「消費者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年2月7日スタイルアクトフィードバック数:0大型消費/投資

第32回 マンション購入に対する意識調査

第32回マンション購入に対する意識調査の公表について【要旨】 ■不動産価格上昇の停滞を感じ、「1年後価格が上がる」が5割に減少 ■買い時感は-28.4ptと大きく下がり、売り時と強く感じる割合が1割上昇不動産ビッグデータでビジネス展開するスタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を実施いたしましたので公表します。本調査は、自社インターネットサイト「住まいサーフィン」の登録会員のうち、直近3か月間に新築マンションの販売センターに行った経験がある

2016年2月5日ニールセンフィードバック数:0社会/政治

消費者景況感調査2015年第4四半期

日本を含むアジア太平洋地域の景況感指数は横ばい北米とヨーロッパではテロへの恐怖と移民に関する不安が増大2015年の世界の消費者景況感は、第3四半期比で2ポイント低下して年初の数値と同じ97となり、下降気味で1年を終えました。2015年の第1四半期と比べ、第4四半期の消費者景況感は、アジア太平洋では107と横ばい状態だったいっぽう、ヨーロッパでは4ポイント上昇して81となりました。他の地域はすべて年初より低くなっており、北米と中東/アフリカ地域は6ポイント低下してそれぞれ100と90で終えています

2016年1月20日経済産業省★★フィードバック数:0社会/政治

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(2015年12月調査)

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(12 月調査)の調査結果を公表します 経済産業省では、平成26 年4 月の消費税率引上げを踏まえ、転嫁状況を定期的にモニタリングするため、転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査(月次モニタリング調査)を平成26 年4 月から実施しております。今般、平成27 年「12 月調査」の調査結果を取りまとめましたので公表します。調査結果は、「全て転嫁できている」と回答した事業者が、事業者間取引では84.7%、消費者向け取引では70.2%、「全く転嫁できてい

2015年12月14日東京企画フィードバック数:0マーケティング

消費者を動かしたCM展開 特別賞

CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。 「消費者を動かしたCM展開 特別賞」「消費者を動かしたCM展開 特別賞」『ライザップ』など、今年を象徴する8銘柄が受賞CM総合研究所(東京都港区 代表・関根心太郎)は、2015年度にCMをオンエアした商品・サービス全7591銘柄を対象に、優れたCM展開で業績の向上に貢献した「消費者を動かしたCM展開」65銘柄を発表いたしました。そのうち、「今年らしさ」や「影響力」が顕著であった8銘柄が「消費者を動か

住宅地盤に関する意識調査

ハイアス・アンド・カンパニーがお届けする、住宅・土木・不動産業界の経営革新情報サイト 住宅地盤に関する意識調査 (ページ:1/1)「土地購入の前に地盤の強さを知りたい93%」~消費者の住宅地盤への意識の高まりと住宅会社への要望が明らかに~調査概要1) 実施期間 :2015年10月24日~11月4日2) 調査方法 :ハイアス運営サイトでアンケートにて選択式で回答を得た3) 調査対象 :20歳以上のマイホーム建築前後、および建築中のインターネットユーザー4) 有効回答数 :1059(男性:712、

アジア3市場で聞く、顧客サービスについての意識調査

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire ~アジア3市場で聞く、顧客サービスについての意識調査~ 2015年11月24日アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.~アジア3市場で聞く、顧客サービスについての意識調査~ 多様な顧客接点を求める日本の消費者の傾向が顕著に SNSでの評判が商品・サービスの購入先決定を左右するアメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(東京都杉並区/日本社長:清原 正治)は、アジアにおいて日本を含む3市場の消費者3,000

2015年11月26日Asia Plusフィードバック数:0エンタテインメント

ベトナム人20代若者生活調査

Q&Meはベトナムマーケットを正しく理解する為のマーケットリサーチサービスです。多種多様な新興国ベトナムでは、ベトナム消費者を広く、深く理解することが必要です。Q&Meではベトナム市場のトレンドとインサイトに関わる市場調査を提供し御社のベトナム進出をサポートします。Q&Meは定量調査・定性調査の両方をオンラインで提供する事でベトナム消費者に関する高品質な情報を提供します。定量調査でベトナム人の傾向や考えを知り、定量調査でターゲットとなるベトナム消費者の声にしっかり耳を傾ける。自社でパネリストを管

2015年11月23日ダイレクトハウスフィードバック数:0大型消費/投資

外壁塗装の業者選び、決め手は「安心感」年々伸びる住宅リフォーム、業者を選ぶポイントは何か?

検索外壁塗装の業者選び、決め手は「安心感」年々伸びる住宅リフォーム、業者を選ぶポイントは何か? :株式会社ダイレクトハウス 株式会社ダイレクトハウスでは、これまで同社で施工して頂いたお客様に対して詳細なアンケート調査を実施し、その分析結果をまとめました。調査によると、外壁塗装で、業者を選ぶ際に最も決め手になったポイントは、「進行状況が確認できる安心システム」、次に、「長期保証・定期点検があること」、と言ったことがわかりました。その点でダイレクトハウスが最も高い評価を得ていたことからお客様が発注し

電力小売市場意識調査2015

プライスウォーターハウスクーパース、「電力小売市場意識調査2015」の結果を発表 消費者の約95%が、電力小売自由化後に「電力会社変更の可能性がある」と回答。電気料金以外の要素も電力会社変更の際の決め手に2015年10月20日プライスウォーターハウスクーパース株式会社プライスウォーターハウスクーパース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:鹿島 章、鈴木 保晴)は、10月20日、日本全国の一般家庭における消費者を対象に実施した「電力小売市場意識調査2015」の結果を発表しました(調査期

2015年9月28日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

消費者が最も信頼する“広告”は、友人からの推薦、次いで企業サイト ~ 従来型広告もいまだ有効

ニールセン ニューヨーク報道発表資料を基に作成:最も信頼できる広告は、自分が知っていて、信頼している人から直接受け取るものです。本日発表されたニールセンの広告信頼度グローバル調査によると、調査対象となった60の国と地域におけるオンライン回答者の83パーセントは、友人や家族からの推薦を信頼していると答えています。前回2013年の同調査(対象58ヵ国、84%)と比べると、わずかに1ポイントの減少です。また、企業やブランドが「所有」するオンラインメディアも、最も信頼される広告形態のひとつです。ブランド

2015年9月25日ピーシーネットフィードバック数:0ビジネス

弁護士・法律事務所のイメージに関するアンケート

弁護士に関するイメージ調査弁護士に関するイメージ調査弁護士費用に関するイメージ調査(2018年8月30-31日調べ)弁護士費用に関するイメージ調査に関するイメージ調査を行いました。詳細は下記ページをご覧ください。 弁護士費用に関するイメージ調査弁護士利用・法律知識に関するアンケート調査結果(2016年2月15-16日調べ) 弁護士利用・法律知識に関するアンケート調査を行いました。詳細は下記ページをご覧ください。 ※Questantのシステムを利用して調査調査期間:2016年2月15日から16日

2015年8月25日adish★★フィードバック数:0マーケティング

2015年度 ネットの書き込み炎上・風評被害対策の実態調査

プレスリリース2015年度企業のソーシャルリスクに対する実態調査結果を発表投稿モニタリングおよびソーシャルアプリサポート事業のアディッシュ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:江戸 浩樹、株式会社ガイアックス100%子会社、以下 アディッシュ)は、炎上対策・ソーシャルメディア分析のソーシャルリスニング事業において、2015年5月に100社を対象とした「2015年度 ネットの書き込み炎上・風評被害対策の実態調査」を実施しました。 近年、食品メーカーや小売・飲食店におけるインターネット上の炎

スマートフォンユーザとサービスプロバイダ間相互通信の調査

アルカテル・ルーセントはノキアのグループ会社となりました。当サイトは4月末に閉鎖いたします。日本語のノキアホームページはこちらです。アルカテル・ルーセントがスマートフォンユーザとサービスプロバイダ間相互通信の調査を実施し、セルフヘルプ顧客サービスツールの人気が上昇中であることが判明 ブラジル、日本、英国、米国の5,500名のスマートフォンユーザを対象に、通信サービスプロバイダと顧客サービスの相互通信に関する調査を実施2015年6月18日 【参考日本語訳】 【2015年6月16日、フランス、パリ発

2015年6月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(消費者用調剤製品等使用の安全確保における規制とラベル表示に関する調査)報告書

平成26年度化学物質安全対策(消費者用調剤製品等使用の安全確保における規制とラベル表示に関する調査)報告書

2015年6月3日トレンダーズフィードバック数:0ライフスタイル

「消費者の食品・飲料の購入動向」に関する調査

検索約7割が「成分」きっかけで食品・飲料購入経験あり 理解度に課題…消費者の認識と正しい情報との乖離も 消費者が注視する「成分」の含有量が多い野菜・果物ランキング ビタミンC:カムカム、食物繊維:アーティチョーク、鉄:パセリ 生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区、URL:)では、2015年4月より機能性表示食品制度がスタートしてから約2ヶ月が経過したタイミングに合わせて、「消費者の食品・飲料の購入動向」に関する調査をおこないました。━━━━━━━━━━━━━━━━

企業/ブランドのSNS公式アカウントからの情報取得に関する意識調査

「企業/ブランドのSNS公式アカウントからの情報取得に関する意識調査」を実施4割以上が「公式アカウントで情報を得た商品を購入したことがある」と回答。男性は家電、女性は化粧品に関する情報取得が最多 2015年06月01日 戦略的SNSマーケティングを手がけるアライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、証券コード:6081)は、このたび、インターネットユーザーにおけるSNS公式アカウントからの情報取得に関して、約3,500名を対象にアンケート調査を実施しましたのでお知

2015年5月29日西日本シティ銀行フィードバック数:0キャリアとスキル

消費者動向調査 No.116「夏のボーナス使いみち調査」

消費者動向調査 No.116「夏のボーナス使いみち調査」

2015年5月19日Asia Plus★フィードバック数:0マーケティング

ベトナム人のネット利用についての調査です。

ベトナム人大学生のデジタルライフ

----------------------------ベトナム人大学生のデジタルライフスマホ大国ベトナム。大学生はどのようなデジタルライフを送っているのでしょうか?Facebookの使い方や時間は?Q&Meによる800人調査です。 65%の学生がスマホを所有。ノートブックは73% スマホの利用は音楽(78%)、メッセージング(75%) 人気のスマホはサムソン(27%), Nokia (19%), アップル(15%) Facebookに費やす時間は平均2.6時間。平均の友達数は526人

消費者にどこまで接近できるか?-情報を「届ける」時代から「取りに来てもらう」時代へ-

消費者にどこまで接近できるか?-情報を「届ける」時代から「取りに来てもらう」時代へ- | ニッセイ基礎研究所 消費者にどこまで接近できるか?-情報を「届ける」時代から「取りに来てもらう」時代へ- 生活研究部 主任研究員・総合政策研究部兼任 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費者との接点の持ち方が難しくなっている。(株)電通が毎年公表している「日本の広

スーパーのデフレ脱却、2度目の挑戦

わたしの意見 ― 水野 創スーパーのデフレ脱却、2度目の挑戦(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年4月16日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 4月入り後のスーパーでは多くの商品が値上げされている。「価格」が上がっていたり、「容量」が少なくなっていたり様々な手法が工夫されている。デフレ脱却に向け、一年前に続く2度目の挑戦だ。スーパーでは、昨年も、消費税引き上げと同時に多くの商品の価格が引き上げられたが、その後夏場までに全体としては下落基調に転じてしまった(

PwCのレポートです。

Insurance 2020:デジタル化の加速‐デジタルフロントランナーになるための近道

Insurance 2020:デジタル化の加速‐デジタルフロントランナーになるための近道 PwCは2014年5月に先進国および新興国を含む生命保険市場の9,000人以上の消費者に対してデジタルにかかわる調査を行いました。さらに同時期に日本の2,000人以上の消費者に対して保険のネット販売に対する意識調査も実施しました。この2つの調査から明らかになった、デジタル技術にかかわるメガトレンドとメガトレンドに対応するためのリスクおよび市場の先頭を行くために必要となるオペレーション上の戦略的要素に

2015年3月23日日経BP★フィードバック数:0ライフスタイル

日経ビジネスのアンケートです。

マックから逃げた客はどこへ行った?

マックから逃げた客はどこへ行った?本誌アンケートから明らかになった意外なライバル※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となりますclose マクドナルドの客離れが止まらない。日経ビジネスは本誌3月23日号の企業研究「日本マクドナルドHD 店舗オーナーの『絶望』と『光明』」で、フランチャイジーの窮状と変革への期待をレポートした。なぜ、マクドナルドから客は離れたのか。本誌が実施したアンケートから、マクドナルドが苦戦している理由が見えてくる。  マクドナルドの苦戦が続いている。2月下旬の週末

2015年3月10日Asia Plus★フィードバック数:0大型消費/投資

ベトナムからの日本旅行です。

ベトナム人の日本旅行に関する調査

----------------------------ベトナム人の日本旅行に関する調査ベトナム人の2014年の訪日外客数は1341万人と過去最高となり、ベトナムからの訪日数も前年比で47%増えて12万人を突破しました。Q&Meはベトナム人が日本で何を楽しみ、どうやって旅行に関する情報を手に入れているのか、どのような場所が好きでお土産に何を買うのかなど調査致します 2014年のベトナム人訪日者数は前年比で47%増加 56%がツアーを使って日本に行く(44%がガイド付き、 12%がガイド無し)

トーマツのレポートです。

わが国における物流の近代化(その1)~“より大量に”から“より早く、より便利に”へ~

わが国における物流の近代化(その1)~“より大量に”から“より早く、より便利に”へ~ 大量生産・大量消費社会の終焉とともに、わが国の物流には、単にモノを運ぶだけの「作業」から運ぶ行為によって新たな価値を提供する「サービス」への変革が求められています。 筆者 公認会計士 渡邊 徳栄 1、時代の変遷と物流に求められる役割の変化物流は、産業や生活の基盤であり、経済社会にとって不可欠な機能です。このため、時代の変遷に伴う産業構造の転換や経済社会の変化に応じて、物流に求められる役割も変化してきました

2015年2月18日J.D. Powerフィードバック数:0大型消費/投資

2015年日本住宅ローン顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さい. Main Menu (Japan)ニュース&イベントJ.D. パワーのビジネスは、クライアント企業の業務と、何が顧客ロイヤルティを向上させる要因かを把握することです。J.D. パワーがサービスを提供している世界中の業界において、アナリストがデータに基づいた実用性の高いインサイトの提供を行っています。 サービス提供業界/ ソリューシ

2015年2月13日マクロミル★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税の影響を見ています。

8%増税~年末年始の消費動向を、定点観測調査から振り返る

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2015年2月13日Asia Plus★フィードバック数:0ライフスタイル海外

ベトナムでのアンケートです。

ベトナム人の運動習慣について

f----------------------------ベトナム人の運動習慣について公園周りではよく運動をしている年配の方々を見かけますが、一体ベトナム人はどのくらいの頻度でどういった運動をしているのでしょうか?また、ジム通いをしている人はどのくらいいるのでしょうか? 60% が一週間に一度エクササイズをする ジョギングやワークアウトを除くと、男性に人気なスポーツはサッカー、女性はバトミントン 健康の為以外では女性はダイエット(52%)、男性は強くなりたい(44%)が運動の主な理由 63

2015年2月13日Asia Plusフィードバック数:0ライフスタイル海外

ベトナム人女性はテトの為に何を準備するのか

----------------------------ベトナム人女性はテトの為に何を準備するのかテトはベトナム人にとって大切な行事です。ベトナム人女性はどのようにテトの準備をしてどれくらい費やすのでしょうか。 Q&Meはベトナムマーケットを正しく理解する為のマーケットリサーチサービスです。多種多様な新興国ベトナムでは、ベトナム消費者を広く、深く理解することが必要です。Q&Meではベトナム市場のトレンドとインサイトに関わる市場調査を提供し御社のベトナム進出をサポートします。Q&Meは定量調

2015年2月5日オノフ★フィードバック数:0ライフスタイル

外食での異物混入についての調査です。

異物混入についての消費者実態/意識調査

[株式会社オノフ] ,アンケート 消費者調査 食品 外食 異物混入

2015年2月2日矢野経済研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

パーソナルデータに関する消費者の意識調査 2014

パーソナルデータに関する消費者の意識調査 2014 ~消費者が企業に対してもっとも提供したくない情報は財産関係情報~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、パーソナルデータに関する消費者の意識に関するアンケート調査を実施した。1.調査時期:2014年11月2.調査対象:国内に居住する20代から60代のインターネット利用者男女400名3. 調査方法:インターネットアンケート<パーソナルデータとは>本調査におけるパーソナルデータとは、個人情報、Web履歴、GPSの位置情報、画像、SNS(

2015年1月26日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

【中国】消費者からのクレームが多様化

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【中国】消費者からのクレームが多様化(2015年1月) 消費者からのク

2015年1月5日第一生命保険★フィードバック数:0ライフスタイル

消費生活相談についての調査です。

消費者の声をどう活かすか

消費者の声をどう活かすか

2014年12月17日Asia Plusフィードバック数:0キャリアとスキル要登録

【ベトナムと日本】働く若者の仕事観

----------------------------【ベトナムと日本】働く若者の仕事観勉強熱心だと言われるベトナム人ですが、一方で若者の離職率の多さが問題になっています。本調査ではベトナム人の仕事観を「会社を選ぶ際に重視していること」「転職」「好きな上司・嫌いな上司」「良い会社に入る為に必要な事」などの側面から調べています。また、若者へのインタビューから彼らの生の声をピックアップしてお伝えします。レポート本文はこちら 会社を選ぶ時に重視している事は「給料・職場環境・自分のスキルを活かせる事

2014年12月12日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

市場データです。

飲料市場に関する調査結果 2014

飲料市場に関する調査結果 2014 ~好調が続いた飲料市場も2014年度は夏場の天候不順で減少を予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の飲料市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年8月~10月2.調査対象:飲料メーカー、販売企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査併用調査結果サマリー◆2013年度は4年連続で市場拡大するも、2014年度の国内飲料市場は前年度比98.9%の4兆9,770億円と減少を予測2013年度の国内

クレジットカードについての調査です。

クレジットに関する消費者向け実態調査

クレジットに関する消費者向け実態調査

2014年11月27日電通★フィードバック数:0マーケティング

電通によるランキングです。

電通総研『話題・注目商品2014』レポート

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通総研「話題・注目商品2014」レポート2014年11月27日「消費者が選ぶ2014年の話題・注目商品ランキング」 1位は「アナと雪の女王」 「消費者が選ぶ2015年の有望商品ランキング」 1位は「電気自動車(燃料電池車も含む)」2015年に向けての消費キーワード

安倍政権発足以降の個人消費の状況-若年層と地方部で目立つ増税後の実質所得の減少、更なる増税には負担軽減措置の検討を

安倍政権発足以降の個人消費の状況-若年層と地方部で目立つ増税後の実質所得の減少、更なる増税には負担軽減措置の検討を | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 暮らし > 消費者行動 > 安倍政権発足以降の個人消費の状況-若年層と地方部で目立つ増税後の実質所得の減少、更なる増税には負担軽減措置の検討を安倍政権発足以降の個人消費の状況-若年層と地方部で目立つ増税後の実質所得の減少、更なる増税には負担軽減措置の検討を 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report He

2014年11月12日中小企業庁フィードバック数:0ビジネス

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(10月書面調査)

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(10月書面調査)の調査結果を公表します本年4月の消費税率引上げを踏まえ、経済産業省では転嫁状況を定期的にモニタリングするため、4月から転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査を実施しております。このうち、「10月書面調査」の調査結果がまとまりましたので公表します。 1.概要 経済産業省では、本年4月の消費税率引上げを踏まえ、現在、監視・取締りを強化し、転嫁拒否の未然防止を図るとともに、違反行為への指導など迅速な是正を行っています。この一環として、

サービスの品質と選択についての調査です。

世界10カ国で聞く、顧客サービスについての意識調査

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire ~世界10カ国で聞く、顧客サービスについての意識調査~ アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. ~世界10カ国で聞く、顧客サービスについての意識調査~サービスに対する期待が高い日本の消費者の動向が浮き彫りに日本人は世界で最も気が短い?良いサービスはタダで手に入ると思っている日本人 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(東京都杉並区/日本社長:清原 正治)は、日本とその他9カ国の消費者10,014人

2014年10月28日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

消費者のマルチスクリーン利用状況

Home > ニュース > ニュースリリース > パソコンはオンラインショッピングで大きな役割を担う~ニールセン Digital Consumer Databaseを基に消費者のマルチスクリーン利用状況を分析~2014/10/28 [データ] パソコンはオンラインショッピングで大きな役割を担う~ニールセン Digital Consumer Databaseを基に消費者のマルチスクリーン利用状況を分析~- 商品を購入するために利用するデバイスはパソコン。スマホ、タブレットを大きく引き離す- スマホ

高齢になるまで働かなければならないと考えている人は61%

WHAT'S NEW[トピックス]高齢になるまで働かなければならないと考えている人は61%- 韓国は81%。16歳以上の消費者の価値観調査 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル・モニター」調査)を企業に提供しています。今年の2月から3月にかけて16歳以上の消費者を対象に実施した調査の中で、「平均寿命の延長に伴って、私たちは高齢になるまで働かなければならないと思うか」という質

2014年10月21日日本交通公社フィードバック数:0大型消費/投資

温泉地における不易流行を考える (観光文化 223号)

温泉地における不易流行を考える (観光文化 223号)特集温泉地における不易流行を考える「温泉」は日本人の行きたい旅行の上位に挙げられます。しかし、温泉地の多くは消費者ニーズや旅行形態の変化に対応できず低迷を続けています。消費者の旅行に求める価値が時代とともに変化していく中で、温泉地が持続的に発展していくためには、常に時代の変化に感覚を研ぎ澄ませ、時代を超えて変わらない価値のあるものを踏まえつつ、温泉地づくりを実践していくことが大切です。今号では、温泉地における不易流行について考えながら、温泉地

巨大化するスマホからの警鐘

巨大化するスマホからの警鐘 | ニッセイ基礎研究所 巨大化するスマホからの警鐘 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら スマホ(スマートフォン)の巨大化が止まらない。登場初期には画面サイズ3インチ台が主流であったのがどんどん大きくなり、現在のラインナップは5インチ台が主流になっている。中には6インチ台も存在している。調べたとこ

「日本経済研究」No71

日本経済研究「日本経済研究」は日本有数の学術論文誌です。年に2,3回発行しています。論文は公募しており、レフェリーの厳正な審査などを経たうえで掲載となります。【71】 2014年9月発行1990年代半ばから2000年代半ばにかけて、日本ではフィリップス曲線のフラット化と価格改定頻度の上昇が同時に観察された。ニュー・ケインジアン・モデルでは価格改定確率の上昇はフィリップス曲線のスティープ化を意味するため、観察結果とは矛盾する。この時期のフィリップス曲線のフラット化はLucas(1972)の不完全情

2014年9月18日価格.comフィードバック数:0モバイル

「iPhone 6」・「iPhone 6 Plus」発売前日、消費者の反応速報

[株式会社カカクコム] ,調査 消費者 レポート クチコミ iPhone スマートフォン 新製品 Android

ICT関連分野の市場動向-消費増税後の動き

ICT関連分野の市場動向−消費増税後の動き(株)情報通信総合研究所 マーケティング・ソリューション研究グループ研究員 鷲尾 哲 2014年4月の消費増税(5%から8%)により、2014年4−6月期の実質消費支出は前年同期比で−1.6%(ICT関連実質消費支出は前年同期比で−5.5%)と落ち込んだ。しかしながらすべての市場が縮小したわけではない。今回はICT関連分野の市場動向について、経済産業省が毎月公表している「特定サービス産業動態統計調査」と「生産動態統計調査」を元に整理した。 図表1はI

厳しい綱引きが続く、スーパー対消費者

わたしの意見 ― 水野 創厳しい綱引きが続く、スーパー対消費者(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」8月27日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 消費税引き上げから5か月が経過する。概ね想定通りと言っているが、引き上げの影響を克服して成長軌道に乗ったという手応えはまだない。台風、大雨の影響、弱含みの生産、輸出、市場での円安、株高など取り巻く環境や指標も一様ではない。こうした中で、4月以降の企業の積極的な価格引き上げの動きがどのくらい消費者に受け入れられるかは、今後の

2014年8月28日プラスリードフィードバック数:0ライフスタイル

ファッションに関する意識調査

[] ファッションといえば、関連付けられる業界というと、アパレル業界・出版業界(ファッション雑誌)ですが、今回この2つの業界の現在の動向をみつつ、当社で、男女20代~60代以上の方、1,000名に独自調査をし、現在のファッションについての消費の実態、消費者の動向を、紐解いていきます。参考までに、平成24-25年のアパレル業界の業界規模(主要対象企業54社の売上高計)は4兆4,487億円となっています。平成19年から22年までは横ばいで推移していたようですが、平成22年以降は増加傾向にあるようです

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ