数:0マーケティング

拡大するネット消費の盲点とは?

トップレポート・コラム政策分析人と社会拡大するネット消費の盲点とは? ここから本文です拡大するネット消費の盲点とは?項目別では食料に期待、ただし共働きでも増えない世帯収入がネックサマリー◆インターネットの普及により、ネットショッピング市場が急速に拡大している。本稿では、ネット消費の成長が期待される分野として、生鮮食品などの食料分野に注目する理由を示す。一方、ネット消費拡大の追い風と考えられている共働き世帯の増加だが、現実には共働き世帯が多い地域ほど、ネット消費の割合が低いという現象が見られる。こ

2017年11月9日OTOGINOフィードバック数:0ライフスタイル

炭酸水のニーズに関する調査を発表 -重視するポイントとして「炭酸の強さ」が上位にあがる-

[] 株式会社OTOGINO(オトギノ:代表取締役社長 鬼武公洋 本社 大分県日田市北友田 2 丁目 2123 番地 1)は、消費者の炭酸水のニーズ高まっていることより、需要動向を把握することを目的に「消費者の炭酸水に関する意識調査」を行いました。調査時期 2017年9月25日~30日調査対象 インターネットパネル 20才以上の男女 全国2407名炭酸水を飲むきっかけとして、1位が「炭酸水が好きだから」、2位が「炭酸水が美容・健康によいと聞いた」です。炭酸水が好きで飲む人だけでなく、炭酸水ダイエ

地域ブランド調査2017 上位100市区町村魅力度ランキング

【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。 人気記事おすすめ記事最新記事「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。 「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調

地域ブランド調査2017 都道府県ランキング

【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。 人気記事おすすめ記事最新記事福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。 都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の

地域ブランド調査2017 結果速報~最も魅力的な市は京都市。仙台市など地方都市躍進~

【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。 人気記事おすすめ記事最新記事福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。 都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の

2017年10月4日レッズフィードバック数:0大型消費/投資

不動産取引での「囲い込み」「両手仲介」「仲介手数料」に関するアンケート調査

不動産取引での「囲い込み」「両手仲介」「仲介手数料」に関するアンケート調査結果 最終更新日:2019年12月24日公開日:2017年9月14日 不動産売買の仲介手数料の「最大無料」を実現している株式会社不動産流通システム(REDS、レッズ)(本社:千代田区、代表:深谷十三)は、この度、都内在住の持ち家に住む35~59歳の男女(男性250、女性250)を対象に、不動産賃貸、売買に関する仲介手数料と、不動産業界の悪しき商習慣とされる「囲い込み」などに関する消費者の認知度調査を実施しました。レッズで

2017年7月9日App Annie★★フィードバック数:0モバイル

消費者のアプリ利用状況 Part2

消費者のアプリ利用状況 Part2

2017年6月9日カンター・ジャパン★フィードバック数:0マーケティング

大手テクノロジーブランドがトップ5を独占。最も価値のある日本ブランドは、トヨタ

2017.06.08大手テクノロジーブランドがトップ5を独占。最も価値のある日本ブランドは、トヨタ。 KANTAR JAPANは、世界最大の広告会社WPPの子会社です。WPPグループは、今年で12年目となる2017年の世界のブランド価値ランキング(『ブランドZ™ Top 100 Most Valuable Global Brands Ranking (最も価値のあるグローバルブランド トップ100ランキング)』)を発表いたしました。このブランド価値の算出は、カンター・ミルウォード・ブラウンが行っ

2017年5月5日シャボン玉石けんフィードバック数:0ライフスタイル

無添加の石けん・洗剤に関する意識調査

無添加=安心・安全とは限らない!?無添加商品を購入したいが、... 無添加=安心・安全とは限らない!? 無添加商品を購入したいが、 「無添加」の表示基準を知らない人は7割弱シャボン玉石けん株式会社(福岡県北九州市/代表取締役社長:森田隼人)は、春の新生活が始まり、初めてお店で商品を選ぶことになる人も多いこの時期に合わせ、20代から60代の女性を対象にして「無添加の石けん・洗剤に関する意識調査」を行いました。(WEB調査、調査期間:2017年3月10日~16日、サンプル数:324人)調査の結

2017年4月20日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

グローバル・コネクテッドコマース調査

ニールセン 『グローバル・コネクテッドコマース調査(食品・日用品オンラインショッピングの未来)』【日本語版】 ニールセン 『グローバル・コネクテッドコマース調査(食品・日用品オンラインショッピングの未来)』【日本語版】 {“order”:3,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”Insights

2016年12月8日西日本シティ銀行フィードバック数:0大型消費/投資

消費者動向調査No.119「冬のボーナス使いみち調査」

消費者動向調査No.119「冬のボーナス使いみち調査」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ