調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 消費者調査

「消費者調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年12月24日エルテックスフィードバック数:0ビジネス

エルテックス 第14回通信販売調査レポート

スマートフォン向けECアプリの認知率は81.3%、インストール済みは約5割の49.7%(各数値はスマートフォン保有者でかつEC利用者が対象) エルテックス 第14回通信販売調査レポート 「通信販売に関する【消費者調査】2019」Part1ECサイト構築/通販システム構築・支援を主要事業として手掛けている株式会社エルテックス(本社:神奈川県横浜市保土ヶ谷区 代表取締役社長:森 久尚 以下、エルテックス)は、2013年から実施している、通信販売に関する「消費者の行動や意識」を集計・分析した調査結果の

セールスフォース・ドットコムが最新の国内消費者調査を発表

セールスフォース・ドットコムが最新の国内消費者調査を発表 店舗は依然として需要高、消費者は携帯端末に平均2つのショッピングアプリを保有 - 2019年ホリデーシーズンに向け日本人消費者の44%がオンラインショッピングを増やすと回答- 日本人消費者13%がホリデーショッピングの主なアイデアはInstagramからと回答 グローバルでCRMをリードする米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一)は、消費

2019年11月28日SAS Institute★★フィードバック数:0マーケティング

SAS、最新グローバル調査:2030年のカスタマー・エクスペリエンス

SAS、最新グローバル調査:2030年のカスタマー・エクスペリエンス2030年にはカスタマー・エンゲージメントの67%がスマートマシンによって処理されることが明らかに イタリア・ミラノ「SAS Analytics Experience 2019」発アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、Futurum Research社と共同で実施した調査「Experience 2030: The Future of Customer Exper

2019年10月25日ANSYS★フィードバック数:0ビジネス

ANSYSが実施した調査で、消費者の多くが今後10年以内に自動運転車が人間をしのぐだろうと回答

ANSYSが実施した調査で、消費者の多くが今後10年以内に自... ANSYSが実施した調査で、消費者の多くが今後10年以内に 自動運転車が人間をしのぐだろうと回答ANSYSの『Global Autonomous Vehicles Report』で 自動運転車に対する消費者の認識や期待が明らかにピッツバーグ、2019年10月1日 - ANSYS(NASDAQ:ANSS)が調査機関に委託したワールドワイドな消費者調査によれば、消費者の10人に7人が、2029年までに自動運転車が人間の運転能力

驚異的成長のAmazonがトップに躍進 世界で最も価値のある日本ブランドはTOYOTA 、 急成長の日本ブランドは資生堂

2019.06.12Press Release: WPP/カンター、世界で最も価値のあるブランドランキング公開。驚異的成長のAmazonがトップに躍進 世界で最も価値のある日本ブランドはTOYOTA 、急成長の日本ブランドは資生堂 ブランドZ 2019:世界で最も価値のあるブランドTop100 世界最大規模の広告代理店「WPP」と、その調査・コンサルティング業務を担うカンターは、今年で14年目となる2019年の世界のブランド価値ランキングTop100および、調査レポートを公開しました。このブラ

ナッツに関する消費者調査

日本人から最も愛されているナッツは「アーモンド」認知・話題・... 日本人から最も愛されているナッツは「アーモンド」 認知・話題・理解・喫食のいずれもトップに!カリフォルニア・アーモンド協会 ナッツに関する消費者調査を実施世界最大のアーモンド生産地である米国カリフォルニア州の約 6,800のアーモンド生産農家ならびに100を超える製造加工業者で組織される「カリフォルニア・アーモンド協会」(本拠地:米国カリフォルニア州モデスト)では、本日、世界の主要マーケットを対象に実施しているナッツに関す

2018年6月28日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

「乗用車用サンシェードに関する消費者調査」

13.06.2018 「乗用車用サンシェードに関する消費者調査」  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー約13,000名に対し、乗用車用サンシェードなどの日よけ用品に関するインターネット調査※を実施し、その結果を発表した。 【概要】・ドライバーのフロントガラス用サンシェード保有率は51%・フロントガラス用サンシェードに次いで保有率が高い乗用車用日よけ用品は「運転用サングラス」で49%・女性はフロント用サンシェード購入に際し、機能面やデザインを重視する傾向にある 【フロントガラス

2018年5月26日ベリタス★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

データプライバシーに関する消費者調査

製品 ソリューションソリューションベリタスのソリューションが追及するのは情報です。インフラではありません。マルチクラウドデータ管理に対応した包括的な 360 度アプローチでは、情報がどこにあっても、すべての場所で保護し、可用性、洞察を提供します。 マルチクラウドベリタスのマルチクラウドデータ管理は、クラウドへの移行だけでなく、クラウドから、そしてクラウド間の移動も支援します。データ管理に関するベリタスの包括的なアプローチは、マルチクラウドに対応しており、デジタルビジネスの推進を強力に支援します

映画興行市場に関する調査結果

[映画興行市場に関する調査結果] 目立つODS市場の成長、2018年~2022年の映画興行市場は約2,200億円の規模を維持する見込み2009年から2017年までの消費者の映画鑑賞における調査データと映画興行市場の実績データに基づき、 2018~2022年の5年間の映画市場のマクロトレンドについて予測した「映画興行市場5年間予測(2018-2022年)レポート」から、注目の調査結果をご報告します。【1】映画興行市場の市場規模推計2022年までの今後5年間の興行収入(映画鑑賞参加率・平均鑑賞本数・

2018年1月10日GfKフィードバック数:0社会/政治

「ドライブレコーダーの需要変化と危険運転の実態調査」 - 10月以降販売が急伸。非保有者の半数が今後の購入を検討

18.12.2017 「ドライブレコーダーの需要変化と危険運転の実態調査」 - 10月以降販売が急伸。非保有者の半数が今後の購入を検討  GfKジャパン(東京:中野区)は、販売実績調査※1に基づくドライブレコーダーの需要変化と危険運転に関する消費者調査※2の結果を発表した。 【概要】・ドライブレコーダーの販売台数は10月以降、前年同月の2.5倍前後に急伸。・運転中にあおられた経験があるドライバーは約9割。・危険運転の自衛策としてドライブレコーダーに最も求める機能は「前方・後方の両方にカメラが付

2018年1月10日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

「GfKグローバル意識調査:いい生活、理想的な生活に求めるもの」 - 「健康」、「経済的安定」は7割超。「子供」は5割未満

15.12.2017 「GfKグローバル意識調査:いい生活、理想的な生活に求めるもの」 - 「健康」、「経済的安定」は7割超。「子供」は5割未満  GfKは17カ国、23,000名のインターネットユーザーに対し、「いい生活(理想的な生活)」に欠かせない要素について調査し、その結果を発表しました。【概要】・「健康」、「経済的な安定」、「自由な時間・余暇の時間」が上位3項目に。・日本では、「幸せな結婚生活」が欠かせないと考える人は4割、「子供」は3割にとどまる 世界17カ国の23,000名にあなた

2017年11月17日GfK★フィードバック数:0ライフスタイル

GfKグローバル意識調査:食べ物を選ぶ際の重視点

02.11.2017 「GfKグローバル意識調査:食べ物を選ぶ際の重視点」 - 最も重視されているのは、「低糖」と「遺伝子組み換えでない」こと GfKは17カ国、23,000名のインターネットユーザーに対し、食べ物や飲み物を選ぶ際の重視点についての調査を実施し、その結果を発表しました。【概要】・グローバルでは、「無糖または糖分控えめであること」と「遺伝子組み換えでないこと」が最も重視される。・日本では、「遺伝子組み換えでないこと」と「塩分控えめであること」がトップ2に。 世界17カ国の23,0

2017年10月29日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

自動車のワイパー交換に関する調査

16.10.2017 「自動車のワイパー交換に関する調査」- 定期的に交換する人は4割強にとどまる  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー10,657名に対し、ワイパーの購買行動に関するインターネット消費者調査を実施し、その結果について発表した。 【概要】・ ワイパー※1を「定期的」に交換する人は44%にとどまる。・ ワイパー購入・交換場所は「カーディーラー」がトップ。年代が上がるにつれ割合が高まる。 【ワイパーの交換頻度】ドライバーに雨の日の運転で日常的に気を付けていることを尋

2017年10月17日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

健康維持の方法に関するグローバル調査

29.09.2017 「健康維持の方法に関するグローバル調査」 - 6割超が家族や友達、ペットと過ごすことが健康維持につながると考え実践していることが明らかに GfKは17カ国、23,000名のインターネットユーザーに対し、健康維持方法についての調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは、65%が健康維持のために「十分な睡眠」と「健康的な食事」を実施。・グローバル、日本ともに健康維持に対する意識の高まりが顕著に。  世界17カ国の23,000名に、身体の健康を保つために日

2017年7月26日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

洗車に関する消費者調査

18.07.2017 「洗車に関する消費者調査」 - 1カ月に1回洗車する人は4人に1人  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー11,795名に対し、洗車に関するインターネット調査※を実施し、その結果を発表した。 【概要】・ 主要な洗車場所は、「ガソリンスタンド」と「自宅の駐車場・庭」で二分。・ 年代が上がるにつれ「自宅」洗車派が増え、「ブラシ」「ワックス」の所有率も高まる。・ 洗車頻度は「1カ月に1回」と「3カ月に1回」で過半。運転の好き嫌いで洗車頻度に差。 【洗車の場所】全国

2017年7月12日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

テクノロジー機器依存に関するグローバル意識調査

03.07.2017 「テクノロジー機器依存に関するグローバル意識調査」 - 10代と高所得層はテクノロジー機器に依存する割合が高い傾向に GfKは17カ国、22,000人のインターネットユーザーに対し、テクノロジー機器依存について調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルの3人に1人が、テクノロジー機器を常に手放せない(依存)状況にあることが明らかに。・テクノロジー機器に依存する人の割合が高い3カ国は、中国、ブラジル、アルゼンチン。  世界17カ国の22,000名に「テク

2017年6月4日GfK★フィードバック数:0マーケティング

GfKグローバル意識調査:「お金vs時間」、「所有vs体験」 - グローバルの消費者は、時間と体験をより重視

26.05.2017 GfKグローバル意識調査:「お金vs時間」、「所有vs体験」 - グローバルの消費者は、時間と体験をより重視  GfKは17カ国、22,000名のインターネットユーザーに、「時間」と「お金」、および「所有」と「体験」のどちらを重視しているか調査し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは、お金より時間を重視する人は31%、お金を重視する人の3倍超に。・所有することより体験することを重視する人は44%、所有することを重視する人の11倍に。  世界17カ国の22,0

2017年5月5日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

カー用品のレンタル意向に関する調査

25.04.2017 「カー用品のレンタル意向に関する調査」 - 3割弱のドライバーに「冬タイヤ」のレンタルニーズあり  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー11,665名に対し、カー用品のレンタル意向に関するインターネット調査を実施し、その結果について発表した。 【概要】・「冬タイヤ」のレンタル意向率は全ての年代で最も高く、全体では27%に。・「冬タイヤ」レンタル意向率は、首都圏、近畿、東海では30%以上に。 【カー用品別レンタル意向】全国のドライバー11,655名にカー用品レ

2017年5月4日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

休暇タイプの好みに関するグローバル調査

28.04.2017 「休暇タイプの好みに関するグローバル調査」 - 6割がリラックスできる休暇を希望  GfKは17カ国、22,000名のインターネットユーザーに対し好みの休暇タイプについての調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは、「リラックスできる休暇」を好む人が6割と「活動的な休暇を」好む人より多い。・「リラックスできる休暇」を好む傾向が強い国は、ブラジル、韓国、日本。  世界17カ国の22,000名に「のんびりリラックスできる休暇」と「様々な事をしたり見たりす

2017年4月24日GfK★フィードバック数:0企業情報システム

企業の情報化投資に関する調査

14.04.2017 「企業の情報化投資に関する調査」 - タブレット、スマートフォンの導入率は6割へ GfKジャパン(東京:中野区)は、企業の情報化投資動向を把握するため、全国1,461事業所を対象にインターネット調査※を実施した。調査結果より、携帯情報端末の導入や新しいワークスタイルの導入について発表した。 【概要】・企業におけるタブレット、スマートフォン、フィーチャーフォンの導入率は約6割。・「在宅勤務」などの新しい働き方の増加に伴い、Web接続カメラの導入が増加見込み。 【携帯情報端末

2017年4月10日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

自動車タイヤのパンクに関する調査

31.03.2017 「自動車タイヤのパンクに関する調査」 約4割のドライバーが夏タイヤでパンクを経験  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー10,689名に対し、自動車タイヤのパンクに関するインターネット調査※を実施し、その結果について発表した。 【概要】・夏タイヤでは40%、冬タイヤでは9%のドライバーがパンクを経験・タイヤ購入からパンクまでの平均期間は、夏タイヤが33.0カ月、冬タイヤが29.8カ月 【パンクの経験率】全国のドライバー約10,700名に自動車タイヤのパンク経

動画配信(VOD)市場に関する調査

[動画配信(VOD)市場に関する調査結果] 2016年の市場規模は前年の16.0%増定額制動画配信市場では上位3社が48.3%のシェアを占める2016年の動画配信(VOD)市場について、3つのシナリオで2021年までの動画配信の市場規模を予測した「動画配信(VOD)市場5年間予測(2017-2021年)レポート」から、注目の調査結果をご報告します。【図】定額制動画配信における市場規模の推計シェア 【1】2016年の動画配信市場の市場規模推計弊社が行った消費者調査の結果を元に、2016年の動

2016年12月19日アクセンチュア★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー分野での新たな価値創造は、ミレニアル世代が推進役となる一方、要求の高い消費者であることが判明

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――エネルギー分野での新たな価値創造は、ミレニアル世代が推進役となる一方、要求の高い消費者であることが判明 アクセンチュア最新調査――エネルギー分野での新たな価値創造は、ミレニアル世代が推

2016年12月9日GfKフィードバック数:0社会/政治

人の手助け(ボランティアなど)をする頻度に関するグローバル調査

29.11.2016 「人の手助け(ボランティアなど)をする頻度に関するグローバル調査」 GfKは17カ国、22,000人に対しボランティア活動などの人の手助けを行う頻度を調査し、結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは約4割が月に1回以上ボランティアなどの人助けを行っていると回答。・日本では1割強にとどまる。  ボランティアなどの人助けをどれくらいの頻度で行っているか、GfKは世界17カ国の22,000名に尋ねました。その結果、 グローバルでは39%の人が月に1回以上の頻度でボランティ

2016年10月28日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

夏タイヤに関する調査

21.10.2016 「夏タイヤに関する調査」 - 低燃費タイヤ、メリット啓蒙が課題 GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー12,177名に対し、夏タイヤ購入に関するインターネット調査※を実施した。その調査結果から、購入の重視点や低燃費タイヤに関する認知度について発表した。 【概要】・2割が直近1年以内で夏タイヤを購入。購入時の最重視点は「安価な価格」。軽自動車所有者は特に重視。・「低燃費タイヤ」という言葉の認知度は高いが、性能理解は限定的。 【夏タイヤ購入重視点と購入製品の性能】

2016年7月31日Asia Plus★フィードバック数:0マーケティング

ベトナムEC市場に関する消費者調査

検索ベトナムEC市場に関する消費者調査〜都市部の67%がEC利用経験あり、一方でキャンセル経験率も3割 ベトナムの消費者リサーチサービス「Q&Me」を運営する株式会社Asia Plus(本社:世田谷区玉川、代表取締役:黒川賢吾)は、18から39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人を対象に「ベトナムのEC市場に関する消費者調査」を実施しました。インターネット、スマートフォンの普及が著しく伸びるベトナムにて、オンラインショッピング市場の実態について調査したものです。 ベトナムの消費者リサーチサービ

2016年6月8日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

自然派・オーガニック化粧品市場に関する調査(2016年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 自然派・オーガニック化粧品市場に関する調査を実施(2016年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の自然派・オーガニック化粧品市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年3月~5月2.調査対象:自然派・オーガニック化粧品メーカー、小売店、関連団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話およびe メールによるヒアリング、消費者調査併用<自然派化粧品とは>本調査における自然派化粧品とは、①天然植物原料を主成分とし

2016年5月27日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

グローバルのペット飼育率調査

24.05.2016 「グローバルのペット飼育率調査」 世界で最も多く飼われているのは犬。アルゼンチンでは7割弱に  GfKは22の国と地域の27,000人に対し、ペットの飼育率について調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・ペットを飼っている人はグローバルでは半数以上・アルゼンチン、メキシコ、ブラジルと中南米の3カ国がペット飼育率のトップ3に・アジアのペット飼育率はグローバルでみると低く、日本は37%とボトム3に入る  GfKは犬、猫、魚などのペットを飼っているかを22の国と地域の

2016年5月7日GfK★フィードバック数:0ライフスタイル

コンタクトレンズ利用実態調査

25.04.2016 「コンタクトレンズ利用実態調査」 GfK ジャパン(所在地:東京都中野区)は、全国の消費者約36,600人に対し、コンタクトレンズの使用状況や購買行動について調査を実施した。その調査結果から、コンタクトレンズの使用状況について発表した。※1 【概要】・コンタクトレンズ使用者は26%で、若年層の女性の使用が最多。・16歳~30歳の女性では、約9人に1人の割合でビューティーレンズ※1を使用。・ビューティーレンズとクリアタイプの併用者は、『安全性』をより重視。 【コンタクトレン

2016年5月4日アクセンチュアフィードバック数:0大型消費/投資

消費財メーカーがアジア市場における3,400億ドルの成長機会を捉えるには、デジタル能力強化が不可欠

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――消費財メーカーがアジア市場における3,400億ドルの成長機会を捉えるには、デジタル能力強化が不可欠 アクセンチュア最新調査――消費財メーカーがアジア市場における3,400億ドルの成長機

2016年4月14日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

グローバル買い物行動調査「GfK FutureBuy 2015」より 日本とグローバルの比較

11.04.2016 「グローバル買い物行動調査「GfK FutureBuy 2015」より 日本とグローバルの比較を発表」 インターネットからの購入経験、日本は高水準 GfKジャパン(所在地:東京都中野区)は消費者の買い物に対する考え方や行動を把握する「GfK FutureBuy※ 2015」調査の結果から、日本のインターネット購入状況と各国との比較を発表しました。 【概要】・日本において、過去半年で情報収集や購入をした人の内、インターネットでの購入経験が最も多かったサービス・製品は「おもち

2016年3月11日GfKフィードバック数:0デジタル家電

ドライブレコーダーの2015年販売動向と消費者動向

08.03.2016 「ドライブレコーダーの2015年販売動向と消費者動向」 市場拡大と共に、ドライバーの重視点は変化 GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネット等の販売実績に基づくドライブレコーダーの販売動向と、ドライブレコーダー購買行動調査に基づくドライブレコーダーの認知度・購入重視点を発表した。 【概要】・ ドライブレコーダーの国内販売台数※1は61万台に拡大。高機能化により単価は2割上昇。・ 自動車保有者における製品認知率は97%へ上昇。「性能

2016年3月1日GfKフィードバック数:0デジタル家電

アジア太平洋におけるデジタルカメラの販売動向

27.04.2016 「今の生活を楽しむか、将来の資産作りを優先するか GfKのグローバル意識調査」  GfKは22の国と地域の27,000人に今の生活を楽しむことと、将来の資産を作ることのどちらを優先させるかという意識調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは38%の消費者が今の生活を楽しむことより将来の資産作りを優先。この考えが最も強いのは香港。・日本では、将来の資産作り優先派が最も多いのは50歳代。60歳代以上は今の生活を楽しむことに積極的。22の国と地域の27,0

2016年2月24日GfKフィードバック数:0ビジネス

2015年映像ソフト市場総括

08.03.2016 「ドライブレコーダーの2015年販売動向と消費者動向」 市場拡大と共に、ドライバーの重視点は変化 GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネット等の販売実績に基づくドライブレコーダーの販売動向と、ドライブレコーダー購買行動調査に基づくドライブレコーダーの認知度・購入重視点を発表した。 【概要】・ ドライブレコーダーの国内販売台数※1は61万台に拡大。高機能化により単価は2割上昇。・ 自動車保有者における製品認知率は97%へ上昇。「性能

2016年2月23日GfKフィードバック数:0社会/政治

スマートホームテクノロジーに関する調査-日本・中国・韓国の結果

17.02.2016 「スマートホームテクノロジーに関する調査-日本・中国・韓国の結果」 スマートホーム、アジアでアピール:中国では韓国や日本を上回る高い関心 GfKは7カ国で実施したスマートホームテクノロジーに関する消費者調査から、中国、日本、韓国の動向について発表しました。 【概要】 世界7カ国で、スマートホーム、3Dプリント、仮想現実など11の最新テクノロジーについて近い将来、生活に変化をもたらすかを尋ねました。その結果、中国では大多数が、スマートホームテクノロジーが近い将来、生活に変化

2016年1月27日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

身だしなみに関するグローバル調査

26.01.2016 「身だしなみに関するグローバル調査」 身だしなみを整えるために費やす時間は週4時間 GfKは22の国と地域で27,000人に対して、身だしなみを整える時間とその理由について調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・身だしなみを整える時間が最も長い国はイタリアで週5.6時間。日本は週3.6時間で調査国中3番目に短い。・身だしなみを整える理由は男女間で差異あり。22の国と地域の27,000人に、身だしなみを整えるために費やす時間とその理由について尋ねました。入浴、着

2016年1月20日アクセンチュア★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー消費者調査

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュアの最新エネルギー消費者調査――エネルギー事業者によるデジタル活用がこれからの競争力の源泉に アクセンチュアの最新エネルギー消費者調査――エネルギー事業者によるデジタル活用がこれからの競争力の源泉に

2016年1月12日エルテックスフィードバック数:0マーケティング

「通信販売に関する【消費者調査】2015」Part2

「通信販売に関する【消費者調査】2015」Part2

「世界モバイル利用動向調査2015」 第1部 デバイス所有・通信環境編

日本の消費者は新しいスマートデバイスの購入意欲が低い ブックマークが追加されました 日本の消費者は新しいスマートデバイスの購入意欲が低い ブックマークが削除されました 記事タイトル 日本の消費者は新しいスマートデバイスの購入意欲が低い 既にブックマークされています 日本の消費者は新しいスマートデバイスの購入意欲が低いデロイト「世界モバイル利用動向調査2015」 第1部 デバイス所有・通信環境編 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、世界30ヶ国49,000人を対象に

2014年10月16日日本NCR★フィードバック数:0ライフスタイル

セルフレジについての調査です。

セルフレジ利用に関する世界の消費者調査

プレスリリース日本NCR、セルフレジ利用に関する世界の消費者調査を発表 回答者の90%がセルフレジを利用 ~消費者はセルフレジを採用する店舗のサービスに好印象を持っている~2014年10月16日日本NCR株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長兼CEO:諸星俊男、以下日本NCR)は本日、世界9カ国の消費者に対して行ったセルフレジの使い勝手、利用シーン、好み、改善要望などに関するアンケートの結果を公表しました。このアンケートでは、回答者の90%がセルフレジを利用したことがあると回答しています。

2014年8月4日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

自然派・オーガニック化粧品市場に関する調査結果 2014

自然派・オーガニック化粧品市場に関する調査結果 2014 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の自然派・オーガニック化粧品市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年5月~6月2.調査対象:自然派・オーガニック化粧品メーカー、小売店、関連団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話およびeメールによるヒアリング、消費者調査併用<自然派化粧品とは>本調査における自然派化粧品とは、①天然植物原料を主成分としている、②化学合成成分の配合を抑制している、の2つともあてはまる化

2014年8月1日中央調査社★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エシカル消費についての調査です。

日本における倫理的消費の現状 -日本消費者調査の結果から-

■「中央調査報(No.681)」より ■ 日本における倫理的消費の現状 -日本消費者調査の結果から-フローリアン・コールバッハ(ドイツ日本研究所 経営・経済領域リーダー)1.倫理的消費とは世界中の経済社会にとって、社会的責任と環境への責任という問題の意義が高まっている。経済倫理分野のこれまでの研究はその多くが売る側ないし企業側に注目し、多くの場合、消費者は受け身の存在であるとして、ほとんど取り上げてこなかったが、近年、消費者の倫理的行動に関する研究が急増している。日本の消費者の倫理的行動について

2014年2月24日ダイヤモンド社フィードバック数:0マーケティング

増税前の「駆け込み消費」は本当に起きない? “春分の日”以降の消費ラッシュに要注意

2014年年4月から、消費税率が5%から8%に引き上げられる。さらに1年半後には10%にまでの引き上げも待っている。前回の1997年の引き上げ以来、17年ぶりの消費税増税だけに、どのような影響が出るか、どんな準備をしたらいいのか迷うことも多い。景気にはどのような影響が出るのか、ビジネス上ではどんな準備をすればよいのか、個人の生活はどう守ればいいのか。「マクロ景気」「ビジネス」「個人生活」の3つの視点で、消費税増税を乗り切る「術」を考える。 消費税増税まであと残り1ヵ月。4月1日からは消費税が8%

2013年12月13日エルテックス★フィードバック数:0マーケティング

ネット以外も含む通販についての調査です。

通信販売に関する消費者調査2013

通信販売に関する消費者調査2013

消費者調査にみる医療保険に関する誤情報 ~医療保険に関するクイズ正答率の分析

消費者調査にみる医療保険に関する誤情報 ~医療保険に関するクイズ正答率の分析 | ニッセイ基礎研究所 消費者調査にみる医療保険に関する誤情報 ~医療保険に関するクイズ正答率の分析 保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任 村松 容子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 医療保険は消費者からの関心が高く、初めて加入する生命保険商品が医療保険である人も少

2013年夏の旅行計画と旅先でのトラブルに関する消費者調査

[レキットベンキーザー・ジャパン株式会社] ,海外旅行 調査 夏 トラベル 国内旅行 フットケア ドクター・ショール 旅行 ドクターショール 靴擦れ

モバイル広告に対する消費者の態度

WHAT'S NEW- 15ヵ国のスマートフォン・タブレットユーザー調査から -スマートフォンでソーシャルネットワーキングサービスの一つであるフェイスブックを利用していると、投稿を一覧で見ることができるニュースフィード上に製品・サービスの広告がよく表示されるようになった印象があります。モバイル、特にスマートフォンが普及するにつれて、製品・サービスを扱う企業にとって、モバイル上での広告展開は、今やマーケティングの優先事項の一つになってきているのではないでしょうか?一方、消費者が必ずしもこの動向に好

2012年12月3日鎌倉新書フィードバック数:0社会/政治

葬儀に関する消費者調査

[] 2010年12月~2012年11月までの2年間、「いい葬儀サポートデスク」を利用して葬儀を施行した方の平均施行単価は約91万円、また葬儀式を行わない直葬比率は、“いい葬儀サポートデスク”利用者全体の約30%でした。1.~葬儀の平均施行単価~ 年間の葬儀施行単価の平均は90万8,128円・調査期間(2年間)の“いい葬儀サポートデスク”利用者の葬儀施行単価の平均(飲食・宗教者への謝礼は含まない)は90万8,128円。 ・間近の1年間である2011年12月~2012年11月の葬儀施行単価の平均は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ