「温泉地」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年5月19日ゆこゆこフィードバック数:0ライフスタイル

「新型コロナウィルス感染拡大による生活・旅行への影響」に関するアンケート ~旅行意欲編~

トップページ > プレスルーム > 「新型コロナウィルス感染拡大による生活・旅行への影響」に関するアンケート ~旅行意欲編~ 「新型コロナウィルス感染拡大による生活・旅行への影響」に関するアンケート ~旅行意欲編~温泉宿泊予約サービスや温泉メディア事業を行うゆこゆこホールディングス株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役 社長執行役員:吉田 周平、以下当社)は、新型コロナウイルス感染症()の旅行への影響と旅行者の今後の旅行意欲について明らかにするため、「月中旬以降の旅行動向」と「今後の旅行意欲」

2018年12月28日ビッグローブフィードバック数:0大型消費/投資

旅行に関する意識調査

プレスルーム旅行先のケンカ、男性は「旅行中もひきずる」3割弱女性は「帰ってからもひきずる」2割強BIGLOBEが「旅行に関する意識調査」を発表~旅行の同行者が頻繁にスマホを見ても「気にならない」4割強~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「旅行に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果を発表します。本調査は、インターネットを利用する方のうち直近1年以内に旅行の予約をしたことがある全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは20

2018年4月13日エクスペディアフィードバック数:0大型消費/投資

ホワイトデーのプレゼントには「体験」が嬉しい!「ホワイトデー」に関する意識調査

ホワイトデーのプレゼントには「体験」が嬉しい!「ホワイトデー」に関する意識調査を発表 2018.02.28 世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパン(https://www.expedia.co.jp/)は、来る3月14日のホワイトデーに向けて、現在配偶者・恋人がいる、かつその配偶者・恋人と「国内旅行」、「海外旅行」ともに行ったことのある20代~40代女性200名を対象に、ホワイトデーに関する意識調査を実施いたしました。本調査における「旅行」は1泊2日以

2015年12月2日DeNAトラベル★フィードバック数:0大型消費/投資

「国内温泉地」に関する調査

DeNAトラベル会員1,590名に聞いた、日本の温泉に関する... DeNAトラベル会員1,590名に聞いた、日本の温泉に関する調査 「今年の年末に最も行きたい温泉地」 東日本は草津温泉、西日本は湯布院温泉が1位 ~30代以下と40代以上では温泉選びのポイント、予算に大きな差異が~ オンライン総合旅行サービス「DeNAトラベル」()を運営する株式会社DeNAトラベル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中野 正治、以下DeNAトラベル)は、「DeNAトラベル」のメールマガジン会員1,590

2015年6月30日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

「じゃらんアワード2014」 近畿・北陸ブロック

2014年度の1年間に顕著な実績をおさめた宿泊施設を表彰 「じゃらんアワード2014」 近畿・北陸ブロック発表! 2015年06月30日株式会社リクルートライフスタイル 株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野健)が運営をする旅行サイト『じゃらんnet』、国内旅行情報誌『じゃらん』、観光に関する調査研究機関「じゃらんリサーチセンター」は、6月30日にホテル阪急インターナショナルにて開催いたしました「じゃらんフォーラム2015」にて 、2014年度の1年間に顕

2014年10月21日日本交通公社フィードバック数:0大型消費/投資

温泉地における不易流行を考える (観光文化 223号)

温泉地における不易流行を考える (観光文化 223号)特集温泉地における不易流行を考える「温泉」は日本人の行きたい旅行の上位に挙げられます。しかし、温泉地の多くは消費者ニーズや旅行形態の変化に対応できず低迷を続けています。消費者の旅行に求める価値が時代とともに変化していく中で、温泉地が持続的に発展していくためには、常に時代の変化に感覚を研ぎ澄ませ、時代を超えて変わらない価値のあるものを踏まえつつ、温泉地づくりを実践していくことが大切です。今号では、温泉地における不易流行について考えながら、温泉地

2014年4月7日Yahoo!フィードバック数:0大型消費/投資

地域別! 検索される「温泉地」ランキング

地域別! 検索される「温泉地」ランキングみなさんは、どんな時に「温泉」に行きたくなりますか?私は、仕事が忙しいときや、何かが一区切りしたときにゆっくりしに行きたくなります。いざ、温泉に行こうとなると「どこの温泉に行く」か迷います。それもそのはず、環境省の「平成24年度温泉利用状況」によると日本には3000カ所以上の温泉地があるそうです。今回は、地域別に検索される温泉地を調べてみました。 北海道は、日本で一番温泉地の多い都道府県です。現在、254カ所もの温泉地があります。その中で、第1位となったの

2014年3月19日ビッグローブ★フィードバック数:0大型消費/投資

温泉ランキングです。

47都道府県別温泉宿ランキング

プレスルームNECビッグローブ株式会社BIGLOBEは、温泉旅行情報サイト「BIGLOBE温泉」と温泉アプリ「温泉天国」(注1)において、『みんなで選ぶ 第6回 温泉大賞』の“都道府県別宿ランキング”の結果を発表いたします。「近くの県」「行きたい県」など、目的に合わせて調べることができ、これからの春休み、ゴールデンウィーク、夏休みといった旅行シーズンの宿選びに役立つランキングです。■都道府県別宿ランキング今までに行った中で一番良かった温泉宿の得票数を集計した、都道府県別宿ランキングを公開します。

2014年2月19日ビッグローブフィードバック数:0大型消費/投資

みんなで選ぶ 第6回 温泉大賞

プレスルームNECビッグローブ株式会社BIGLOBEは2月18日より、『みんなで選ぶ 第6回 温泉大賞』の結果を「BIGLOBE温泉」および「温泉天国」(注1)において発表します。利用者の投票により、人気の温泉宿や温泉地を決める「温泉番付」と、BIGLOBEが投票結果やこれまでの温泉大賞結果との比較をもとに「温泉特別賞」を選定しています。なお「温泉番付」については、江戸時代に発表された温泉番付形式にならい、所在地で東西にエリア分けしています。■温泉番付 温泉地部門(サイトでは東西30位まで発表)

2013年「バイクツーリングで行きたい温泉地」

 バイクのことならバイク王 Copyright ©BIKE O & COMPANY Ltd. All rights reserved.

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ