「災害弱者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年3月7日ハルメクフィードバック数:0社会/政治

3.11直前にシニア女性に聞いた「防災意識調査」

【調査リリース】3.11直前にシニア女性に聞いた「防災意識調査」「防災意識が高い」と自覚するシニア女性は2割未満。 避難勧告が出た際に実際に避難した人はわずか14.9%と消極的。その一方、備蓄をしている人は7割超え。防災の備えに偏りがある 販売部数24.8万部を誇るシニア女性誌部数No.1(※1)の「ハルメク」を発行する株式会社ハルメク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)は、40~79歳のシニア女性600名を対象に「防災意識と実態」に関するwebアンケート調査を実施いたしました。(※

2014年5月6日NHK★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

全国と被災地での調査です。

震災3年 「防災とエネルギー」調査

震災3年 「防災とエネルギー」調査~国民と被災者の意識を探る~東日本大震災から3年になるのを機に、NHKは2013年11月末~12月に全国と東北の被災3県で世論調査を実施した。本稿は、全国と被災3県の比較、震災直後の調査などとの時系列比較を適宜交えながら報告する。震災後の日常生活の変化では、被害の有無にかかわらず、地震・災害や放射線への不安が「増した」人が多数を占める。家族や地域とのつながりについても「増した」という人が「減った」を大幅に上回る。被災3県で被害にあった人では、不安でも家族や地域と

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ